【朗報!】小室圭の警備体制が大幅に縮小されるwwww

公開日: : 社会 ,

出典:文春オンライン

今年2月に結婚延期となった眞子さま(26)と小室圭(26)だが、現在でも“眞子さまの婚約者”である彼には、毎月500万円とも700万円とも言われる税金が投入、24時間体制で警護されているという!!

しかし、小室圭母・佳代の警護に毎月莫大な税金が使われていることに批判の声も多く、その影響によるものか?小室親子の警備体制が大幅に縮小され、圭に同行するSPの数も・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

大型連休の合間の5月2日、小室圭さんは普段より30分も早い朝6時半に自宅マンションを出ようとしていた。そのすぐ後ろから姿を現したのは、小室さんの母・佳代さん(51)だった。

佳代さんは週5日ほど都内の洋菓子店でパートとして勤務しているが、最近はマスコミの取材を避けるように、タクシーを使うこともあった。しかしこの日、両手にバッグを持ちレギンスに紺のコートといういでたちの佳代さんは、変装のつもりなのかサングラスをかけていたが、堂々とした足取りが印象的だった。小室さんと警護担当の警察官に付き添われながら駅へと向かっていった。

「小室さん母子の親密さは近所でも有名ですが、昨年5月に眞子さまと小室さんのご婚約が発表されてからは、人目を気にして母子2人で外出する姿はほとんど目撃されていませんでした。この日は珍しい“母子ツーショット”を見ることができました」(皇室担当記者)

別行動を続けていた小室さん母子は、なぜ“同伴出勤”を始めたのだろうか。「実は最近になって、小室家の警備体制がかなり縮小されたのです」と語るのは宮内庁関係者。

「ご結婚が2年も延期されたことで、その間ずっと小室家に警備をつけざるをえなくなりました。毎月の警備費は500万円、はたまた700万円などと、警備の人数を数えて推計する週刊誌もあり、『国民の血税が遣われている!』といった批判的な報道が加熱しています。そうした声も無視できなくなったのか、神奈川県警は警備体制を変更しました。小室さんに付き添う警備が2人から1人に減るなど、大幅に人員が削減されたのです」

以前は佳代さんの外出時にも常に警備がついていたが、見直しが必要となり、佳代さんはタクシー出勤を始めた。

「しかし、駅まで往復2千円の出費をいつまでも続けるわけにはいきません。かといって借金トラブル報道以降は小室家への批判の声も上がっており、警備が減った状態での佳代さん1人での徒歩出勤は、小室さんにとっても、心配で仕方なかったのでしょう。そこで打開策となったのが、小室さんが佳代さんに付き添うことだったのです。警備削減に応じた苦肉の策ですが、“母子同伴出勤”は、最愛の母を守るために小室さんが下した決断だったのです」(前出・皇室担当記者)

逆風が強まるほどに、母子の絆もさらに強まっていくようだ――。

(以上引用 女性自身より)

スポンサードリンク



 

去年12月に母・佳代の借金トラブルが発覚し、元婚約者との間に“400万円以上”もの借金があると報じられ、秋篠宮家はこの事を把握していなかったという。

そして、借金まみれの佳代は秋篠宮家に「借金を皇室でサポートしてもらえないか」と要求!この失礼極まりない発言に、紀子さまもたいへん驚いていたそうで。。

☆小室圭の母・佳代がついに「皇室でサポートしてもらえないか」と本性をあらわす!!

結婚の意志が固い眞子さま紀子さまとの間には、現在でも微妙な“すきま風”が吹いているといい、、そんな状況下でも小室親子はどこ吹く風のようで、借金を返す気はまるでなく、結婚辞退するどころか母・佳代は何を勘違いしているのか?サングラス姿で出勤するなど・・・

出典:女性自身

“スター気取り”の痛い姿を披露しており。。

警護体制が大幅に縮小されたとはいえ、それでも多額の税金が投入されている事に変わりはなく、この状況下でも結婚辞退することなく、堂々と甘え続けている小室親子にネット上では・・・

・普通のメンタルなら婚約を辞退するんだろうけどね。

・やっぱどうみても普通じゃない風貌

・世論には意外と敏感ですよね?警備費を問題視したら意外とすぐに見直しするなんて。まあ、神奈川県警持ちだったとしたら、こんな親子の警備費なんて出したくないけど仕方なく~って感じだったから、渡りに舟でソッコー動けたのかも?こんなに世論に敏感なら、ガンガン押せば破談もやむなしなのでは?

・小室母が号令掛けないと息子の辞退はないだろうね。あと2年で決着するとはいえ、長い。早急に決着つけてほしい。2年後に結婚なんてなったら悪夢のようだし そうなったら眞子さんを軽蔑の対象にしてしまうだろう。ほんとヤダ。この二人見たくない。

・小室親子の警備のために神奈川県警に負担がかかっている。神奈川県民の皆様は怒るべきだと思います。

・この母子に警備をつけるぐらいなら、登下校時の小学生につけるべきだと思う。誰がこの母子を襲うのよ? 誰も相手にしないわよ。

・ってか、警備ついてたんか…絶対にこんなのと結婚させたらあかんぞ。初めてだわ。皇族に使われる税金で、こんなに無駄に税金使うな!って思ったのは。

・皇族方は体面ばかり取り繕うつもりですが、国民の心は離れて行きますよ。私たちが納めた税金は、もっと私たちの暮らしに有益になるように使用されるべきです。こんな二人の良い年した大人の見栄はりや。一皇族の決断をお待ちになると言う不毛な策にため使用しないで頂きたいです。自分の身はご自分でで護って頂くくらいの決心くらいできると思いますがね…

・間違いなく母親の指示で眞子さまに近づいたと思う。

・お母さん初めて見たけど、めっちゃ胡散臭いやん。びっくりした。

・延期は正しかったと証明できる写真そのもの

・この親子ほど身の程知らずは他にいないよね。小室さんも正直、こういう身の程知らずの母親に育てられたのはかわいそうなことなのかも。。お金もないのに私立。留学。バイオリン、お母様と呼ばせる。。など。。。まさに毒親。

・このニュースを聞かされる我々は、辟易している。血税を使うのはまだ止められないのか。眞子さんもいい加減、血税は誰が払っているのか、思い出して下さい。

・小室家の借金400万より警備費の方が莫大。小室ママが希望した秋篠宮家が借金の清算をする方がよほど安く済むのにそれはしない。普通、ここで、この結婚はないってことだな!って気がつくけどこの親子は図太い折れない心を持っている。絶対に小室家からは辞退しない。厄介なことになりましたなぁ。

・もう結婚は100%無いと思うが、宮内庁はどういう理由で婚約を無かった事にするのだろう。海外留学をさせて、それを理由に白紙に戻すみたいな感じだろうね。

・一般市民に警護付ける必要性あるの?結婚すれば家系図は枝で宮家でもあるが本人はあくまでも一般市民ですよ。系図でも正式には眞子さまだけが宮家では?眞子様を悪く言うつもりもないけど一般市民に嫁ぐんだから一般市民扱いでもいいとおもうぐらい。

・つい先日、『アンコウのオスは種を残すために切実な生き方をしています。小さなオスは生殖のため大きなメスにかみつき、そのまま体が一体化してしまうのです。顔はメスの皮膚と融合して、その形すらわかりません。』っていう記事があったけど、小室圭さんと同じだと思ったよ。天皇家に融合して子孫を残しちゃうんだよね。

・ここまで母親とベッタリだとお相手が眞子様でなくとも結婚は難しそうな気がします

・後出しになるけど この人が初めて「お相手」と報道されて、会社から出てきて報道陣に深々と頭を下げたのを見てすごく違和感持ったのを覚えています。満足気とでもいうような表情で….裕福な家庭の子なのかと思ってたら色々な報道出てきて、さらに気持ち悪いなと….

・なんか、、、、いつまで続くのか?2年延期しても国民は小室さん受け入れられないはず。真子さんも色々な事情あるだろうが一日も早く次に進まないと女性の適齢期の一年一年はでかい。2年後小室さんと一緒になっても国民には総スカンのはず。

・眞子ちゃんの父ーちゃんの仕事を秋篠金融、或いはUFJ 秋篠と勘違いして、借金を申し込んだ小室圭。この男に神奈川県警の警備が公費で以て付いてたとは知らなかったね。どうせ眞子ちゃんとは破談だから、もう警備は要らないよね。

・自分から警備を断るくらいの慎ましさがあればなぁ、まあ無理か。

・人を見た目で判断してはいけないが…お母さんよ( ; ゜Д゜) 皇室と繋がるにはちょっと( ̄▽ ̄;)

・眞子さまは結婚に夢見てるのだろうけど、これは「眞子さまとK母の結婚」になると気付いて欲しい。ママっ子との結婚なんてそういう地獄。

・何回も言いますが…父親の河原での焼身自死、父方祖父の1週間後の自死、父親自死直後からの母親の恋人、金めあての違う男性との婚約、入学金や留学費用その他の借金、死亡保険金の名義変更、母親の不審な宗教、Kの二股疑惑…親子には、不審なことが多過ぎる。存在感のない母方祖父についても、不審。そこへ、真子様が家族になるなど、絶対に反対!!

・マザコン息子ほど結婚相手として嫌なものはない。

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

また、『週刊女性』はゴールデンウィーク中の小室圭の様子を掲載しており、5月3日に彼が自宅マンションを出て「図書館」に出かける様子を報じているが、その際もやはり“SP”が同行したうえで・・・

(以下引用)

電車に乗って向かったのは、千代田区内にある『日比谷図書文化館』だった。

初めて訪れた様子で館内図をじっと見つめ、とある本棚から手に取ったのは『アメリカ契約法』という参考書。

国際弁護士を目指しているとの報道もあったので、勉強するのかと思いきや、本を開いているだけで、ずっとスマートフォンをいじり、誰かと連絡をとっているようだった。

そして結局、ほとんど本は読まずに、20分ほどで館外に出て、電話でタクシーを呼んでどこかに出かけていってしまった……。

(以上引用 週刊女性より)

午後1時過ぎに電車に乗って図書館に出かけたというだが、その際も・・・

出典:週刊女性PRIME

“私服姿のSP”が同行していたという。

しかし、図書館でのは本をろくに読まず、そもそも図書館に行ったのは“図書館で法律関係の本を読んで勉強していた”ことを世間にアピールするための行動だったろうが・・・

出典:週刊女性PRIME

おバカすぎる圭の行動「時間稼ぎしてないで婚約諦めろ」「本開くより前に婚約辞退しろよ」「勉強出来ない奴の図書館の過ごし方w」などの声も。

小室親子に付いている警護の数は縮小されたものの、それでも警護が継続されるという時点で秋篠宮家“圭を婚約者扱い” している事には変わりないだろうが、、眞子さまも気持ちが変わることなく、このままと結婚したとしても、間違いなく義理の母・佳代をふくめた“3人での結婚生活”になるだろう。

佳代のグラサン姿や過去のスキャンダルを見れば、内親王の降嫁先に相応しいかどうか?一目瞭然なのは確かであるが、息子・圭も母を「お母様」と呼ぶほどベッタリなことからも・・・こんな親子の間に眞子さまが入り込む余地などなく、あるとしたら眞子さまが結婚で皇籍離脱した際に支給される「一時金」のみだと思うが。。

小室親子の異常な共依存ぶりも去ることながら、この2ショット写真はもはや・・・

出典:女性自身

“圭がSP”として佳代を警護しているように見えるwww

 

【関連記事】
小室圭、眞子さまとの結婚が破談になっても1億円ゲット!宮内庁からも禁断話が・・・

スポンサードリンク

関連記事

NHK山崎友里江が高級愛人クラブに登録!?公式HPからも山崎の写真が削除され・・・

NHK室蘭放送局に務めている、 ある女子アナウンサーが・・・ 「愛人マッチングサービス」

記事を読む

結婚のご意思が硬い眞子さまと、小室親子の“結婚できる”というヤバイ見立て!

出典:新潮社 結婚が2020年まで延期となった眞子さま(26)と小室圭(27)。 圭の母

記事を読む

ゲス不倫の今井絵理子、元カレ・冨重代機に“恋愛遍歴”を暴露される

橋本健(37)議員との不倫が発覚し、 出典:週刊新潮 現在、雲隠れ中の今井絵里子(33)

記事を読む

眞子さま結婚延期、“小室家の借金問題”により事実上の婚約破棄か!?

秋篠宮家の長女・眞子さま(26)と、法律事務所に勤務する小室圭(26)の結婚式が“2020年”に延期

記事を読む

橋本議員との不倫を“純愛アピール”する今井絵理子、元恋人と交際期間かぶりで・・・

神戸市議会議員・橋本健(37)との不倫について FAXや会見で、 「一線は越えていません

記事を読む

今井絵理子議員、橋本議員との不倫報道に「略奪不倫ではない」と反論!手つなぎ写真については・・・

「週刊新潮」にスクープされた 神戸市議会議員・橋本健(37)と、 参議院議員・今井絵

記事を読む

【画像あり】今井絵理子議員が“お泊り”不倫!お相手の橋本健議員と3日間ホテルで・・・

2016年に行われた 『第24回参議院議員通常選挙』 にて、  

記事を読む

自民党にクレーム殺到の今井絵理子!議員辞職のうえに古巣ライジングも怒り心頭で、芸能界からも消える!?

神戸市議会議員・橋本健(37) とのゲス不倫が発覚し、   今のところ議

記事を読む

今井絵理子「一番愛している」と息子を“好感度あげ”に利用開始!!

不倫発覚後は「一線は超えていない」と関係を認めず、現在も不倫相手との関係が続いているとの噂もある参議

記事を読む

宮内庁が小室圭に仕事斡旋!?眞子さまとの結婚に向けてか、それとも別の思惑が・・・

結婚延期=事実上の結婚破談と噂される秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭。 週刊誌によって圭の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑