セクハラ報道に逆ギレの幻冬舎・箕輪厚介が今度は「申し訳ございません」と謝罪へ

公開日: : 芸能情報 ,

文集砲によって、ライター女性に不倫関係を迫っていたことが明らかになった幻冬舎の名物編集者・箕輪厚介(34)が8日、自身のツイッターを更新。一連の騒動について謝罪するとともに、テレビ出演の自粛や編集長退任を発表した。

出典:富山経済新聞

一時は「反省してない」と強気な姿勢をみせていた箕輪だが、ツイッターでは「申し訳ございません」と弱気に・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

「死にたい」と記した5月29日以来の投稿で、箕輪氏は「皆様へ」と題した書面を添付。「一連の問題で不快な思いをさせ申し訳ございません。」と謝罪、「僕自身、一般常識を欠き、傲慢な人間になっていたことを自覚し、深く反省しております。」と反省を記した。

続けて「今回の件に対する自分なりのけじめとして、テレビ番組出演等の活動を自粛致します。またニューズピックスブック編集長を退任致します。ニューズピックスブックは既刊の『東京改造計画』を最後に終了します。」と活動の自粛と編集長退任を発表。

「これまで支えてくださったみなさま、心からありがとうございました。また直接ご説明できずに申し訳ございません。いま一度自分の人生を見つめ直し、精進して参ります。」と記している。

箕輪氏は日本テレビ系情報番組「スッキリ」の火曜コメンテーターを務めており、報道直後の5月19日には出演したが、26日には出演していなかった。

(以上引用 デイリースポーツより)

スポンサードリンク



 

文春によると、2016年末ごろに箕輪の依頼でエイベックス会長・松浦勝人の自伝をライター女性・A子さんが執筆。そして、同年12月15日の深夜から翌16日夜にかけて箕輪が“家に行きたい”などとメッセージを送り、A子さんの自宅へ。

出典:文春オンライン


A子さんは「仕事の発注元である担当編集者に対して断り続けるのも負担で、結局は『仕事を手伝ってあげるだけだから』という箕輪さんの言葉を信じて」と家にあげたものの、箕輪はコタツに入って腰を落ち着けるなり「キスしませんか?」「触っていいですか」と強引に体を触ろうとしたり、不倫関係を迫ってきたという。

しかし、A子さんは箕輪の誘いに落ちることなく「無理です、もう帰ってください」と家から追い出したが、帰り際に箕輪は「じゃあ握手しませんか」と手を差し出し、これにA子さんは仕方なく握手をしてから別れたという。

そして、A子さんの自宅から帰宅したあとも箕輪「キスしたい」「ふれあいたい」などの気色悪いメッセージを送っていたという。

出典:文春オンライン

箕輪の行為に「今年読んだ中で一番酷いニュースだ。立場を利用してのセクハラと性行為の強要。醜い」「有名出版社が立場の弱い下請けをタダ働きさせた挙げ句、セクハラするって、最悪としか言いようがない。本当に不快」と批判の声が相次ぎ、今月8日にツイッターで、

「一連の問題で不快な思いをさせ申し訳ございません。僕自身、一般常識を欠き、傲慢な人間になっていたことを自覚し、深く反省しております。今回の件に対する自分なりのけじめとして、テレビ番組出演等の活動を自粛致します。またニューズピックスブック編集長を退任致します。ニューズピックスブックは既刊の「東京改造計画」を最後に終了します。これまで支えてくださったみなさま、心からありがとうございました。また直接ご説明できずに申し訳ございません。いま一度自分の人生を見つめ直し、精進して参ります。」

と謝罪文を掲載していたものの、ネット上では・・・

・そんな感じの顔

・そらそうや

・やはり見た目通りだったね

・誰か分からんがこういう奴は許せない

・謝罪しないとテレビ出られないからでしょ(笑)誰に向かっての謝罪なんだか。

・編集関係者って宣伝目的で、流行り物を無料でもらえたり、やたら持ち上げられるから、傲慢になりがち。あと元々傲慢なひとが多い。

・顔に出るね

・文春って、本当凄いな。狙いのつけ方、裏取り、そして、本人が否定する前提で第二の矢、第三の矢。勿論、違うなら違うと主張すればいいけど、少しは心当たりがあったりすれば、否定できないのだろう。

・こういう人ってテレビでやたら語る割には 自分の事になるとグダグダで消えるよね

・ホリエモンと似たような言動して酔ってんのかなと思ってたが、メッキが剥がれたようだね。オンラインサロンでの態度などにも言及してもらわないと、本当に反省とかさてるのか謎。あれだけ好き放題やらかしといて死にたいとか、調子良すぎだよね。ただの雑誌の編集だか長だかしらないけど、表に出てきちゃ駄目な人だったってことだろ。この顔写真もなかなか(笑)2度と出てこないほうが賢明ですね。

・スッキリが全く報道しないのが卑怯。出演者は、今まで散々セクハラ、パワハラを批難し、「許せない」と言い続けてきたのに、身内には黙り。本人が認めたのだから、加藤浩次、春菜は、身内を批難しない番組と自らに恥を知るべき。

・文春砲の威力恐るべし、か。まぁ自分が撒いた種だから、妥当でしょ。

・このまま引っ込むような人間ではないだろう。反省したふりで水面下では次の活動を画策してるだろう。罪なら罰を受けた後、どのように復活しようがエンターテイメントとして受け入れられるなら勝手にやればいい。

・上から圧力でもかけられた?この前と随分違う態度。心から反省してない事だけはわかるけどね。

・ハニートラップとか言って煽ってなかった?謝罪したところで本心とは思えないんだけど

・あれ?この間は開き直ってなかった?こういうの謝っても露呈した人間性が治るわけではないからないからなあ

・騒ぎになったからとりあえず謝っただけじゃん 擁護の声が多かったら謝るどころか居直ってたはず なんだかなー

・…って言えって言われたから一応謝っときますよ って顔に書いてある

・口元だらしない人は女関係もだらしないです。

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

5月20日に自身の会員制オンラインサロン『箕輪編集室』の会員に向けたライブ動画で、文春砲について「何がセクハラだよボケ。あいつが一番キチガイじゃねえか」「俺は反省してないです。ふざけんなバーカ」とまるで反省していない様子だったが、、

(以下引用)


動画は《どうも~、傷心箕輪です。いや本当に心が痛いんですけれど。今キャンピングカーでステイホームしてます。ステイキャンピングカーしてます》という発言から始まった。どうやら移動中のキャンピングカーの車内で撮影されているようだ。箕輪氏は配信の中でハイボールを飲んでいると語っているが、けっこう酔っているのか、ところどころ呂律が回っていない。

箕輪氏はまず、被害女性A子さんを「異常」だ人格を否定するような発言をした上で、自身の一連のセクハラ行為について饒舌に語りだした。

《内輪の中でいうと、徐々に相手の女性の異常性っていうのが知れ渡ってきて「さすがに箕輪さんこれでやられるのはおかしいんじゃない?」っていう話がやっとこさ出てきたんで、それはちっちゃいながらの前進かなと思うんですけれど》

《この件に関しては、僕はいいです。僕は元々ああいうメッセージを送る人間で、そういう人なんで。その人はちょっと異常な人なんですけど、僕はそういう人間なのでそれはもうしょうがないかなと。今から気をつけます。でも今から気をつけてもしょうがない。3年半前のが出るんで今から気をつけてもしょうがないんですけど、一応まあそういう人です。

だから俺もああいうメッセージを送る人間です。以上。セクハラとかは絶対しないですよ。けど、ああいう「どうなの?」みたいなジャブみたいなメッセージは送る人間ですよ》

箕輪氏が言う「ジャブみたいなメッセージ」とは、A子さんへ送った《明日Aちゃんち行きたい》《絶対変なことしないから!》などを指しているのだろう。しかし、編集者とライターという関係性のなかでのやり取りであり、この発言自体がセクシャルハラスメントに他ならない。

(中略)

A子さんへの人格否定発言、そして自身のセクハラ観を披瀝した箕輪氏は、配信の中で、さらに持論を展開していく。今回のセクハラ問題は、出版関係者を中心に非難の声が上がり大炎上したが、箕輪氏はそれを《出版人の嫉妬だよね》と断じているのだ。

《表舞台っていう処刑台なんだよ。あとは出版人の嫉妬だよね。箕輪むかつくっていう。でもこれ箕輪むかつくっていうのは、今回箕輪のセクハラ騒動で、文春砲で箕輪が黙って、3日間ぐらい何もツイートしなくていきなり「東京改造計画」ドーンってやってこんだけニュースになってめちゃめちゃ売れて、また嫉妬してるだろうね。「ふざけんなこいつ」って》

「東京改造計画」は堀江貴文氏が東京都に対して37の“緊急提言”を行うという内容だ。発売は5月30日だが、現在までにすでに5万部の重版がかかっているという。5月19日、堀江氏が東京都知事選出馬に意欲を示していると報じられたこともあり、同書は大きな注目を集めた。

《もうどうしようもないよ。実力が違いすぎるんだもん、正直。嫉妬されても申し訳ないっつーか、実力が違いすぎるんだよ》

A子さんが意を決して行った告発も、メディア関係者をはじめとする批判も、箕輪氏の心には響かなかったのだろうか。箕輪氏はこう続けるのだ。

《俺のやった罪ってそんな重くないだろ。はっきり言って。まぁしょうがないよね。でもさ、俺のやった罪って重くないって思うけど、山田孝之が沖縄行っただけであんな叩かれるんだから世の中ってクズだなって思う》

動画の最後は「箕輪編集室」のメンバーに向けての感謝で締められた。しかしそこで箕輪氏は強調するように、「反省していない」と断言するのだ。

《あの、反省してないです。気を付けます。以上。反省はしないです。忌野清志郎のことばに、「自分の手で食っていく奴が簡単に反省しちゃいけない」っていうことばがあって。俺は反省してないです。ふざけんなバーカ》

そして箕輪氏は二本の指を額に当てて、会員に《グッバイ!》と告げてライブ配信を終えた。

(以上引用 文春オンラインより)

スポンサードリンク



 

ライブ配信から一週間後、箕輪は自身が主催するオンラインサロンのFacebook非公開グループに「妻帯者でありながら、あのような行動をして、軽率であったと反省してます」などの謝罪文を掲載していたようだが、ネット上では・・・

・自分から迫っといてハニートラップとか意味わからん

・人間性が顔に出てるよ

・発言の内容でわかる。やばいやつ

・これが本音よね。後から会員に向けてだからとか色々言い訳謝罪してたみたいだけどね

・言い負かす事だけに力を注いでるイメージ。一方通行の見方しかないから違う意見を全部批判として受け止めて中傷でしかない意見を言う人のイメージ。

・トラップ?自分から行ってたのにトラップ?は?

・本当に悪くないと思うなら会員だけじゃなくてちゃんと自分の気持ち公開したらいいのに 悪くないと思うなら反論もたくさん出来るよ どこかやましい気持ちあるから会員限定でぶちまけてるんじゃないの?

・会員たちを利用してハニートラップの方向に持っていきたかったのかな。LINEとか散々証拠残ってるのに、理解に苦しむ。

・冤罪というには証拠が揃いすぎてるんじゃないかな

・既婚者が女の家に上がりたいっていう時点でアウトなのに、ハニトラとか言い訳が見苦しすぎる そんなにハニトラが怖かったのなら、そもそも家に行きたいなんてラインしなかったらよかっただけの話 自分から種をまきに行ってハニトラでしたって、誰が信じるの?嘘をつくならもっとましな嘘つけよ

などの声が。

A子さんは箕輪にセクハラされただけでなく、途中まで執筆していた松浦の自伝本の原稿料も支払われなかったようで、箕輪は反省するどころか・・・

出典:ツイッター

このまま騒動が収まるまで、裏に引っ込んでやり過ごすだけでは。。

 

【関連記事】
安田美沙子の夫・下鳥直之、2度目の不倫がバレても許されるwww

スポンサードリンク

関連記事

事務所トラブルのローラに大手事務所が“引き抜き”争奪戦!?あの芸能界のドンも!!

6月17日、自身のツイッターで “黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。  10年

記事を読む

ランウェイデビューで公開処刑のKoki, シャネルが慌てて画像修正するも、時すでに遅し・・・

出典:ツイッターより 先日、1流ブランド『シャネル』のコレクションでランウェイデビューを果たし

記事を読む

成宮寛貴が金欠すぎて“自己破産”の危機に!でもインスタでは遊びまくって楽しそうだが・・・

2016年に“コカイン吸引疑惑”をフライデーされたものの、疑惑を晴らすことなく逃げるように芸能界を引

記事を読む

【画像あり】水嶋ヒロが短髪姿を公開するも「本当に残念な人になった」の声!

出典:東京スポーツ 歌手・絢香(30)の夫で一応、俳優&小説家という水嶋ヒロ(33)が自身のイ

記事を読む

草なぎ剛がドラマ主演内定で、解散騒動からようやく明るい兆しが!その一方でキムタクは・・・

今年1月に勃発した“SMAP解散騒動”により、 キムタク VS その他のメンバーという、

記事を読む

神田沙也加と村田充の結婚パーティーでマスコミがやらかす!目にケガ、車を傷だらけに!!

4月に俳優・村田充(39)との結婚を発表した 女優・神田沙也加(30)が今月13日、

記事を読む

Koki,が等身大の姿でソフトクリームを食べる姿に「一般人なら普通に可愛い」「CHANELよりソフトクリームが合ってる」

世界的モデルを目指しているキムタクの娘・Koki,(16)が30日、自身のインスタでソフトクリームを

記事を読む

【フライデー】木村拓哉がSMAPメンバーについて語る!メンバーとの確執について「全然ない」「敵になったわけじゃない」

今月22日発売の「フライデー」に、木村拓哉(45)のロングインタビューが掲載された。 SM

記事を読む

加藤紗里と熱愛中の狩野英孝に女子大生とのLINE画像が流出w

元キャバ嬢で元窃盗犯、 加藤紗里(35)と交際中の 狩野英孝(33)。  

記事を読む

ニノと交際中の伊藤綾子、今度は“妊娠”を匂わせ!あえてカメラマンに自分を追尾させ・・・

出典:ツイッターより 「週刊文春」の恒例アンケート企画 “女が嫌いな女” では、工藤静香や松居

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
キムタクの娘・Koki,&Cocomiに500万人が釘付け!実際は「現実とのズレを感じる」「ゴリ押ししすぎてアンチが急増」

もはや職業そのものが“キムタクの娘”となっている長女・Cocomiと次

芸能界に戻ってきた木下優樹菜、予想以上の嫌われっぷりやアンチ急増に・・・

今月1日に芸能活動を再開した木下優樹菜(32)。恫喝したタピオカ店オー

手越祐也「大切なファンは絶対幸せにする」とファンクラブ開設!

6月19日にジャニーズ事務所を退所した手越祐也(32)が2日、ファンク

【タピオカ恫喝】木下優樹菜の芸能界復帰に「もうテレビで見たくない」「タピオカ店と和解せずに復帰するの?」

タピオカ店オーナーを恫喝した件で去年11月から芸能活動を自粛していた木

前田敦子と勝地涼がスピード別居!妻の感情の起伏の激しさに夫は愛想を尽かし・・・

元AKB48の前田敦子(28)が、夫・勝地涼(33)とスピード別居して

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑