秋篠宮家、極秘で“民間SP”を雇っていた!!

公開日: : 社会 , ,

眞子さまと小室圭の結婚問題が進展しない中、最近は次女・佳子さまの彼氏に関する報道が相次いでいる。

出典:朝日新聞

佳子さまは結婚に向けて着々と前に進んでいるようだが、秋篠宮は極秘で“民間SP”を雇いつつ・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

佳子さまは2017年9月から約9か月間、英リーズ大学で舞台芸術を学ばれた。報道でお相手とされる男性Aさんは、佳子さまと同時期にリーズ大に留学していたという。

「皇族方が外出されるときは必ず皇宮警察の『側衛官』が護衛します。特定の男性と繰り返し会われていれば、皇宮警察が把握し、秋篠宮ご夫妻はもちろん、宮内庁関係者の耳にも入るはず。しかし、側衛官は “佳子さまが特定の男性と何度も会うことはなかった”と口を揃えているそうです。普通に考えれば、皇宮警察に把握されないで交際を続けることは不可能に近い」(皇室ジャーナリスト)

姉の眞子さま(28才)がお相手の小室圭さん(28才)と交際を始めた頃、皇宮警察はその存在を把握していた。しかし、佳子さまのお相手については、皇宮警察の誰もが把握できていないという。

イギリスでの留学中に出会ったと思われる佳子さまとAさん。異国の地という開放的な環境は、皇族方にとって特別な意味を持つという。

国内の場合、皇族方が外出する際には、前述の通り常に側衛官が付く。しかし、留学中は護衛が付かず、皇族方にとって“自由”な時間が増える。身の回りのことをすべて自分で行う新鮮さと、解放感はひとしおだろう。

「高円宮家の長女の承子さまは、英エディンバラ大学留学中だった2007年、“朝までナイトクラブに出かけられた”と報じられるなど、自由な時間を謳歌されたそうです。佳子さまの通われたリーズ大は学内にパブがあり、周辺にはナイトクラブが何軒もあります。夜には店をはしごする学生も少なくない。佳子さまがそうした店に出かけていても、おかしくないのです」(前出・皇室ジャーナリスト)

ただ、それは海の向こうでの話。帰国後は、常に護衛に見守られる生活に戻る。そうした目をかいくぐり、特定の男性と繰り返し会うのは至難の業のように思える。

ところが、“そこには抜け穴があるんです”と皇室関係者は言う。

「秋篠宮家は、皇宮警察以外に、私的に民間SPを雇われていると聞いています。もともと秋篠宮さまは皇宮警察の護衛を息苦しく感じられる方でした。眞子さまと小室さんの交際が公になった頃には、皇宮警察から情報が漏れているのではないかと疑われることがあったそうです。

そうした不信感もあって、極秘で民間の企業に護衛を頼むことで、情報漏えいを防ごうとされたのでしょう。特に眞子さまと佳子さまは、皇宮警察の護衛がかなり遠巻きに見守る中で、私的に雇った女性のSPをすぐ近くに置かれ、行動されることも少なくないそうです」

(以上引用 NEWS ポストセブンより)

スポンサードリンク



 

皇宮警察をあまり信頼していないのか?民間のSPを雇ったという秋篠宮家。しかし、民間SPを雇ったという情報も週刊誌にダダ漏れのようだが、皇宮警察は把握できていないことが多いようで。

眞子さまが小室圭と交際を始めた頃、皇宮警察は圭の存在を把握していたものの、交際報道が出た佳子さまについては、同警察の誰もが“お相手”を把握できていないという。

☆佳子さまが結婚!?お相手は“理系男子”で眞子さまと小室圭の結婚後に。。

出典:週刊女性

眞子さまや佳子さまのプライベートについては、今や皇宮警察よりも週刊誌のほうが詳しいようだが、民間SPを雇う秋篠宮家にネット上では・・・

・なぜSP?しかも極秘といいながら記事になってるし。ちゃんとした相手なのかを確認する調査員のほうが、前回に懲りてるからと頷いてしまえるけど。あ、実際はそっちだったりして。

・佳子さまの結婚相手がどんな人かより、まずは、お姉さまの結婚をどうするか決めて頂きたい。まさかここまで伸ばして結婚なんてあり得ないと思いますがきちんと発表すべきです。

・いつも警護してもらっている皇宮警察に対して、息苦しく感じるとか、情報が漏れると疑ってるとか、情報漏洩を防ぐため民間企業に護衛を頼むとか、信じがたい言葉のオンパレードですね。皇宮警察もこんな信用されてないなら護衛したくないでしょう。屈辱的だよ、民間企業より下に見られてるんだから。もう、ほっといたらいいよ。

・勿論自腹ですよね。自腹と言っても元は税金だけど。

・勿論、ある程度、自由に使える経費はあるんだろうけど、元を正せば税金ですよね??何となくしっくりこない感じで、違和感が強いです。

・皇宮警察がどうのこうのというのはおかしい、今まで守ってもらってきてるのだから、護衛に息苦しさを感じるのも分かるが、立場的には仕方がないと思う。

・SPというと小室佳代氏のアノ写真が。ドヤ顔で正に肩で風切る。おまけにボディラインが。あれ見た時、失礼ながら普通の方じゃないとの印象をうけた。勿論証拠なんてないけど、近寄って良い人なのかと不安になった。かつてあんな写真撮られた婚約内定者の親っていたかね?お金の使い方が間違ってるよ。

・さらっと書いてるけど、宮家が皇宮警察に不信感をもって民間SPを雇うって大問題だよ。それに、宮家がどうやって民間警備と契約を結ぶの、周辺にアドバイスを求め依頼した時点で反対され説得されるはずだろ、それを押し切ったのか。いい加減な記事じゃないの。

・お金を稼ぐ術がないはずなのに、自腹?

・秋篠宮家のご公務は謝礼つきのご公務がほとんどだそうです。

・皆さん、口が堅くていくらかは漏れてこないけど、天皇家以外の皆さんのお出かけには最低六ケタ、多いときは数百万、総裁職に名前貸すだけでも数百万の収入があるらしい。

・上記を受けて、だから、皇太子にはなりたくなかったのです(まあ、資質も有りませんが)。内廷皇族になると謝礼付き公務はできませんから、皇嗣などと聞いたこともない称号を作り出したのです。

・護衛を窮屈に感じるなら皇族の身分を離れてご自由に。あ、特権と贅沢だけは堪能したいのでしょうか。

・なぜ秋篠宮家の人達は自由奔放と言うか、いつも身勝手な行動をとるのだろうか。民間SPで何かしらの間違いがあったらどうするつもりだろうか。しかも、男に会うためなのか、いずれにしても自由を謳歌するために民間SPって。秋篠宮家の人達を皇室として敬うことはできません。

・天皇になれば、もっと自由が制限されますよ。自由は欲しい、天皇にもなりたい。あまり、言いたくは無いですが、お若い時から全くお変わりにならないと思います。

・「民間SP」無知な記者は安易に使うが「万引Gメン」同様可笑しな言葉遣いだ SPのPはPolice警察でありしかも警察内部でもSPは警視庁警備部警護課員のみを指し また皇族担当は警衛課という別の部署でもありと複合的に誤っている 記事中でも側衛官というSPと区別された言葉を用いてるのだからここで無理矢理にでも遣いたいのなら民間側衛官若しくは護衛官だろうし(笑) BGというのが今は通りがよいだろう

・全くその通りです。BGなんて言いますがただの警備員です。元同業者より。ドラマの見すぎですよね。

・まさか、キムタクのドラマ見て、幻想を抱いて依頼したとか?(笑)

・自分で働いて得たお金をどのように使おうとそれこそ自由です。でも国民が働いて納めた税金を使ってとなると話は違ってくると思います。失礼を承知で言わせて頂きますが、自分たちは国民に養われている身であることをもう一度、認識された方がいいと思います。何かの会合に出席された謝礼は働いて得たお金とは言えないと思います。ご結婚も問題のない人物で有るなら国民は心からの祝福を送ると思います。

・どっちにしてもこの姉妹は皇室に残る人間ではないと思う。いまのところ、どちらかといえば、さっさと出て行ってほしい方達。残ってほしい方とそうでない方がいるんだから。だから眞子様も持参金辞退して、それでもいいという小室さんなら結婚すればいいと思うだけ。残る可能性があるなら本人だけでなく、お相手の素性は重要。

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

小室問題も解決する気配がなく、国民の多くが“破談”を望むなか…なんと母・佳代の借金問題が解決に向かっているという話もあるようで、、

出典:MEWSポストセブン

(以下引用)

もっとも、小室さんの認識では借金など最初からない。佳代さんが元婚約者の男性X氏に複数回にわたって計400万円を借りたというもので、小室家の弁護士は「X氏は佳代さんとの婚約解消時に『(400万円は)返してもらうつもりはない』と言っていた」「問題は解決ずみ」とする姿勢を貫いている。一方のX氏は「私は『返さなくていい』とは言っていない」と主張しており、問題は泥沼化。世論も「まずは自力で借金を返すべき」と厳しい。

しかし「週刊文春」2020年8月13・20日号(文藝春秋)によると、借金の返済義務がなくなる“時効”が迫っている。佳代さんがX氏にお金を借りてから10年の月日が経過すれば借金は“時効”になるため、今年の11月1日以降、10年を経過したぶんから順次、返済義務がなくなるそうだ。

時効をストップさせるためにはX氏が提訴するしかない。X氏の代理人によれば小室家との話し合いは何も進んでいないそうだ。

小室圭さんと秋篠宮家の長女・眞子さまの結婚がここまでこじれ、バッシングされているのは、佳代さんの「400万の借金問題」発覚がきっかけだった。

秋篠宮家さまと紀子さまもこの借金を問題視しているという。「週刊女性」2020年8月25日号(主婦と生活社)によると、昨年1月に小室さんが「金銭トラブルは解決ずみだと認識していた」との文書を出したことに夫婦は“残念なお気持ち”になったといい、以降、眞子さまが他のお相手を探すことを望んでいたそうだ。

(以上引用 wezzyより)

借金を返すのではなく、時効を迎えて“踏み倒す”つもりのようだが、やはり小室圭との結婚そのものにネット上では、、

・恋は盲目と言うが、こればっかりは今一度、眞子様には冷静な判断で本当に小室さんと結婚して自身が幸せになれるのか、周りの皇室の方々や大袈裟な言い方をすれば、日本国民から祝福されるのかを考えてもらいたい。やはり小室さんは眞子様のお相手に相応しくないと思います。

・こんな状態で無理に一緒に(結婚)してもどちらも幸せにはなれないでしょう。特に眞子様側には何のメリットもないと思う。悪いことは言わないから破談にした方が良いのでは?

・こんな単純な金銭問題さえ片付けられない、器が小さい人物が、皇族に加わるのは理解し難いし容認できない。例えどんな事情があるにせよ、借りた物は返すのが人としての礼儀である。

・卒業したら元の事務所て働いてもらう前提で生活費を「貸与」されているのでは?その借金はどこにいってしまうんですかね~?

・眞子さん、なかなか目が覚めないけど周りの意見を聞いたり冷静に将来を考えたらいいかと。判断が遅すぎるし、早く気持ちを切り替えて自分にふさわしい人を見つけた方がいいと思う。

・小室君が、ニューヨークで勉強するのは個人の問題で、勝手に弁護士になればいい事です。問題は、怪しげな借金を返す返す必要ないなどといつまでも揉めている事で、仮に普通の家庭であったとしても、娘を嫁がせる親がどこにいるの小室君?

・小室さんは身の丈に合った一般の方と結婚した方が幸せだし周りが歓迎してくれると思う。最初から皇室の方と結婚なんて無理だったと思う。

・婚約延期から2年半、、、これだけ長い年月を過ぎてるのに小室氏からの誠意は全く伝わらない。国民誰もが小室親子のイメージが悪すぎます。時間の無駄に過ぎない。きちんと報告すべきだと思います。

・日本から逃げ出した状態で金銭問題も解決していないのに結婚とかあり得ないだろう。税金使ってるなら返せ。

・弁護士資格を取得するために勉強している立場なのに、家族が借り主とは言え金銭トラブルを抱えているなんて奇妙な状態だと思う。400万程度の金銭問題であれば本来渡米前に解決出来たと思う。あの声明文に納得したのは借り手側のみで貸し付けた側は納得していないと思う。誠意のない対応が国民にも見透かされているからこそ嫌悪感で見てしまう。結婚相手は誰でも良いわけではなく釣り合いが全てにおいて必要なのだから、何故当時、きちんと身辺調査をしなかったのか不可解でしかない。

・金銭トラブルなんだから、他から引っ張った金とは言え、そんな金あるならまず返せ!だろうね。いくら開かれたとか言ったって、皇室が嫁ぐ先がどこでもいいわけがない。どこまで遡るかもあるけど、きっちりと身体検査は必要。とにもかくにも破談あるのみ。ちゃんとした所に嫁に行くべき

・国民の反対も根強いし、この結婚話が絶望的、現実的でない、相当無理がある。とは思うけど、育て方が自由すぎる家なので、ほとぼりが冷めたと思われる頃を狙って進める可能性も十分あると思ってます。コロナが無かったら結婚発表してたとかいう記事もあったし。

などの声が。

留学費用の出どころも不明なままだが、400万円もろくに返せない圭がなぜニューヨークで勉強できるのか・・・

出典:ツイッター

不思議でならない。。

 

【関連記事】
【悲報】眞子さまが11月に“小室圭”との結婚宣言か!?

スポンサードリンク

関連記事

マツコ・デラックスがN国党・立花孝志にケンカを売った結果…立花に出待ちされる!

自身が出演する番組でN国党・立花孝志(51)を「気持ち悪い」などとディスったマツコ・デラックス(46

記事を読む

小室圭の母・佳代に“脱税疑惑”が!税務署も動き出し、ついに結婚破棄が現実のものに・・・

皇族入りを目論む小室親子だが、圭の母・佳代にとんでもない疑惑が浮上した! 出典:ツイッターより

記事を読む

宮内庁が小室圭に仕事斡旋!?眞子さまとの結婚に向けてか、それとも別の思惑が・・・

結婚延期=事実上の結婚破談と噂される秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭。 週刊誌によって圭の

記事を読む

小室圭が米国留学を満喫するなか、実家の警備は“国民の税金”で継続中!これに反対の声をあげる活動グループの動きも・・・

出典:週刊女性PRIME 弁護士資格を取得するために渡米し、現在ニューヨークの大学でキャンパス

記事を読む

【文春砲】小室圭にイジメられていた同級生が「至近距離からボールを蹴り込まれた」など怒りの告発!

小室圭にイジメを受けていたという同級生Aさんが、週刊文春の取材に「至近距離からボールを蹴り込まれた」

記事を読む

小室圭の母・佳代に“新恋人”の存在!?男性が運転する車に乗り込み、夜の闇へと・・・

息子が暮らすアメリカには渡らず、現在も日本で暮らしているという小室圭の母・佳代だが、マスコミの目を避

記事を読む

金欠加速の小室圭、学費の目処が立たず“留学中止”間近か!新たな奨学金の審査に落ちる可能性も!

ニューヨーク州の弁護士資格を取得するため、米フォーダム大学ロースクールに留学中の小室圭。 出典

記事を読む

小室圭、眞子さまとの結婚でゲットできる一時金に“減額”の可能性!秋篠宮さまは辞退も視野に・・・

出典:週刊新潮 婚約を辞退するどころか、今年8月から弁護士資格を取得するために(人の金で)アメ

記事を読む

小室圭が弁護士資格を取得するため“3年間”アメリカへ!眞子さまとの結婚については・・・

眞子さまと結婚延期中の小室圭(26)だが、彼が外出する際にはSPが付いたり、母・佳代はパートへ行

記事を読む

小室圭の文書に秋篠宮ご夫妻は大激怒も、なんと裏支援していたのは眞子さまだった!

借金問題をなかった事にするため、今月22日に小室圭は「解決済み」とする文書を一方的に公表した。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
【画像あり】Snow Man・佐久間大介が“原爆Tシャツ”を着て大炎上!

ジャニーズの人気グループ『Snow Man』の佐久間大介(28)がやら

【画像あり】ウーマン村本大輔が松田優作の長女・ゆう姫と交際wwww

ウーマンラッシュアワーの村本大輔(40)が、俳優・松田優作(享年40)

大みそか復帰の渡部建に批判殺到、芸能界引退の可能性も!

大みそかに放送される『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』で復帰す

小島瑠璃子、早くも原泰久に飽きはじめるwww

今年8月に“略奪愛”と報じられた小島瑠璃子(26)だが、早くもお相手で

山口達也がTOKIOに合流か!?活動再開に向けて・・・

2018年4月下旬に強制わいせつ容疑で書類送検され、今年9月に道交法違

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑