小室圭がNYでセレブ生活を満喫する一方で、引きこもり生活の母・佳代は“反社会的勢力”との繋がりを暴露される!

公開日: : 最終更新日:2018/11/28 社会 ,

現在アメリカのロースクールでセレブ生活を満喫中の借金王子・小室圭

出典:FNN.jpプライムオンライン

1円たりとも借金を返さず、NYでは教授と優雅なランチをしたり、夜はビジネスマンとの食事会に参加するなど、セレブかつVIPな生活を謳歌している反面、日本にいる母・佳代は引きこもり生活を謳歌しているという(笑)。

母は、息子が眞子さまと結婚する日まで身を隠すつもりなのだろうが、そんな引きこもり状態の佳代に新たなスキャンダル“反社会的勢力”との繋がりが・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

秋はニューヨークが最も美しい季節といわれる。晴れ上がった空、冷たく澄んだ風、舞い散る木の葉。まるで絵画のようなフォーダム大学ロースクールのキャンパスの中庭を11月上旬の平日朝9時ちょっと前、1人の日本人男性が駆けるように早足で歩いていた。

秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)との婚約が延期となった小室圭さん(27才)だった。黒いジャケットに黒いパンツというシックな服装。大きめの黒いビジネスバッグは、東京の法律事務所にパラリーガルとして勤務していた頃にいつも持っていたものと同じだ。

すれ違った学友と笑顔で挨拶を交わすと、シティーホテルのようなスタイリッシュな外観の建物へと消えていった。

「マッケオン」と名づけられたその高層ビルの低層階は大学の教室で、高層階には学生寮が入る。いたるところに大小の絵画やオブジェが飾られ、高い天井とらせん階段とガラス張りの廊下。眼下にニューヨーク屈指の複合文化施設「リンカーンセンター」を見下ろす高層階にある寮の一室で、小室さんは寄宿生活を送っている。

その日、2階の大ホールには世界中の法律の専門家が集まり、「国際的な調停」に関する学術会議が開かれていた。

小室さんもその出席者の1人だった。彼の横には、教授と思しき初老の外国人男性。ランチタイムになると、そのままダイニングルームへ移動し、流暢な英語を駆使し、笑顔で会話をしながら昼食をとっていた──。

フォーダム大学は、トランプ大統領(72才)らを輩出した、全米でも屈指のセレブ大学だ。小室さんのように3年間学ぶには、学費や寄宿生活費用を含め、3000万円ほどかかるとされる。

「大学がわざわざホームページで“プリンセス・マコのフィアンセ”と小室さんの入学を紹介し、VIP待遇での留学生活です。年間700万円ほどの学費は、200人ほどの留学生の中から1人だけ選ばれる奨学金で支払った。日本の弁護士資格も持たず、大学で法律の勉強もしたことのない小室さんをニューヨーク州の弁護士試験に合格させるため、大学側はマンツーマンで教授の指導を受けさせているそうです。これで小室さんが合格したら、大学の評価が上がると考えているのでしょう」(外務省関係者)

授業開始は朝9時。1コマ3時間近いものもあり、終業は夜9時頃。大半は「マッケオン」の3、4階の教室で行われる。勉強の合間にはキャンパス内にあるトレーニングジムで汗を流すこともあるようだ。

「夜には街に出て同級生と食事をしたり、たまに、ニューヨークの社交界で活躍する日本人ビジネスマンの集まりに顔を出すこともあるそうです」(在米ジャーナリスト)

(以上引用 NEWSポストセブンより)

スポンサードリンク



 

昼は教授とランチを楽しんだり、夜はビジネスマンとの食事会に参加するなど、留学先でも(本来なら金がないはずなのに)VIP生活を送っている小室圭

出典:NEWSポストセブン


が日本に居た際も、彼や母・佳代を警護するために“湯水のように税金”が投入されてきた訳だが、NYでこれほど余裕な生活が送れているにも関わらず、なぜ借金を1円たりとも返さないのか!?

借金を返さず、以前もタクシー代さえも払おうとしなかった小室親子。そして、現在の留学資金にも税金が投入されているのでは?と疑う声も多く、それでも当の本人は一切お構いなしで、こちらも税金や秋篠宮家の金も投入されているのか?またも人様の金でキャンパスライフを満喫している。


眞子さまの婚約者(宮内庁はフィアンセではないと明言している)でなければ、借金まみれのにはあり得ない留学先でのVIP待遇だが、それでも税金が投入されている疑惑や、母・佳代への待遇もふくめてネット上では・・・

・おいおい 税金で何やってんだ

・誰も幸せにしてないよね この人

・皇族を踏み台にいいご身分だな

・タクシー代も払えないとか以前の記事で見たけど、物価の高いNYで夕食したり、教授とランチって優雅な生活費、全部税金ですか?羨ましい限りです。先日、若かりし日の破廉恥な写真が公表されたけど、全く関係ないって感じですね。なんで正式な婚約者でもないのに、これ程優遇されるのか腹立たしいです。婚約が解消される感じも無いし、皇室に対して不信感で一杯です。

・こんな生活ができるのなら、400万円くらい返済したほうがいいのでは?宮内庁も皇室もこれ以上動く気は無いのか?平成の間に決断したほうがいいと思うんですが。

・教授とランチとか特別待遇受けてるの?ロイヤルパワーで?

・でももう終わりだろな。だれも応援してないし。

・誰のお金で生活してるんだか…

・結婚しないと思うよ。手切れ金てことだよ。

・セレブ生活、、、。思えば今までに小室家にはトータルで一億円ぐらい使ったことになるよね?小室家の人と自宅の24時間警備費や皇居までのタクシー代。現在も小室家の自宅に警備ボックス・監視カメラ。破談にしろ結婚するにしても、トータルで何億使うことになるのかな?まだまだ税金使いそう。

・皇室のイメージはすでにズタズタ。一刻も早くこの親子と縁を切らないとズタズタが二乗にも三乗にもなる。

・小室母は、嵐が過ぎ去るのを待っているというが、いつまで待っても過ぎ去ることはないと思います。婚約を白紙に戻さない限り。白紙に戻ったとしても、親子ともども、もう一生平穏に過ごすことは難しいと思う。それにしてもここまで酷い男と結婚したいという眞子さんはやはりおかしいと思う。

・すごい経費だね。誰が払うのかな?引きこもりもいいけど、生活費は湧いてこないもんな。

・仮にニューヨーク州司法試験に合格しても、日本で弁護士活動するにはさらに2~3年は現地で実務経験が必要で、日本で活動できるのはNY州法と米国連邦法に関することだけなんですけどね。

・いい加減にしろ!!!

・いつまで4.5頭身でいるつもり?

・たかが彼氏の立場で何様のつもりだ。皇族にでもなったつもりか?いい加減にしろ。

・なんで税金からこの人らの留学費と生活費出すの?

・何しにニューヨークまで行ったんだ、国民の金を湯水のように遣って。全額返せ。

・引きこもり?まさか税金でケヨの生活費補填してませんよね?

・眞子さまの品格どんどん下がっていく(^^; 絶対公費使ってますよね…?

・お母さんは、お金が湧き出てくる打ち出の小槌みたいなのを、手に入れたのかな?突然、仕事もしないで暮らしていけるなんて、いい身分ですね。

・日本の弁護士の方で、アメリカのロースクールへ行きたいと思ってる方いたら、さぞかしこの記事は不愉快でしょうね。どう考えたって、法律事務所の1事務員が、奨学金でロースクール行くなんて不可能。不可能を可能にしたのは紛れもなく、ロイヤルパワー(口利き)です。

・彼が海外で日本のプリンセスの婚約内定者と紹介されていると思うと恥ずかしい。

・小室母は引きこもりではなく、籠城でしょ。反社会勢力と策を講じているのかも。何故とっとと破談としないのか。秋篠宮家は、何かこの母子に弱みを握られているのかとさえ勘繰りたくなります。

・小室父の死にも反社会的勢力が関与してそう。

・私の血税が1円でも小室に回ってると思うと腹が立つ 税金のくせに何がセレブ生活だよ

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

息子がNY暮らしを満喫する一方で母・佳代の暮らしについては、現在は横浜市内の自宅で“引きこもり生活”をしているという。しかし、引きこもる母には「反社会的勢力」との繋がりが明らかとなり・・・

(以下引用)

「姿は見ませんが、インターホン越しには、佳代さんの声で応対があります。ただ、玄関先に出てくるのは決まって、佳代さんの父親。佳代さんは一切外に出ずに暮らしているようです」(近所の人)

小室さんの学費などで400万円を小室家に貸しているという、佳代さんの元婚約者の男性が語る。

「今も返済に関して、小室家からは何の連絡もありません。彼女はじっとして、嵐が過ぎ去るのを待っているのでしょう。“劇場型”の性格なので、今は悲劇のヒロインのような気分でいると思います」

他にも佳代さんをよく知る人物はこう語る。

「佳代さんは、かつて反社会的勢力に属していた男性に、亡くなった夫の実家との交渉を依頼したことがあります。その内容は、“圭くんに祖父の遺産を渡すよう頼んでほしい”というもの。その男性は、佳代さんの“お金がなくて困っている”“夫の実家が薄情だ”という涙を見て、協力したようですが、交渉が済んだ途端に、お礼もなく縁を切られたそうです」

(以上引用 NEWSポストセブンより)

遺産相続に関して佳代は“反社”の人間に協力を頼んだというが、とうとう“あちら側の人間”との繋がりまで明らかとなり、ネット上では「100%アウト」「これはいよいよ終わった」「早く縁を切らないと」「反社会的勢力…とうとう皇室の記事にそんなワードまで出ちゃうか」「眞子さまのお気持ち云々の問題を超えているのでは」など、批判の声が続出している。

普通でもあり得ないような記事が次々と出てしまい、カタギではない人間とつるんでいたなんて、どうみてもアウトだろう。。

仮にも皇室の親族になるかも知れない小室家が“反社”と関わっていた時点で、秋篠宮家としても非常にマズイことだと思うが・・・

出典:フライデー

こんな“反社会的勢力親子”に、今も税金が投入されていることも非常にマズイのでは!!

 

【関連記事】
【画像あり】小室圭のチャラさ全開 “パリピ写真” が流出!

毎年恒例、秋篠宮殿下の記者会見に異変が!今年はピリピリムードで小室圭の「こ」の字も出ず・・・

スポンサードリンク

関連記事

次から次へとボロが出る小室圭、今度は仕事の会食の席に“眞子さまを同席”させていたことが判明!

出典:週刊女性PRIME 秋篠宮殿下が11月30日の誕生日に先立ち、22日に開いた記者会見で娘

記事を読む

【ゲスの極み乙武】乙武洋匡の妻・仁美夫人の謝罪コメントが失敗した理由!

“ゲスの極み乙武”こと、 乙武洋匡(39)の不倫が次々に発覚!   本人

記事を読む

小室圭が借金問題について「解決済み」と公式発表!これに母の元婚約者は「解決していない」と反論!

出典:ツイッターより 小室圭が22日、母が元婚約者に借りた400万円以上の借金について「解決済

記事を読む

小室圭、皇室や国民に反対されながらも「僕は眞子と結婚したい」と前のめりに進むことを決意!

出典:ツイッターより 今や国民の多くが“眞子さまの結婚相手にふさわしくない”として小室圭の結婚

記事を読む

小室圭の母・佳代、パート先から姿を消す!もしや溺愛する息子を追って母も渡米か!?

出典:女性自身 今や日本一の“嫌われ親子”となった小室佳代と圭。 息子は今年8月にアメリ

記事を読む

ゲス不倫の今井絵理子、元カレ・冨重代機に“恋愛遍歴”を暴露される

橋本健(37)議員との不倫が発覚し、 出典:週刊新潮 現在、雲隠れ中の今井絵里子(33)

記事を読む

小室圭問題に新たな動き!元婚約者男性の代理人は弁護士ではなく“意外な人物”が!

一向に解決しない眞子さまと小室圭の結婚問題だが、ここへきて新たな動きがあったという。 出典:ツ

記事を読む

小室圭問題、ついに決着か!眞子さまは11月中に決断を・・・

宮内庁関係者でさえも「破談してくれれば…」との声が出ている眞子さまと小室圭の結婚問題。 出典:

記事を読む

小室圭、眞子さまとの結婚を諦めず“ある方法”で一発逆転を狙いに行く可能性が!?

出典:日本経済新聞 電子版 眞子さま(26)との結婚が延期となり、このまま小室圭(27)がみず

記事を読む

STAP小保方晴子が瀬戸内寂聴と対談するも別人化www

2014年にSTAP細胞はあったとして、 一躍時の人となった“リケジョの星”こと、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑