結婚を未だに諦めない小室圭、その背後には敏腕女性弁護士の存在が!一方で母・佳代には“闇の紳士”から借金支援メールが・・・

公開日: : 社会 , ,

出典:文春オンライン

眞子さまとの結婚を辞退しないどころか、またもや人の金で海外留学を満喫中の小室圭くん。

圭は、留学先で弁護士資格さえ取得できれば結婚できると考えているようだが、そんなお花畑状態な彼の背後には“アメリカの母”を自認する「敏腕女性弁護士」の存在があるという。

その一方で日本に残る母・佳代の元には、“闇の紳士”から借金支援メールが頻繁に届き・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

《やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません》

秋篠宮さまは慎重に言葉を選びながら、しかしはっきりとした口調でそう述べられた。秋篠宮さまが53歳の誕生日を迎えられた11月30日、事前に行われた記者会見の内容が明らかになった。秋篠宮さまは小室さんへの不信感を率直に表明されたのだった。

昨年12月に、小室さんの母・佳代さんと元婚約者X氏との“借金トラブル”が発覚。秋篠宮さまは、国民の理解を得るために記者会見などで説明することをお求めになったという。ところが小室さんはその要望に応じないばかりか、ひそかに留学準備を進め8月に渡米した。

ここで1つの疑問が浮かび上がってくる。小室さんは、なぜ秋篠宮さまの“切実なご要望”を無視してまでアメリカ留学を決行したのだろうか?

「弁護士の資格を取得すれば世間に認められ、眞子さまとの結婚も実現できる――。そうした小室さんの並々ならぬ自信の陰には、小室さんの“アメリカの母”を自認する女性の存在があるようなのです」

そう明かすのは皇室ジャーナリスト。“アメリカの母”とはどんな人物なのか。

「ロサンゼルス在住の国際弁護士、立川珠里亜氏(71)です。本人のインタビューによると、4歳のときに台湾から移住。日本国籍を取得して立川姓になったそうです。日・英・中の3カ国語を操る国際派の辣腕弁護士です」

立川氏はICU(国際基督教大学)出身で、眞子さまと小室さんの先輩でもある。小室さんとは’12年にロスへ留学した際に面倒を見て以来の付き合いだという。

「小室さんは秋篠宮さまにはほとんど連絡を入れていないようですが、立川氏には留学の状況をきちんと報告しており、彼女のアドバイスには素直に従うといいます。なぜなら、立川氏は小室さんにとって憧れの人物だからです。小室さんが国際弁護士を目指すようになったきっかけも、立川氏との出会いでした。小室さんがパラリーガルとして勤務していた『奥野総合法律事務所』を紹介したのも立川氏なのです」(前出・皇室ジャーナリスト)

小室さんは、眞子さまとのご婚約内定会見で「好きな言葉はレット・イット・ビー」と言っていた。

「立川氏のもともとの専攻は英文学でした。ところが、夫のロースクール入試に付き添うついでに自分も受験したところ、何の準備もしていないのに合格。そこで弁護士を目指すことにしたそうです。『私の人生は本当に行き当たりばったり』と自分自身で評するほど。小室さんはそんな立川氏の生き方に強く影響されているのでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

小室さんの“恩人”とも言える立川氏。11月30日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、電話取材に答えている。いまも小室さんからの連絡はあるのかと聞かれると「もちろんありますよ」と話す立川氏。さらに、小室さんの行動をこう評価する。

「本人はすごく優秀な人ですよ。彼は、彼女のために立派に弁護士になろうと思っているし、いい法学部に入って、頑張って勉強していると思います。人様に何も言われないように、立派に彼女を迎え入れようとしているんじゃないですか?」

しかし、秋篠宮さまが求めているのは弁護士資格の取得ではなく、“借金トラブル”への誠実な対応。しかも立川氏は内親王である眞子さまを何度も“彼女”と呼んでいた。日本の皇室の事情を十分に理解しているのだろうか。さらに立川氏は、小室さんから眞子さまを紹介されているという。

「彼女ね、雨の中走ってきて、普通に電車に乗って。お煎餅も買ってきてくれた。あんなに素直でまっすぐでいい女性って、いないと思いますよ。私だってうちの娘に、ああいうふうになってほしいというくらい私は感激しました」

さらに、眞子さまと小室さんの現在についても言及した。

「私は、彼らの関係は何も変わらないと思っていますけどね。彼が頑張っているのは彼女のためですよ。彼女は彼の本質が好きなんですよ」

3年間にわたるアメリカ留学を決めたのも、立川氏のアドバイスがあったからなのか。東京とニューヨーク、約1万kmの遠距離恋愛が始まって4カ月。眞子さまと小室さんはスマートフォン越しにお互いの思いを確かめ合う、切ない日々が続いている――。

(以上引用 女性自身より)

スポンサードリンク



 

圭が憧れる立川 珠里亜(たちかわ じゅりあ)の詳しい経歴については、聖心女子高や国際基督教大学、UCSB大学を経て、1973年に東京大学修士号を取得し、博士課程入学。

その後も1975年にUCLA修士号、1978年にロヨラ大学法学博士号を取得し、1981年には米国加州司法試験に合格。以降も『Paul Hastings』や『Janofsky & Walker LLP (現 Paul Hastings LLP)』などを皮切りに4ヶ所の有名法律事務所で国際部長や主任を歴任。2002年からは『TACHIKAWA & ASSOCIATES法律事務所』で主任を務め、語学も日・英・中国語を話すという。

出典:ツイッターより

国際弁護士として活躍する立川は、あるテレビ番組でインタビューに答えた際、自身のルーツや結婚について「わたしは華僑なんですよ。わたしはチャイニーズで主人は日本人です。ニクソンが台湾を切ってしまったから帰化せざるを得なくなり、苗字が立川になりました。生まれたのは台湾で、4歳のときに日本に来ました。東京の西南小学校に行っていて、そしたら台湾から祖母が来て“これからは英語の時代だ”と言われ、その一声でアメリカンスクールへ行くことになったんですよ」「わたしは旦那とは修士まえに結婚して、博士課程修了まで1学期というときに子供を産みました。大学院時代に子供を産むのが一番いいんですよ」と答えていたことも。

また、が2016年8月に入所した奥野法律事務所も“立川の紹介”だったという噂もあるが、圭と立川が出会ったのは、彼がICU時代にアメリカ留学した時だったという。

圭とは母校が一緒であることから、立川は自分と同じ法律家を目指す彼をサポートしてあげたいと思ったのかも知れないが、ネット上では新たに登場したウサン臭い新キャラに・・・

・いいから金返せ

・この親子は人に取り入るのが上手いんだろうな

・小室事変にまた新たな登場人物出てくんのかよ!もういいって!

・えぇ・・・あれだけ言われて辞退せぇへんのかい!

・日本の弁護士資格取らないでどうすんの

・普通の神経してたらもう日本には戻って来れないでしょう 普通の神経してたらね

・弁護士の資格を取っても国民は眞子さんとの結婚を認める事は一生無いでしょう。

・キーコもとうとう小室切り捨てを始めたね あくまでも自分達は何も知らなかった被害者って方向で記事書かせて 息子を将来天皇に仕立てるのに小室は害だと判断したんだろうね(笑)

・いよいよ、元凶が出てきましたね。人の喜ぶ心地よい言葉で、KK自身だけでなく、眞子さまも巻き込んで…。他人事で浅はかな女性弁護士。事の重大性を分かっていない。何故、KKにあなたとでは、家柄が違い過ぎると、ましては普通の家庭の令嬢ではなく、皇室ですよ。と、助言しなかったのか。

・誰がどう応援しようと、どうでもいい話。小室が皇族と結婚するようなことになったら、皇室は国民の信頼を失い、ひいては象徴天皇としての地位も危うくなります。

・小室の本心を見抜いていない。明らかに分不相応な生活を他人の力を利用し、のうのうと自信ありげに暮らしている。借金だらけでどうして嫁を幸せにできるのか?お金の苦労を知らないお姫様が、怪しげな母親に金づるにされるのは、見ていられない。今までやってきたことを報道でみるかぎり、なにをしてもそう能力があるとは思えない。飽き性で長続きしない。信用ができない人です。眞子様は、親に心配かけても決していいことないということを後でわかっても遅いですよ。

・すごく優秀な人ですよ。とのコメント。では、何故授業料の安い偏差値の高い国立大学に行かないの。日本で弁護し資格を取らないのとなる。身の丈にあった生活をしない人が、すごく優秀とは言えませんよね。kさんを高く評価するなら、養子にでもして、身辺をきれいにして記者会見をすれば良い。もうすでに、何をやっても遅いですが・・・

・いやもう無理だって。留学の報告だって、この弁護士にはキチンとしてるなんて、普通に考えたら秋篠宮ご夫妻が先でしょう?順序が違う。これはもう人間性の問題。どれだけ庇われても国民はもう彼を受け入れないと思います。

・悪徳弁護士の臭いがする この人が奥野所長を説得して金銭支援することになった 奥野所長にも下心ありそう 本当に小室親子の背後、ヤバいね 秋篠宮家は、小室は関わっちゃいけない人だと再認識すべき

・そもそも、女性宮家創設後に小室が婿入りするつもりだったのでしょ?高森という皇室に詳しい学者が、動画で述べていましたよ。小室自身も、皇室に入る意向を伝えていると。背景に外国人弁護士がいるなんて、思いませんでした。なんかいろいろと不安に思えてきた。

・そう言えば小室さん 外交に興味あるようなこと言ってましたね。女性宮家創設の具体的な話しも秋篠宮家ともしていたんでしょう。その内輪での話しを曝露されるのを恐れて、秋篠宮家からは破談を明言できないんではないかと思う。

・結局、コムロが皇室と縁戚関係になると、こういう人がどんどん皇室に入り込んでくる可能性が高くなってくるんでしょうね。

・コムロなんか(たぶん)周りに利用されてるだけの三下なんだろうな~ とりあえず自分は働かなくても楽して暮らせればいいくらいの考えで、周りの腹黒がそれに乗っかってきてる気がするわ コムロ母も含めてな

・弁護士資格取ったから結婚認めるとかは、一般家庭であって皇室じゃない!それに、問題になってるのは今後の仕事じゃなく過去の借金を現在返す気持ちあるか無いかだから。

・で、その憧れの弁護士さんとやらよ 留学の原資はどこから出てるのか知ってるのかな そんなに素晴らしく優れた人物ならあなたが負担すれば良いのではないのかしら?国民の本音は血税使うなですから

・何が何でも持参金という大金を手に入れるまで引く気はないんだね。すごい執念

・彼は眞子さまを利用するだけ利用して、3年後に別れ話しを切り出しそう。そんな器ではなかったとか。で、彼は海外で母親を呼び寄せ、弁護士をやってそうですね。眞子さまと噂になった人ですから、もう日本には帰る気はないと思います。

・そんなに優秀なら、日本で弁護士資格を取るんじゃないの?日本では無理で、アメリカなら何とかなると思って行ったんじゃない?それも眞子さん(皇族)のコネを利用して。そもそもそれほど優秀な人なら、パラリーガルやりながらでも取れるんじゃない。所詮は凡人。どう糊塗しても実績が物語っているじゃない。まあ悪知恵と無神経さだけは人一倍ありそうだけど。

・いや本当に、会見前にどうにかすべき案件だったでしょ グタグタすぎるわ

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

立川弁護士に絶大な信頼を寄せているは「秋篠宮家」にはほとんど連絡しないものの、このアメリカの母には留学の状況を報告し、立川のアドバイスにだけ従うという。

このまま国際弁護士の資格を取れば、眞子さまと結婚できると考えている様子のだが、それよりも母・佳代の借金問題を解決することの方が先であることは間違いなく、それでも借金を返済したところで国民の拒絶反応から“時すでに遅し”のような気もするが。。

そして、400万円以上の借金を抱える母・佳代はというと、最近は神奈川の自宅マンションに引きこもっているといい、パート先にも姿を現さないという。

今も借金返済のメドがなく、佳代には頼る知人や親族もいない状況のなか、彼女の借金を肩代わりするという“闇の紳士”の存在があるといい、、

(以下引用)

「借金トラブルをクリアにすれば、結婚問題は何とか首の皮一枚つながる。そのため『借金を肩代わりする』『無利子で貸す』といったダイレクトメールが佳代さんの携帯電話に連日送られて来ているようです。一時期、横浜界隈を縄張りとする暴力団組織が佳代さんの個人情報を探っていたので、それと関係があるのかもしれませんね。さすがの佳代さんもメールは無視しているようですが、いよいよ追い込まれた時には…。予断を許しません」(女性誌記者)

(以上引用 トカナより)

闇の紳士も、圭と眞子さまが結婚した際に支払われる“一時金”を狙ってのことだろうが、そんな誘惑に闇以上の佳代が引っかかるとは思えずwww

出典:フライデー

佳代が自宅に引きこもっているのも、ただ単に息子が結婚するまでジッと身を潜める作戦に出たのだろうが…仮に結婚が破談となると眞子さまはお見合い結婚になるのかも知れないが、そうなると結婚は30歳前になりそうで・・・

出典:文春オンライン

案外、佳子さまのほうが(結婚が)早くなるかも、、まぁ自業自得ですが。。

 

【関連記事】
秋篠宮さま、眞子さまと小室圭について「現状では納采の儀は行えない」とするも、結婚は容認していた!

スポンサードリンク

関連記事

今井絵理子が大阪地震のお見舞いツイートを投稿するも、自身の体調不良アピールして炎上!

不倫が大好きな参院議員・今井絵理子(34)が16日、同日に大阪府北部で発生した地震を受けてツイッ

記事を読む

【画像あり】小室圭のチャラさ全開 “パリピ写真” が流出!

出典:週刊女性PRIME 今だに眞子さまと結婚する気満々の小室圭くんに、チャラさ全開の“パリピ

記事を読む

留学前に小室圭と母が暮らしていたマンションに“ある物”が投げ込まれていた!!

出典:ツイッターより 元・海の王子で現在は“乞食王子”といわれている小室圭(26)。 現

記事を読む

【クズすぎ】小室圭、借りた200万円でスペイン旅行を満喫!

結婚破談の危機にある小室圭(26)だが、先日も母・佳代が宮内庁に「皇室でサポート(借金を肩代わり)し

記事を読む

小室圭のアメリカ留学に母の元婚約者「やっぱり貯金があったのでは」と語る!

出典:女性自身 先日、弁護士資格を取るために3年間アメリカに留学することが判明した小室圭。

記事を読む

小室圭、SPを引き連れて“看板のない”個室マッサージ店通いでスッキリwww

出典:毎日新聞 宮内庁からも“フィアンセではない”とはしごを外されてしまった小室圭だが、当の本

記事を読む

小室圭がNYでセレブ生活を満喫する一方で、引きこもり生活の母・佳代は“反社会的勢力”との繋がりを暴露される!

現在アメリカのロースクールでセレブ生活を満喫中の借金王子・小室圭。 出典:FNN.jpプライム

記事を読む

不倫議員・今井絵理子が完全復活!#心機一転とSNSに投稿も「冗談はアゴだけにして」

去年7月に橋本健(37)元議員との不倫が発覚した不倫議員・今井絵理子(34)が今月9日・・・

記事を読む

小室圭、やっぱり“お金”がなく一時帰国か!?

400万円以上の借金を抱えたまま今年8月、弁護士資格を取得するためにNYへ留学した小室圭。 出

記事を読む

小室圭、眞子さまと“6ヶ月以上”デートできず!それでもSP費用はすでに5000万円に達し・・・

今年2月に結婚延期が発表された眞子さまと小室圭。小室家の借金問題も今だ解決することなく、それでも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑