【浜崎あゆみ】お浜さんが41歳の誕生日に“MV”フル尺公開!

公開日: : 最終更新日:2019/10/09 芸能情報 ,

今月2日に41歳になった“お浜さん”こと浜崎あゆみが同日、ユーチューブの公式チャンネルで全ミュージックビデオをフル尺で公開した。

出典:ツイッターより

全盛期時代のMVをフル尺でみれることから、ファン以外からも「観てみようかな」「可愛かったよね、あの時代の頃は」という声があるものの・・・

スポンサードリンク



 

41歳の誕生日にあわせて公開されたフル尺のMVは、1998年4月のデビュー曲『poker face』や、130万枚以上を売り上げた『SEASONS』。他にも『SEASONS』や『BLUE BIRD』、エイベック会長・松浦勝人との交際を暴露した同名小説が話題となった『M』など、130本以上の映像が公開されている。

出典:ユーチューブより

MVでは、まだ歌えていた頃の姿や、外見の変貌ぶりが楽しめるほかにも、元カレや元夫と共演しているMVもあり、そのときに交際していた男性をメインで出演させる公私混同ぶりを見ることができ、、

(以下引用)

公開されたMVにはTOKIO・長瀬智也こそ出ていないものの、元カレとウワサされたダンサーのSHU-YAや、かつて結婚していたオーストラリア人俳優のマニュエル・シュワルツ氏、その後交際宣言をしたものの不倫であることが発覚した内山麿我など、歴代彼氏とのイチャイチャシーンが目白押しだ。

「ここ数年の浜崎は、新曲を出しても大したタイアップが付かず、ヒット曲に恵まれない。『M 愛すべき人がいて』内では、エイベックス・松浦勝人氏から『懐メロ歌手になんかなるな』と助言されているあゆですが、そんな発言とは裏腹に最近のあゆは“懐メロ歌手一直線”という印象」(記者)

(以上引用 エンタMEGAより)

現在、お浜さんの公式サイトも“20年前”のビジュアルだらけとなっており、過去の栄光にすがるしかない悲惨な現状にガッカリするファンも多いようで、ネット上でもフル尺MVを公開したお浜に・・・

・必死で過去の栄光にすがる

・落ちぶれたな

・名曲の公開は素直に嬉しいけど

・暴露本出して好感度一気に下がりましたー

・全盛期はマジで可愛かった。

・私の誕生日!私を見て!!! ってこと?ww

・びっくりしたぁぁぁぁ!!誕生日にユーチューバーデビューするっていうニュースかと思っちゃった!

・浜崎あゆみが売れたのってパリピの華やかさと孤独のギャップだったと思うんだけど、歳とった時に孤独に寄り添う方に舵を切るべきだったよね パリピが本質だと勘違いした結果アホ面さらして大事故だよ

・昔の曲聴くとどうしてもあの社長がチラつくからなぁ…

・見た目と歌声がどんどん悪く変わっていく姿、売上が下がっていくのを見られるなんて私なら耐えられない。結局今の自分に自信があって満足してるんだね。

・暴露本がなければ曲は好きだったのにもう無理

・YouTubeで金稼ぎw CD売れないもんね…

・安室ちゃんの歌手人生が如何に賢いかがわかるね

・同年代と一緒に成長できなかったのが痛手だね。いつの時代も若い子は孤独を感じたり居場所(笑)を求めたりするけど、自立してからは自分の力で解消していくじゃん。仕事に力を注いだり結婚して家族の為に生きたり。同年代がそうして大人になっていく中で40歳のおばさんが「大人になる事の意味なんて知らなくていい」とか「この夏に魔法をかけたい」とか言ってるのは可笑しな事でしかないよ。いつまでも歌詞が ¨可哀想な私¨ じゃ支持されないのも当然。

・なるほど 今までのMVを公開して再生回数稼いで小遣い稼ぎするんだ

・よく昔のあゆ見ても古臭くない!っていうけどそうかな?やっぱり時代は感じるよね。可愛かったけどね

・個人的に10周年が終わった後もギャルを捨てなかった事が間違いだったかなーって思ってる。いきなり年相応に落ち着け!って訳じゃなくて見た目が多少派手でも大人っぽい感じにシフトしていけば良かったのに。まぁそのあとのTwitterとかで一気にファン減らしたから人間性の問題だろうけどね

・ファンは過去のより新曲のが嬉しいのでは?

・全盛期で引退しとけば、伝説だっただろうに やっぱり何事も引き際って大事だね

などの声が!!

スポンサードリンク



 

過去のMVを視聴できるものの、暴露小説『M』で松浦との交際や、当時のヒット曲『M』や『SEASONS』などは松浦へのラブレターだったことが明らかとなり、今さら昔の曲を聴いたところで「何を聞いても松浦って人の顔がチラつく」「個人的に思い入れがあった曲も、もう純粋には聞けないや」など、ファン離れがさらに加速してしまったようだ。

出典:ツイッターより

来月10日には、デビュー20周年を記念したリパッケージ・アルバム『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』をリリースするお浜さん

過去のMVをユーチューブで公開し、アルバムの売上アップにも繋げたいところだろうが、肝心の再生回数については・・・

(以下引用)

「公開から24時間が過ぎた10月3日午後1時現在、再生回数はほとんどが数千、多くて1万回を超えている程度。1,000回に届いていない楽曲も、チラホラ見受けられます。ちなみにこの日、スピッツが同9日発売のアルバム『見っけ』収録の楽曲『ありがとさん』のMVを解禁していますが、こちらは公開から10時間で4.6万回再生を突破。9月まで放送されていたNHK連続テレビ小説『なつぞら』の主題歌に、同グループの『優しいあの子』(6月19日発売)が起用されていたため、“朝ドラ効果”もあるのかもしれませんが、いずれにしても浜崎に大差をつけています」(芸能ライター)

(以上引用 サイゾーウーマンより)

お笑い芸人として多くの人に笑いを届けているものの、歌手としては新規ファン獲得に苦戦している様子のお浜さん。平成の歌姫として一時代を築いた人がまさか“昔のヒット曲で小遣い稼ぎ”をするなんて・・・

出典:ツイッターより

お浜の次なる肩書きは「ユーチューバー」なのかも。。

 

【関連記事】
【浜崎あゆみ】お浜さん40歳、おしゃれセットアップ姿を披露するも「究極にダサい」と笑われてしまうwww

【お浜さん】浜崎あゆみがオリジナル香水を発売、そのお値段に「高すぎる」「お金に困ってるのかな?」

スポンサードリンク

関連記事

何やってもダサい工藤静香、今度はスネ夫ヘアーで舌ペロするwww

出典:工藤静香 インスタグラムより 何をやっても「古臭い」「ダサい」と言われてしまう工藤静香(

記事を読む

ジャスティン・ビーバーがAKB48をキャバ嬢扱いw高橋みなみにもキスを・・・

今月4日、約3年ぶりに日本に上陸した問題児歌手、 出典:arukunews.jp (画像

記事を読む

整形?多部未華子の目が倍のデカさにwww

女優・深田恭子(37)が今月15日に、自身のインスタグラムを更新した。 出典:クランクイン!

記事を読む

【悲報】前澤友作と破局した剛力彩芽、ガリガリに痩せる。。

先日、前澤友作(43)と破局したことが判明した剛力彩芽(27)。 出典:女性自身 今後は

記事を読む

ガールズパーティー開催の手越祐也!トニトニ参加見送り後、すぐに荒野行動をプレイしていたことがバレる

緊急事態宣言発令時に女性らとパーティーを開催していたことが報じられた手越祐也だが、これにジャニーズ事

記事を読む

ゲス川谷絵音の彼女で未成年飲酒・ほのかりんが所属事務所との契約解除に!今後は・・・

ゲス川谷絵音(28)の彼女で タレントのほのかりん(20)が今月16日、 所属事務所

記事を読む

二宮和也が匂わせ・伊藤綾子と電撃婚!突然の発表に“デキ婚”を疑う声も・・・

12日の夜、嵐・二宮和也(36)がファンクラブで結婚を報告した。 出典:ツイッターより

記事を読む

嵐・松本潤より先に結婚するのはV6・岡田准一?メンバーに報告済みだと・・・

嵐・松本潤(32)と、 女優・井上真央(29)の結婚の噂は、 昔から出ていたが、、

記事を読む

引退した安室奈美恵に“完全引退はありえない”と早くも復帰説が!

出典:スポニチアネックス 今月16日をもって芸能界を引退した安室奈美恵(40)。しかし、安室を

記事を読む

Hey! Say! JUMP 岡本圭人、やっぱり留学先でも夜遊び三昧だったwww

出典:ツイッターより 芸能活動を休止し、現在はアメリカの名門演劇学校に通っているHey! Sa

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
不倫発覚のイクメンスイマー・瀬戸大也、全スポンサー撤退の危機!

五輪代表にも内定している競泳の瀬戸大也(26)に不倫が発覚した。

山口達也が追突した車、運転していたのは警視庁の警察官だった!

22日に酒をたらふく飲んでバイクを運転した結果、車に追突。 その

【悲報】華原朋美、また壊れる!

9月15日に自身のユーチューブチャンネルを開設した華原朋美(46)だが

手越祐也、早くもオワコン化。。

6月19日にジャニーズを退所した手越祐也(32)。同日に自身のユーチュ

BUMP OF CHICKEN・直井由文、元不倫相手に“恥ずかしいLINEのやり取り”を暴露されるwww

人気ロックバンド『BUMP OF CHICKEN』のベース・直井由文(

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑