絵本作家「のぶみ」の経歴詐称&盗作ぶりが酷い!!

公開日: : 最終更新日:2021/07/27 芸能情報

“だいすけお兄さん”こと横山だいすけ(34)が歌う『あたし おかあさんだから』が物議を醸すなか、この曲を作詞した絵本作家・のぶみ(39)の経歴詐称や盗作ぶりが酷いと大炎上している!!

出典:ツイッター

元暴走族総長だった過去や、昔からある絵本のパクリ。さらに『あたし おかあさんだから』の歌詞までも・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

楽曲『あたし、おかあさんだから」が炎上している。炎上当初は「歌詞が女性蔑視」のみが指摘の対象だったが、現在は作詞を担当した絵本作家・のぶみ氏の経歴に飛び火している。

その経歴というのが「高校生の時に池袋連合総長」というものだ。これは、「絵本作家 のぶみ オフィシャルサイト」にハッキリと記されている。いわゆる“ヤンキー上がり”という過去は、彼の“売り”のひとつになっていた。過去に出演したドキュメンタリー番組『情熱大陸』でも「160名のチーマーの総長」と強調されていた。

この『池袋連合』という不良グループの存在自体が疑われている。その界隈に詳しいニュースサイト『TABRO』編集長久田将義氏は、「それほどの大人数だったら大小の喧嘩の話が出てくるはずだがそれも出て来ない」と自身のサイトで語り、同『日刊サイゾー』では、のぶみ氏と同世代で“キング・オブ・アウトロー”と恐れられた瓜田純士氏が「聞いた事がない」とインタビューに答えている。

母の言葉の真実が明らかに?

さらに、過去にカルチャー系メディア『otoCoto』のインタビューに答えたのぶみ氏自身の言葉にも注目が集まっている。

「(『情熱大陸』の取材で)テレビ局の人がお母さんに『のぶみさんって小さい頃はどんなお子さんだったんですか』って質問をしたんです。そうしたら『小さい頃から友だちが多くて、高校時代には美術部で絵画を頑張っていました。絵本も高校時代から描いているんです』って言い始めて、僕、『いったい何を言い始めたんだろう??』って、びっくりして(笑)」「テレビカメラも回っているし、僕は『高校にはほとんど行ってなかったよ』と事実を話したんですが、『違うのよ、あなたは忘れているのよ』と必死に、“いい子だったのぶみ”という設定で話をするんです」

このインタビューが掲載された当時、現実とは食い違うのぶみ氏の母の言葉がネット上で議論の的として上がっていた。今では、「だから食い違っていたのか」「あのときのお母さんが真実」「時を経て合点がいった」との声が多数寄せられている。

『池袋連合』が実在したのか? それを確認する術はないが、疑いはしばらく晴れそうにない。

(以上引用 耳マンより)

だいすけお兄さんと人気絵本作家のコラボということで、当初は良い意味で話題になるかと思いきや、のぶみが書いた歌詞には・・・

出典:matomame.jp


・この歌詞だとお母さんが不満あるみたい

・母親だけ我慢しろみたいに聞こえる

・私お母さんだけど痩せてるしネイルしてるしパートしてないよー。子供第一だけどね

・私お母さんだけど、子供らと唐揚げ取り合いしています。

・おかず譲らないよ!こどもが太るじゃん。カレーは甘口と辛口作ればいいじゃん。

・結婚も、出産も、お菓子を子供にあげるのもヒール→スニーカーになったのも、全部自分がしたくてやったこと。こんな子供のせいで我慢しているみたいな歌は共感できない。

・お母さんじゃないけど、何か時代錯誤な歌詞でびっくり

・母性愛の歌というより、育児ノイローゼの歌っぽい?

・母親になりたくなくなるような歌詞。キラキラした部分が1つもないじゃん。

・あたし、って言葉のチョイスが既にいや

・独身の事も軽くディスってるよね。ネイルしてヒール履いて働くことが、なぜ強がってたになるの?すごい偏見。結局、こののぶみって人は独身だろうが既婚だろうが女を下に見てる歪んだ人。

・この作詞家、自分で書いた絵本を読み聞かせの会で読み聞かせながら、自分で号泣する人だよね。会場ですすり泣く子連れのお母さんいっぱい映ってたけど私なら引くわwナルシスト臭ぷんぷん。

・のぶみって親の自己満足にしかならない絵本を量産してるよね

・歌詞も酷いけど、のぶみって人がだいすけお兄さんを利用してファンのお母さん相手に金儲けしようとしたいやらしさが気持ち悪い

など、ネット上では批判の声が殺到!!

スポンサードリンク



 

多くの批判の声に焦ったのか?のぶみは「僕としては、あたしおかあさんだから体験できたことを歌詞にしてます、それで僕もおかあさんじゃないからおかあさんたちに聞いたり、おかあさんにエピソード募集して作ってます」「これは、元々ママおつかれさまの応援歌なんだ。泣いてる人もたくさんいた」と、あくまで曲の歌詞は“母親たちの体験談をもとに作った”応援歌であることを強調していた。

しかし、のぶみの歌詞には“盗作疑惑”が取りざたされ、『あたし おかあさんだから』の元ネタは、人気ママブロガー・LICOさんが2016年3月27日に投稿した『ママの毎日』という投稿が元になっているのでは?と言われ・・・

(以下引用)

独身の頃

ヒールの靴が好きだった
お酒は苦手だったけれど友達と過ごすお酒の場の楽しい雰囲気が好きだった

好きな音楽はミスチルでいつもウォークマンに入れて好きな時に聴いていた
電車の中でゆっくり本を読むのも好きだった

お風呂では半身浴をして
美容院には2ヶ月に1回は必ず行っていた

お化粧するのも好きだった
1人で行く映画館が好きだった

流行りの雑誌を買い
流行りの曲を聴き
流行りの服を着て
流行りの場所へ好きな時に出かけた。

そんな私は 今

泥だらけのスニーカーを履き

子どもたちの着替えやオムツが入った大きなバックを肩にかけ

ちゃんとした化粧もせずに

髪を一つにくくり

毎日
子どもたちの手を繋いで公園へ散歩に行っている。

聴く曲はミスチルからアンパンマンマーチに変わった。

眺めているのはファッション雑誌から
子どもの母子手帳や幼稚園からの手紙に変わった。

考えていることは
今日の夕飯のメニューと
長女が幼稚園から帰ってきたあとのおやつ、お風呂、夕飯の流れの確認。

今日の天気で洗濯物が乾くかどうかと
明日の長女の遠足が晴れるかどうか。

最近眠くなると激しくぐずる長男を昨日つい怒ってしまったから
今日は早く寝かせてあげよう。
今日は怒らないでおやすみをしよう。

そんなこと。

毎日 押し流されるように迫ってくる日常があるから

キレイに片付いた部屋も
大の字で朝まで眠れる夜も
ゆっくり塗れるマスカラも

なんだかもう思い出せない。

そう。

思い出せないから

私たちは つい 忘れてしまうのだ。

この毎日が

ずっと続かないということを。

1人でゆっくりお風呂に入れるようになったら

湯船の中 あなたと向き合い数を数え

柔らかく響いたあなたの声を

私は思い出すのでしょう

1人で好きなだけ寝返りをうち眠れるようになったら

どこまで寝転がっても隣にいないあなたのぬくもりを

私は探すのでしょう

好きな音楽のCDを好きなだけかけられるようになったら

この部屋の中に溢れていたあなたの笑い声を思い出して

私は泣くのでしょう

好きなだけお化粧に時間をかけられるようになったら

私の洋服をひっぱり
膝の上によじ登り
私のやることなすことをお邪魔してくるあなたのその小さな手を思い出して

私は泣くのでしょう

好きなだけヒールが履けるようになったら

笑い転げるあなたを追いかけて走り回り
泥だらけになって遊んだあの空を思い出して

私は泣くのでしょう

自分とパパの洗濯物だけを回す日々が訪れたら

砂まみれの靴下も
おしっこを失敗したズボンも
牛乳をひっくり返したシャツも

洗濯カゴにないことを知って

私は泣くのでしょう

あなたの足音がしない部屋の掃除機をかける日が訪れたら

粉々になったビスケットの食べこぼしも
小さなおもちゃの部品も
あなたの細い柔らかい髪の毛も落ちていないことを知り

私は泣くのでしょう

1人で好きなことを
好きな時に
好きなだけ出来るようになったら

どんな時も「ママ」「ママ」と私を呼び

どんな時も私のことを探しているあなたの姿を思い出して

私は泣くのでしょう

一体いつまであるのかな

一体 いつまでここにいてくれるのかな

そして

そんなことを考えているうちに

また 今日も終わってしまった。

私たちの日常は「子どもが側にいる『今』」だから

子どもから離れて1人になれた瞬間が特別に感じて

好きなことを堪能できる喜びを噛み締めるけれど

でも 自分の人生を考えてみたら

特別なのは

本当は 子どもが側に生きているこの毎日の方。

でも 私たちはそれを忘れてしまう。

なんだか ずっと続くような錯覚を起こして毎日を過ごしているけれど

大変に思えるこの毎日に

数えきれない 愛しい が散りばめられていることを

私たちは いつか知るのです。

子どもたちが

この世に生まれてから今日まで

ママとパパのために
全身を力いっぱい使って思い出を撒き散らしてくれていたことに

私たちは 過ぎてから気付くのです。

ママの毎日は

ママでいられる毎日です。

私たちは この命が尽きるまで

どんなに子どもと離れていても子どもを思い、心配し、愛し続ける 子どもたちの母親だけれど

でも 子どもたちの側で『ママ』でいられることの出来る日の

なんて短いことかを

いつか思い知るのでしょう。

今日もあなたは

屈託のない笑顔で振り向き

「ママ!」と言って

両手を広げて こちらに飛び込んでくる。

忘れるものか。

絶対に。

絶対に。

あなたの前髪を切り過ぎて笑った昨日を。

あなたを怒って自分に涙が出た今日を。

あなたの寝相に笑った夜を。

あなたが摘んでくれたシロツメクサの白さを。

あなたに許された私を。

あなたがいてくれるこの毎日を。

私は 絶対に忘れない。

(以上引用 LICOオフィシャルブログより)

LICOさんのブログに酷似しているのぶみの歌詞に対し、ネット上では・・・

・あまりにもそのままだったし、例の歌ってこのブログ主さんの記事と、のぶみが集めた母親の体験を元に作ったんだと思ってたんだけど。
もしかして、このブログを無断でパクって おかあさんだから を作ったの?

・元ネタって言われてるLICOさんのブログはすごくジーンとくるのにこの差はなんなんだろう…似てる言葉が入ってても言ってることがまるで違う。

・もし仮にあの歌がこのブログをパクった又は参考にしたのなら、ほんとにのぶみは実力不足だ このブログは女から母への変化をポジティブなものとして自分自身として受け入れてるのに、なんであんな呪詛みたいな歌詞にしたの もうほんとに頑張ってよ

・のぶみの「あたしお母さんだから」の件。突然謝り出したのは語り出しが「独身の頃 ヒールの靴が好きだった」ではじまる全くそっくりな詩があるのがバレたから?

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

盗作疑惑も囁かれ始めたからか?すでにhuluから『あたしおかあさんだから』は削除されており。。

また、騒動を受けて“だいすけお兄さん”こと横山だいすけは8日、

出典:ツイッター

公式ブログで「理由はどうあっても結果的に応援してくれているみなさんを傷つけてしまったり辛い思いをさせてしまいました。今回の歌の一件を真摯に受け止め頑張っていきたいと思います」と謝罪するハメに。

さらに、のぶみの盗作疑惑は歌詞だけにとどまらず、過去の作品にも・・・

盗作疑惑が!!

のぶみが2016年に発売した作品と、安西水丸さんが1987年に発売した作品を比べると、

出典:ツイッター



絵や文章がほぼ同じで。。

ほかにも、のぶみが2006年に発売した『0さいまるごとひゃっか』と、1986年に林明子さんが発売した『くつくつあるけ』や・・・

※のぶみ

※林明子

のぶみが2009年に発売した作品と、なかがわちひろさんが1995年に発売した作品も・・・

出典:ツイッター



のぶみが書いた絵本の表紙には「龍」が描かれているが、なかがわさんの絵本にも龍が描かれている。

のぶみは以前、あるTVのインタビューで堂々と“パクりをやっている”と発言していたといい、盗作暴走族捏造とホラ吹きまくりの彼は・・・

出典:ツイッター

このまま“ホラッチョのぶみ”として、消える日が近そうだ!

出典:ツイッター

がたん ごとん。。

 

【関連記事】
絵本作家・のぶみ、不倫がバレる!!

スポンサードリンク

関連記事

真木よう子が出演映画『SUNNY』をドタキャン、精神状態が限界に!

最近はただの“お騒がせ女優”に成り下がってしまった真木よう子(35)が・・・ 今度は、出演

記事を読む

ガールズパーティー開催の手越祐也!トニトニ参加見送り後、すぐに荒野行動をプレイしていたことがバレる

緊急事態宣言発令時に女性らとパーティーを開催していたことが報じられた手越祐也だが、これにジャニーズ事

記事を読む

週刊文春が三浦春馬の“日記”を公開!亡くなる直前に書かれたものも・・・

7月18日に自宅マンションで亡くなった三浦春馬(享年30)。 自ら命を絶った原因については今だ

記事を読む

SMAP中居正広が独立し、個人事務所『中居組』を設立か!?

今年12月31日をもって解散するSMAP。   解散後は、まず草なぎ剛(4

記事を読む

キムタク主演ドラマ『BG』の豪華キャスト勢に“キムタクいらないんじゃない?”の声

来年1月からテレビ朝日系で放送される キムタク(44)主演ドラマ、 『BG(ビージー

記事を読む

再ブレイク中の青山テルマ、最新アルバム発売も“964枚”しか売れずwww

最近、バラエティ番組などへの出演が 急激に増えている歌手の・・・ 青山テルマ(29)

記事を読む

【お浜さん】浜崎あゆみがインスタに公開した私服姿に「かわいい」や「ただただ痛い」の声wwww

最近は歌手ではなく、完全にお笑い芸人化している“お浜さん”こと浜崎あゆみ(39)。 出典:ツイ

記事を読む

表舞台から姿を消した沢尻エリカ、女優復帰よりも“キャンプ場経営”に挑戦か!?

2019年11月に麻薬取締法違反の容疑で逮捕された沢尻エリカ(34)。その後、2020年2月に懲役1

記事を読む

ざわちん、髪をピンク色にするも話題になるどころか“架空人物”とツッコまれるwww

先月下旬から「ピンク髪デビュー」と、髪をピンク色に染めたことを自身のインスタでアピールしていたざわち

記事を読む

インスタでデート報告した坂口杏里の姿に「なんて顔だっ!」「夢に出てきそう」と恐怖を感じる人が続出!

元タレントで現役風○嬢の坂口杏里(28)が、自身のインスタでデートに出かけたことを報告した。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
【画像あり】市川海老蔵に新恋人!?2人の女性と密会する姿を撮られるwww

歌舞伎役者の市川海老蔵(43)が、2人の女性とデートする姿を週刊誌に撮

東出昌大が“20代ハーフ美女”と交際!彼女も匂わせ投稿を・・・

去年8月に杏と離婚した東出昌大(33)に、新恋人の存在が明らかになった

道端アンジェリカ、離婚協議中の夫に養育費を「1円ももらってない」とグチる

モデルの道端アンジェリカ(35)が11日、自身のインスタグラムを更新。

ポルノグラフィティ・新藤晴一、マッチングアプリで“パパ活”を持ちかけるwww

ロックバンド『ポルノグラフィティ』のギタリスト・新藤晴一(47)に、恥

小室圭の母・佳代、とうとう“詐欺罪”で刑事告訴される!

眞子さまと小室圭の結婚会見が今月26日に行われるが、6日に圭の母・佳代

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑