上原多香子が豪華マンションから庶民的マンションに引っ越し!貯金を切り崩しての・・・

公開日: : 最終更新日:2018/03/01 芸能情報

阿部力と不倫し、それが原因で元夫・TENNが自死したことが判明!この騒動により現在、芸能活動を無期限休止している上原多香子(34)。


そんな上原は現在、舞台演出家・コウカズヤ(39)と同棲生活を続けているものの、彼女は暮らしていた豪華タワーマンションを引き払い、庶民的マンションに引っ越してしまったという。

夫を自死へ追いやった上原には仕事もなく、貯金を切り崩しての生活ではあるが・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

昨年、世間を騒がせた一連の不倫報道の中でももっとも重く、強烈な印象を視聴者に与えた上原の騒動。その不倫が前夫・TENNさん(享年35)の自死の一因となっていたことから、芸能界からも実質追放に近い形となっていた。久々にカメラがとらえた上原の周辺に、一体どんな変化があったのだろうか。

「上原が現在同棲しているのは、8月に不倫キス写真が発覚したトントンこと阿部力(35)ではなく、5月にお泊り熱愛を『FRIDAY』(講談社)に報じられた演出家のコウカズヤ氏の方でした。現在、上原は芸能活動を休止しているため収入がゼロの状態です。それゆえ芸能人らしからぬ、オートロックのない都内の2LDKに引っ越しています。また、4日発売の一部スポーツ紙によれば、上原はSPEEDの功労者であるため、事務所から毎月200万円もの月給をもらっていたとの説もある。しかし不倫騒動でかぶった違約金その他と相殺され、結局は“解雇”に近いクビ切り通告を受け、それでも上原は『給料はなくていいので所属したい』と頼み込み、”歩合制”に落ち着くことになったと言われています」(週刊誌記者)

たしかに、所属のライジングプロのサイトには、彼女の名前と写真はいまも掲載されている。やはり、上原は芸能界への未練を捨て切れていないのだろうか。とはいえ『のど自慢上を向いて歩こう』(8月12日~8/18)以降、仕事をしている形跡もなく、現在は貯金を切り崩しての生活が想像に難くない。

「上原の蓄えは潤沢にあるはずです。同じ元SPEEDの今井絵理子(34)は、去年1月に公表された参議院議員の『資産等報告書』では資産が9899万円となっている。上原も贅沢さえ慎めば、ほとぼりが冷めるまでコウと2人で凌げる資産は持っている。その後、SPEED復活への要望が高まった時点で復帰する腹づもりなのでしょう」(前出・記者)

冒頭の『週刊女性』に掲載された写真には、仲睦まじく自転車に2人乗りしている姿も見られた。コウの演出する舞台に差し入れを持ってあらわれるなど、甲斐甲斐しく支えているという。上原はこのまま、全てを忘れ、新しい生活を始めるのか。それとも、会見もないまま気配を消して、時だけをやり過ごすつもりなのだろうか。

(以上引用 デイリーニュースオンラインより)

スポンサードリンク



 

現在の上原はあくまで“活動休止”で、芸能界を引退する訳ではないものの、事務所から渡される給料は固定給から「歩合制」になったという。

事務所としては上原を解雇したかったようだが、何とか芸能界にしがみつきたい上原は事務所に対して・・・

(以下引用)

「上原はSPEEDの功労者のため、事務所から月200万円の固定給をもらっていたんです。しかし今回の一件で、大きなダメージを被ることになった事務所は、これまで事情説明をしてこなかった上原に対し“解雇”に近い通告をしました。上原から『給料はいらないので置いてください』との泣きが入り、歩合制になったようです」(事務所関係者)

(以上引用 東スポWebより)

泣きを入れていたという。演技もトークもろくにできない“顔”だけの上原に月200万円も払っていたのは驚きだが、それでもまだ芸能界にしがみつこうとする上原多香子の図太さに、ネット上では・・・

・新年なのに縁起悪っ

・なんでそこまでして芸能界にしがみつきたいのか

・ざまぁ

・日本から出てください

・THE ミジメ

・でも美人だから男は途切れないんでしょ。

・ろくに義務教育もうけてないし 普通の社会人経験もない 男に寄生する以外でどうやって生きてくの

・この人の不倫話だけはほんと笑えない マジメにひくやつ…

・この人のニュースは色々とガチすぎて、何もコメントできん…

・男にたかって生きていけるでしょ。あなたなら大丈夫。

・自分の不倫が原因で旦那を自殺に追い込んでおいて、笑顔で生きていけるのか。

・それでもまた恋人ができるんだよね。恐ろしいわ

・短期間とはいえ一時期は日本を代表する美女扱いだったんだよ。じっさいすごい美人だったし。事務所の特別待遇ってそれもあったんじゃない?顔だけはいいからまたブレイクするかも、みたいな期待がさ。

・こいつはもう無理じゃない?変にプライドだけは高そうだから開き直ってバラエティ番組に出るタイプでもないし、トーク番組でもトークが下手で使えなそうだし。

・お金が底をついても、この人には、男性が必ず支えていく気がする。男性にはモテるだろうからね。

・また男作って子供でも作りゃ安泰でしょ。

・男にぶら下がって生きていけるんだもん、痛くも痒くもないでしょうに。

・大根役者だけど、お葬式の時は名女優だったね。

・オツムが弱い女を選ぶ男って

・美人は得だねぇ…ホントこの人顔だけ。

・最もひどい不倫報道だよね

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

しかし、上原は事務所に残れたものの、TENNを自死に追いやった彼女に仕事のオファーなどある訳なく、給料も貰えず・・・豪華タワーマンションから庶民的な2LDKへ引っ越し。

それでも恋人・コウカズヤとは同棲を続けてはいるが、


貯金を切り崩しての生活をしている様子で、洋服や趣味などにもお金を使えなくなってしまったという。

節約生活をしながら、家事や料理を頑張っているという上原だが、やはり生活は苦しい状況のようで。。

彼女としては何とか以前のように仕事を続けたいようだが、同棲しているコウカズヤの収入も多くはなく、このまま質素な生活を強いられるなら・・・

(以下引用)

「最近、上原の周囲では『貧乏生活に我慢できなくなって、演出家と別れるんじゃないか』という見方まで出ている。また、そうなる前に彼女がいろいろと手を打つのではと見られています」(芸能関係者)

(以上引用 アサ芸プラスより)

上原の次の手として考えられるのは、去年5月28日を最後に更新が止まっている、

出典:上原多香子 オフィシャルブログより

ブログを再開するのでは?という噂もあり、炎上商法でアクセス=広告料を稼げることから、これを目当てに再開することも考えらるという。。

しかし、世間やTENNの遺族にも何も語らず、完全スルーを貫いている上原多香子。幼稚な思考の彼女のことだから、時間が経てば再び表舞台に復帰できると考えているかも知れないが、もう表舞台に立つことはできないだろう。

やはりブログを再開するか、もしくは・・・


男にぶら下がって生きていくしかないのかも。。

 

【関連記事】
TENNを死に追いやった上原多香子が“ヒロイン役”で芸能界復帰!!

スポンサードリンク

関連記事

【画像あり】松本伊代と早見優が「鉄道営業法違反」の疑いで書類送検!!

おバカタレントの松本伊代(51)と 早見優(50)がやらかした!!  

記事を読む

櫻井翔と松本潤の関係が修復不能に!?特に“尿潤”こと松潤の怒りが・・・

セクシー女優との2股報道や 女子アナとの交際をスクープされた、 嵐・櫻井翔(35)と

記事を読む

高畑裕太の母、高畑淳子が「名刺を出しなさいよ!」とマスコミに敵意むき出し!!

去年8月に“強姦致傷容疑”で逮捕されたものの、 「不起訴処分」 になった高畑裕太(23)

記事を読む

Hey! Say! JUMPの「未成年妊娠疑惑」は未だ収まらず!CM打ち切り、バラエティ番組不参加にファンは困惑し・・・

9月3日に「東京スポーツ」の 爆弾スクープにより発覚した、 超人気若手アイドルグルー

記事を読む

きっぺいの子を妊娠・中絶した渡辺リサが欅坂の番組に出演、SNSで話題に!!

10代の女性向けファッション雑誌『Popteen(ポップティーン)』などでモデルとして活躍する渡

記事を読む

成宮寛貴に早くも芸能界復帰プランが浮上!?彼を後押しする人物が・・・

“コカイン吸引”疑惑により、 逃げるように芸能界を引退した 成宮寛貴(34)。

記事を読む

セクシー女優・ANRIこと、坂口杏里が粉々になったスマホを公開!やっぱり精神的に・・・

今年10月1日にセクシー女優・ANRIとして、 『芸能人ANRI What a day!!』

記事を読む

ナイナイ岡村隆史、ハリセンボン近藤春菜、サバンナ高橋茂雄に似ているソックリさんが・・・

ハリセンボン・近藤春菜が 角野卓造に似ていることは有名だが、   ナイナ

記事を読む

青いうさぎ・酒井法子が女王様キャラに転身か!?でも下品なうさぎに・・・

1986年に正統派アイドルとしてデビューし、 自身を「のりピー」と呼び・・・のりピー語として

記事を読む

ベッキーが7月に復帰!?CM違約金の請求なしもゲス川谷絵音の存在が・・・

妻子持ちのゲス川谷絵音(27) との不倫により、   レギュラー番組やC

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑