【浜崎あゆみ】40歳お浜さん、26歳アリアナ・グランデのメイクや髪型をパクって笑われるwww

公開日: : 最終更新日:2019/07/16 芸能情報 ,

出典:ツイッターより

安室奈美恵に憧れて衣装や髪型、メイクをパクっている“お浜さん”こと浜崎あゆみが、今度は世界的歌姫のアリアナ・グランデのメイクや髪型をパクっているとして笑われている。

40歳のお浜さんが26歳のアリアナになりきった痛々しい姿がコチラ・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

浜崎あゆみが4日、自身のインスタグラムを更新して話題になっている。

浜崎といえばその前に更新したインスタグラムのストーリーズで、「愛媛 Here we go」といったメッセージとともに、黄色いファーが付いたサンダルを履いた足を披露。ネット上では「ヒヨコみたいなサンダル履いてるけどダサいよ」「雨降ってるのにこの靴のチョイスって……」など、厳しい声が飛び交っていたばかり。

そんな浜崎がこの日の投稿で、「今日はどんな色の景色かなぁって。」とコメントを入れ、生き生きとした表情でステージ上に立つ自身のモノクロ写真を公開した。

そこには、ベアトップのミニワンピースの衣装に、エクステを付けて長くなった髪の毛をオールバックにし、高い位置で結ぶポニーテール姿の浜崎が写っていた。

だが、こうした浜崎の姿に対して、ネット上では「誰かのマネばっかり」「髪型もメイクもアリアナ・グランデのパクリじゃん」「安室ちゃんのマネしてるとしか思えないんだけど。この人自分のスタイルってもんがないの?」「これはひどいね。アリアナもだし何より安室ちゃんを意識しすぎだよ」などの批判の声が噴出した。

以前から、安室奈美恵やアリアナ・グランデに寄せているのでは、と話題になっていた浜崎。気になる人は、全国ツアー『ayumi hamasaki TROUBLE TOUR 2019-2020 A(※ロゴ) -misunderstood-』に足を運んで確認してみては?

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

自身のインスタに「今日はどんな色の景色かなぁって。」とメッセージを添えて、いつものように細く加工した写真を投稿したお浜さん

出典:お浜さん インスタグラムより

お浜さんといえば先日も「あゆが安室ちゃんっぽくなってきてる気がして…」「最近のあゆは安室ちゃんの衣装みたいな衣装になっとるがな」「衣装もメイクも安室のパクリ」など、ステージ衣装が“安室そのもの”だと批判の声が相次いでいたが、安室に続いて披露したアリアナ・グランデのパクリにも・・・

出典:ツイッターより


・パクりは昔から

・アリアナ意識しすぎwww

・ロング似合わない

・なんかもう哀れ

・今日はどんな色の景色かなぁって。失笑www

・元々オリジナリティなんてない人だからねー。

・40代なんだからそろそろ弁えなよ

・安室ちゃんと比べてしまう 太ももがふとましい…

・この人は今に始まったことじゃない。オリジナリティーがないからつまらない。

・アリアナのツイッター見てる人なら分かると思うんだけど、彼女よくモノクロで写真アップしてるのね。浜崎さんの今回のこの写真もモノクロ…髪型もメイクも真似しすぎ。自分よりずっと年下の子の真似してプライド無いの?顔も寄せてきてるよね?ほんっと気持ち悪いからやめて、アリアナの真似しないでおばさん。

・落ちつこうよ 引退する時期間違っちゃったね

・あゆってめちゃくちゃリハーサルしてる写真載せるくせにライブだと全く声出てなくてリハーサルしてる意味ないよねw

・もう、自分でもどうしていいのかわからないんでしょう ある意味病気だよ

・昔は真似される側の人だったのにね

・メディアも持ち上げるの諦めたね

・あゆも売れなくなりだした2005年あたりに引退しとけば伝説になれたのに…。今は、ただの痛い熟女にしか見えなくなってしまった。

・おはまさんがこの人の愛称だと思ってたら いつのまにか おまたさんとか肉団子とかムチーンとか愛称が増えてたw

・これ、スタイリストさんに何て言ってるんだろう?「今度こういうのにして」って人に言うの、普通は恥ずかしいよね?プライドが邪魔して言えない。そして言われたデザイナーも「え?これ?このまんま!?訴えられんか?40代女性がこれ着るん?」って頭痛いだろうなぁ。

・自分がなさ過ぎるというか 迷走しすぎているというか キャラ迷子というか…比べちゃいけないけど安室ちゃんの方が断然カッコいいよね

・加工はほどほどにして、ライブに足を運んでくれるファンを大事にしな。

・あんな年の離れた若い子の真似をする四十路おばさん

・2001年のドームツアーだって終始KEIKOのモノマネ。昔から一貫して(笑)パクリ芸をしていて爆発的に売れたから、今なぜ以前のように売れないのか、本人は不思議に思っているような気がする。

・パクるなら徹底してパクればいいのに、やっぱパクってもダサいよなー

などの意見がwww

スポンサードリンク



 

14歳下のアリアナになりきる40歳のお浜さん。パクるにしても歳を考えたほうが良いとは思うが、安室のパクリにしても“安室ファン”を取り込もうと必死な様子が伺えるものの、安室ファンがお浜ファンになることは絶対にないだろう。。

出典:ツイッターより

現在、お浜さんは8月まで続く全国ツアーの真っ最中だが、会場の規模も客が埋まらないためにドーム・アリーナツアーではなく「ホールクラス」でのツアーとなっているものの、それでも客席が埋まらない日も多いようで。。

出典:ツイッターより

今や、お浜のツアーはやればやるほど赤字になるようで、そんな状況でも演出やセットに高額な金をかけるお浜にネット上では「WALKING DEBT(ウォーキングデット:歩く負債)」と呼ぶ声もwww

ツアー料金も9600円(全席指定)と、今のお浜にしては高額であるのはもちろんだが・・・

わざわざ金を払ってまで↑↑↑を観たいとは…。

 

【関連記事】
【浜崎あゆみ】お浜さん、今度は“ピコ太郎”のコスプレで笑かすwww

【浜崎あゆみ】お浜さん、どん兵衛の次は『午後の紅茶』をアピールして笑われるwww

スポンサードリンク

関連記事

大豪邸を手放すほど落ちぶれた浜崎あゆみ。それでも“散財癖”は治らず・・・

かつては“女子高生のカリスマ”として、 数々の伝説・記録を残してきた 元歌姫・浜崎あゆみ

記事を読む

カラテカ入江の闇営業問題、宮迫博之らはギャラ受け取りを否定するも国税局が動き出す可能性も!

先日、オレオレ詐欺集団の忘年会出席を仲介したことが判明し、所属する吉本興業をクビになったカラテカ・入

記事を読む

坂口杏里の今度こそ“夜の店”をやめる宣言に「辞めてから報告しろ」の声www

芸能界復帰を目指しつつ、現在はバンド活動に夢中な現役嬢・坂口杏里(28)が再び “夜の仕事をやめる”

記事を読む

安室奈美恵の引退にエイベックスからTV局に“SAMの話題NG”通達!破るとクレームが・・・

来年9月をもって 芸能界から完全引退する・・・ 安室奈美恵(40)。 &nbs

記事を読む

ゲス不倫から今だ好感度が戻らないベッキー、「#加工なし」自撮り写真を投稿しても“嘘つき”と相変わらず嫌われるwww

出典:ツイッターより 衝撃のゲス不倫から約3年経つが、今だに好感度が戻らないベッキー(34)。

記事を読む

セクハラ疑惑の登坂淳一アナが『ワイドナショー』でセクハラを認め、妻ともすでに離婚していた!

今年1月にセクハラ疑惑を報じられた元NHKアナウンサー・登坂淳一(46)が『ワイドナショー』(フ

記事を読む

SMAP元マネージャー・飯島三智氏がジャニーズ事務所と紛争!?退職金や詫び状をめぐり・・・

今年1月に起きたSMAP解散騒動。   SMAP全員と共にジャニーズ事務所を退

記事を読む

杏を裏切った東出昌大が「ひたすら後悔にさいなまれ苦しんで」と被害者ヅラした結果・・・

芸能界きっての“おしどり夫婦”と言われていた女優・杏(33)と俳優・東出昌大(31)だが、実は夫であ

記事を読む

不倫疑惑の川島海荷、いつものように笑顔で『ZIP!』出演!やはりレプロによる・・・

今月3日、既婚者であるTBS局員との “手つなぎデート” をスクープされた女優・川島

記事を読む

川栄李奈とデキ婚した廣瀬智紀に文春砲!2股に同棲ポイ捨てとクズっぷりが明らかに!

先日、俳優・廣瀬智紀(32)とのデキ婚を発表した元AKBで女優の川栄李奈(24)。突然の電撃発表にフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ラブホ不倫の瀬戸大也、ANAから名前を削除されたことで・・・

週刊新潮に“格安ラブホ不倫”をスクープされた競泳の瀬戸大也(26)が、

【タピオカ恫喝】インスタ開設の木下優樹菜、コメント欄での暴言に“全部情報開示”

元タレントの木下優樹菜(32)が27日、インスタグラムのストーリーズを

ゲス不倫のバンプ直井由文が活動休止へ!

先日、文集砲によって不倫相手との“恥ずかしいLINEやり取り”を暴露さ

瀬戸大也の不倫相手は元ジャニーズJr. “鮎川太陽の妹” だった!?

安ラブホ不倫が発覚した競泳の瀬戸大也(26)だが、早くもお相手の正体が

不倫発覚のイクメンスイマー・瀬戸大也、全スポンサー撤退の危機!

五輪代表にも内定している競泳の瀬戸大也(26)に不倫が発覚した。

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑