【浜崎あゆみ】お浜さん、歌姫時代のライブ映像を無料公開するも「月日は残酷w」「何とか見られたのは、この頃まで」

公開日: : 最終更新日:2020/04/12 芸能情報 ,

コロナウイルスの感染拡大によってアーティストのライブが続々と中止となる中、エイベックスの公式ユーチューブチャンネルが所属アーティストのライブ映像を無料公開した。

出典:ツイッター

エイベックス所属のアーティストの中にはお浜さん(41)もいるが、そんなお浜が無料公開した2011年のライブ映像に「月日は残酷w」「何とか見られたのは、この頃まで」などの声が・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

「これは、2011年4月に予定されていた公演が東日本大震災で延期となり、その後、大幅に構成を変更して行われたときの動画です。本来はド派手な演出で華々しく行われるはずでしたが、自粛ムードを受け、大掛かりなセットや派手な衣装をやめ、シンプルな構成に変更されました。しかしツアーが進むにつれ、復興ムードを高めようと徐々にパフォーマンスが盛大に。最終的に浜崎らしさの出た良いステージになりましたね。アンコールでチャリティーソング『A song is born』を涙ながらに熱唱する彼女の姿に、もらい泣きするファンも続出しました」(音楽誌ライター)

期間限定の動画をチェックした人たちからは、

《こんな時期だからこそ元気になる いい映像ありがとう》
《何もかも自粛で気分も落ち込みがちだけど元気をもらった》
《お目当てのライブが中止になって落ち込んでたけど、動画見て少し気分が上がった。サンキュー》

など、感謝の声が広がっている。

しかし一方で、あまりにも当時の浜崎のパフォーマンスが圧巻だったため、現在の彼女と比較してしまう人も…。

《昔はずいぶん痩せてたなぁ。月日は残酷だわw》
《何とか見られたのは、このころまでだよね。今はもうただの太ったオバサン》
《懐かしいなぁ。昔はファン以外も感動させてたのに、いつの間にかイタイおばさんになっちゃった。引退もやむなしだろうね》

などといった酷評する声も聞こえてくる。

(以上引用 まいじつより)

スポンサードリンク



 

エイベックス所属のアーティストのライブ映像が公式チャンネルで3月5日~31日まで無料公開されており、お浜さん以外にも倖田來未やTRF、AAAなど、数多くのアーティストのライブ映像が観られるという。

お浜さんのライブ映像は2011年に開催されたライブ映像だが、ファンからは「懐かしい」「このライブは本当泣いたよ」と歓喜の声があがっていたものの、今や目も当てられないほど落ちぶれてしまったお浜さんに、ネット上では・・・

・9年前って既に落ち目だったよね。

・人間、歳には勝てない

・歳というよりこの人の場合努力不足って言葉がピッタリ。40代で綺麗で頑張ってるアーティスト多いよ。

・昔のライブ映像しか出せない時点でお察し

・昔は歌姫ってかんじだったよね。声もカスカスしちゃって、、、見てられない

・オハマさんの全盛期は2000年前後じゃないかなー、今から20年前だ。

・2000年半ばからすでに落ち目でリミックスやらベスト連発で売上誤魔化してた気が。

・おハマさんの動画公開してもネタとしてしか見れん気がする

・20年くらい前、小学生のとき本当憧れてたな…

・9年前ってもう落ちてるよね

・9年前は、既に声もスカスカで演歌みたいな歌い方で微妙だったよ。

・はるか昔からライブでは全く声出てなかったよ?あ、見た目の話かな

・なんか私の中で9年前のこの人の思い出は離婚。離婚理由に東日本大震災がーとか言ってたからね。

・離婚理由を震災のせいにした時から本当に嫌いになったわ。その後はウソばっかだし歌下手だしもう応援する理由はない 笑わせてくれ それしかお前には求めてねー

・昔から苦しそうな歌いかたで無理やり高音出してたけど 基礎ができてないと年とったらダメになるよね。

・全盛期は、2000ねん前後だよ。20年前アリーナツアー見に行った時、凄かったもん。声も良かったし、細くて小さくて孤独な歌姫設定に、ハマってたから。

・場末のスナックのママみたいな声。酒と煙草と不規則な生活と不摂生の塊みたいな人になっちゃったね。

・まさかレスラーに転身するなんて思ってなかったよ

・百歩譲ってお太りになられるのは年齢あるからまぁあれだとしてもさ、やっぱりアーティスト気取ってんならボイトレやれよと思っちゃう

・この年のライブ見に行ったけど、いつもよりシンプルな衣装やセットでメイクもナチュラルよりで可愛かった。あれから9年かぁ…大好きだった浜崎あゆみをこんなに嫌いになってるとは思わなかった。

などの意見が。

スポンサードリンク



 

近年はヒット曲はもちろん、新曲すら出さない状態で、話題になるのは歌以外のことしかないお浜さん

先日も自身のインスタで「これが本当のファイナル」という意味深なハッシュタグを付けて投稿していたが、引退を示唆するようなメッセージにも「どうぞ引退してください」「唐突に極秘出産をぶっ込んでも、思ったより構ってもらえなかったからねぇ。
あとはもう辞める辞める詐欺でつないでいくしかないよねぇ。」「引退の引き際を本当に間違った人」「引退した方がいいって言われまくってる時点で終わってる」などの厳しい声が。

出典:お浜さん インスタグラム

もはや歌手というよりは“インスタ芸人”と呼ぶのがふさわしいお浜さん

4月18日からはエイベックス会長・松浦との恋愛模様を描いた小説『M 愛すべき人がいて』のドラマ版が放送されるが、こちらもエイベックス松浦役を三浦翔平(お浜さん役は安斉かれん)が演じるということで、ネット上では「美化しすぎ」「ドラマとしてじゃなく、バラエティとして観るよ」と笑われていた。

出典:ツイッター

長瀬智也との恋愛模様ならともかく、エイベックス松浦とお浜さんの恋愛模様なんて誰も観たいと思わないだろうし、ドラマ自体も・・・

出典:ツイッター

爆死の予感しかしない。。

 

【関連記事】
【浜崎あゆみ】お浜さん “本当の終わり” と意味投稿!引退時期を逃した元歌姫に「いつものかまってちゃん」「やめるやめる詐欺」

【浜崎あゆみ】お浜さん、豪邸をバックに中国語で“おうちダンス”を披露するw

スポンサードリンク

関連記事

高畑裕太が“芸能界復帰”について語った!母・高畑淳子との現在の関係については・・・

2016年8月に“強姦致傷容疑”で逮捕。その後、不起訴となったものの所属事務所と契約解除、現在は

記事を読む

ベッキーが週刊文春に手紙を出し「不倫」を認める!このあざとい行動に・・・

ゲス川谷絵音(27)との不倫騒動により、 現在は芸能界を休業している センテンススプリン

記事を読む

自民党にクレーム殺到の今井絵理子!議員辞職のうえに古巣ライジングも怒り心頭で、芸能界からも消える!?

神戸市議会議員・橋本健(37) とのゲス不倫が発覚し、   今のところ議

記事を読む

松坂桃李のヤバイ癖が暴露されるwww

売れっ子俳優・松坂桃李(30)のヤバイ癖が暴露されてしまった笑。 出典:OurAge エ

記事を読む

後藤真希、不倫騒動から早くもインスタ再開!ドロ沼不倫裁判については・・・

今年3月に元カレとの不倫が発覚した後藤真希(33)が、休止していたインスタグラムを再開した。

記事を読む

キムタク娘・Koki,がミラノコレクションデビュー、また“ちんちくりん”な姿を披露するwww

キムタクの娘・Koki,が『シャネル』に続き、『フィラ(FILA)』のコレクションショーにモデルとし

記事を読む

東出昌大の言い訳に桐谷健太が大激怒、ドラマ撮影現場が地獄絵図に!

唐田えりかとの不倫が明らかとなった東出昌大だが、30日に桐谷健太とW主演を務めるドラマ『ケイジとケン

記事を読む

銭湯絵師・勝海麻衣、海外原作者からもパクリを指摘されて作品を削除!その後もパクリ作品が続々とみつかるwww

出典:Yahoo!ブログ イラストレーター・猫将軍の作品をパクったとして炎上中の銭湯絵師見習い

記事を読む

こりん星・小倉優子が離婚へ!夫・菊地勲はキャバクラで「女として見れないから」と大暴言!

“こりん星”からイチゴの馬車でやってきた タレント・小倉優子(33)が離婚へ!! &

記事を読む

【衝撃!】TOKIO・山口達也が“強制わいせつ”で書類送検へ!!

TOKIOの山口達也(46)が “強制わいせつ” で警視庁に書類送検されていた事が判明した!!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
上級国民・飯塚幸三、実刑判決でも収監されない可能性大!

事故の原因を車のせいにするなど、人を殺しても全く反省していない上級国民

TENNを自死に追いやった上原多香子がSNSを再開、芸能活動も本格始動か!

2017年8月から芸能活動を休止中の上原多香子(37)がツイッターを再

女性問題で活動休止中のフィッシャーズ・ぺけたん、今度は17歳女性とのスキャンダル発覚!

女性問題で活動休止中のフィッシャーズ・ぺけたん(25)だが、今度は17

復帰への布石?山下智久にお持ち帰りされた女子高生モデルが謝罪!

山下智久(35)にお持ち帰りされた女子高生モデル・マリア愛子が、書面で

強制性交罪の新井浩文、被害女性と和解成立!

2018年7月1日、派遣マッサージ店の女性従業員に性的暴行を働いたとし

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑