【祝】小室圭の婚約内定は“白紙”か、宮内庁「ずっと婚約内定者と呼び続けることは…」

公開日: : 最終更新日:2019/10/28 社会

皇室の名前を利用してセレブ生活を続けている小室圭だが、眞子さまとの今後について『女性セブン』が宮内庁に問い合わせたという。

出典:産経ニュース

宮内庁の公式見解によると、現在の微妙な状況をふまえて「ずっと婚約内定者と呼び続けることには問題がある」と・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

眞子さまは10月23日に28才の誕生日を迎えられる。2017年9月、小室圭さんと「婚約内定」の会見に臨まれ、幸せの笑みを見せられてから2年が経った。

「小室さんは昨年夏から留学先のアメリカで弁護士資格取得のため猛勉強の日々を続けているようです。この夏には4か月の長期の“夏休み”がありましたが、帰国することなく、眞子さまとも会っていません。それでも、小室さんの代理人は常々、“今も眞子さまとの結婚の意思に変わりはない”と語っています」(皇室ジャーナリスト)

眞子さまとは頻繁に連絡を取り合っているそうで、眞子さまも“その時”を心待ちにしていることだろう。何があろうとも、「婚約内定」をしているわけだから、結婚されることは間違いない──しかし、そんな期待を揺るがす衝撃の事実が発覚した。

◆新しいパートナーがいても、何ら問題ない

小室さんの名前がメディアで報じられる際、必ず呼称されるのが、「婚約内定者」という“肩書”だ。

一部には、「婚約者」や「フィアンセ」という呼ばれ方をされたこともあったが、それについては「一般の結納にあたる『納采の儀』が行われていない」という理由で宮内庁が明確に否定した。それ以降、婚約内定者という呼称が定着した。

「その呼び名の根拠は、一昨年9月、上皇陛下が天皇在位中に結婚の『ご裁可』を与えられたことです。ふたりが参内し、陛下に挨拶されて、陛下が裁可された直後に婚約内定会見が行われました」(別の皇室ジャーナリスト)

たしかにその通りなのだが、状況はずいぶんと変わっている。上皇陛下が裁可を与えられた当時、眞子さまの結婚は平成時代のうちに執り行われる予定だった。しかし、結婚関連儀式は延期され、その間に御代がわりも行われ、新天皇が即位された。

新天皇の御代になった今、上皇陛下の裁可が現在も“有効”なのか、小室さんを婚約内定者と呼ぶべきか、曖昧な部分があることは否めない。

本誌・女性セブンがその点を宮内庁に問い合わせると、宮内庁総務課報道室より、以下のような「公式見解」が伝えられた。

《お二人のご婚約内定発表に際しての天皇陛下のご裁可は、旧皇室典範とそれに基づく皇室令等を踏まえたものです。それらの法令は、日本国憲法施行日の前日に廃止されましたが、皇室には長い伝統があり、その伝統は旧皇室典範や皇室令に反映されていると考えられるので、現憲法に違反しない限りは、皇室の行事もそれらに準拠して行うことは差し支えないと考えています》

あくまで裁可は皇室の長い伝統に沿ったもの──そんな前置きの上で、宮内庁はこう結論づけている。

《現在の「ご裁可」は、ご結婚の効果そのものに影響を与えるものではなく、皇室の伝統を活かすものとして行っているものと理解しています》

つまり、小室さんが“婚約内定者”である前提となっていた裁可は、「結婚には直接、関係がないもの」と宮内庁が見解を示したことになる。

(以上引用 NEWSポストセブンより)

スポンサードリンク



 

『女性セブン』によると、の婚約内定は“白紙”状態にあるようで、2017年9月に天皇陛下から「ご裁可」を与えられて“婚約内定者”という見方がされたものの、宮内庁によると「ご裁可」はあくまで皇室の伝統に沿ったもので、結婚そのものに影響を与えるものではないという。

そのため、現在のは眞子さまの婚約者ではなく、ただの“恋人”ということになるようで。

出典:ツイッターより

借金問題が発覚してから1年半以上も経過しているのに1円も金を返しておらず、は借金問題について秋篠宮家や国民に何も説明することなくアメリカ留学に行ってしまった。

仮に借金問題が解決したところで、今さら国民が納得することはないだろうが、宮内庁が懸念にしていることについて皇室ジャーナリストは、、

(以下引用)

「今のままの状態が続き、ずっと小室さんが“婚約内定者”状態であり続けることを懸念しているのでしょう。そう認識されることで、小室さんは留学先で年間数百万円とされる授業料を免除されるなど、“特別扱い”を受けているふしがあります。

実際には婚約をしているわけではないのだから、現時点で眞子さまが新しいパートナーをつくられても、何ら問題ないわけです。結婚の見通しが立たない今、ずっと小室さんを“婚約内定者”と呼び続けることには問題があるかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

(以上引用 NEWSポストセブンより)

宮内庁も圭が皇室に入り込むのを何としても阻止したいと思っているようで、『女性セブン』の取材に「結婚そのものに影響を与えるものではない」との見解を示しており、ネット上でも宮内庁の見解については・・・

・その方向でお願いします

・喜んでいいんですよね?

・遅いくらいだよ(^^;

・向こうで普通に女作ってそう

・当然の判断

・元々単なる彼氏で正式な婚約者ではありません。

・もし結婚しなかったらテレビに出まくるのかな「かつて皇族と婚約した男!」みたいな…皇室話で稼ぐようになったら嫌だな

・白紙はうれしい。が税金が多額に投入されてた件は‥

・眞子さま、結婚されてもされなくても黒歴史間違い無しですな。恥ずかしい。

・ここまで言われて結婚おし通したらただの馬鹿だよ

・kk親子自体反対だけど、なぜ自分達の受け取り方が間違いでした、働いて返します!となぜ言えないのか 認めたら負けになるのか?それとも働いたら負けになるのか?

・これを正式に国民に発表してよ

・眞子さまも割りきってお見合いとかすれば良いのに。もう無理なの自分でも解ってるでしょうに。しれーっと別の人と婚約しても、みんなアレ?五等身のアイツは?ってなってもスルーしてくれるよ。アイツとの婚約も破棄も黒歴史だってみんな解ってるし。

・小室も厚かましいけど、これだけ拗れてもまだ結婚する気でいる眞子様の神経を疑う。

・KKは感情的にはもう冷めてるんじゃないの?どっちでもいいやって思ってそう。母親はどうしてるのか知らんけど。

・白紙って言葉ってずるいよね 解消ではないんだよ。もう一度考えてみるってだけだから横浜市のカジノ誘致の市長と一緒「白紙に戻したとは言ったけど、辞めたとはいってない」

・もう、なかったことにしてスルーしようよ。眞子様も他のまともなところにお嫁に行けなくなっちゃうし。皇室の方々には、「庶民にはよく分からなくてもちゃんとした方」と結婚して欲しいよ。KKは出自も育ちも、庶民にさえバレバレで恥ずかしい。

・素直に喜ばしいことですけれども…彼に使われた税金は誰が返還なさるのでしょうか?

・決断が遅いため、莫大な税金が無駄になったね

・相手の不信なところがあれだけあるなら一般人でもお断りするレベル。あれに執着する眞子さまって…

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

今や圭だけでなく、秋篠宮家に対しても風当たりが強くなっているようで、先日も眞子さまの次女・佳子さまに対しても、、

(以下引用)

先月15日、オーストリアとハンガリーでそれぞれ外交関係樹立150周年記念行事に出席された佳子さまの初海外訪問だが、もともとの公務の少なさ、海外訪問における「高級ホテル複数宿泊」「観光名所ばかり」という指摘もあり「わざわざ行く必要があるのか」という意見が出た。

当時、千葉の台風とそれに伴う被害が拡大する中で「のんびり海外訪問ですか」と冷めた目で見られた部分もあった様子だ。

先月29日には、高校生による「手話パフォーマンス」の全国大会に出席され、開会式で手話を交えてエールをおくられたが、これにも「ただのアピール」「福祉に関心があるとは思えない」と手厳しい意見が目立つ。

(以上引用 Business Journalより)

圭へのとばっちりは佳子にも及び、秋篠宮家そのものへの批判も日増しに高まっているようだが、そんな中でもは身銭を切ることもなく、人の金で留学生活を満喫している。

さらに、圭や母・佳代への警護が今だに続き、その金はもちろん税金から捻出されているが、婚約内定者ではない圭を警護する必要はないのはもちろん、留学中の圭が国際弁護士になるまであと2年あり、仮に弁護士資格を取得できたとしても活躍できるようになるまで“数年”かかると言われている。

また、今月5日に28歳になった圭。今月23日には眞子さまも28歳になられ、圭が一人前になるまで結婚を待っていたら30歳を過ぎてしまう訳で。。そんな状況でも眞子さまは今だに圭との結婚を夢見ているようだが、秋篠宮ご夫婦も会見の場で「娘とは話す機会がないのでわかりません」「私も同じでございます」と、なぜか満面の笑みで応えていたりと・・・

出典:ツイッターより


悪い予感しかしない。。

 

【関連記事】
小室圭、母・佳代の借金問題を解決しないのは“逆提訴”のための時間稼ぎか!?

小室圭の母・佳代「監視されている」と警察に相談する

スポンサードリンク

関連記事

小室圭、母・佳代の元婚約者との会話を録音していた!眞子さまも録音の存在を・・・

出典:東京スポーツ 眞子さまとの結婚を一向に諦めようとしない小室圭に、追い風が吹いてきた!

記事を読む

小室圭、やはり年末は帰国せず!それでも自宅前のポリスボックスは撤去されずに警察のパトロールが続いていた!

年末に帰国の噂があったものの、結局帰国することはなかった小室圭。 出典:産経ニュース 圭

記事を読む

夏休みも“支援金”充分で帰国しない小室圭。眞子さまの気持ちの変化については・・・

出典:FNN.jpプライムオンライン 今月20日にフォーダム大学LLMコースの卒業式が行われ、

記事を読む

小室圭、SPを引き連れて“看板のない”個室マッサージ店通いでスッキリwww

出典:毎日新聞 宮内庁からも“フィアンセではない”とはしごを外されてしまった小室圭だが、当の本

記事を読む

小室圭、眞子さまと“6ヶ月以上”デートできず!それでもSP費用はすでに5000万円に達し・・・

今年2月に結婚延期が発表された眞子さまと小室圭。小室家の借金問題も今だ解決することなく、それでも

記事を読む

小室圭の母・佳代に“新恋人”の存在!?男性が運転する車に乗り込み、夜の闇へと・・・

息子が暮らすアメリカには渡らず、現在も日本で暮らしているという小室圭の母・佳代だが、マスコミの目を避

記事を読む

小倉智昭が覚せい剤逮捕・庄司哲郎に送ったメールが流出!小倉は「私の作り話」と弁明するも・・・

“オヅラ”こと、 常に髪の毛に違和感のあるタレントとして、 現在、フジの朝の情報番組

記事を読む

秋篠宮ご夫婦の“破談希望”の思い届かず、眞子さまは小室圭と再会するために「強行渡米」する可能性も!

出典:女性自身 今や皇室だけでなく、国民にとっても懸案事項となっている眞子さまの結婚問題。

記事を読む

小室圭の母・佳代がパート先に“休業補償”の支払いを要求か!?警備も今だ24時間体制で・・・

小室圭が留学して以降も、相変わらず雲隠れ状態を続けている母・佳代だが、長らく休んでいるパート先にはち

記事を読む

小室圭に振り回されまくる秋篠宮家が“ただ待つしかない”理由!

母・佳代は時がくるまで地下に潜り(自宅に引きこもり)、息子・圭はいつものように“人様の金”で留学生活

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
坂口杏里の告白本、発売前から「紙のムダ」「誰が買うの」と酷評されまくる

元おバカタレントの坂口杏里(28)が、12月11日に告白本『それでも、

【浜崎あゆみ】お浜さんの年越しライブ生中継に「人来んの?」「また大遅刻しそう」

“お浜さん”こと浜崎あゆみ(41)が31日に年越しライブを都内で行い、

【タッピーバースデー】32歳になった木下優樹菜のインスタが大荒れ!

タピオカ店オーナーへの恫喝DMが発覚し、現在は芸能活動を自粛している“

もえのあずきが大食い対決後のお腹を公開、衝撃的な姿がコチラ!

大食いタレントの“もえあず”こともえのあずき(31)が30日にアメブロ

工藤静香、ディナーショーのリハ動画を公開するも「ホラー」「呪われそう」の声www

娘Koki,のプロデュースが思うように軌道に乗っていない工藤静香(49

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑