安室奈美恵が早くも“芸能界復帰”をにおわせ!?復帰した際はアーティストではなく・・・

公開日: : 芸能情報

来年の9月16日に芸能界から完全引退する

安室奈美恵(40)だが・・・

出典:tower.jp

早くも“引退後の復帰”をにおわせた!!

 

しかし、復帰する際はアーティストではなく・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

安室奈美恵のインタビューを収録した、

日本テレビ系

「独占密着・安室奈美恵!

 今の思いを語る!」

が5日、放送された。

 

番組では、

台風18号が接近してくる中で、

 

9月16日と17日に故郷の

沖縄・宜野湾海浜公園野外特設会場で行った、

デビュー25周年を記念する2夜連続公演の

舞台設営やリハーサルの様子、

 

コンサート決行を決めて最後の曲を歌うまで、

安室のインタビューを挟みながら放送。

 

安室

「すべては、コンサートのためにある仕事。

 コンサートを中心に、楽曲も選ぶし、

 撮影もするし、振り付けもするという感じ」

と語り、

 

「常にリスクも想定して、

決めていかなきゃいけない。

やっぱり、常に不安でしたね」

 

と公演当時を振り返った。

 

ライブ前の心境については、

「常に不安なんですね。

 心配性なんでしょうね、単に」

と笑顔。

 

その後、

「多分、来年の引退までは

 ずっと不安なんだと思います。

 安心して何かをやったことは

 ないかもしれない」

と神妙な表情だった。

 

番組の最後では、

新曲「Finally」のレコーディング風景を紹介。

 

安室

「自分の引退というものに結びつく

 楽曲になるなと思っていた」

と新曲に込めた思いを吐露。

 

「歌詞の世界観も前向きに…

 引退自体も後ろ向きなものではなく、

 次に進むステップの通過点」

 

と話した。

 

「いまだに、

 はっきりと引退を決意した理由について

 明かしていない安室。

 年齢を重ね、自分の思い描いていた

 パフォーマンスができなくなったことが

 引退理由と言われているが、

 引退して、

 ある程度時間が経ったら復帰する

 という説が濃厚なようだ。

 とはいえ、復帰の際には、

 アーティストではなく

 プロデューサー業に専念するのでは

 と言われている」

(音楽業界関係者)

(以上引用 リアルライブより)

 

来年の引退に向けてのカウントダウンも

着々と進んでおり、

 

安室が引退するまでに稼ぐ金額も

CDの売上で500億

 

LIVEの権利料などは

1000億円ほどの売上を見込めるのでは?

と言われているという。

 

特にLIVEは、引退する前から

多くのファンが駆けつけるほど盛況で、

 

ただでさえチケットが入手困難なうえ、

安室のラストライブとなれば争奪戦が展開され・・・


さらなる動員数が期待できるという。

 

引退発表からの1年間は、

事務所にとっても1番の稼ぎ時ではあるが、

 

詳しい引退理由については、

安室本人の口から何も語られておらず。。

 

そのためなのか?

早くも復帰説が浮上しており・・・。

スポンサードリンク



 

彼女に復帰説が浮上した背景には、

安室は10代後半~20代に大ブレイクしたものの、

その頃の収入はというと・・・


実は“新人グラビアアイドル”並の

給料しかなかったという。

 

そのため、1997年にSAMと結婚するまで

賃貸マンションで安室は暮らしており、

 

2002年にSAMと離婚した際も

経済的に苦しかったのか?

 

安室は長男の親権を取れなかった。。

 

※ちなみにSAMは、

親が病院を経営する・・・


御曹司$だという。

 

安室がここまで

低賃金で働かされていた背景には、

 

当時の音楽プロデューサーであった小室哲哉

所属事務所「ライジングプロ」による、

“ギャラの搾取”

が、そうとう酷かったようで・・・

 

(以下引用)

「20代中盤のころに小室とは縁が切れたものの、

 その後も事務所からの支配は続きました。

 だから“奴隷契約”だと暴露して、

 2015年に大揉めの末にやっと独立したのです。

 実は、それが引退の引き金だったといいます」

(芸能プロダクション関係者)

 

安室は現在、京都に自宅を構え、

東京と行き来する生活を送っている。

 

「事務所とトラブルになった際、

 芸能界の有力者に解決の仲裁を頼んだのです。

 それで独立はできたものの、

 有力者に上納金を払う羽目になってしまいました。

 それも以前の事務所の搾取と変わらないような

 レベルなのです。

 安室は現在、個人事務所の社長ですが、

 わずかな自由を得ただけです」

(同・関係者)

(以上引用 まいじつより)

 

芸能界を引退し、

1度人間関係をリセットしたあとに

再び“復帰”するプランがあるという安室だが、

 

まだ引退していないにも係わらず

早くも復帰説が出るのもおかしな話であるが、

ネット上では・・・

・一度引退したら復帰すべきではない。
 引退する気がないなら
 無期限休止と言うべきだと思います。

・ないね。金儲けが理由なら今のまま続けたって
 十分影響なくライブ活動中心に
 ビジネスしていける力量あるもん。

・SAMと結婚した時にそのまま引退せず、
 たった一年で産後復帰して来たのを見て
 「子供よりも家庭よりも、
  金を稼ぐ事の方が大事な人なんだな」
 と分かったので、電撃復帰はあり得るかも

・そもそも芸能人の引退とか
 あてにならんぐらい分かるじゃろがwww

・>引退を決意した理由について明かしていない
 エイベックス松浦との金の問題と、
 バーニング周防の圧力だろ(笑)

・前から裏方に回ると言ってる

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

ちなみに安室は、2016年に購入した

京都の超高級マンションで暮らしており、

 

引退後は京都で飲食店を開くという

噂もあるという。

 

飲食店を営みながら

一旦は芸能界と縁を切ったうえで、

 

数年後をメドに

“自身のオリジナルレーベル”

から復帰する話もあるという!!

 

また、引退期間は“2年”ほどになり、

2年後は京都の大学に通う長男

その頃には卒業するようで・・・


復帰するには、最適な時期だという。

 

仮に引退から復帰したとしても

LIVEチケットは飛ぶように売れるだろうが。。

 

とりあえず引退するまでに、

今月8日にはベストアルバム

『Finally』

も発売され、

 

こちらのアルバムも

かなりの売上が予想されるなか、

 

23日にはNHKで特集番組

『安室奈美恵 告白』

(22時~22時59分)

が放送される。

 

番組内では小室哲哉との出会いや、

結婚や出産などのプライベートな話も

赤裸々に語っているようだが、

 

さすがに“上納金”の話はもちろん・・・


“SAM”との映像は使われないだろう笑

 


引退する本当の理由はいかに。。

スポンサードリンク

関連記事

平子理沙がとうとう「顔のアップ」を撮影禁止にwww

実際は“整形プラモデル”だが、 TVや雑誌などでは“美魔女モデル”として 活躍してい

記事を読む

SMAPが2016年12月31日をもってグループ解散へ!!

今年1月に起きたSMAP解散騒動により、 結局、メンバー間の関係は修復することなく、、

記事を読む

藤原紀香がやりたい放題で梨園関係者も困惑&激怒し・・・

先月に歌舞伎役者で熊切あさ美の元カレ、 片岡愛之助(44)と結婚した 陣内智則の元嫁・藤

記事を読む

三代目JSB「レコード大賞」買収騒動により、LDHが東京五輪から追放か!?

先日、「週刊文春」によって2015年に 三代目JSBが日本レコード大賞を1億円で買収!

記事を読む

堀北真希、福山雅治、国分太一など、今年結婚した芸能人で離婚しそうなランキング!

今年は大物芸能人の結婚が相次ぎ、 ☆福山雅治(46)&吹石一恵(33) ☆堀北真希(26

記事を読む

三遊亭円楽が3時間4500円のラブホで、20歳年下女性と不倫www

日テレの長寿番組『笑点』で、 長らくレギュラーを務めている 6代目・三遊亭円楽(66

記事を読む

木村拓哉『無限の住人』が大ゴケの予感!?内容も“キムタクのPV”状態で・・・

今年4月29日に公開予定の映画、 『無限の住人』 に主演する木村拓哉(44)だが、、

記事を読む

大麻陽性反応の田中聖に“コカイン疑惑”が浮上!お尻の間に挟んで持ち運び・・・

大麻所持容疑で逮捕され、 尿検査により・・・ “大麻の陽性反応” が出たことが

記事を読む

きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲『良すた』が4440枚しか売れず!ファン離れ加速で“第2の浜崎あゆみ”に!

きゃりーぱみゅぱみゅ(24)が 今月5日にリリースした14枚目となるシングル 『良す

記事を読む

香取慎吾の「隠し子」騒動!ジャニー喜多川は“彼女との同棲”は知っていたが・・・

先日、週刊文春がスクープした・・・ 香取慎吾(40)の“隠し子”報道!!  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑