小室圭親子が贈与ではなく「借金の申し出」をした証拠メールが暴露される!

公開日: : 最終更新日:2018/03/10 社会 ,

母は「皇室でサポートしてもらえないか」と借金の肩代わりを皇室に要求したり、息子は借りた金で海外旅行を満喫したりと、まさにやりたい放題の小室親子


しかし、結婚延期=事実の破談?になったことで、今後の小室親子はどのような行動に出るのか?注目されるなか、母・佳代が「借金の申し出」をした証拠メールが暴露され・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

下の写真に写るのは、話題の主・小室圭さん。撮影者は、母・佳代さんの元婚約者A氏である。

ICUの大学生だった圭さんの誕生日を、佳代さんとともにA氏が祝ったときのもの。


この店に3人で来たのは2度目だった

汐留のタワービル41階に入る高級フランス料理店の個室からは、東京タワーが一望できる。3人でワインを楽しめば、7万~8万円にも達する高級店だ。

指輪を身につけ、親指を立ててポーズを決める圭さんの前には、デザートプレートが置かれている。チョコレートで〈傑出した圭へ ようこそワーキング・クラスへ〉と英語で書かれている。

A氏は外国人従業員に頼んで、大人になった圭さんへの餞の言葉を贈ろうと思った。

店の従業員は、「大人の世界へようこそ」というニュアンスを伝えたかったようだ。
だが、A氏の善意は親子には伝わらなかった。A氏本人が語る。

「後日、佳代さんから電話がかかってきて、『圭ちゃんが、あのプレートにあった『ワーキング・クラス』って、英語がおかしいって言うのよ。労働者階級って、アメリカでいい意味じゃないんだって!』と言うのです。

私は『ネイティブの方に頼んだから、間違いではないでしょう』と言いましたが、『うちの圭がそう言っているのよ』と聞く耳を持たず、非難するばかり。とても残念でした」

「労働者」をよくないと言う人物が、眞子さまのお相手にふさわしいかどうかはともかく、A氏は、このとき佳代さんと婚約中の身だ。だが小室さん親子は、A氏をがっかりさせる振る舞いを、誕生日当日も行っていた。

「見送ってくれた店のスタッフの方に『素敵なご家族ですね』と声を掛けられたんです。私は嬉しかったのですが、佳代さんは『うち、家族じゃないです』と言うのです。家族になる約束を交わした仲なのに……」

A氏と佳代さんは’10年から2年間にわたり婚約状態にあった。A氏が佳代さんに貸し付けた金額は400万円を超える。

「母を責めないで」

圭さんが’12年にアメリカに留学した際も、留学費用として200万円の貸し付けを行い、出発時は、愛車で圭さんを成田まで送り届けた。同年9月25日、LAに到着した圭さんが送ったメール。

〈昨日はお世話になりました!全力を尽くし頑張ります!お体お気をつけてください。母のことよろしくお願いします!!圭〉

その10日後の10月5日、圭さんがA氏に送ったメールが、下に掲げたものだ。当時、佳代さんの父(メールでは「祖父」)が佳代さん宅に同居を開始していた。

留守の圭さんは、祖父と母の関係がうまくいっていないことを心配し、〈以下のメールを祖父に送りました〉と、A氏も事情に通じておくよう示唆したものだ。圭さんの「家族」観がよく伝わってくる文面がある。

〈例えば母が電気を消し忘れたりした場合でも責めないでください。母が責められるとそれがストレスになり、体調を壊し、仕事に影響し、僕の学業に影響するので全てが悪循環になります〉としたうえで、〈大前提としてここは僕の家ですのでルールは守ってくださるようよろしくお願いします〉と記しているのだ。

まだ20歳だった青年が祖父に送ったメールとしては穏やかではないが、「ここは僕の家」という強い言葉が印象深い。

A氏が「出来るだけ手伝います」と返信すると、〈米国は天気が良く、勉強に励んでおります。よろしくお願いします!〉という返信が届いた。

おカネの算段ばかりか、小室家のトラブル処理まで助けていたA氏は、「今から考えれば、体のいいアッシー君、メッシー君ですね」と肩を落とす。

下の写真を見てほしい。「圭ちゃんの成人式の記念に帝国ホテルで写真撮影する」と言われたA氏は、圭さんと佳代さんを車に乗せていったが――。

「スタジオでは圭君と佳代さんだけが写真を撮って、私は蚊帳の外でした。その代わり、スタジオ前のスペースで、僕が撮影したのがこの写真です」

悲しいエピソードだ。このとき圭さんが履いている靴は、A氏がプレゼントしたものである。


帝国ホテルでA氏が撮影した圭さん

「とにかく悲しいのです」

前号では、小室さん親子が、A氏に手渡した手紙を掲載した。そこで佳代さんは〈409万3000円は小室佳代が貴殿から贈与を受けたものであって貸し付けを受けたものではありません〉と主張する。

だが、11年3月16日、3度にわたって佳代さんからA氏に送られたメールを見ると……(註:小室さん親子は、東日本大震災が起きたことから、九州に避難していた)。

〈申し訳ありませんが当分の生活費をお借りしても良いでしょうか〉

〈振込みはみずほで結構(みずほのカードしか持っていない)です。とりあえず10万円程お願いできますか。いつも助けて頂くばかりで感謝ですm(_ _)m〉

絵文字も多用したメールで、「お借りしても良いでしょうか」という表現がある以上、贈与ではなく借金の申し出と解釈できる。A氏の主張を裏付ける重大な証拠だ。

A氏は、圭さんの父親代わりになろうと思って、佳代さんとの婚約を決めた。しかし、’13年におカネを返してほしいと伝えてから、小室さん親子からの接触は途絶えた。

「あのとき、『今は月1万~2万円しか無理だけど、少しずつでも返します』とでも言ってくれたら、私もこんなことは言いません。圭君の大学の学費や留学費用を出したのは私です。

それなのに、婚約についてひと言も伝えてくれなかったのが、とにかく悲しいのです」

これはおカネの話だけでなく、世話になった「恩人」に対する小室さん親子の信義の問題でもある。

(以上引用 現代ビジネスより)

スポンサードリンク



 

昨年末、『週刊女性』のスクープにより、母・佳代の“400万円以上の借金”が発覚!さらに借金の使いみちがの学費や留学費用、アナウンススクールの授業料や海外旅行などに使われていたことも明らかとなった。

皇室にとっても“金銭トラブル”はご法度なのはもちろん、仮に小室親子が今から借金を返済したとしても、小室親子に対する秋篠宮家の見方がもはや変わることはないと思うが。。

そして、母・佳代の元婚約者・A氏の暴露により、小室親子の“悪事”が次々と明らかに!!

彼が成人したときの記念撮影では、A氏がプレゼントしたという高級靴を履いてポーズを決めるだが・・・

出典:週刊女性

A氏も圭を自分の息子のように可愛がっていたようだが、そんなA氏の気持ちを小室親子は上手く利用し、ことあるごとに“金の無心”をしていたようで。。

出典:週刊女性


メールでは「振込みはみずほで結構」など、かなり手慣れた様子で振込先を指定している様子だが、そんな小室親子にネット上では・・・

・最低な親子!!

・メール生々しいな…

・証拠まで出てきちゃったね。もう潔く身を引いた方がいいよ。

・うわぁ、メール…生々しいな。これが眞子さまの嫁ぎ先なんて、さすがに許されないでしょ。

・このメール、東日本大震災の最中だからか余計腹立つ

・借金を返したとしても、もう結婚はないと思うけど。

・タカリ親子。そんなヤバそうな家に眞子さま嫁がせるなんて正気の沙汰とは思えない。眞子さまが持参金事態したら絶対結婚したがらないくせに…

・別れさせる人はいないの?眞子さまの幸せを考えたら破局させるべきでしょ?みんな頭の中がお花畑で本人たちが相思相愛ならいいと思ってるの?

・怪しすぎる…こんな人とじゃなくてもっと良い人と結婚した方がいいよ

・みんな笑うなよ。竹田さんに買って貰った5万円の靴を履いて、成人式の記念写真をカッコよく決める小室圭。顔の大きさ、ポーズが面白すぎる。

・返済したら全てOKってわけないでしょ もう終わってるんだよ

・眞子さまが男性に不馴れだからって、この程度のちょっとイケメン風で経歴最悪の男に引っ掛かるなんて本当に悲しい

・叩けば叩くほど埃出てくるね 引くわ…

・こんなのまで出てきたらもう結婚は無理なんじゃ…自分だったら嫁ぎたくないし絶対苦労する。

・申し訳ないんだけど小室さんって色々とわざとらしいなってずっと前から思ってたんだよね お辞儀も何か変だったし 良い人って言うよりも裏がありそうなかんじだなって思ってたらこんなことが起きて私のつっかえはこれだったのかも

・詐欺メールまで出て返済なんてしてもダメ 眞子さん今辛くても、結婚するよりマシだから頑張って

・なんか婚約解消されたとしても、20歳から5年付き合ってたんでしょ?中々次の相手と…っていうのも難しいよね。一般人なら婚約解消して翌年にはサクッと結婚してる人とかいるけどさ。眞子さまなんて、そんなこと出来なさそうだよね。なんで最初からおかしな親子だと調べなかったんだろ。女性の5年間は大きいよ~!!

・ますます結婚は遠のくね。眞子さまの傷の浅いうちにわかれなよ。

・結婚する以上無視はできないし、なにより小室さん自身が竹田さんからお金を出して貰ってアメリカに留学したって認識がちゃんとある。

・眞子さまと結婚どころか小室氏は一生誰とも結婚できないのでは…全国に顔が知れ渡ってるし、一般家庭でもお断りされるよ。

・顔でか過ぎ。全てが胡散臭くておかしい人

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

さらにA氏の暴露によって、母・佳代のこんな企みも。。

佳代と婚約してから間もなくして、A氏は彼女に“あるお願い”をされたという・・・

(以下引用)

「婚約してから2か月後くらいに佳代さんから“竹田さんの生命保険の証書が欲しい”と言われたので渡しました。もともとの受取人は娘でしたが、婚約するにあたって佳代さんに書き換えたので証書のコピーを渡したところ、“死亡金が500万円では少ない”と言われたのです。私としては、亡くなったあとに自分のマンションを売却すれば、死亡金と合わせてそれなりの額になるので、問題ないと思っていたので、とても驚きましたね」

(以上引用 週刊女性より)

婚約してから2ヶ月という早さで佳代は、A氏の生命保険の受取人になる手続きを済ませていたものの、金の無心ばかりすることに嫌気が差したA氏は2012年9月に婚約を解消したという。

しかし、A氏は婚約解消後は佳代に対し、これまで貸していた430万円を返してほしいと文書を送ったものの、その数日後に佳代と圭がA氏の自宅を訪れ、借りた金は借金ではなく“贈与”だと主張する手紙を渡してきたという。

手紙は専門家に依頼して作成したようで・・・

出典:週刊女性

手紙に表記されている金額も、A氏が貸した金額とは異なるという。。

手紙には「当初から婚約者に対し「差し上げたものだ。当初より返済を求めるつもりはありませんでした。」と発言しております」「小室佳代が貴殿から贈与を受けたものであって貸し付けを受けたものではありません。従いましてその金銭について返済する気持ちはありません」などと書かれているが、、

佳代がA氏に送ったメール内容をみれば、あきらかに彼女がA氏から金を借りていることを認識している以上、もはや“贈与”と主張することは難しいと思うが笑。

今後も小室親子に関しては、まだまだ新情報が出てくるだろうが・・・A氏に寄生したあとは皇室に寄生するつもりだった小室佳代&圭

借金問題もこのまま逃げ切ることは不可能で、眞子さまとのご結婚が延期される2020年までに借金を返すのか? もまだこの期に及んで“借金を返したら眞子さまと一緒になれる”と思っているかも知れないが。

それにしても佳代がA氏に送ったメールは・・・


まるで“愛人契約”みたいな内容だ。。

 

【関連記事】
【クズすぎ】小室圭、借りた200万円でスペイン旅行を満喫!

宮内庁が小室圭に仕事斡旋!?眞子さまとの結婚に向けてか、それとも別の思惑が・・・

スポンサードリンク

関連記事

小室圭の借金まみれの母・佳代さん、パート行くのに“往復2千円”のタクシー出勤www

元婚約者に借りた400万円以上の借金を踏み倒すどころか、今年2月には秋篠宮邸を訪れ「皇室でサポートし

記事を読む

結婚のご意思が硬い眞子さまと、小室親子の“結婚できる”というヤバイ見立て!

出典:新潮社 結婚が2020年まで延期となった眞子さま(26)と小室圭(27)。 圭の母

記事を読む

今井絵理子議員が“ビール券”を配布、公職選挙法違反で辞職確定か!

先日、神戸市議会議員・橋本健(37)との 略奪不倫がバレてしまった・・・ 出典:週刊新潮

記事を読む

嵐チケット転売で逮捕された山中いづみ容疑者の手口&顔がヤバイ!!

ジャニーズの人気グループ、 『嵐』 のLIVEチケットを無許可で転売したとして、

記事を読む

【詐欺罪】野々村竜太郎被告に新たな名言が誕生!

政務活動費として約913万円を騙しとり、 詐欺罪に問われている元・号泣県議の 野々村竜太

記事を読む

小倉智昭が覚せい剤逮捕・庄司哲郎に送ったメールが流出!小倉は「私の作り話」と弁明するも・・・

“オヅラ”こと、 常に髪の毛に違和感のあるタレントとして、 現在、フジの朝の情報番組

記事を読む

NHK山崎友里江が高級愛人クラブに登録!?公式HPからも山崎の写真が削除され・・・

NHK室蘭放送局に務めている、 ある女子アナウンサーが・・・ 「愛人マッチングサービス」

記事を読む

今井絵理子「一番愛している」と息子を“好感度あげ”に利用開始!!

不倫発覚後は「一線は超えていない」と関係を認めず、現在も不倫相手との関係が続いているとの噂もある参議

記事を読む

眞子さま結婚延期、“小室家の借金問題”により事実上の婚約破棄か!?

秋篠宮家の長女・眞子さま(26)と、法律事務所に勤務する小室圭(26)の結婚式が“2020年”に延期

記事を読む

結婚延期の小室圭に“二股疑惑”が!!有名飲食店のお嬢さまと・・・

出典:NEWSポストセブン 宗教や借金問題など、次々と小室家の闇が明らかになる中、今度は『フラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑