木村拓哉『さんタク』が視聴率5.9%の大爆死!もはやキムタクじゃ数字が取れず・・・

公開日: : 最終更新日:2018/01/16 芸能情報 ,

毎年恒例となった明石家さんま木村拓哉のスペシャル番組『さんタク』が1月1日に放送されたものの・・・


視聴率5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大爆死した。

もはやキムタクを出演させても数字が取れず、キムタク人気凋落は明白で・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

同番組は、03年にスタートしたお正月の人気特番で、木村明石家さんまのコンビがさまざまな企画を行うことで人気だった。例年、正月放送だったが、17年はSMAPの解散があり、4月放送となっていた。

「キムタクとさんまという人気者2人を揃えながら、5.9%の体たらくでフジテレビは真っ青。関係者など業界内も騒然となっています。たしかに時間帯も夕方16時〜18時ではありますが、元日のこの時間は在宅率が高く言い訳にはなりません。実際にTBS系で放送された『逃げるは恥だが役に立つ』(第9~11話・14時30分〜17時30分)の再放送さえ、6.8%と健闘しているので、視聴者から完全にそっぽを向かれた結果といえるでしょう」(テレビ局関係者)

フジテレビが悪いのか、キムタク人気が落ちたのか。前回の放送(17年4月10日/21:00~23:18)の視聴率が10.4%を記録していたことから、もはや凋落は明白だ。また今回はさんまが去年の11月11日に関西のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBS)で同番組の放送をフライング発表してスポーツ紙に拾わせたり、さんまにインスタグラムを始めさせるなど話題作りもしていたので、関係者の目にはなおさら痛い結果と映ったようだ。

「木村は16年末のSMAP解散後も様々なバラエティに単独出演してるのですが、どれもパッとしない視聴率が続いている。17年4月27日の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)は6.8%、同月28日のマツコ・デラックス(45)との同級生コンビが話題となった『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)が7.0%、同日の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)も7.1%でした。特に若い世代から支持が低いキムタクは、バラエティ出演しても10%取れないとの評価が固まりつつあります」(前出・関係者)

わずか1年前の16年12月26日『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回で視聴率23.1%(第3部)を取ったのが遠い昔のようだ。やはりキムタクは「SMAPのキムタク」として輝く存在なのか。振るわなかった『さんタク』に対し、SNS上でも「さんまは見たいがキムタクは…」「来年は中居(正広・45)・松本(人志・54)コンビで頼むわ」「フジも、いいかげん気付けよ」など否定的な声を飛び交っていた。

もちろん木村にとっての主戦場はドラマ。バラエティ出演は、今月半ばから始まる『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の前哨戦にすぎない。とはいえ、このバラエティでの視聴者離れが影響しないことを祈るばかりである。

(以上引用 デイリーニュースオンラインより)

スポンサードリンク



 

さんまとキムタクの特番『さんタク』は、去年はSMAP解散の影響により元旦は放送されず、4月に放送されていた。


そして2018年は例年通り、1日の16時という放送時間帯に戻ったものの・・・番組の企画内容に「72時間ホンネテレビをパクってる」などの声も。。

番組では“インスタグラムをやりたい”というさんまの願望を実現。インスタをやるにあたり、フォロワー数国内1位の渡辺直美を講師に迎え、キムタクがさんまを被写体にしたインスタ映えする写真を撮るという企画だ。

しかし、この企画自体“72時間ホンネテレビと一緒” “ジャニーズは『新しい地図』のこと意識しすぎ”といった声が相次ぎ・・・

(以下引用)

「11月2~5日に放送された『72時間ホンネテレビ』では、放送中に香取がインスタグラムを始めたほか、俳優の山田孝之や山崎賢人と共に都内の“インスタ映えスポット”を巡るロケ企画を放送。さらに“インスタグラムの先輩”として、ぺこ&りゅうちぇるがVTRで出演していた。このとき、視聴者から『渡辺直美が出ないのは、不自然』との声が多く上がりましたが、どうやら先に『さんタク』への出演が決まっていたようです」(芸能記者)

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

番組の企画も『新しい地図』を意識したものとなり、SMAP解散騒動後のキムタクのイメージ凋落もとどまることを知らず、ジャニーズ事務しもキムの好感度を上げるために必死な様子だが。。

しかし、『さんタク』も視聴率5.9%という結果に終わり、同番組でのキムタクに対してネット上では、

・あのスマスマでの謝罪会見での偉そうな姿が忘れられない。正月めでたい時にこの人を見る気にはならない。LINEのCMも不愉快極まりないので勘弁して欲しい。

・木村拓哉はもう終わっている。早く気付け。

・一般人を敵に回す怖さを知らないから公開処刑なんて出来たんだよね。頭悪過ぎ。

・さんまとキムタクじゃもう若い層に受け入れられないんじゃない?

・キムタクがSMAPに居た頃のように笑えなくなってる。人相が変わった。番組内容も面白くなかった。

・完全に解散騒動の影響。あれがなければ無限の住人もヒットしていたしバラエティも試聴率は下がっていない。ただ、あの騒動で皆 木村さんの本質を知って変わってしまった結果だと思います。

・視聴率、さんまで上げてキムで下げた。

・『キムタクとさんまという人気者を・・・』って、いつの時代よ?

・なんか、もぞもぞ偉そうにさんまの言う事に面白くもない突っ込み入れているだけ。逃げ恥9. 2%の方がよほど納得。

・俳優業に専念したほうがいいと思う。若い頃はあの喋り方でも許せるが今も変わらずあのキムタク喋りはさすがに恥ずかしいし観ていてイラッとくる。いい加減年相応になってください。

・新年早々にキムタクなんて、縁起が悪いんだよね。あの謝罪会見での態度は、ずっとついてまわるよ。ドラマも見るつもりはない。

・見たくない!フジテレビって、視聴者の気持ち全く解ってないね

・はっきり言ってクソつまんなかった。自慢の車で好きな曲かけて(それも今更ボディガードって思いっきりキムタクの番宣)で、どこかでみた企画やってキムタクがギター抱えて歌で終わりっていつもと同じ。もうこの二人で数字が取れる時代は終わったって誰か言ってあげればいいのにね。

・視聴者はタレントを通して夢を見るが、公開生謝罪で本性見せた木村拓哉に何を見ろと?

・ヤバイだろ、元旦のこの時間でこの数字。キムタクの支持層が「逃げ恥」見てるんだよ。「BG」も結果が見えたようなもん。

・フジとキムタク、落ち目同士を掛け合わせると当然の結果でしょ

などの意見が!!

今年はドラマに映画にCMと“キムタクのゴリ押し”が続くものの、今のところ・・・


その全てが裏目に出ているキムタク45歳。。

確かに全盛期のキムタクは凄かったかも知れないが、昔を知らない世代が現在のキムを見たとしても・・・


ただのカッコつけた痛いオジサンにしか見えないのでは。。

 

【関連記事】
木村拓哉が『帰れま10』に出演!3連続正解する姿に「ヤラセでは?」の声

スポンサードリンク

関連記事

石田ゆり子がインスタでアパレル店員をディスり炎上!!

出典:mint-laboratory.com 女優・石田ゆり子(48)が7日、自身のインスタで

記事を読む

小川彩佳アナの自宅ベランダでタバコを吸う櫻井翔、実はフルチン姿だった!?

先日、「週刊ポスト」のスクープにより、 小川彩佳アナ(32)との熱愛が発覚した 嵐・

記事を読む

渋谷すばるが『関ジャニ∞』を脱退か!?ジュリーらが説得するも「これ以上お笑いアイドル路線には付き合えない」

13日発売の『フライデー』が、渋谷すばる(36)の“関ジャニ∞脱退”を報じた!! 渋谷のグ

記事を読む

【画像あり】元AKB・渡辺麻友が“目頭切開”しすぎで別人に変貌する!!

出典:esエンタメステーション 元AKB48・渡辺麻友(24)の顔が激変!まるで別人のようなル

記事を読む

SPEED今井絵理子が政治家に転身した理由が「新曲が売れずアッチの方が儲かるから」と・・・

先日、夏の参議院選挙の “目玉候補”として、 自民党から出馬することがきまった!

記事を読む

ゲスの極み乙女。解散報道は「炎上商法」を狙ったゲス側からのリークか!?

タレント・ほのかりん(19)に ゲス川谷絵音(27)が・・・ “未成年飲酒”

記事を読む

ベッキーが「迷子犬」保護で好感度UP → 自作自演だったことが判明www

川谷絵音とのゲス不倫によって “いい人キャラ”が・・・ 完全崩壊してしまったベッキー

記事を読む

松本潤の元カノ・葵つかさの暴走が止まらない!松潤の秘密を次々と暴露し・・・

去年12月に、セクシー女優・葵つかさ(26)との 2股交際が発覚した嵐・松本潤(33)。

記事を読む

後藤真希、菅野美穂、上戸彩、佐藤江梨子などママタレ炎上予想!眞鍋かをりは・・・

2015年は、芸能人の結婚ラッシュが続き... さらに後藤真希、菅野美穂、上戸彩、蛯原友里、

記事を読む

ベッキーが川谷絵音・妻に謝罪の手紙を出していた!

ゲス川谷絵音との不倫により、 現在、芸能界を休業中の センテンススプリング ベッキー(3

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑