杏と東出昌大が「今後は協力しあう関係を」と離婚発表!

公開日: : 芸能情報 ,

離婚秒読みと言われていた(34)と東出昌大(32)だが、すでに離婚していたという。

出典:ツイッター

1日に所属事務所を通じて「今後は協力しあう関係を」と連名で離婚を発表。親権は杏が持つようで・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

直筆署名が入った報告は以下の通り。

関係者の皆様、応援してくださっている皆様

私事で大変恐縮ですが

この度、私たち夫婦は離婚いたしましたことをここにご報告させていただきます。

今後は子供達の親として成長し、協力しあう関係を築いていきたいと思います。

多くの方々にご迷惑、ご心配をおかけしてしまいましたが

どうぞ温かく見守っていただけますと幸いです

2人は13年のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で夫婦を演じたことがきっかけで交際し、15年元日に結婚した。4歳になる双子女児と2歳男児がおり、おしどり夫婦のイメージがあったが、今年1月に、東出と女優唐田えりか(22)の3年にわたる不倫が発覚、夫婦は別居していた。

(以上引用 日刊スポーツより)

スポンサードリンク



 

離婚を発表する前日には、『週刊文春』が“近く双方から正式に発表される予定”と報じていた。

同誌によると、東出は不倫報道後は単身者用のマンスリーマンションで暮らし、杏との関係修復を目指していたものの、杏の気持ちが変わることはなかったようで、、

(以下引用)


「杏さんは一度きりの不倫でも絶対に許さない性格で、はじめから離婚前提の別居だった。東出さんが家に帰りたがっても受け入れることはなく、共通の知人を介した話し合いも彼女にとっては雑談に応じたという認識だった。杏は東出サイドに早い段階から弁護士を立てるように申し入れていた」(夫妻の知人)

(以上引用 文春オンラインより)

不倫発覚後の東出といえば、出演していたCMが相次いで降板になるなど、巨額の違約金が発生する事態に。しかし、自身が出演する映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が7月23日から上映され、これに合わせて多くのテレビ番組に出演するようになった。

最近ではドラマや映画の出演オファーが来るようになり、すでに“禊”が済んだかたちになっている東出だが、離婚したについては応援の声が多い反面、やはり東出についてはネット上で・・・

・新しいスタートを応援してます。お子さんとがんばれ、杏ちゃん

・東出のことは心配してないよ 杏ちゃんがんばってね

・とりあえず良かった

・東出のこと忘れかけてたけど、離婚報道でまた東出のこと思い出して嫌いになった

・東出はほとぼりが冷めたら唐田さんと再婚しそう

・普通の感覚なら1度だって嫌だろうよw 金銭や子供の問題で仕方なく別れずの人はいるだろうが

・杏ちゃんは旦那の映画公開されるまで待っててくれたんだろうね

・東出めっちゃ普通にテレビ出てるからムカつく コンフィデンスマンがあるからだろうけど、この映画の番宣終わったらちゃんと消えてくれるのかしら?

・東出はもうテレビに出るだけで嫌悪感だから メディアにもう出てこなくなりそう 落語ディーパーからもいつの間にか消えてたし

・このところ、「アンジャッシュ」渡部建の〝多目的トイレ不倫〟や、元タレント・木下優樹菜の〝新不倫疑惑〟などで、すっかり東出の醜聞は忘れ去られていたが、離婚成立で再び東出のターンが巡ってきそうだ。

・ま、そりゃ東出くんもご家族も杏ちゃんと離婚したくなかったでしょう。彼みたいな特性の人、結婚生活そもそもうまく出来ない人で、杏ちゃんだから成り立ってたようなものだもの。そこに今更気付いても、杏ちゃんは見捨てたんだよ。見切りを付けた。絶対に離婚と言うものだけはしたくないと思った信念曲げるほど、一緒にやってけないことを感じたんでしょう。好きなのは唐田さんだったんでしょう。嘘は無い。でも『好き』と言う感情だけで夫婦やってるんじゃないんだよ。恋人とは好きだけで居るかも知れないけどね。夫婦って家族だから。家族って好き嫌いと言う一時の感情だけで居るって関係じゃないから。そこ履き違えてたり、分かっていても外に向けてちゃんと配信出来ないんじゃ、思いや考えを誤解されても仕方ないんだよ。そう言う風にちゃんと伝えられないところ、杏ちゃんも見切り付けたんじゃないかな?

・一緒にいてもお互いストレスになるし、子供3人にもいい環境じゃないから、養育費をきちんと払い続けて、離婚しても今後は女性関係で父親として子供に恥ずかしと思われないように頑張るしかない。

・杏ちゃんは子どもと一緒にすごく幸せになる。東出は不幸にはならないけど、再婚せずに細々と暮らしていけ。養育費はちゃんと払って。

・慰謝料無しにびっくり。

・3年も付き合ってたし不倫のおかげで女のイメージ失墜したし 責任感じてウッチャンみたいなパターンで数年後に結婚しそう

・イメージ最悪になった見た目だけの棒が残れるほど芸能界はチョロいのか、この先わかりますね。

・さーて、佐々木希はどうするのかね?

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

妻との関係修復を模索していた東出だが、は4月ごろには離婚を決めていたようで、関係者には「離婚しま~す」と、、

出典:ザテレビジョン

(以下引用)

「親しいキー局や地方局、広告代理店の上層部に『私、離婚しま~す!』『仕事頑張るので、これからもよろしくお願いします!』と伝えていたそうです。驚いたのはその時の彼女のテンション。吹っ切れた様子でめちゃくちゃ明るかったそうです」(テレビ局関係者)

杏はもともと〝潔癖〟ではあったが、離婚の決定打になったのが、3月に行われた東出の〝どっちが好きか〟会見だった。

東出は都内で行われた映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」のイベントに登場。囲み会見に応じ、不倫騒動を陳謝した。

ハイライトは熟女リポーター軍団から「杏さんが好きなのか、唐田さんが好きなのか、どちらですか?」とド直球でブッコまれたことだ。

東出は堅い表情のまま13秒沈黙。その上で「申し訳ございませんが、お相手のこともあるので。私の心のうちを今、ここでしゃべることは、妻を傷つけることになると思いますので」と答えた。「妻です」と即答しなかったことで、杏は「こいつ、もうダメだ…」と決心。東出に対し、離婚協議の弁護士を早く付けるよう激しくプレッシャーをかけたという。

一方、諦めきれない東出は母親に〝仲裁〟を頼んだ。舞台裏を知る人物は「都心だとマスコミにバレる危険があるので、東出さんはわざわざ埼玉県の浦和まで車を飛ばし、庶民的なラーメン店で母親と落ち合っていたそうです。そこでラーメンをすすりながら、母親に何とか杏さんとの間を取り持ってくれないか頼んでいたそうです」と話す。

まさに〝家族総出〟の復縁作戦だ。実際それは決行され、杏は東出の母親からもヨリを戻すよう懇願されたというが…。

「すでに離婚を決意していた杏さんには全く響かなかった」とは前出関係者。

(以上引用 東スポWebより)

杏に捨てられて仕事がなくなるかと思いきや、10月には映画『スパイの妻』、11月には『おらおらでひとりいぐも』と出演作の公開が控えている東出。今後も俳優として干されることはないようだが、ネット上では・・・

・杏ちゃんは、幼子3人抱えて大変だろうけど頑張ってほしいね。東出はあの演技力では俳優は厳しい。コンフィデンスマンは長澤まさみと小日向さんがいるから成立してるんであって、東出はいなくてもいい。なんなら他の俳優の方がいいと思う。

・母親に間を取り持ってくれないか頼むなんて、嫁としては余計こんな夫と一緒にいたくないと思う。

・渡部の出現で東出の存在が霞んだが、より相手を傷つける言動は東出だったよなぁ。渡部はやる事がクソ過ぎて最低であったが、まだ嘘でも、妻が大事で愛しているフリをした。しかし東出は、浮気相手と妻とどちらか、と聞かれて迷った時点で終わったね。

・メディアにリークした時点で別れる気だったのでしょう。どれだけ東出が叩かれても ずっとコメント出さなかったのは東出と唐田への報復なのでしょうから。これで良かったのではないでしょうか 別れる気が無ければ佐々木希のようにフォローコメント出すでしょうから

・大変だろうけど、杏さんのイメージには全く傷は付いていないし、好感度も高い。CMでもドラマでもいいから、元気な杏さんをまた見たい。

・1番の理想は出戻り東出、元サヤこれが良かった。お子さんが三人いるし、でも現実は離婚しそう残念だよ。そして唐田えりかに対する世間の風当たりは、この離婚を切っ掛けにますます強まりそうだな。

・杏さんもやっと公に前へと進むことができるでしょう。とはいえ、3人の子供を抱えたシングルマザーです。ご自身の両親を頼れないのは大きな痛手です。子供達の育児に教育、家事、自分の仕事もあります。いつか支え合って生きていける誠実なパートナーを早く見つけて、幸せになって欲しいです。

・背が高くてイケメンで演技は下手でも杏ちゃんを大事にして、剣道もできて…と。別に人の不倫についてあれこれは言わないけど、こないだテレビ出てたけどなんかダサくなっちゃったね。かっこ悪くしかおもえなくなった。

・会見のあの言葉が決定打かはわからないが、ありゃホントこいつ阿保だなとは思ったわ。一番誰に対して謝罪や気持ちを伝えなきゃ駄目なんか全く考えてなく、わかってもないような会見だったもんな。

・結婚生活の半分以上、唐田と不倫してたのに、夜には子供達とテレビ電話で話をさせてたって報道もあったから、修復の余地もあるのかと思ったが、あの本心は不倫相手が好きみたいな発言は、許しがたいだろうと思う。まして、これから億単位の賠償金を払わなきゃいけないのに、なんで被害者が苦労を共にしなきゃいけないんだって話だろう。

・東出さんも反省はしたのだろうけど過去の行いはけっして消せないし杏さんは不信感が拭えないだろうし…この手のトラブルはまた繰り返される可能性が高いしね、憶測になるけど 信頼関係が壊れてしまったら結婚生活は成り立たないよね 杏さんにこれを我慢しろというのはあまりにも酷だと思う 彼女の出した結論を受け入れ これから子供たちに真摯に向き合うことが東出さんに残された責任の取り方だと思う

・俳優としても、東出さんより杏さんの方が優秀。杏さんと結婚したことにより知名度も信頼度も上がったのを、自分の実力だと思って妻を裏切り続けたことは、人間としても劣ってると証明されてるかのようで今後応援できないな。素敵なご夫婦だと思ったのに。素敵だったのは杏さんで、子供達と仲良く過ごして欲しいと思う。

・記事には復縁したくて復縁大作戦を決行とか書いていますが、例の囲み取材時の態度を見ていると、そもそも本当に復縁したかったのかどうかも怪しいと思ってしまいます。

などの声が。

昔から“根っからの女好き”だったという東出。結婚後も女遊びをやめることなく、約5年半の夫婦生活の間で3年も不倫していたようだが、、

出典:ツイッター

“杏の夫”ではなく“ただの人”となった某俳優に需要はあるのか。。

 

【関連記事】
東出昌大に裏切られた杏、実母にも12億円を請求されていた!

スポンサードリンク

関連記事

【浜崎あゆみ】お浜さん“家族に関する発信控えて”と呼びかける

“お浜さん”こと浜崎あゆみ(41)が3日、自身のプライベート情報に関する注意喚起をした。 出典

記事を読む

杏と離婚読みと噂の東出昌大、関係修復のために“東出の実母”が動き出した!

唐田えりかとの不倫が明らかとなり、妻とも離婚秒読みと噂される東出昌大。現在も妻と別居生活を続けている

記事を読む

【恐怖】稲村亜美が“4000人以上”の中学球児に襲われる!

「神ピッチング」「神スイング」で知られるタレント・稲村亜美(22)が今月10日、神宮球場で開催された

記事を読む

TENNを自死に追い込んだ上原多香子、収入0円でも高級ベビーカーを物色!暮らしも高級マンションから築30年のアパートに!

去年10月、演出家・コウカズヤ(41)と“できちゃった再婚”した上原多香子(36)。 出典:O

記事を読む

独立をもくろむ真木よう子に“ある重大スキャンダル”が!?ホストと連日豪遊する姿も・・・

映画のドタキャンやクラウドファンディングで炎上するなど、精神状態も不安視されている女優・真木よう子(

記事を読む

ナイナイ岡村隆史、ハリセンボン近藤春菜、サバンナ高橋茂雄に似ているソックリさんが・・・

ハリセンボン・近藤春菜が 角野卓造に似ていることは有名だが、   ナイナ

記事を読む

KAT-TUNを脱退する田口淳之介の彼女・小嶺麗奈が妊娠?最新画像がふっくらと・・・

来春、KAT-TUNを脱退し、ジャニーズ事務所まで辞めることを 今月24日に生放送された『ベス

記事を読む

スリムクラブ内間政成、闇営業問題で妻と子供が実家に帰り“家庭崩壊”の危機!

闇営業問題で所属していた吉本興業から謹慎処分を受けていたスリムクラブだが、今月19日に謹慎が解かれる

記事を読む

華原朋美のメンタルが再び崩壊!?交際相手や家族とのトラブルで長期休養へ・・・

2012年の12月、 約5年ぶりに芸能活動を再開した 歌手・華原朋美(42)だったが

記事を読む

ゴリ推し女優・剛力彩芽&武井咲がCM起用激減で消えた・・・

かつては、オスカーのゴリ推し女優として、 来る日も来る日もTVに出ずっぱりだった、、 出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
小室圭に元婚約者「私は納得できません」と反論!

先日、24枚に渡って公表された“小室圭文書”だが、その内容に母・佳代の

マリエの暴露で出川哲朗、出演番組がゼロに!?

マリエが暴露した“島田紳助の枕営業”の中で名指し批判された出川哲朗(5

小室圭、今度は“解決金”を払うと言い出すwww

借金問題について、あれだけ逃げ回っていた小室圭だが、今度は“解決金”を

マリエの告発に出川の事務所が「事実ない」と否定→マリエ「私は嘘をつきません」と反論!

島田紳助の“枕営業”に加担していたとして、出川哲朗の名前をあげていたマ

マリエの“枕営業”暴露で出川哲朗の好感度が急落!!

島田紳助から“枕営業”を要求されていたことをインスタライブで暴露したマ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑