浜崎あゆみが謎の“ポエム芸”を披露!引退する安室奈美恵に便乗か

公開日: : 最終更新日:2017/10/04 芸能情報 , ,

元歌姫・浜崎あゆみ(38)が22日、

自身のインスタグラムを更新し、


謎の“ポエム芸”を披露したwww

 

このポエムは、

お浜さんの持ち歌である

『SURREAL』

の歌詞をつづったもので、

 

“ねえ君は、君でいて欲しい。

 いつまでも、そのままの君でいて欲しい”

 

と、おそらくこのポエムは先日、

芸能界引退を発表した・・・


安室奈美恵に向けたメッセージ

と思われるが、

 

そんな安室に便乗するほど

落ちぶれてしまったお浜さんに・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

近年低迷が叫ばれ続けている浜崎

 

22日にインスタグラムを更新して、

砂漠をバックに後ろ姿を写した写真とともに

「どこにもない場所で、

 私は私のままで立ってるよ。

 ねえ君は、君でいて欲しい。

 いつまでも、そのままの君でいて欲しい」

というメッセージをつづっている。

 

同メッセージは、

浜崎が2000年にリリースした17枚目のシングル

『SURREAL』の歌詞の一節。

 

投稿のタイミングや文章の意味から、

2018年9月16日に引退することを発表した

安室へのメッセージだと解釈するファンが多い。

 

「尊敬する安室に対する惜別の言葉なのだろうが、

 同時代を駆け抜けてきただけに、

 つい感傷的になったのではないか。

 とはいえもっと普通の、

 自分の言葉で述べれば良かった気もする。

 情緒的で、話題作りの感も否めない」

(報道関係者)

 

浜崎が意味深な投稿をするや否や、

一部ファンがドン引き。

 

「世の中は安室ちゃんより
 あなたの引退を望んでいる」

「自分に酔いすぎ」

「普通にコメントできないのか」

「君は君でいてほしいって意味不明」

「ポエム芸」

「浜崎あゆみが引退しても
 安室奈美恵ほどの騒ぎにはならないだろうな」

 

とツッコミが殺到している。

 

ポエムと言えば過去に、

元バドミントン選手の潮田が2012年7月、

 

当時交際中だったサッカー選手・増嶋竜也(32)へ

「大切な君へ」

と題したラブポエムをブログで発表。

ファンから嘲笑や非難を浴びた。

 

では、今回なぜ浜崎のポエムは非難を受けたのか。

 

「浜崎は言動の背景に目立ちたがり屋の傾向があり、

 自分大好きな人間と勘違いされやすい。

 今回のポエムは、

 シンガーとして実力が衰えたにもかかわらず、

 未だ輝きを放つ安室に

 上から目線の態度をとったようにも見える。

 『自分のことを棚上げしておいて』

 と反感を受けているようだ」

(前出・報道関係者)

 

事あるごとに物議をかもす浜崎

 

何をしても賛否を浴びる様は、

平成の歌姫の宿命か。

(以上引用 デイリーニュースオンラインより)

スポンサードリンク



 

来年の9月16日をもって

芸能界引退する安室奈美恵には

引退を惜しむ声が続出しており・・・


“引き際までカッコ良くて素敵”

などの意見があるなか、

 

お浜さんといえば、

とてもプロとは思えない歌唱力の低下や

LIVEでの空席祭り。。

 

歌手としてはすでにオワコンと言われるなか、

話題になることと言えば“空港芸”

SNSで自身を細くみせる“修正芸”など・・・・


“お浜さん”として、

今や失笑されるだけの存在に。。

 

お浜さんより1歳年上の安室奈美恵

歌姫として・・・


今だその輝きは失っておらず、

 

その一方でお浜さんは、

もはや歌姫とは呼べないほど・・・



ひどい有様に。。

 

そんな元歌姫・お浜さんは、

謎のポエムで安室引退に便乗していたが、

 

“ポエム芸”を披露したお浜

ネット上では・・・

・気持ちの悪いポエム…。

・君も引退しなよ

・君とか自分に酔いすぎw

・やっぱり出てきたね、お浜

・ぶはっwww
 酔ってるねお浜さん。

・偉そうに、人の事いうまえに歌声何とかしろ。
 そうでないなら引退して欲しい

・何目線やねん

・あゆこそ引退した方がいいんじゃない?

・ねぇ君は君でいてほしいって意味不明
 今の自分は言語学がないから
 昔の歌詞ひっぱりだして
 アレンジするしかないんだろうね

・あゆって
 安室ちゃん嫌いなんじゃなかった?

・あゆも全盛期で辞めてれば
 伝説になれたのにね。もう手遅れだよ。。。

・おばさんは色々迷走してるよね
 旅行に行くより、
 プロとして鍛えたほうがいいよ

・仮に安室ちゃんへのメッセージだとしたら、
 年上の先輩に対して「君」は失礼すぎる。
 「君」や「僕」を乱発するのが
 お浜さんの十八番だけれども。

・君ってw
 安室ちゃんの方が1個上でしょ

・まだ歌い続けるんだ
 もう歌手としては注目されないのに

・お浜は見せ物小屋枠だから
 これからも宙吊りよろしく

・逆にあゆはいつまで続けるつもりなのかw

などの声が。

スポンサードリンク



 

来年、お浜さんはデビュー20周年を迎え、

大々的にお祝いアピールするだろうが、

 

同じく来年25周年の記念日に引退する

安室奈美恵が“引退ツアー”を行うことから、

 

アリーナなどの大きなホールは

安室に取られるのでは!?

 

しかし、仮に大きな会場を取れたとしても

今のお浜さんでは・・・・


ドームレベルで客席は埋まらないのでは。。

 

現在のお浜さんのライブでは、

空席が目立つのはもちろん、、


“ライブをやればやるほど赤字になる”

ようで。。

 

このままだとお浜さんの20周年は、

ライブハウス?

での開催になる予感がするなか、

 

安室に対して“上から目線”で

謎のポエムを投稿していたお浜さん

 

ポエムのなかに

「私は私のままで立ってるよ」

という一節があるが、

 

安室奈美恵は歌手として

ステージに立っているが、

 

お浜さんはプロレスラーとして

リングに立っているため・・・


そもそも立っているステージが違うのではwww

 

【関連記事】
浜崎あゆみ、写真修正のやり過ぎで“谷間”や“鎖骨”が消えるwww

スポンサードリンク

関連記事

定期的に事故るキムタク、今度は玉突き事故でバイクに追突!!

今月20日の17時頃、 東京都調布市仙川町の国道20号線で、 元SMAP・木村拓哉(

記事を読む

女子プロレスラー化した浜崎あゆみ、原因は「暴飲暴食」!?

LIVE写真撮影を解禁し、 現在、全国ツアー中の浜崎あゆみ(38)だが、  

記事を読む

堀北真希、福山雅治、国分太一など、今年結婚した芸能人で離婚しそうなランキング!

今年は大物芸能人の結婚が相次ぎ、 ☆福山雅治(46)&吹石一恵(33) ☆堀北真希(26

記事を読む

藤原紀香が亡くなった愛犬の姿をブログに投稿し炎上!鼻歌動画まで公開し・・・

今年3月に、 歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)と再婚し、   現在は自

記事を読む

千鳥・大悟、今度は“金髪美女ダンサー”と不倫!弁明に40分かけるも妻に・・・

去年12月に “茶髪美女” との不倫をフライデーされた 千鳥・大悟(37)。

記事を読む

コカイン疑惑・成宮寛貴の「帰国の日」が近い!?しかも空路ではなく「海路」で・・・

「フライデー」が報じたコカイン吸引疑惑により、 当初は疑惑を強く否定していたものの。。

記事を読む

『無限の住人』大コケのキムタク、とうとう嵐・二宮和也にすがるwww

4月29日に公開初日を迎えた キムタク主演映画、 『無限の住人』。  

記事を読む

安室奈美恵の紅白出場はNHKの“大ポカ”により絶望的な状況に!!

今月20日、自身の公式サイトで 芸能界引退を発表した・・・ 歌手・安室奈美恵(40)

記事を読む

真木よう子が出演映画『SUNNY』をドタキャン、精神状態が限界に!

最近はただの“お騒がせ女優”に成り下がってしまった真木よう子(35)が・・・ 今度は、出演

記事を読む

ベッキーが7月に復帰!?CM違約金の請求なしもゲス川谷絵音の存在が・・・

妻子持ちのゲス川谷絵音(27) との不倫により、   レギュラー番組やC

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
嵐・相葉雅紀に“交際5年”熱愛発覚!すでに彼女とは半同棲中で・・・

嵐・相葉雅紀(34)に“5年以上”交際している彼女の存在が明らかと

迷走中の木村拓哉に「ソロ歌手デビュー」の噂!歌唱力も微妙で正直“ソロ”としては・・・

SMAP解散後は俳優・木村拓哉として、主演ドラマや映画が大コケ中のキム

ゲス不倫・藤吉久美子の“号泣記者会見”に加藤浩次が「あんな涙流しちゃダメ」と苦言!

「文春砲」により14日、TVプロデューサーとのゲス不倫疑惑を報じられた

松居一代の離婚会見がカオスすぎる!母親にも電話をかけ「お母ちゃん、離婚できたよ」と生報告www

俳優・船越英一郎(57)との離婚が成立したお騒がせタレント・松居一代(

【格付けチェック】GACKTの2018年の相棒はYOSHIKI!毎年噂される“やらせ疑惑”については・・・

2018年1月1日にテレビ朝日で放送される『芸能人格付けチェック!』に

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑