【文春砲】小室圭にイジメられていた同級生が「至近距離からボールを蹴り込まれた」など怒りの告発!

公開日: : 最終更新日:2019/05/19 社会 ,

小室圭にイジメを受けていたという同級生Aさんが、週刊文春の取材に「至近距離からボールを蹴り込まれた」など、圭の悪質な行為の数々を暴露した。

出典:論座(ロンザ)

週刊文春デジタルでもAさんのインタビュー動画が公開されており、圭は同級生への暴力だけでなく、なんと窃盗まで・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

Aさんが小室氏についてマスコミの取材に応じるのは初めて。

「僕も圭くんもガキ大将も、同じサッカー部でした。サッカーの練習をするといって、休み時間にキーパーとして僕を立たせ、至近距離から一斉にボールを蹴り込まれるということもあった。彼らとサッカーするのが嫌で、別のクラスメイトと休み時間に校庭で練習していると、教室の窓から大声で『学校来るな!』とか『キモい!』とか大声で叫ばれました。僕は学校を休みがちになりました」(Aさん)

Aさんへのいじめは卒業まで続いたという。そのまま国立音大附属の中学に内部進学する選択もあったのだが、Aさんは別の中学校に通うことを決めた。

Aさんは国立音楽大学附属小学校時代に小室氏から受けたいじめの実態について、詳細に証言した。大学時代にはカウンセリングに通った。医師からは「幼少期の経験が原因の可能性が高い」と診断されたという。

Aさんへのイジメに対して、小室氏の代理人弁護士を通じて事実確認を申し込んだが、期日内に回答は得られなかった。取材班は同小学校の同級生や保護者数人に話を聞いたが、大半はAさんへのいじめがあったことを認めた。

公開した動画では、結婚延期の後に小室氏とやり取りしたメッセージの画像や、小学校時代の卒業アルバム写真などを含めて、3パート計20分以上にわたってAさんのインタビューを収めている。

前編は、小室圭さんの母校・国立音楽大学附属小学校の特殊性や、「ワンピース」に似せた2人が一緒に制作した漫画、小室氏が「お父さま」と呼んでいた父親の死。

中編は、父の死後にAさんに対して始まった小室氏のいじめの詳細な内容と、不登校気味となったAさんの精神的ダメージについて。

後編は、母・佳代氏と“おじさん”と呼ばれる男性の再婚話に号泣した小室氏、成人式の日に再会したAさんと小室氏の“謝罪”をめぐるエピソードなどを収録。

(以上引用 文春オンラインより)

スポンサードリンク



 

と国立音楽大学附属小学校時代の同級生だったAさんだが、当時の圭は校内で影響力があり、同じクラスの子はもちろん、隣のクラスの子まで圭と一緒になってAさんに悪口を浴びせてきたという。

圭らのイジメ行為に、隣のクラスの先生が注意することもあったが、それでもイジメがなくなるどころかエスカレートしていき、Aさんが授業で使っていた裁縫道具ハサミがなくなることも度々あったという。

出典:文春オンライン

Aさんに対するイジメは“圭の父親の死”を境にしてはじまり、徐々にエスカレートしていったようだが、圭からの執拗なイジメによりAさんは不登校になってしまったという。

圭によって人生を狂わされたAさんは、眞子さまとの婚約内定発表後に過去の清算をしてもらおうとに接触したものの、Aさんへの謝罪は一切ないどころか“好きにやってくれ”という趣旨の返答が帰ってきたという。

圭の誠意の欠片もない態度に怒ったAさんは、彼から受けたイジメの数々を「週刊文春」に暴露しているが、もはや“破断一択”しかないの鬼畜具合にネット上では・・・

・はい、終了ーーーー!!

・最低じゃん

・いろんなところから悪い噂は流れてくるものだ。火のない所に煙は立たぬってか。

・本人にちゃんとインタビューしなきゃね。さて何と答えるのやら。

・あ~あ、もうホントにクズだと思う。これでもまだ眞子さまはKKに執着してるのかしら。

・小室側の弁護士が答えない時点で認めてるようなもんじゃんね

・普通に一般人と付き合っていたら、こんなに世間に叩かれる事はなかったのに。

・本人の問題が出てきたね。もう誰も擁護できないレベル。

・これが本当なら、イジメしてたような奴と結婚して良いのかね?眞子ちゃん。

・小室圭・佳代母子に対するぶっ叩きバッシングは、令和になって第2部に突入した。これで眞子様と結婚出来たら、それこそ奇跡だ。

・いじめは良くない事だが、流石文春、過去を洗うねー。

・有名になっちゃうと過去の黒歴史はいつかバレる

・疑惑というより小悪のデパートですな。それにつけても、結婚意志を貫く眞子さまに嫌悪感をおぼえる。

・金への品性だけでなくここまで来ると皇室ゆかりの人間としてふさわしい人格かの問題だと思う。やはり機を見て破談にしてほしいと思う。

・彼の近い人達からも、この結婚は望まれてないのですね。これこそ答えではないでしょうか。眞子さまもう少し他人の意見聞かないと。

・ようやく同性の同級生からのエピソードが出たと思ったら。。。子供の頃を振り替えるなら、微笑ましい思い出話が出るのが普通だよね これだけ次から次へと問題がでてくる人物って凄いと思うわ 納采の儀直前で、本当に危機一髪だった 本当に小室さんの母親の元婚約者の方のおかげだと思う

・やっぱり。初日のマスコミ映像で幼馴染が本当はあんないい奴じゃないとか言ってたもんね。ぼろかす言ってたら映像切り替わって祝福ムードに戻してたけど あれをあのまま流し続けて質問していたら即バレてただろうな。

・同性の友人がいない、本人の話題にも同性の友人のことが上がらない人って、なんかどこかおかしい人のイメージ。男女共に。

・時が経つほど、彼は超国民的ヒールになっていく。かつてこれ程のキャラがいただろうか。

・お姫様は、それでも結婚したいのか?もう、気持ちは醒めてるけど恥ずかしくて破談って言えないのか?おバカなのか無駄に高いプライドかどっちかな。

・これで、全国のいじめ被害者までも全て敵に廻した小室は完全アウトだね。皇族との結婚以前の問題じゃん!許せない!

・家柄、生い立ち、性格、容姿、ここまで問題アリな物件を見つけてくるって逆に才能だよね

・身を引かないがために、すごい勢いで過去を暴露されるK氏。もう身を引いた方がいいよね…

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

Aさんは圭から受けたイジメがトラウマとなり、今でもその後遺症が残っているという。また、大学時代にはカウンセリングに通い、医師からは「幼少期の経験が原因の可能性が高い」と診断されたという。

ちなみに、眞子さまとの婚約内定発表後にAさんは“過去の謝罪”をしてもらおうと圭にメッセージを送ったものの、その際の圭の態度は、、

(以下引用)

2018年3月、彼にメッセージを送ったんです。『久し振り。取材の依頼がこちらにも来ているよ』と。僕としては、当時のことを話すべきか、どうするのか、彼に直接聞いてみようと考えたところもあった。せめて今、謝ってくれればと。『謝るなら今だよ』という気持ちもあった。

久し振りの呼びかけに、彼からは返信も来て、世間話をしましたが、謝る様子がまったく無かったので、ちょっと、うちの母が取材を受けるかも知れないと伝えたんです。

すると、彼は急にかしこまったようなメッセージを送ってきた。

『Aのご両親にも色々とご迷惑をおかけして申し訳ない。呉々もよろしくお伝え願います。父が亡くなった時にAが手紙をくれたり、お父さんが野球に連れて行ってくださったり、お母さんはうちの母の心を支えて下さったり…今でも感謝してる。Aのお母さんのお心遣いありがたいのだけれども、そっと見守ってくれるととてもありがたいな』

と返してきた。

それで僕はもう単刀直入に、いじめのことを今どう思っているのか、それを伝えたんです。でも、以降のメッセージはとたんに既読スルー。やりとりは途切れてしまいました。

(以上引用 週刊文春デジタルより)

Aさんは圭のイジメによって国立音大附属中学への内部進学をあきらめ、別の中学校に通うことになったものの、当時の圭については「ただ、今思えば、可哀想なところもあった。お父さんが死んですぐに、圭くんが『おじさん』って呼ぶ男性が学校に現れたことがあった。髭を生やしたダンディな感じの人で、お母さんの新しいパートナーだということでした」と週刊文春に明かしていた。

Aさんは圭の父親が亡くなった時の状況についても語り、、

(以下引用)

中でもよく覚えているというのが、2002年3月の、小室氏の父・敏勝氏の突然の逝去だという。小学4年生の頃だった。

「その日、保護者会があって、午前中は僕の母親が圭くんのお父さんに『ご無沙汰してます』って挨拶したそうです。元気そうだったと聞いています。『午後から仕事があるので、また』と、そう言ってお父さんは早めに帰られた」(Aさん)

その直後に敏勝氏は亡くなった。葬式でAさんの母親は棺に納められた、敏勝氏の顔を見てお別れをしたという。

(以上引用 週刊文春より)

父親の死を境に態度が一変し、圭はAさんを執拗にイジメるようになったというが…たとえ父の死によって圭の心が傷つけられてイジメに走ってしまったとしても、それがAさんをイジメる理由になる訳がなく、数々の暴言や暴力、窃盗などの許しがたい犯罪行為を犯していた小室圭

このような状況でも眞子さまと結婚する意思は変わっていないという圭は留学先で、弁護士資格をとったあとの活動について教授や先輩に相談しているという。

このままいくと圭は皇室に入り込むだけでなく、眞子さまの弟である悠仁さまの“義兄”になり、さらに“天皇の兄”という約束された将来を手に入れることになるが・・・

出典:文春オンライン

そんなサイコパス野郎でも、まだ眞子さまは「私が彼をお守りなくては」と思っていそうだ(涙)。

 

【関連記事】
【YOUは何しにアメリカへ】小室圭、弁護士にならないことが判明!

小室圭 3ヶ月も夏休みがあるのに帰国せず!借金問題も時効が迫り・・・

スポンサードリンク

関連記事

小室圭のアメリカ留学に母の元婚約者「やっぱり貯金があったのでは」と語る!

出典:女性自身 先日、弁護士資格を取るために3年間アメリカに留学することが判明した小室圭。

記事を読む

橋本議員との不倫を“純愛アピール”する今井絵理子、元恋人と交際期間かぶりで・・・

神戸市議会議員・橋本健(37)との不倫について FAXや会見で、 「一線は越えていません

記事を読む

【画像あり】小室圭、日本人を避けて“屋台”で注文する姿を激写される!

“ハッピープリンス”こと小室圭の姿が久しぶりに激写された。 出典:週刊女性PRIME 留

記事を読む

小室圭、SPを引き連れて“看板のない”個室マッサージ店通いでスッキリwww

出典:毎日新聞 宮内庁からも“フィアンセではない”とはしごを外されてしまった小室圭だが、当の本

記事を読む

小室圭、眞子さまとの結婚が破談になっても1億円ゲット!宮内庁からも禁断話が・・・

小室家が抱える数々のトラブルにより、秋篠宮家にまで悪影響が及んでいるといい、ゴールデンウィーク前

記事を読む

秋篠宮さま、眞子さまと小室圭について「現状では納采の儀は行えない」とするも、結婚は容認していた!

出典:時事通信 秋篠宮さまの誕生日に際して行われる、毎年恒例の記者会見(会見日は22日)の詳し

記事を読む

結婚延期の小室圭に“二股疑惑”が!!有名飲食店のお嬢さまと・・・

出典:NEWSポストセブン 宗教や借金問題など、次々と小室家の闇が明らかになる中、今度は『フラ

記事を読む

小室圭、やはり年末は帰国せず!それでも自宅前のポリスボックスは撤去されずに警察のパトロールが続いていた!

年末に帰国の噂があったものの、結局帰国することはなかった小室圭。 出典:産経ニュース 圭

記事を読む

小室圭、やっぱり“お金”がなく一時帰国か!?

400万円以上の借金を抱えたまま今年8月、弁護士資格を取得するためにNYへ留学した小室圭。 出

記事を読む

小室圭、母・佳代の元婚約者との会話を録音していた!眞子さまも録音の存在を・・・

出典:東京スポーツ 眞子さまとの結婚を一向に諦めようとしない小室圭に、追い風が吹いてきた!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
小室圭の母・佳代に“新恋人”の存在!?男性が運転する車に乗り込み、夜の闇へと・・・

息子が暮らすアメリカには渡らず、現在も日本で暮らしているという小室圭の

【画像あり】宮迫博之、闇営業の次は“金塊強奪犯”とギャラ飲み発覚で吉本と契約解除!

詐欺グループ主催のパーティーで100万円のギャラを受け取っていたことが

公正取引委員会が“元SMAP3人”に圧力をかけたとしてジャニーズ事務所を注意!退所の噂があるタレント達の動きについても・・・

出典:ツイッターより ジャニー喜多川社長が今月9日に亡くなり、ジ

早くもメッキが剥がれたKoki,の現状に、母・工藤静香はイライラ!

2018年に大型新人としてモデルデビューするも、世界的ブランド『シャネ

【浜崎あゆみ】お浜さん、どん兵衛の次は『午後の紅茶』をアピールして笑われるwww

先日も自身のインスタで『どん兵衛』片手に庶民派アピールしていた元歌姫・

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑