X JAPAN・Toshlが飯島三智『CULEN』と業務提携!橋渡し役はキスマイ・千賀健永!?

公開日: : 芸能情報 , , ,

かつて“洗脳騒動”で話題になった

X JAPAN・Toshl(52)がなんと・・・


飯島三智(59)が代表を務める

『CULEN』に合流、

“業務提携”

するという情報が!!

 

飯島氏の事務所には現在、

元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、

稲垣吾郎が所属しており、

 

さらにToshlの橋渡し役となったのは、

Kis-My-Ft2・千賀健永(26)で・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

「ジャニーズ時代、飯島氏は

 キスマイ(Kis-My-Ft2)を担当。

 退社後も、キスマイの玉森裕太との

 密会が目撃されていた。

 ジャニーズを9月に退所した

 元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、

 稲垣吾郎が飯島氏の事務所に

 所属したことで、

 キスマイも合流するという

 ウワサは絶えない。

 それほど飯島氏は、

 キスマイメンバーから

 信頼されているんです」

(音楽関係者)

 

ジャニーズ所属でも、

いまだ“飯島派”であることが

うかがえるキスマイだが、

 

千賀は派生ユニット・舞祭組の一員として、

9月14日に放送された音楽番組

『UTAGE!』(TBS系)

の3時間SPに出演。

 

X JAPANの名曲

『Forever Love』

でピアノ伴奏に挑戦し、

 

Toshlとの豪華共演を果たした。

 

2人の共演は以前、

同番組でピアノを弾く千賀の姿

Toshlの目に留まったことで実現したという。

 

この夢のような共演に、

千賀は演奏終了時、

感極まって号泣するほどだった。

 

この共演がきっかけとなり、

キスマイがいまだ厚い信頼を寄せる

飯島氏の事務所と

 

Toshlとの業務提携話が浮上したという。

 

その背景には、

Toshlの個人事務所の台所事情

も関係しているようだ。

 

その昔、

Toshlが自己啓発セミナーに傾倒して、

道を誤ったことがあった。

 

セミナー主宰者に

15億円以上の多額の寄付

をしていたことも明らかになり、

 

かつて一世を風靡したToshlが、

あろうことか路上ライブの収入で

生活費を賄うほどであった。

 

しかし、X JAPANのリーダーである

YOSHIKIの救いによって、

Toshlは復活することとなった。

 

復活を果たしたToshl

個人事務所に所属し、

 

X JAPANのボーカルだけでなく、

ソロ活動を続けているが、

 

ソロの仕事は

それほど入ってきていないのが現状だ。

 

Toshl自身の、

過去の経験からもうかがえる

精神的な弱さや、

 

のどへの影響から喫煙者と話すことを

敬遠するほどの神経質な性格もあり、

営業力に欠けていることが原因だろう。

 

そのため、

事務所の経営は苦しい

といわれている。

 

そこで、一度は芸能界追放同然で

ジャニーズ事務所を退社したにも

かかわらず、

 

元SMAPの3人を所属させ、

次々にプロモーションを成功させるなど

豪腕を振るう飯島氏を頼りにした

というわけだ。

 

飯島氏の事務所と業務提携すれば、

Toshlが蘇る可能性は極めて高いだろう。

 

業務提携話の行方に注目したい。

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

今年もX JAPANは8回目となる、

紅白歌合戦の出場が決定しているが、

 

Toshlといえば1998年に

作詞・作曲家のMASAYA(59)が

トレーナーを務める

「自己啓発セミナー」

を受講したのをきっかけに・・・


“洗脳されている”

と週刊誌に報道された。

 

洗脳騒動についてToshlは当時、

MASAYAとともにTV出演し、


洗脳を真っ向から否定していた。

 

しかしToshlは、自己啓発セミナーに

ハマった結果・・・


15億円以上も寄付するなど、

ほとんどの資産を失うハメに。。

 

この時期のは生活費を工面するため、

路上ライブで生活費を稼いでいたというが。。

 

結局、Toshlは12年間も洗脳され続け、

約1億円の負債を抱えて自己破産した。

 

そんな落ちぶれたに対し、

X JAPANのリーダー・・・


YOSHIKIが手を差し伸べ、

再びバンド活動を再開するなど

見事復活したものの、

 

ソロとしての仕事は少なく、

事務所の経営は苦しい状況にあるという。

 

そんな中、飯島氏が代表を務める

『CULEN』との業務提携話が浮上し、

 

Toshlの個人事務所

『オフィス武士JAPAN』

の公式HPを見てみると、

 

業務提携については今のところ、

何も発表されておらず。。

スポンサードリンク



 

また、彼らの“橋渡し役”として


キスマイ・千賀健永の名前が浮上し、

 

千賀Toshlは、



『UTAGE!』

で共演していた過去もあり、

 

もし、飯島氏千賀

今だに連絡を取り合ったうえで

橋渡しをしていたのなら・・・


ジャニーズとしても

見逃せない事態だろうが。。

 

『CULEN』は芸能タレントの

マネジメント以外にも、

 

音楽家やモデル、スポーツ選手や

インストラクターなどのマネジメントや

養成、

 

コンサート、イベントなどの企画、

制作、運営なども手がけているため、


Toshlの『CULEN』合流は

あり得なくない話かも。。

 

飯島氏はすでに国内以外にも

中国でのエンターテインメント事業

への進出を開始しており、

 

中国でもX JAPANは人気があることから、

そこに目をつけた飯島氏が・・・


トシ君との提携を結んだ可能性も。。

 

『CULEN』との提携が実現すれば

香取・草なぎ・稲垣との音楽活動での

夢の共演も期待されるが、

 

千賀健永は間違いなく・・・


メリー&ジュリーから

絞られるだろう。。

スポンサードリンク

関連記事

事務所に怒られた?ZOZO社長と熱愛中の剛力彩芽がインスタ全削除を宣言www

ファッションサイト『ZOZOTOWN』の社長・前澤友作(42)と熱愛中の剛力彩芽(25)が事務所に怒

記事を読む

水谷豊が相棒・反町隆史の“棒演技”に嫌気!?距離を置くように・・・

10月12日から新シリーズが放送開始された テレビ朝日の高視聴率ドラマ、 『相棒 シ

記事を読む

藤原紀香、自身の炎上に自覚なしwwwブログの写真加工について衝撃発言も!!

今や“痛すぎる女優”として、 ブログを書けばすぐに炎上してしまう・・・ 藤原紀香(4

記事を読む

ゴリ押しKoki, 今度は河北麻友子の『ViVi』卒業号の表紙を飾り大炎上!

キムタクの娘・Koki,のゴリ押しがまたもや炸裂した。 出典:ツイッターより 今月23日

記事を読む

元AKB篠田麻里子が崖っぷちで「ぶっちゃけキャラ」に転身か!?

先月、30歳を迎えた 元AKB48・篠田麻里子。   2013年にAKB

記事を読む

坂口杏里が“プチ整形”を報告するも、腕の傷に注目が集まり「傷が生々しい」の声!

去年、ANRIに改名し、 セクシー女優として活動していた 出典:ツイッター 坂口杏

記事を読む

手越祐也が暴露本『AVALANCHE』を発売!“15人の女性芸能人”との恋愛も暴露し・・・

6月にジャニーズを辞めた手越祐也(32)が5日、暴露本『AVALANCHE -雪崩-』を発売した。

記事を読む

“子供おじさん”キムタク、志村けんへの追悼文を絵文字付きで投稿

木村拓哉(47)がSNSに投稿した、志村けんへの“追悼メッセージ”が炎上してしまった。 出典:

記事を読む

Hey! Say! JUMP 伊野尾慧、二股スキャンダルによりゴリ推し終了!今後は・・・

今月1日に「週刊文春」のスクープにより、 TBS・宇垣美里アナ(25)と フジテレビ・三

記事を読む

NEWS・小山慶一郎が突然 “噂の彼女” との熱愛・同棲を否定!噂の彼女・新藤まなみも意味深ツイートをした結果・・・

去年、太田希望(現・新藤まなみ)との熱愛が発覚し、ファンから大ブーイングを浴びまくっていたNEWS・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
坂口杏里がお腹の子について「中絶したよ」と報告!!

元おバカタレントの坂口杏里(29)が、お腹の子について「中絶したよ」と

ワタナベマホト、今後について「けじめとして引退」。今泉佑唯との結婚については「離婚も考えています」

元欅坂46・今泉佑唯(22)とのデキ婚を発表をした翌日、15歳の女子高

今泉佑唯とデキ婚のワタナベマホト、15歳少女への“強制わいせつ”を暴露される!

元欅坂46・今泉佑唯(22)とのデキ婚を発表したユーチューバー・ワタナ

タレント・ラブリが女性への強制わいせつ容疑で書類送検されていた!

タレントのラブリ(31)が去年3月、20代の知人女性への“強制わいせつ

Hey! Say! JUMP・岡本圭人に副業疑惑!父・岡本健一の会社の取締役に・・・

現在、アメリカ留学中のHey! Say! JUMP・岡本圭人(27)だ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑