結婚のご意思が硬い眞子さまと、小室親子の“結婚できる”というヤバイ見立て!

公開日: : 社会 ,

出典:新潮社

結婚が2020年まで延期となった眞子さま(26)と小室圭(27)。

圭の母・佳代には、元婚約者との間に“400万円”を超える借金トラブルがあり、これが原因で結婚延期となったのでは?と報じられていたが。。

しかし、結婚延期となる中でも眞子さまの“圭との結婚”にかけるご意思は固く、小室親子も“結婚できる”という、いやらしい見立てが・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

「4月10日、東宮御所で両陛下の59回目の結婚記念日をお祝いする夕食会が開かれ、秋篠宮ご一家も参加されました。この場には眞子さまも参加し、両陛下と楽しいひとときを過ごされたようです」(皇室担当記者)

小室圭さんの母・佳代さん(51)が元婚約者との間に抱えていた「借金トラブル」。この件が眞子さまの結婚延期につながったといわれているが、延期が発表された2月6日以降、おふたりが会う機会もめっきり減ったという。

「現状は月に1回ほどのペースで会われていますが、ふたりきりというわけではなく、基本的に宮内庁職員も同席しているそうです。金銭トラブルの報道後は、何度も宮内庁に呼び出されて事情説明を求められていましたから、現在もこの件に関して話し合いが行われているのでしょう」(宮内庁関係者)

借金の当事者である佳代さんも、昨年末から今年にかけて秋篠宮邸を訪れていたのだが、この場で驚くべき発言も飛び出したという。

「佳代さんが借金に関して“皇室でサポートしてくれないか”と打診したそうで、宮内庁関係者は開いた口がふさがらなかったんです。いったんお金を借りて、結婚後に支払われる一時金で返すつもりだったのかもしれません」(同・宮内庁関係者)

延期発表後も小室家に関する止まらない“ネガティブ報道”によって、彼らも“焦り”を見せているというのは、前出の皇室担当記者。

「佳代さんは、結婚延期が発表されたあと、パートを一時期休んでいましたが最近、勤務に復帰したそうです。しかし、報道陣をかなり警戒しているそうで、先日とある記者が佳代さんに話しかけると、すぐさま近くの交番に逃げ込んでしまったそう。一方の圭さんは、仕事を休むことなく出勤していますが、たびたび記者に直撃取材を受けていて、だいぶまいっている様子です」

苦境に立たされている小室さん親子だが、2人が無言を貫いているのは、“2年後に結婚できる”という見立てがあるからだという。

「一部では、この縁談が白紙に戻ると報じられていますが、眞子さまの“結婚意思”は変わっておられません。秋篠宮さまは、小室家に対して不信感があったのは事実ですが、現時点ではあくまで眞子さまの気持ちを尊重される方針です。’20年までの延期を決定したのは、小室家に関する報道が過熱している間は、一般の結納にあたる『納采の儀』を執り行うことができないと判断されたからなのです」(秋篠宮家関係者)

延期にも具体的な理由があると、この関係者が続ける。

「秋篠宮家サイドは、一連の報道のほとぼりが冷めるのを待っているのです。そして来年は、お代替わりに関する儀式などでご多忙になるため、結婚式などを執り行う余裕がありません。それらの状況を鑑みた結果、再来年に結婚させるというのが“既定路線”なんですよ」

はたして、眞子さまの“お気持ち”は2年後も変わることはないのだろうか─。

(以上引用 週刊女性より)

スポンサードリンク



 

このまま2年が過ぎるのを待ち、結婚を辞退する気はまるでない様子の小室圭だが、「週刊新潮」によると母・佳代は借金ではなく“贈与”だったと主張する一方で、400万円以上の借金については「秋になれば結婚の一時金(約1億5000万円)が入って来るので、その中からお返しできる」などと考えていたという。

しかし、佳代が元婚約者に“借金”だと理解したうえで金の無心をする証拠メールも暴露されており・・・

☆小室佳代が贈与ではなく「借金の申し出」をした証拠メールが暴露される!

さらに借金まみれの佳代が暮らすマンションには「ポリスボックス」が設置されており、24時間体制で警察が小室親子を警護。また、圭が外出する際にも「SP」が張り付き、ポリスボックスとSPの警備費を合わせても、毎月500万以上かかっているという。

小室親子の警護は、結婚延期となった2020年まで続くのはもちろん、に骨抜きにされてしまった眞子さまも含めてネット上では・・・

・まだ間に合います

・眞子様、いい加減目覚ましてくれよ

・幸せになってほしい 小室さん以外と

・紀子さまってお嬢様育ちだから、小室さんのお母さまとは話が合わないでしょうね。

・まだ会ってるということは結婚するんだろうね もう持参金無しで結婚してよバカ姫

・もう眞子さまには心底ガッカリ

・眞子さま、国民から見放されちゃいますよ…

・厚かましい!小室親子はまだ結婚する気?やめてください!

・恋は盲目なのかな?それとも、意地になってるのかな?

・ここまでくるとKKもだけど眞子さまもなかなかだよね。結局似た者同士って事?

・お支度金一切なしになったら、小室家は辞退すると思う

・早く現実のKKとその母親のことを眞子様に話してください。自分の立場をご理解されていれば普通なら諦めるはずですから。

・まだ目が覚めないのか。ダメだこりゃ。

・それなら税金使わないでよ 世間知らずで持参金とかコネとかで生活に困らないから言えるんでしょ腹立つ 国民の皇室への不信感に繋がりますよ

・ほとぼりが冷めるのを待って婚約内定取り消しじゃないの…?再来年の結婚が既定路線て本当に?

・言い方厳しいのかもしれないけれど、国民の税金で暮らしてる自覚をもっと持ってほしいね。

・お嬢様育ちというか、箱入り娘というか、世間知らずと言うか…とにかく、眞子さまも感覚が世間一般とズレまくり。

・結婚したら裏の顔が見えてくるよ 手遅れになる前に別れてほしい

・いくら娘の意志とはいえ、あんな男に……しかもあんな母親のいるところへ、嫁に行かせるかね。普通。

・へぇまだ結婚したいとか思ってるんだ。眞子さん、目を覚ましてほしいとは言わないけど自分の立場もう少し考えたほうが良いかも。こんな辛い状況にしてるのは、誰なの?

・あんなにボロボロ出てきて尚、諦めないとは…KKの何が眞子さまを夢中にさせてるんだ。

・皇室を存続する為に、国民の血税が使われていることを忘れないで欲しい。

・こんなに別れてほしいと思ったカップル初めて。

・2年後はオリンピックがあって一時期はみんな忘れるかもしれないけど、やっぱり結婚する!ってなったらまたみんな思い出してまたブーイングがすごいと思うよ。ほとぼりが冷めるなんて事はないと思う。

・とんとん拍子に行かないということは運命ではないということ。

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

小室親子が“アテ”にしている一時金は、結婚により皇室を離れる女性皇族が「皇族であったものとしての品位保持」という名目で、国から支払われる費用だというが、このまま眞子さまが結婚してしまえば・・・


“小室家の借金返済”に使われる可能性も高く。。

また、母・佳代には借金以外にも「週刊新潮」が“佳代の実家が、信者が猟奇殺人事件を起こした神がかり的な新興宗教にも一時期関わっていた”と報じるなど、やはり佳代の品位もふくめ、皇室の親族にふさわしくない!という声が圧倒的に多いのは確かだ。

結婚延期となった2年の間に借金を返済すれば、多少は小室親子に対する世間の見方も変わるかも知れないが、今のところは借金を返す気配はなく、やはり“一時金”を頼りに返済するつもりか、はたまた踏み倒すつもりなのか。。

さらに、現在は法律事務所で雑用の仕事をしているというだが、その前に2年ほど働いていたという銀行もふくめ、仕事場では・・・

(以下引用)

「バイタリティー溢れる人が多い中で、小室さんはあまり積極的にコミュニケーションを取るタイプではなかったそうです。優秀な人たちに囲まれて気後れもあったのか、挨拶もあまりしないようになり、仕事に燃えるというタイプでもなかったようです」(皇室記者)

結局、小室さんは2年ほどで銀行を辞めた。そして、一橋大学大学院に通いながら、現在の法律事務所に勤め始めた。

「20人ほどいるパラリーガルのうち、男性は小室さん1人。弁護士の資料作成の手伝いから、お茶くみといった雑用まで業務は多岐にわたります。ただ雑用が苦手というか、コピーをお願いしても、うまくできないということがたびたびありました。

資料を英訳したり、逆に日本語に訳したりするのも仕事のうちですが、小室さん、日常会話には問題ないのでしょうが、法律の専門用語というかビジネス英語は、まだ対応できていないようでいろいろと苦労している感じですね」(事務所関係者)

(以上引用 女性セブンより)

コピーの仕事さえもロクにできないだが、それでも“外交をやりたい”などフワッとした夢を語っているといい、他にも海外留学して「MBA」取得を目指すという話も。

結婚内定があった去年9月の段階では“祝賀ムード”に包まれ、圭の地元では「地元で採れた梅で作った梅酒」で1000人以上が乾杯したというが、今は小室親子が暮らすマンションにポリスボックスが設置されるなど、重苦しい雰囲気になっているようで。。

眞子さまの一連の様子からも、圭との結婚は諦めていないようだが・・・


このままご結婚されたとしても、苦労するのは目に見えているのに(涙)。

 

【関連記事】
小室圭にベタ惚れの眞子さま、とうとう自分の部屋に閉じこもり「公務に出たくない」と仰る!

スポンサードリンク

関連記事

秋篠宮さま、眞子さまと小室圭について「現状では納采の儀は行えない」とするも、結婚は容認していた!

出典:時事通信 秋篠宮さまの誕生日に際して行われる、毎年恒例の記者会見(会見日は22日)の詳し

記事を読む

今井絵理子が“不倫自虐ネタ”で笑いをとるありえないアホっぷり!!

去年7月に、元神戸市議会議員・橋本健(38)との不倫疑惑が報じられた参議院議員・今井絵理子(34)。

記事を読む

秋篠宮ご夫婦の“破談希望”の思い届かず、眞子さまは小室圭と再会するために「強行渡米」する可能性も!

出典:女性自身 今や皇室だけでなく、国民にとっても懸案事項となっている眞子さまの結婚問題。

記事を読む

小室圭の母・佳代が「大変なことになる」と陛下を恫喝、借金の肩代わりを試みていた!

出典:ツイッターより 2017年12月に小室家の借金問題が発覚し、この問題を説明するために佳代

記事を読む

小室圭のせいで眞子さまと秋篠宮さまが断絶状態に!このまま海外で結婚する可能性も囁かれ・・・

出典:WEBRONZA 今月から弁護士資格を取得するために、アメリカニューヨーク州にあるフォー

記事を読む

小室圭が“借金トラブル”説明のために11月帰国か!

当初は10月に帰国するのでは?と言われていたアメリカ留学中の小室圭だが、秋篠宮家関係者によると11月

記事を読む

小室圭の借金まみれの母・佳代さん、パート行くのに“往復2千円”のタクシー出勤www

元婚約者に借りた400万円以上の借金を踏み倒すどころか、今年2月には秋篠宮邸を訪れ「皇室でサポートし

記事を読む

小室圭、眞子さまとの結婚を諦めず“ある方法”で一発逆転を狙いに行く可能性が!?

出典:日本経済新聞 電子版 眞子さま(26)との結婚が延期となり、このまま小室圭(27)がみず

記事を読む

眞子さまと小室圭の結婚が破談にならない可能性が!2年後、KKが一時帰国して式を挙げるプランも・・・

今夏から弁護士資格を取得するために、ニューヨーク州にあるフォーダム大学のロースクールに通う小室圭。

記事を読む

小室圭に振り回されまくる秋篠宮家が“ただ待つしかない”理由!

母・佳代は時がくるまで地下に潜り(自宅に引きこもり)、息子・圭はいつものように“人様の金”で留学生活

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑