ゲス不倫・藤吉久美子の“号泣記者会見”に加藤浩次が「あんな涙流しちゃダメ」と苦言!

「文春砲」により14日、TVプロデューサーとのゲス不倫疑惑を報じられた女優・藤吉久美子(56)。


不倫を報じられた藤吉は同日の深夜、都内で記者会見を開き“号泣”しながら謝罪。

不倫については否定しつつ、ちぐはぐな釈明内容で号泣する彼女の姿に、会見の様子をみた極楽とんぼ・加藤浩次(48)も思わず「あんな涙流しちゃダメ」と苦言を・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

1995年にタレントの太川陽介と入籍、2001年に長男をもうけた藤吉。おしどり夫婦として知られ、旅番組などでの夫婦共演も多い。そんな中、14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、ABC朝日放送のゼネラルプロデューサー・A氏(50代後半)との親密交際をキャッチ。

記事によれば、藤吉は都内に単身赴任中のA氏のマンションの合鍵を使い、逢瀬を繰り返していたという。また、イベント出演のため訪れた宮崎県にA氏も同行。滞在先のホテルで2夜にわたり、2人きりで過ごしていたとも伝えている。

「A氏はドラマ部門のトップで、藤吉は9月にも、A氏がプロデューサーを務めたドラマ『広域警察9』に出演。“枕営業”と揶揄する声も聞こえてきます。なお、太川は14日に急きょ会見を開き、終始、明るい表情で妻のことを『信じる』と擁護していました」(芸能記者)

太川の会見から約7時間後、今度は藤吉が羽田空港で会見。終始、号泣しっぱなしであったが、主張としては不倫を完全否定。A氏については、「舞台の構成をお願いして、やっていただいていました。自主ライブなので、自分たちで何もかもしないといけないので」とあくまでもスタッフであると強調。合鍵については、A氏のマンションに「チラシをどうしても取りに行かないといけなくて」とし、ホテルで朝まで過ごしたことについては、「体をほぐしてもらった」と説明した。

「号泣している姿と、口から発せられる釈明の内容がちぐはぐで、『なぜ泣いているのか?』と違和感しかなかった。これなら、不倫相手との手つなぎを『あまり記憶がなくて』とあっけらかんと言ってのけた斉藤由貴の会見のほうが、辻褄としては合っていますよ」(同)

会見の模様を伝えた15日の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、司会の極楽とんぼ・加藤浩次

「自分が白だという潔白の会見をするときに、あんな涙流しちゃダメ」

「泣きたいのは太川さんですよ」

「許すって言ってる旦那さんの記者会見見た後に、あの涙はダメよ」

とばっさり。さらに、A氏と今後「一切、会わない」としている藤吉を「何もないんだったら、スタッフとこれからも仕事やっていいと思います」「切る必要はない。大事なスタッフだったら」と否定。全く納得していない様子だった。

「とはいえ、藤吉は以前、バラエティ番組で『夫へのタメ口厳禁』『食事の主導権は夫』『妻の就寝時間まで夫が指示』など、太川の亭主関白ぶりを暴露。以来、太川に“モラハラ夫”疑惑が付きまとっており、今回の報道との関連を疑う声も……」(同)

会見の「体をほぐしてもらった」発言が、「一体、どこまでほぐしてもらったんだ?」と物議を醸している藤吉。おしどり夫婦として売っていただけに、仕事への影響も大きそうだ。

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

夜11時過ぎ、仕事先の福岡から羽田空港に到着した藤吉は搭乗口の横で会見を開き、左手薬指にはめた結婚指輪を強調しつつも終始号泣。

出典:サンスポ



不倫相手・A氏との関係については否定し、ホテルで一夜を過ごしたことに「体をほぐしてもらった」と苦しい言い訳をしていた。

また、16歳の長男に藤吉は「こんなママでごめんね」と謝罪し、長男からは「3人で頑張っていこう」と声をかけられたという。

夫・太川陽介からは「大丈夫だから」と励まされ、そんな夫に対して「こんな妻で申し訳ない。私は彼がいないともう生きていけない」と会見で涙をぬぐい、声を震わせていたが・・・

そんな藤吉のうさん臭い涙、苦しい言い訳にネット上では、

・なんで加害者が被害者面してるの?

・涙出てないよww

・太川陽介の方が泣きたいわ

・何でダメージ受ける人は加害者に多いのだろうか?

・なんかプライベートの不倫がバレて仕事なくなるっどんまいだね。自業自得だけど

・なんで不倫した側が精神的ダメージうけてんの?

・私ヤリました。って言ってるのと同じだね

・女優なだけに全てが演技に見える。精神的ダメージが大きいのは太川さんの方だろ

・泣きすぎ!というか涙出てなかったじゃん

・加害者がなぜが精神的ダメージ そして被害者の旦那は働くと…わけわからない

・自分で選んで決めたことでしょーよ それなら斉藤由貴くらい堂々としてろよ 被害者ヅラしてメソメソしてるオバハンなんてイタイだけだよ

・不倫相手50歳のおっさんかよと思ったけど、太川さん58歳だからな。自分よりも6歳も年下だし、浮かれてたんだろうね。

・その歳で泣いても誰も可愛いと思わないよ!

・何もないならそんなに号泣して迷惑かけた言わなくていい。見てて鬱陶しい。

・感情的な姿って何だかみっともないね…

・もういい歳なんやから落ち着きなよ

などの意見が。。

スポンサードリンク



 

「週刊文春」によると・・・不倫相手であるA氏とは11月23日、藤吉が宮崎県都城市で行われた地元の祭りにゲストとして参加した際、彼女の横にA氏が寄り添っていたという。

地元の祭りに参加した日の夜は、2人は同じホテルの同フロアに宿泊。そこでA氏は、1度は自分の部屋に入ったものの、すぐに部屋を出て藤吉の部屋に入っていき、2人が部屋を出たのは“翌朝”だったという。

その後も12月上旬、夫・太川は旅番組収録のため京都に。その一方で藤吉は、ある日の午前に路線バスでA氏の住む都心のマンションへ。マンションでの滞在時間は2時間ほどだったようだが、2人は都内でたびたび“逢瀬を重ねていた”という。。

この不倫相手・A氏は、ABC朝日放送でゼネラルプロデューサーを務める人物だというが・・・すでに人物が特定!

A氏がプロデューサーを務めたドラマにも、藤吉はここ数年出演し続けており、2013年『デパート仕掛け人!天王寺珠美の殺人推理』。2014年『遺品の声を聴く男』。2015年『温泉 (秘) 大作戦』。2016年『100の資格を持つ女~ふたりのバツイチ殺人捜査~』。2017年『広域警察9』などに出演している。


A氏の正体については、

深沢義啓という人物だという。※ネット情報によると、深沢氏には妻や子供がいるようで・・・朝日放送東京支社にはゼネラルマネージャーとして単身赴任中だという。

深沢とは同じ部屋で一夜をすごし、あくまで「体をほぐしてもらった」だけという、調子の良い言い訳をしていた体ほぐし・藤吉。今後、仕事への影響が出てくるなかでも、唯一の救いは夫・太川陽介が・・・

出典:エンタメOVO

「みんながみんな、そんな風(クロだと)に思っても僕は信じる。だって、カミさんだもん。離婚は僕からしないと言いました」と擁護していることだろう。。

スポンサードリンク

関連記事

今井翼が酔って「SMAP解散はメリーさんのせいだ」と暴言を吐いた結果・・・

タッキー&翼としては、 今年1月にLIVEを開催して以降は・・・ ソロ活動に専念して

記事を読む

手越祐也が浴びた文春砲により、ジャニーズと日テレの“蜜月関係”が終わる!?

小山慶一郎と加藤シゲアキに続き、未成年者と飲酒パーティーをしていた事が週刊文春によって明らかとなった

記事を読む

お笑いコンビ「トップリード」新妻悠太が窃盗未遂で逮捕!言い訳が酷すぎるwww

お笑い芸人が窃盗未遂で逮捕された! 逮捕されたのは、お笑いコンビ『トップリード』の新妻悠太(3

記事を読む

現在無職の上原多香子が結婚か!?左手薬指にはゴールドの指輪が・・・

出典:fanblogs.jp 俳優・阿部力と不倫し、これが原因で夫・TENNが自死したことを報

記事を読む

藤原紀香、自身の炎上に自覚なしwwwブログの写真加工について衝撃発言も!!

今や“痛すぎる女優”として、 ブログを書けばすぐに炎上してしまう・・・ 藤原紀香(4

記事を読む

『格付け』58連勝中のGACKTはポーカーも強かった!しかし裏では“違法カジノ経営”疑惑が・・・

出典:文春オンライン 1月1日に放送された『芸能人格付けチェック!』で、連勝記録を“58”まで

記事を読む

神田沙也加と村田充の結婚パーティーでマスコミがやらかす!目にケガ、車を傷だらけに!!

4月に俳優・村田充(39)との結婚を発表した 女優・神田沙也加(30)が今月13日、

記事を読む

プロ意識ゼロの坂口杏里、新年早々の仕事をドタキャン!今回の言い訳がコチラwww

出典:坂口杏里 インスタグラムより 何をやっても長続きしない坂口杏里(27)が、いつものように

記事を読む

小倉優子の夫・菊池勲が馬越幸子とゲス不倫!彼女のマンションから2人で・・・

“こりん星”の住人で、2011年に カリスマ美容師・菊池勲(45)と結婚した 小倉優

記事を読む

【お浜さん】浜崎あゆみがダンゴムシ浦田直也と新年挨拶するも「ぶっちゃけ見ててイタイ」「公私混同」の声!

出典:ツイッターより インスタ芸人のお浜さん(浜崎あゆみ)が元日にインスタグラムを更新し、ダン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑