氷川きよし、もう“オネエ”を隠す気はない様子でIKKO化www

公開日: : 最終更新日:2019/08/24 芸能情報

出典:ツイッターより

昔から“オネエ”疑惑のあった演歌歌手・氷川きよし(41)だが、とうとう吹っ切れたのか?もう隠すのをやめたようだ笑。

化粧全開の“IKKO化”した氷川の姿に「隠すのやめたのね」「完全にオネエ」「演歌歌うよりイキイキしてる」などの声が・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

演歌歌手の氷川きよしの名が18日、2年ぶりにTwitterのトレンドに入った。2017年に初挑戦したアニメソングの動画に対して、視聴者から「方向性180度変えててすげぇ」など再評価の声があがり、ツイート数を急激に伸ばした。

動画が思わぬ反響を巻き起こしているのは、2018年3月まで放送されたフジテレビ「ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編」のオープニング曲「限界突破×サバイバー」。氷川は演歌の時とは一変し、ビジュアル(V)系ロックのボーカリストばりに妖艶に激しく歌いまくっている。ラメの衣装で、濃いアイシャドーのメーク。視聴者も「え、これ本当 氷川きよし? V系メイクもいい!」「もはや氷川きよしではなくて」などとツイート。

さらに「氷川きよしすげぇ!!これはかっこいい!!全王様もおったまげじゃん」「ガッツリアイシャドウ塗らせてロック歌わせた人たちに120点あげたい」「演歌もいいんやけど、私は断然こっち路線推したい」「めちゃくちゃV系似合うな」などの声が上がった。

(以上引用 スポニチより)

スポンサードリンク



 

ここへきて、ついに本性、、いや本気を出してきた氷川は、お年寄りや中年のファンだけでなく、若いファン層を獲得すべく“ビジュアル系(見た目は完全にオネエ)”の姿を披露した。

氷川が披露した『限界突破×サバイバー』は1年以上前に発売された曲だが、同曲をライブで歌う動画がツイッターで取り上げられると閲覧数が伸びまくり、「氷川きよし」がトレンド入りするまでに。

その後も1時間に3000ツイート以上されるなど大きな反響を呼び、これまでの氷川からは想像もできない姿に「誰やねんw」「変わりすぎてやばい(笑)」など驚きの声があがっていたものの、むしろこちらの方が“氷川っぽい”ことから、ネット上では・・・

出典:ツイッターより



・氷川のオネエサン!

・吹っ切れていてかっこいいな

・美川憲一みたい

・色々と大丈夫なの?

・おネエって認めたのかな?

・氷川きよし、この路線でもやっていけるんじゃない

・ゲイゲイしいなw

・見たけど、シャウト?のところが凄かった 個人的にはすごい良いなと思ったけど、氷川きよしのファン層のおば様達は着いていけるの?

・おばあちゃん達もノリノリだったりして笑 昔の辛気臭い演歌のファンは氷川きよしのファンにはならなさそう むしろ沢田研二とか郷ひろみファンだったおばあちゃん達に感覚が近そう

・こっちで素顔かー。本領発揮ww

・解き放たれた、素の顔なんやろなー

・初期のIKKOさんぽい

・この機会に演歌やめたいだろうね。笑笑

・全く違和感なかったよ メイクはおばちゃんっぽかったけどw

・拝見する度に容姿が変わっている印象が拭えない。多忙なのに施術をする時間があるのか個人的に気になる。

・最近歌番組でも化粧してるよね??どうしたんだろう!!

・溢れるほどのお金と熱狂的ファンはいるだろうから 自分を解放して好きにしてもいいと思うよ

・この人本当はこういう路線でいきたいのかな 歌上手いしこっちのが合ってるよね

・V系というより、オネエみが強い メイクにめっちゃ時間かけてそう( ^∀^)

・最近おばちゃん化が進んでる気がする

・ボーイッシュな40代のおばちゃんって感じ

・紅白で歌う絵が見える

・こっちの方が好きwww

・氷川きよし路線変更でやっとブレイクできそうで良かったんじゃない?何かから解き放たれた人間て感じで応援したくなる

・あと少しの勇気だよ!カミングアウトしたらもっと応援するよ!

・でもやっぱり演歌の人って歌うまいよね

・この氷川きよしを60~80歳のおばあちゃんたちが応援してる姿想像すると笑える

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

V系というよりは完全にオネエな氷川きよし。見た目はインパクト大だったが、歌唱力については「やっぱ歌がめっちゃ上手い」「シャウトやばい!」「こんなに聞きとりやすいロックは珍しい。あー、耳に残る」と絶賛の声が相次いでいた。

氷川は演歌以外にもポップス名義『KIYOSHI』でも活動しており、音楽性について「演歌とポップスは、僕の中では和食と洋食の違いでして、おそばもおいしいし、スパゲッティーもおいしい。ポップスは僕の中では洋食」と語っていたことも。

また、ドラゴンボールの曲以外にも『ゲゲゲの鬼太郎』の主題歌を担当していたこともあり、今後はアニソンにも力を入れていくようだ。

そして氷川の“オネエ化”に関しても最近は隠すのをやめたようで、見た目もふくめてリアクションも“オネエ”になっているwww

出典:ツイッターより



2010年にはベテラン俳優・松村雄基(55)との熱愛が報じられ、2014年には逗子でデートする姿も撮られていた。

出典:フライデー



伊豆の別荘で密会する姿を撮られたあとは目撃情報もなく、すでに松村とは破局しているという氷川

また、氷川は俳優・織田裕二(51)の大ファンで、2010年に織田が一般女性と結婚した際は“新宿2丁目で大暴れ”していたという話もw

オネエが止まらず“IKKO化”する氷川きよし。もう本人的にも吹っ切れている様子だが、今後は演歌界だけでなく、ポップスやアニソン界の“女王”としても・・・

出典:ツイッターより



溢れ出るフェミニンを魅せてくれそうだwww

 

【関連記事】
【画像あり】氷川きよしの顔が別人化!肌もつっぱり、二重も拡大して・・・

氷川きよしのオネエ化が止まらない!神宮球場の始球式でもショートパンツ姿でほぼカミングアウトwww

スッキリに出演した氷川きよし、思わず「あたし」と発言してしまうwww

スポンサードリンク

関連記事

人気ユーチューバー・ワタナベマホトが女性への傷害容疑で逮捕されていた!被害女性は元アイドル・京佳か!?

人気ユーチューバー・ワタナベマホト(26)が、傷害容疑で逮捕されていたことが判明した。 出典:

記事を読む

闇営業でギャラ100万円を受け取っていた宮迫博之、周囲には“こんな言い訳”を・・・

詐欺グループが主催する宴会に参加し、当初は「もらっていない」とギャラの受け取りを否定していた宮迫博之

記事を読む

後藤久美子が“迷走中の娘”のために女優復帰!夫との離婚の噂も・・・

出典:CHUNICHI Web 1990年代に「国民的美少女」として絶大な人気を誇っていたとい

記事を読む

観月ありさ主演『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』初回6.9%の大爆死!『BONES』のパクリに加え・・・

今月23日に放送された 観月ありさ(40)主演のドラマ、 『櫻子さんの足下には死体が

記事を読む

浜崎あゆみ39歳、鏡に映る“ちんちくりんな姿”を修正し忘れるwww

出典:ツイッターより 毎回、自身のインスタで細くみせる加工技術を披露している浜崎あゆみ39歳。

記事を読む

安室奈美恵が早くも“芸能界復帰”をにおわせ!?復帰した際はアーティストではなく・・・

来年の9月16日に芸能界から完全引退する 安室奈美恵(40)だが・・・ 出典:tower

記事を読む

【感動ポルノ】24時間テレビのマラソン裏事情!!ランナーは意識的に・・・

1978年から始まり、 毎年8月下旬に放送される日本テレビの 『24時間テレビ 愛は

記事を読む

浜崎あゆみが“神田うの化”wwwさらに美Body&くびれを披露するも現実は・・・

先日、自身初となる60公演のロングツアー、 『Just the beginning -20-

記事を読む

テレ朝・田中萌&加藤泰平アナ、不倫発覚によりW左遷確定か!?さらに“4股疑惑”も・・・

今月8日、「週刊文春」のスクープにより、 “社内不倫”が発覚した・・・ テレビ朝日の

記事を読む

【示談金3000万円】17歳少女妊娠騒動は完全決着か!?お腹の子については・・・

今年9月に「東スポ」がスクープした、 ある“超人気アイドルグループ”のメンバーによる、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
鼻の整形を告白したあいのり桃に「目の次は鼻か」「鼻をいじったら他もどんどん」と整形依存を心配する声も・・・

『あいのり』に出演していたこともあるブロガーの桃(34)が10日、自身

氷川きよし「男らしく生きてって言われると…」ふわっとカミングアウトするwww

オネエ化が止まらない氷川きよし(42)が、『週刊新潮』の直撃取材にふわ

【浜崎あゆみ】41歳お浜さん、顔を小さく加工した“お座りショット”を披露するwww

“お笑いインスタグラマー”として毎回はずさない投稿をしているお浜さんが

高級ブランド芸人と化したKoki,、今度は『COACH』とコラボするwww

キムタクの娘・Koki,が4日、自身のインスタグラムを更新。伊勢丹新宿

【画像あり】木下優樹菜、激ヤセ写真を撮らせ“復帰アピール”する!

復帰をアピールするために、あえて撮らせたのか?タピオカ恫喝騒動で芸能活

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑