『検察側の罪人』インタビューでの木村拓哉の態度に“マナーが悪い”と批判殺到!

公開日: : 最終更新日:2018/09/12 芸能情報 ,

公開2週目で早くも興行収入14億円を突破中の映画『検察側の罪人』。

出典:kensatsugawa-movie.jp

国内映画ランキングでも2週連続1位を獲得し、そんな絶好調の滑り出しをみせるなか、木村拓哉二宮和也が4日に放送された『ZIP!』(日本テレビ系)にVTR出演した。

VTRでの2人は相変わらずの仲の良さをみせていたものの、キムタクの態度に「マナーが悪い」などの批判が殺到し、さらに娘・Koki,の好感度にも影響が・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

映画の大ヒット御礼ということで出演した2人。この日の放送では、2人がこの映画で共演したことでどれだけ関係が変化したかという質問が飛び出し、二宮「怖い人だと思っていたらそんなに怖い人ではなかった」と回答。続けて木村「酒が入ると(木村のことを二宮が)『お兄ちゃん』と呼ぶ」と明かし、笑いを誘っていた。

共演で関係が深まったことが伝わってくるほど、和やかな雰囲気のインタビューで、2人のファンからは放送中から歓喜の声が上がっていた。しかし、視聴者は木村の態度に違和感を感じたようで、ネットでは批判の声が相次いでいたという。

「インタビュー中、二宮さんはきちんと座って話していたのに対し、木村さんは終始、脚を組んで答えていました。この姿勢が、視聴者の間で話題になり、『だらしない!』『マナーが悪い』といった声が殺到。脚を組んでも別にいいとは思うのですが、一部の視聴者の間ではそうはいかなかったようです」(芸能記者)

他局でも同様のVTRインタビューが放送されていたのだが、『ZIP!』と同じように脚を組んだ姿勢で話しており、それに対しても『大物気取りかよ!』と批判の声が上がっていた。

また、木村を批判した視聴者からは次のような批判の声も上がっていたようで、

「以前、木村さんが『情報ライブ ミヤネ屋』(同)に出演しモデルデビューした次女Koki,さんについて言及した際、『オヤジの背中とお母さんの背中を見せてるだけ』と発言していましたが、それを持ち出して『母親がアレで父親がこれじゃ見習えないでしょ!』『親がこれじゃ、娘の先行き不安だわ』『きっと娘もこのレベルなんだろうな!』といった声も。この木村さんの態度によって、Koki,さんへの評価も若干下がったような気がします……」(同)

『ミヤネ屋』で「彼女がやってみたいことは背中を押すしかない」と、Koki,を応援する姿を見せていた木村だが、その前に自分の態度を改めたほうがいいのかも!?

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

『ZIP!』のインタビューでは、ずっと足を組んで話していたキムタク。普通に足を組んでいれば批判はなかったと思うが、キムタク流のカッコイイ足の組み方を披露したところ・・・

出典:日刊サイゾー

その組み方に批判が殺到してしまったようだ笑。

全盛期のキムタクなら“何をやってもカッコイイ”と言われていたかも知れないが、今は演技もふくめ“何をやってもキムタク”は通用しなくなってしまい。。

しかし、現在公開中の主演映画『検察側の罪人』はヒットしており、『ZIP!』が放送される前日にもジャニーズ御用達メディアを集めた独占インタビューが行われ、そこでのキムタクの発言にも疑問の声があがっているという。

独占インタビューの翌日、各スポーツ紙はなぜかキムタクの娘・Koki,についても「(検察側の罪人を)観てくれると思う」などと語っているコメントも掲載しており、娘の話題を掲載することにOKを出したジャニーズ事務所にも疑問の声が・・・

(以下引用)

「ジャニーズは『検察側の罪人』のPRで、木村に『元SMAP』の肩書を用いることを全面的に禁止し、『俳優』と指定。記者の間では、『家族ネタは解禁なのに、「元SMAP」はNGなんて、ちぐはぐな対応では?』とささやかれていました」(ニュースサイト記者)

さらにSMAPについては、記事内で触れることさえ認められていないという。

「SMAP再結成を望むファンは、元メンバーたちが、SMAPについて語ることを今でも歓迎しています。それを事務所がNG指定にして、一方、これまでアイドルの立場を守るためにタブーとしてきた家族の話をOKとするのは、ファンへの“裏切り”にもなりかねません」(同)

なお、ジャニーズ事務所がこのタイミングで、スポーツ紙に対してkoki,ネタを解禁したのは、8月16日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が影響しているようだ。木村は同放送で、宮根誠司と対談を行い、koki,への思いを語っていたが……。

「ジャニーズは、重要な発表を行う際、テレビや雑誌より、スポーツ紙を優先するのが慣例になっています。木村がkoki,について語るのも、本来であればスポーツ紙が初となるはずだったでしょうが、木村と親交のある宮根の番組が初解禁の場となった。今回ジャニーズがスポーツ紙に対してkoki,ネタを許可したのは、その埋め合わせと見ることができます。ある意味、ジャニーズから“スポーツ紙との良好な関係を保つため”に、利用されたようにも感じられますが」(週刊誌記者)

(以上引用 サイゾーウーマンより)

スポンサードリンク



 

『検察側の罪人』のPRにも“Koki,”が便乗した形となり、これも裏で暗躍する母・工藤静香の作戦なのか!?

しかし、肝心の『検察側の罪人』は順調に興行収入を伸ばしており、9月3日付の映画興行収入ランキングでも1位をキープ。※週末の2日間で動員数28万4000人、興行収入は3億3900万円を記録。

また、累計動員数は114万人、興行収入は14億円を突破しており、このまま順調にいけば30億円も夢ではないという同作だが、作品の評価については、、

・1回観ただけで十分

・ストーリーが薄い

・矢継ぎ早のセリフ回しとやりすぎ感満載のハードな演出がなんだか韓国映画みたいに見えてしまう

・とにかく2時間長く感じた

・映画オリジナルの要素も”サヨク臭”がして、原作の良さを消しちゃってる印象

・シーンどり、カット割りはものすごくよかった。1シーンにかける言葉の数もおおく見応えがある

・原作にとらわれて観てしまったので、映画は映画で観るべき作品だった。もっと想像力働かせて観れば、あれ、終わり?みたいなことがなかったのかも…。

・かなり前から公開を楽しみにしてたんだけど、期待ほどではなかったな……展開が単純すぎてあんまり惹かれなかった ニノとキムタクの演技は良きですよ。特にニノ。配役も良い。でも脚本自体が良くない。

・二宮が取り調べで怒鳴りつけるシーンが迫力あって良かった。キムタクの演技も良かったけど、二宮に食われていた感があったね。

・「キムタク」から「木村拓哉」に。その変貌に、ブギーな胸騒ぎがした。これ、今年の主演男優賞、なんか獲るでしょ。

・今まで見た中では、映画としては1番面白いキムタク映画だと思いました。

などの意見が!!

今作では監督のオリジナル要素もふくまれているが、この監督の思想が原作の良さを消してしまっている印象も。。しかし、今後記録を伸ばすには“キムタクやニノのファンがどれだけリピートして足を運んでくれるか”にかかっている訳だが、、

その一方で、Koki,を売り出すためにキムタクの知名度を利用する妻・工藤静香は「毎日必ず使うトイレだからこそ、デコレーションを楽しみたい」と、自身のインスタで自宅トイレを公開。

しかし、工藤のトイレ写真には「毒々しい!」「銀座のクラブのトイレかw」「キムタク疲れないのかな?」「ダサい」「とうとう自宅トイレまで公開するとは…本当にネタが無いのね、この人」「やっぱりセンスない」などの声が殺到し・・・

出典:工藤静香 インスタグラムより

やはりキムタクの足を1番引っ張っているのは、妻・静香だ。。

 

【関連記事】
キムタクの娘・Koki,が母・工藤静香のツアーグッズを背負う&水着姿を披露するwww

キムタクがゲームキャラになるも、現実の革ジャン姿に“シワシワなオッサンになってる”と悲しみの声!

スポンサードリンク

関連記事

小山慶一郎に各TV局が起用自粛の動き!しかし問題児だらけの『NEWS』がここまで押される理由が・・・

今月19日、キャスターを務めていた『news every.』の降板が正式に発表されたNEWS・小山慶

記事を読む

ベッキーと川谷絵音の不倫騒動に週刊文春が“芸能人生命が終了するほど”の記事を投下か!?

まだまだ終息する気配がない、 出典:elle-dk.com   べッキー

記事を読む

フジ「27時間テレビ」が視聴率7.7%のワースト記録を樹立!ベッキーの電話出演も生放送ではなく・・・

フジテレビで今月23日・24日で放送された、 『FNS27時間テレビフェスティバル!』

記事を読む

ローラが有田哲平ではなく、三代目JSB登坂広臣と交際!

かつては、くりぃむしちゅー・有田哲平(45) との仲を・・・ 噂されていたローラ(2

記事を読む

前田敦子、ドラマ『就活家族』でも“棒演技”が炸裂wwwそれでも態度だけはデカく・・・

今年1月12日からテレ朝でスタートした 三浦友和主演のドラマ、 『就活家族~きっと、うま

記事を読む

千眼美子(清水富美加)の父に5000万円の借金が!?教団が肩代わりした可能性も・・・

『幸福の科学』 の信者であることをカミングアウトし、   今後は法名・千

記事を読む

押切もえが「山本周五郎賞」を逃すも、すっぴん顔の方に注目が集まるwww

モデルやタレントとして活動している 押切もえ(36)は・・・最近は、 小説家としても活動

記事を読む

【大城ガクト】GACKTが仮想通貨事業への批判にブチ切れ!

先日、実業家として本名を明かした大城ガクト(44)が・・・ 自身が参画する仮想通貨事業への

記事を読む

キムタク主演ドラマの“ヒロイン選び”が再び難航!ある女優には「芝居ができない役者」とまで言われる始末で・・・

出典:ツイッターより 最近はテレビ露出が激減している元SMAP・木村拓哉(45)だが、8月24

記事を読む

お浜さん(浜崎あゆみ)、激太りした体型は“むくみ”だと弁明www

今月7日からアリーナツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2018 ~PO

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑