高畑裕太の現在の姿wwwロン毛&ヒゲ面で遺品整理のアルバイトをしていた!

公開日: : 最終更新日:2018/06/13 芸能情報

2016年8月に、自身が宿泊していたホテル従業員女性に性的暴行を加えたとして、強姦致傷容疑(不起訴)で逮捕された高畑裕太(24)。


逮捕後は表舞台から姿を消した高畑であるが、16日発売の「フラッシュ」が彼の近影をキャッチ。そこにはロン毛&ヒゲ面で遺品整理のアルバイトをする裕太の姿が・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

あの事件以降、芸能界を離れ、一部で「家に引きこもってゲームばかりやっている」とも報じられたが、実際はインドに数カ月間、放浪の旅に出かけたり、母・高畑淳子の仕事の手伝いをしたり、亡くなった人の遺品整理のアルバイトを行うなどアクティブに活動していたようだ。

同誌の直撃取材に高畑は事件後のどんよりとした表情ではなく、時折笑顔を見せながら「(事件について)ご迷惑をおかけしました。あれは自業自得じゃないですか」と回想。容姿の変化について突っ込まれると「そうでしょう。これも新しいイメージに塗り替えるため……」と話し始めたが、途中でヤバイと気づいたのか「めっちゃしゃべっとるな俺! やっぱバカやな~。ほんと、しゃべったらめっちゃ怒られるんですよ」と、軽~いノリで自重した。そのやりとりからして、一時期の“鬱状態”は完全に脱却したようだ。高畑を知る人物は次のように語る。

「インドへの“自分探し”の旅が大きかったようだ。インドは都市部は発展しているが、それ以外の場所では食に困る子どもがたくさんいる。そうした人たちを見て、『自分の試練なんてまだまだだ』と痛感したそうだ」

一方で、高畑よりも深刻なのは母・淳子。ことあるごとにマスコミに対して敵意をむき出しにしてきたが、その恨みはいまだ晴れることはなく、同誌記者が母・淳子への取材を申し出たところ、息子の裕太は「やめたほうがいいですよ! 近づかないほうがいい、マジで」と必死に制止していた。

「裕太さんは天性の切り替えの早さで“復活”したが、淳子さんは今も疑心暗鬼で、帰宅の際には周囲にマスコミがいないか必ずチェックしているそうです。いまだに事件の真相とマスコミ批判をまとめた著書を出したい意向を持っており、周囲に止められているそうです」(スポーツ紙記者)

そこで気になるのは、復活した高畑の芸能界復帰だ。

現在は“なんでも屋”のような生活を送っているが、母親の舞台は必ず鑑賞し、付き人の仕事である雑用などもこなしていることから「やはり淳子さんの所属する劇団『青年座』に入る形になるのでは」(同)とみられている。ただし、その時は“ママ離れ”が必須だ。芸能プロ関係者は次のように明かす。

「淳子さんが子離れできないので、裕太さんの方から自分のことは自分で決めるようにならなければいけない。そのことは本人も自覚しており、現在は母親から小遣いをもらうことなく、自分の稼ぎで生活している」

インドで生死を垣間見て、悟りを開いた高畑が芸能界に返り咲く日は近いのか。

(以上引用 トカナより)

スポンサードリンク



 

高畑は事件後、アジアへ語学留学。留学先でもやりたい放題の日々を送っていたと噂されていたが。。

☆高畑裕太に反省の色なし!!語学留学中でも“飲む・打つ・買う”のやりたい放題で・・・

そんな高畑の現状や姿を「フラッシュ」がスクープし、直撃インタビューにも成功。現在の高畑の姿はというと・・・

出典:フラッシュ

口やアゴにヒゲをたくわえ・・・


髪も肩まで伸びていたりと、まるで“別人”のような姿に!

同誌の撮影にも笑みを浮かべてポーズをきめ、インタビューでも「遺品整理のアルバイト」をしている事を認めていた高畑裕太

語学留学のほかにも、家に引きこもってゲームばかりしていると噂されていたが、高畑自身は山好きな友人と登山に出かける事もあり、“決して引きこもりではない”と否定していたという。

遺品整理のバイト以外にも、母・高畑淳子(63)の仕事の手伝いや、インドに数ヶ月ほど放浪の旅に出ていたという高畑だが、インタビューでの軽いノリや姿にネット上では・・・

・もう復帰しない方が本人のためにもいいよ

・帰ってこなくていい

・一生ママと静かに暮らしてください

・話し方が軽すぎて、反省してるのか疑ってしまう…

・もう見たくない

・事件がなくても情緒がおかしいのでテレビには向いてないと思います。

・母親も嫌悪感

・反省なんてして無い 犯罪者出てくるなよ

・この人、ちょっとネジ飛んじゃってる感じね

・誰にも需要ないんだから芸能界戻ってこなくていいよ

・母親も馬鹿親だってことが印象的だった

・インドに行って仏陀の教えを学んだのならいいが、観光なら何も変わらんな。

・復帰しても性犯罪犯した人間と共演したがる女優なんているかな?

・被害に遭った方のために、テレビなどのマスコミに出るのはやめたほうがいい。二次被害だと思う。本当に反省しているなら、もっと地道に生きて行った方がいい。

・やっぱり本当に頭が弱いんだよね。だからこそ理性がなくて危険なんだよ。

・中尾彬が言ってた。「この男は挨拶の一つも出来ない」って。親の七光りで売れたにも関わらず調子乗りすぎてて前から嫌いだった。ちなみに母親の淳子も。息子に甘過ぎ。挨拶の一つも注意出来ない親ってどんな親だよ

・自分の試練なんてまだまだだって コイツ試練って思ってるの?

・行動力のあるバカってこわい。

・馬鹿って言うより軽度の障害ありそう

・話し過ぎるところに、やっぱりADHDなんじゃないかなぁと思ってしまう

・自分が犯罪しといて試練って何?背負いたくもない試練負わされたのは被害者の女性だよ

・何が鬱状態だよ。ママに甘えて悠々自適に暮らしてるくせに。お前に乱暴された女性やお前のせいで仕事潰れた役者さん達の方がよっぽど鬱にもなるわ。

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

フラッシュの“一昨年の事件について、今言いたいことは?”という質問には「ご迷惑をおかけしました。あれは自業自得じゃないですか。正直、そりゃ言いたいこともいろいろあるけど、これからどうするかが自分の課題だと思ってます。俺が今さらあれこれ言ったとしても1回事件を起こしたイメージは拭えないじゃないですか。俺としては新しいイメージにどう塗り替えるかを考えるのが先決だと思う」と反省している様子を見せていたものの、

芸能界復帰については「それは、あんまり話しちゃいけないんで・・・」と答えていたという。。

インタビューでの口調を見るかぎり、相変わらずという印象の高畑裕太であるが、現在も彼は母・淳子の舞台を鑑賞や雑用をしているようで、母が所属する劇団『青年座』に入るのでは?という噂も。

母・淳子も息子が犯した犯罪に対し、「あの子の人生が台無しになったんですよ!」「もう、そっとしておいてください!彼は無実です!」と報道陣に漏らしたこともあり、子離れできていない母も去ることながら、裕太は芸能界復帰というより・・・



今後、一生テレビに出ちゃダメだろう。。

 

【関連記事】
高畑裕太が“芸能界復帰”について語った!母・高畑淳子との現在の関係については・・・

スポンサードリンク

関連記事

ダレノガレ明美、また自分の顔だけ小さく加工するも「もはや全員誰だかわからん」

出典:トピックニュース 自身のSNSでは顔が小さくなったり、足が長く細くなったりと、お浜さんと

記事を読む

ベッキーと不倫したゲス川谷絵音が離婚しない方針で、妻との関係を修復!

レギュラー番組、CM出演など... 全ての芸能活動を捨て去ってまでも  

記事を読む

浜崎あゆみ、写真修正のやり過ぎで“谷間”や“鎖骨”が消えるwww

インスタで自身の写真を修正しまくった結果、 “理想”と“現実”のギャップが とんでもない

記事を読む

元SMAP・中居正広が振付師・武田舞香と6年愛!!

元SMAPのリーダー・中居正広(44)に 熱愛が発覚した!!   熱

記事を読む

ベッキーに多額の損害賠償でもゲス川谷絵音は無傷な件!

今月13日に『金スマ』にて、 早くも芸能界復帰を果たした ベッキー(32)。 &n

記事を読む

SMAP解散騒動でメリー喜多川にパワハラされた中居正広が反撃開始!!

SMAP解散騒動で、ジャニーズ副社長の メリー喜多川(89)に屈辱過ぎる... パワハラ

記事を読む

STAP小保方晴子が瀬戸内寂聴と対談するも別人化www

2014年にSTAP細胞はあったとして、 一躍時の人となった“リケジョの星”こと、

記事を読む

前田敦子が金髪にイメチェンするも、まるでIKKOのようにwww

以前あったエラもなくなり・・・ 現在ではアゴのラインがすっきりしている 前田敦子(2

記事を読む

松居一代が“住居侵入罪”で逮捕か!?夫・船越英一郎は「逮捕だけは避けられないか」と懇願!

現在、ドロ沼離婚劇を展開中の・・・ 出典:日刊スポーツ 松居一代(60) vs 船越英一

記事を読む

ベイビーギャング北見寛明が無免許で2度目の逮捕!事務所も解雇され・・・

お笑いコンビ、ベイビーギャングの “男前担当” として活動していた北見寛明(32)が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑