お薬逮捕の田代まさし「今は欲求を簡単に抑えられる」とアピールするも、2審も有罪!

公開日: : 芸能情報

29日、覚せい剤取締法違反(所持&使用)と大麻取締法違反(所持)の罪に問われた田代まさし(63)の控訴審の判決言い渡しがあった。

出典:日刊ゲンダイ

田代の弁護側は「今は(薬物への)欲求を簡単に抑えられる」と減刑を求めていたものの、仙台高裁の秋山敬裁判長は過去の薬物使用に触れたうえで・・・

スポンサードリンク



 

田代の弁護側は「今は(薬物への)欲求を簡単に抑えられる。(治療を)続けることに意義がある」と減刑を求め、1審判決後に田代が薬物依存の入院治療を受けたこともアピールしていた。

しかし、秋山裁判長は“田代が過去に複数回の有罪判決を受けている”ことに触れたうえで「またしても違法薬物に近づいた。親和性や依存性は根深い」と語り、弁護側の減刑については「一審判決も被告の更生意欲を考慮していた。量刑が重すぎて不当とは言えない」と退けた。

結局、田代は減刑されることなく、一審の仙台地裁判決と同じ“懲役2年6月、うち懲役6月を保護観察付き執行猶予2年”として、被告側の控訴は棄却されたという。

2年は実刑で6ヶ月分が猶予刑という事らしいが、甘すぎる判決にネット上では・・・

出典:毎日新聞

・この方を見ると覚せい剤がいかに恐ろしく、人生を捻じ曲げてしまうのかという事がよくわかる。

・軽すぎる判決ですね。これだけ累犯を重ねたのですから、最高刑の懲役10年に処するべきでしょう。最高のペナルティを科すと同時に隔離された場所で完全にクスリを抜くこと。これが肝心。薬物事犯は「刑期満了後5年の保護観察&治療」というような特別措置を、法改正をしてでもやるべきでしょう。それぐらいやらないと根絶には近づかないと思います。

・執行猶予いる?ここまできたら他人に危害を加えかねない。ヤク中を野放しにされては恐怖。

・また繰り返すでしょね!歳をとってやってる方ってなかなか止めれずに出たり入ったり繰り返してますからね

・もう永久に繰り返すのがミエミエ。

・娑婆に居たいから保釈で出て、控訴してるだけだから? 刑務所は覚醒剤と窃盗がダントツに多くて彼等を長期収容すると刑務所がパンクしてしまう…2006年頃に刑務所の収容率が100%を越えてしまい法務省が苦肉の策で窃盗罪に罰金を適用したり、覚醒剤の一部執行猶予を適用して刑務所の収容率をコントロールした結果が今回の田代さんの判決にも反映してるかと思います。

・この量刑では、本人のためにならんと思う。再々犯するで。

・ヤク中の再犯者に執行猶予をつける馬鹿な裁判官がどうかしている…常識ある人なら当然隔離された生活の中でじっくりと薬を抜く作業をするべきなのにコレでは何の効果もなく田代はまた繰り返し薬に手を出すだろう…また,保護観察など名ばかりで24時間監視されているわけでは無いので抜け道はあり過ぎる。

・この人の全盛期はカッコよかった。今はメチャクチャカッコ悪い。この落差に理解できません。

・志村けんさんも草葉の陰で泣いていますよ

・毎回捕まっちゃうから、田代に売る方もリスクありそうだけど、捕まるたびに違う売人と新たに繋がってんのかな。それとも田代は、クスリの出所は言わないことに定評があるんだろうか。

・覚せい剤使用が病気などと言われて久しいが、その病気になることが罪なのです。周りから支えられて今日まで来たにも関わらず、罪の意識が全く感じられないその行動言論にはうんざりしか残りません。

・何度も何度も覚醒剤を使用してたらどんな理由であれ許されない行為。田代まさしさんは二度としないという発言をしても信用出来ない。

・薬をやめますか?人間やめますか?のキャッチフレーズが頭に響きます。クスリは一度でもやると二度と元の生活には戻れなくなります。

・何回も同じことを繰り返してるのに、一部執行猶予って……全く反省してないですね。ダメだわ。

・残念ながらこの方は更正不能だろう。白い粉を見ると、耐えきれなくなってしまうんだろうね。

・何で執行猶予なんだよこの国の司法は薬物に甘すぎて更生の機会を奪ってるんだよ。

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

6月30日に仙台高裁で控訴審初公判が行われた際は、被告人質問で田代は「志村さんの死を無駄にしない」と、恩師である志村けんが新型コロナウイルスで亡くなったことに言及していたものの、ネット上では「この人に志村けんを語って欲しくないな」「志村さんの死を利用するな」など、批判の声が殺到していた。

さらに、志村のコント番組が動画配信され、その収益が日本赤十字社に寄付されている事についても「志村さんと同じように社会貢献できていると思う」とアピールしていた田代だが、志村けんの名前をわざわざ出して減刑アピールする田代に・・・

出典:ツイッター

・もうあなたの言うことは信じられません。

・この厚かましさはなかなか…

・この人いつも口だけだからな

・これも薬のせいなのか…言葉が薄っぺらい

・だいじょうぶかぁ

・志村さんの名を公の場で口にしないでほしい 何度も何度も裏切ったんだから

・貴方はきっとまた志村さんを裏切る

・それなら亡くなる前に恩に報いたら良かったよね 亡くなったら今度は「無駄にしない」って…

・志村さんを何度も裏切ってて よくこんな事言えるね?ホントに志村さんに想いがあったんなら 生きてる内に出来たはず。 志村さんの名前借りて話題にしようとしないで!

・クスリなんかやらなきゃ大御所だったろうに。もったいない。

・チャンスもらっておきながら裏切ったのに、亡くなってから名前出すのほんと不快

・さすがに5回逮捕されてると何を言っても信じられない ここまで来た人はどうすれば抜けられるんだろうね

・こういう所が致命的にクズなんだろうね。本当に恩を感じていたら名前なんか出せないと思う。

などの声も。

一審判決後の3月~6月は、入院治療を受けていたという田代。治療後については初公判で「薬よりも大切な事があったと改めて確信した」と述べており、刑務所に入っている間は“確実に薬をやめられる”だろうが・・・

出典:ツイッター

外に出てきたあとは、またやりそうな気がする。。

 

【関連記事】
高知東生と一緒に逮捕された五十川敦子の顔写真が流出!銀座薬物コネクションも・・・

スポンサードリンク

関連記事

木村拓哉『さんタク』が視聴率5.9%の大爆死!もはやキムタクじゃ数字が取れず・・・

毎年恒例となった明石家さんまと木村拓哉のスペシャル番組『さんタク』が1月1日に放送されたものの・・・

記事を読む

ココリコ遠藤章造がゲス過ぎる!臨月妻に「生活費は自分で稼げ」と!

先月22日にTBS社員との再婚を発表した 千秋(44)の元夫で、   こ

記事を読む

高橋由美子が妻子持ち男性とゲス不倫!文春直撃にダサい言い訳をかますwww

昔は“20世紀最後の正統派アイドル”と言われていたものの、現在は当時のような面影もなく、ただのオバち

記事を読む

SMAPが解散していたら受け入れ先は田辺エージェンシーだった?

SMAP元マネージャー・飯島三智 vs ジャニーズ副社長 メリー喜多川のバトルにより...

記事を読む

【動画あり】SNH48唐安琪が喫茶店で全身火だるまに!

AKB48の姉妹グループとして、 上海を中心に活躍している 『SNH48』 のメン

記事を読む

沢尻エリカ容疑者、実は2012年から“薬物依存”を報じられていた!元夫・高城剛も「エリカの薬物依存は周知の事実」と・・・

今月16日、合成麻薬「MDMA」を所持していたとして警視庁組対5課に逮捕された沢尻エリカ(33)。

記事を読む

Hey! Say! JUMP・伊野尾慧が宇垣&三上アナの次は、宮司愛海アナをロックオン!!

“痴漢男”、“乱●男”、“元パパ”など、 今やジャニーズ1の変態グループとなった H

記事を読む

【フライデー】木村拓哉がSMAPメンバーについて語る!メンバーとの確執について「全然ない」「敵になったわけじゃない」

今月22日発売の「フライデー」に、木村拓哉(45)のロングインタビューが掲載された。 SM

記事を読む

桐谷美玲と三浦翔平が6月に結婚!しかし両事務所は「予定はありません」と完全否定し・・・

『スポーツ報知』の取材により、女優・桐谷美玲(28)と俳優・三浦翔平(29)が6月に結婚することが分

記事を読む

押切もえが「山本周五郎賞」を逃すも、すっぴん顔の方に注目が集まるwww

モデルやタレントとして活動している 押切もえ(36)は・・・最近は、 小説家としても活動

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
秋篠宮家、極秘で“民間SP”を雇っていた!!

眞子さまと小室圭の結婚問題が進展しない中、最近は次女・佳子さまの彼氏に

【動画あり】山下智久にお持ち帰りされたマリア愛子が“関係を認める”動画を投稿www

17歳の女子高生をホテルへお持ち帰りした山下智久(35)だが、お持ち帰

女子高生モデル・マリア愛子をお持ち帰りした山下智久、巻き添えを食らった亀梨和也は怒り心頭で・・・

『週刊文春』に未成年飲酒&淫行を報じられた山下智久だが、巻き添えを食ら

山下智久が未成年と淫行!このまま芸能界引退の可能性も・・・

トップアイドルの山下智久(35)に、とんでもないスキャンダルが飛び出し

小島瑠璃子とキングダム作者・原泰久の交際、実は“略奪愛”だった!?

先日発覚した小島瑠璃子(26)と漫画『キングダム』の作者・原泰久(45

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑