妻と弟子の不倫に「離婚1億%ない」と強気な立川志らく、内心は“文春砲第2弾”におびえ・・・

公開日: : 最終更新日:2020/03/13 芸能情報 ,

立川志らく(56)の妻・酒井莉加(38)が弟子と不倫していたことが明らかとなり、立川は自身が司会を務める『グッとラック!』でコメントした。

出典:ツイッター

妻との離婚について「1億%ない」と断言していた立川だが、内心は“文春砲第2弾”におびえているようで、その理由が・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

同日発売の週刊文春が、約20人の弟子を抱える一門のおかみで、志らく主宰劇団にも関わる、妻の酒井莉加が、25歳の弟子と不貞行為に及んでいると報じたことに言及。離婚は「1億%ございません」と断言した。

冒頭で「本来ですと重要な話題をすぐにお届けしなくちゃいけないところですが、志らくごときのことでまことにもうしわけございません。ひと言だけ、お時間をいただきます」と切り出した。

「私のプライベートでごたごたが起きまして、某週刊誌に私の妻と元弟子との不貞関係というのが掲載されました」と説明した。

そのうえで「私は妻のことを信じておりますので、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚も1億%ございません」と断言した。

「家族だから、この程度のことで絆がつぶれることはない。あとは私のかけがえのない妻を世間の目から守る。命がけで守る。それだけでございます」と述べた。

(以上引用 デイリースポーツ onlineより)

スポンサードリンク



 

立川の妻・酒井莉加は劇団『謎のキューピー』を主宰しており、彼女は立川の弟子で落語家を休業している劇団員・立川うおるたー(25)と常に一緒にいるという。

立川うおるたーは現在「タコ太郎」という芸名に改名し、酒井の子供を連れてランチに行くなど、もはや夫婦同然の関係だという。そして、週刊文春は2人がデートする姿をたびたび確認しており、旦那が地方公演でいない自宅で夜を共にしたり、ときには自宅近くの駐車場に車を停めて、車内でいかがわしい行為に及んでいたこともあったという。

出典:文春オンライン


文春によると、連日2人はスーパーやコンビニの駐車場で1時間以上もの逢瀬を重ねていたといい、同誌の突撃取材に立川「妻のことは信じてるし、まあ、この程度のことだったらば、夫婦の絆は壊れない。酒飲んでいきすぎちゃったってだけのこと。離婚とかにはならないんで」と答え、司会を務める『グッとラック!』でも「私は妻のことを信じておりますので、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚も1億%ございません」「家族だから、この程度のことで絆がつぶれることはない。あとは私のかけがえのない妻を世間の目から守る。命がけで守る。それだけでございます」とコメントしていたが、そんな志らくの痛々しい発言にネット上では・・・

・命がけで守るwww

・命がけで守る?弟子に妻が襲われたとでも?

・守る?不倫した妻を?

・自分の身を守った方が良い。

・前にも不倫されて破門にしてたんでしょ?そうまでして手放したくないのか

・1億%とかそういうのいらないから 面白くもないし上限は100%でいいから

・『この程度』のことなんだ!私なら即離婚だけど。

・志らくさんは絆を感じてるだろうけど奥さんはもう冷めてるんじゃなかろうか…強い絆があるなら不倫はしないと思う

・妻の思う壺 これだから浮気繰り返されるんだよ バカな旦那だねー

・18も年下の奥さんと結婚したんだから 奥さんが若い男によそ見しちゃうのも仕方ないくらいに思ってないとやってらんないよ

・離婚してあげるのも優しさ。

・自分の妻に手を出した弟子をどうするんだろう?

・でも奥さん志らくに裏切り行為したのに守るの?絆がどうこうって問題じゃなくなってるよね?子供のことは?

・大げさなのが逆に嘘くさく聞こえる

・まーた浮気されるよ

・奥さんが守ってほしいのは別の男かも…

・バカ男で草

・この人って自分の現実には目をそらすタイプなのかね だから奥さん2度もやるんじゃない?

・執着してるだけのような気がする。愛とかじゃなく。

・自分よりずっと若い嫁にしがみついてるお爺ちゃん

・解放してあげたら?

・志らくが逆に怖すぎる…

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

立川の妻・酒井は立川うおるたー以外にも、4年前に別の弟子とも不倫関係にあったようで、それに気づいた立川は弟子を破門。弟子はその後、精神を病むだけでなく、現在は消息不明だという。

今回で2度目となる妻の不倫だが、『グッとラック!』では文春砲を喰らったことに「こんなこと言うと、全然知らない人が文春買っちゃおうかって本が売れちゃうんですけど。皆さん、立ち読みでいいですから」と強気な発言をしていたものの、それでもコメントの最後には「まあ、本が売れるのは経済が回って良いこと」と文春をフォローするような弱気な発言もしており、一連の立川の発言について週刊誌デスクは、、

(以下引用)

「続報が怖いからにほかなりません。次はAを破門にした時の志らくの挙動について書かれると業界内でウワサになっていますからね。Aに立場的な優越を利用して、愛人関係を迫ったのは酒井。それなのに志らくに処分され、一方的にAは追い込まれてしまった。その過程で、志らくの常軌を逸した言動があったようです。これが表に出た場合、志らくという人物が果たして朝番組をやるにふさわしいかの議論になるはず。タレント生命も脅かす内容になるでしょう」

(以上引用 日刊サイゾーより)

妻に2度も不倫をされても「ウチのカミさんは18歳年下でファンキー女将といわれていて、お酒飲むとわけが分からなくなっちゃう。だからこれ以上、酒飲むなと、弟子にも愛情かけすぎるなと、弟子にも子供みたいなもんだから、いい加減にしろと小言言いました」と、酒のせいにして全てを許してしまう立川志らく

数年前にも弟子と不倫された挙げ句・・・

出典:文春オンライン

自宅前で不倫相手とハグしたり、カー○○○スしてた妻を擁護するとはwww

 

【関連記事】
喜多村緑郎、鈴木杏樹との不倫報道に逆ギレ!パワハラ体質な素顔も明らかに・・・

弟子との不倫が発覚した立川志らくの妻、破門された弟子にも“復縁”を求めていた!

スポンサードリンク

関連記事

藤原紀香と片岡愛之助が結婚!金屏風の前で2ショット披露もコメントが陳腐すぎて・・・

3月30日に婚姻届けを出し、 31日に都内のホテルで結婚会見を開いた 陣内智則の元妻・藤

記事を読む

観月ありさ主演『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』初回6.9%の大爆死!『BONES』のパクリに加え・・・

今月23日に放送された 観月ありさ(40)主演のドラマ、 『櫻子さんの足下には死体が

記事を読む

ジャニーズの圧力に“スルンスルン”と言いなりのマスコミwwwてかスルンスルンって何?

出典:ツイッターより 『NEWS』メンバー4人のうちの3人(小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也

記事を読む

ASKAこと宮崎重明が売人ヤクザに狙われていた!?“タマ取ったる”と・・・

先月28日に、 “覚せい剤取締法違反(使用)” の容疑で2度目の逮捕となったASKAこと

記事を読む

ゲス川谷絵音の元妻は妊娠していた!?ベッキーに慰謝料を・・・

今月9日に自身のブログにて、 妻との離婚を報告したゲス川谷絵音(27)。  

記事を読む

生田竜聖アナと秋元優里アナが別居で離婚危機!理由は“秋元の不倫”で・・・

俳優・生田斗真(32)の弟で、 フジテレビに所属している生田竜聖アナ(28)が、 &nb

記事を読む

【第二のベッキー】小島瑠璃子の略奪愛報道により、テレビ各局が起用自粛の動きへ!

キングダム作者・原泰久(45)との略奪愛を報じられた小島瑠璃子(26)だが、第二のベッキーと化した小

記事を読む

KANA-BOON・飯田祐馬が行方不明でライブ中止に!元不倫相手・清水富美加は意味深ツイートを・・・

4人組ロックバンド『KANA-BOON』でベースを務める飯田祐馬(28)が行方不明となり、15日に開

記事を読む

高畑裕太の逮捕によりバレた、母・高畑淳子の親バカっぷり!慰謝料&示談金の額がナント・・・

ホテルの女性従業員を性的暴行、 ケガを負わせたとして・・・ “強姦致傷容疑”

記事を読む

渡部建、相方・児嶋一哉にも見捨てられる。。

多目的トイレ不倫騒動で謹慎中の渡部建(48)だが、25日に相方・児嶋一哉(48)が『中居正広の金曜日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
マリエの告発に出川の事務所が「事実ない」と否定→マリエ「私は嘘をつきません」と反論!

島田紳助の“枕営業”に加担していたとして、出川哲朗の名前をあげていたマ

マリエの“枕営業”暴露で出川哲朗の好感度が急落!!

島田紳助から“枕営業”を要求されていたことをインスタライブで暴露したマ

マリエが島田紳助に“枕営業”を迫られた過去を暴露!出川哲朗の名前も・・・

タレントのマリエ(33)が4日、インスタグラムのライブ配信で“島田紳助

山下智久、家族の仕事介入の真相が明らかに!!

ジャニーズ退所後は大きな仕事をドタキャンするなど、家族の仕事介入によっ

岡本圭人、Hey! Say! JUMPを脱退してもジャニーズは辞めず。。

Hey! Say! JUMPの岡本圭人(28)が、グループを正式に脱退

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑