小室圭の母・佳代の遺族年金“不正受給”で詐欺罪が成立する可能性も?

公開日: : 最終更新日:2021/06/09 社会 ,

今年4月に『週刊文春』が報じた小室圭の母・佳代の“遺族年金詐取”疑惑。

出典:ツイッター

同誌によると、佳代は元婚約者と事実婚をしたうえで、亡くなった夫の遺族年金を受け続けようと計画していたというが、一連の犯罪行為に宮内庁関係者も関心を示しているようで・・・

スポンサードリンク



 

文春によると、佳代は婚約直後の2010年9月5日にX氏(婚約者)にメールを送っており・・・

出典:文春オンライン

「お互いの総収入+主人の遺族年金でお互いの生活を賄う事」

「その他預金や財産に関してもお互いのものとしてみなす事」

「パピーの生命保険の受取人を私にして下さる事」

「先ずは以上を実践する=事実婚をします。そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍する」

と綿密な計画を立てていたという。

佳代はX氏と事実婚をしつつ、亡夫の遺族年金をもらい続けるつもりでいたようで、一連の犯罪行為について文春は、、

(以下引用)

「遺族年金は再婚だけでなく事実婚や内縁関係になった場合でも受給資格を失うため、詐欺罪が成立する可能性があるのです。週刊現代でも以前、報じられてはいたものの、文春の記事は佳代さんが元婚約者に送ったとされるメールの画像を使って遺族年金詐欺疑惑に焦点を当てており、宮内庁関係者らも重大な関心を示しています。西村長官も本当に驚かれたことでしょう」

ある皇室担当記者はこう語る。

西村氏は警視総監にまで上り詰めたエリート警察官僚出身者で、警察内部でもテロ対策など主に警備実施部門のエキスパートとして知られたが、長崎県警と兵庫県警で詐欺事件などを取り締まる捜査2課長を歴任。警察庁刑事局でも捜査2課の課長補佐や旧国際刑事課の理事官なども務めており、刑事部門にも精通する。皇族の義母になろうとしている人物の“詐欺疑惑”に西村氏が驚愕しても不思議ではない。

「ネットに記事が出た日の翌22日、西村長官は小室さんの代理人が元婚約者に解決金を支払う意向を示したことについて、定例記者会見で『(小室さん側からの連絡が)事前にありませんでした。事後も話を聞いていない』と突っぱねる発言をされています。

小室さんが発表した佳代さんの金銭トラブルについての説明文書を『非常に丁寧に説明されている印象』と持ち上げていただけに、小室さん側から事前の根回しがなかったことに対する不信感から出た発言だったとの見方もありますが、詐欺疑惑という警察OBとして看過できない問題を前に、小室家側への対処方針を転換しようとしているとの見方もあるのです」(同前)

(以上引用 文春オンラインより)

スポンサードリンク



 

圭といえば今月23日、留学先のフォーダム大学ロースクールを修了し、今後は7月に行われるニューヨーク州の司法試験を受験する予定だという。

司法試験について文春オンラインは「小室さんは英語が堪能なうえ、3年かけて専門分野を学んでいるので、合格は確実視されています。10月に無事合格すれば、来年1月には弁護士資格が得られます」(都内の法律事務所で代表弁護士を務めるA氏)と報じていたが、母・佳代の“遺族年金詐取”疑惑もふくめてネット上では・・・

出典:フライデー

・小室佳代氏には、金銭トラブル以外にも、数多くの疑惑や、疑念が多過ぎます。遺族年金の不正受給疑惑や、反社会的勢力との関わり合い等々、、、については、本当に重大な問題であるので、宮内庁関係者の方は小室佳代氏への再度、徹底した身辺調査を行って欲しいと思います。そして、この結婚は破談に進めて行って欲しいと願っています!!

・詐欺事件担当してきたのならしっかりやってください。元婚約者の方と付き合った期間だけじゃなくてそのもっと過去も。ジャーナリストの方めちゃめちゃ調べてますよ。それこそ驚愕の事実があるかもしれませんよ 早くこの問題を終わらせたいのなら早くしっかり調査してください。

・これはもう手っ取り早くすべてを解決させるには警察や検察が強制捜査に乗り出すことです。そうすれば大義名分もできて婚約内定取り消しの方向にスムーズに動き出せます。

・遺族年金については、元婚約者へのメールや支払い実績などから、完全に黒でしょう。早急に逮捕が必要かもしれません。

・西村長官は小室さんの良き理解者のなのだから、公には突っぱねるような言動をみせながら、陰ではうまく結婚できるようにアドバイスしているんじゃないの。西村長官にとって小室さんの作文を高評価したのは尾を引きますよ。

・小室母が元婚約者に送ったメールを見る限り、確信犯だと思います。遺族年金不正受給で当局の調査が進めば、さすがに結婚どころではなくなるでしょう。そういったこともあり、不正追及を求める署名サイトが立ち上がってます。「遺族年金不正 署名」で検索すると署名サイトに行けます。

・詐欺罪の立証云々よりも、こうした問題が出てきた時点でアウトだろう。かりにも皇族と結婚しようかというお方だ。大多数の国民の賛同を得られなければ、辞退するべき。清子さまの時を比較してみれば一目瞭然。反対の声など、ほとんど聞かれなかったはずだ。

・元警視総監の宮内庁長官殿には、本件に関して全ての国民に理解できるようにきっちりと説明をしていただきたい。民事案件はともかくとして、本件が見逃されるようであれば日本は法治国家といえるのでしょうか。

・もらったのだから返金はしないと言っている小室親子、メールの内容からも年金不正受有になる。それをいつまでも黙って見過していることは国民として納得できない。しっかリ調べるべき。そしてこういう親子を皇室の一員とするのは国民は納得できない。もし結婚が成立なら皇室への不要になります。トップの方は忖度で動いていると思います。しっかり文春さんにお願いしたいです。頼りにします。

・この親子には疑惑がたくさんあります。これほど疑惑だらけのご家庭の方と結婚をさせたい親御さんいますか? 自ら身を引くべきです!

・遺族年金については本人が不正受給を指南するようなメールを送っていて、不正にあたることを認識していたのは確実で、不正受給が認定されても時効で過去2年分しか返却対象にはならないが、取り調べ案件なのは確実でしょう。皇族関連の人間であっても、不正を見逃す事があってはならない。

・火のない所には煙は起たない。そもそも皇族の一員になる一般人には、しっかりした身辺調査をしないとこう言った問題が出てくる可能性があるわけで、怠慢というしかない。グレーな人はNGにしないと今後同じ様な事柄が起こりえると思います。今回の結婚はどう考えても選択肢は破談しかないと思います。

・そもそも婚約内定者やその親族に嫌疑がかかる段階でアウトだろ?例え潔白だったとしても。普通の平民ならあり得ん話だ。それと内親王が一枚噛んだとして,法的にこうした方々は責任を追及されるべきものなのか?つまりはだ,刑事的民事的な訴追対象になるのか?前代未聞だろうから、悩ましい限りだ。

・小室親子は、正々堂々と出て説明責任等、会見すべきでしょう? 叩かれようと知ったこっちゃない。今ままで曇隠れしておいて、そのままうやむやとは世間が許さないでしょう?宮内庁も、長官も情けない。

・時効の成立、不成立に関わらず、こんな人間が皇族関係者になることはありえない。そもそも、この母親は、元婚約者を金ヅルとしか見ていなかったのだろうし、皇室も同じように、金ヅルとしか見ていないのだろう。

・次々と疑惑が噴出しているが遺族年金詐欺疑惑は国のお金を騙し取るという極めて悪質な行為だ。宮内庁長官は警察のトップまで登り詰めた人、ここはソンタクなしに充分に力を発揮して解明の努力をして頂きたい。もう1つ小室家と反社の繋がりも解明して破談に持っていて欲しい。宮内庁の値打ちもガタ落ちだが小室の悪事を解明することで挽回することを願っている。

・しっかりと警察は捜査をするべきです。反社会勢力との関わりや、周囲での多数の死者といった問題もあります。小室親子の過去の闇は深く、その闇を放置して結婚の祝福などできる訳がない!

などの意見が!!

スポンサードリンク



 

圭の母・佳代の不正受給問題については、宮内庁関係者も関心を示しているようだが、宮内庁は皇室に代わって神事や行事を代行することが仕事なため、警察のように犯罪を捜査することが許されていないという。

そして、一連の疑惑について文春は、、

(以下引用)

佳代さんと元婚約者は2010年9月に婚約し、2012年9月に婚約を解消したとされる。婚約解消からすでに8年以上が経過しており、公訴時効が7年の詐欺罪は成立しないと思われがちだ。

だが、遺族年金は事実婚や内縁関係になった場合、「失権」といって受給する権利を失い、仮に事実婚や内縁関係が解消されても受給資格は回復しない。つまり事実婚が解消されて以降も、場合によっては現在も、遺族年金を受給していれば不正受給に当たる可能性は高いのだ。

「週刊現代の報道によれば、元婚約者は『婚約したといっても、同居もせず、マンションのお互いの部屋を行き来するのも数えるほど。佳代さんとの間に肉体関係もありませんでした』と語ったといいます。生活を共にしていなかったとなると事実婚や内縁関係にあったとは言い難いのではないでしょうか。

むしろ西村長官が問題視しているとすれば、詐欺罪が成立するか否かなどではなく、『主人の遺族年金でお互いの生活を賄う』『私達の事実婚はなるべくどなたにも知られたくない』などと綴った佳代さんの遵法精神の希薄さと、同居も肉体関係もないまま『事実婚』というキーワードで男性に生活費などの援助を促すという金銭的な依存体質なのではないでしょうか」(皇室担当記者)

遺族年金では詐欺罪は成立しないにしても、皇室と縁戚関係を結ぶにふさわしいのかは、大いに疑問が残る。

(以上引用 文春オンラインより)

どう見ても皇室にふさわしいとは言えない小室一家だが、仮に眞子さまが秋篠宮家の当主となった際は、毎年数千万円が手当てとして支払われることになるようだが・・・

出典:ツイッター

こんなサイコ○スが“宮家当主の夫”となること事態がヤバイのでは。。

 

【関連記事】
小室圭に元婚約者「私は納得できません」と反論!

小室圭の母・佳代に新たな“遺族年金詐欺”疑惑が!!

スポンサードリンク

関連記事

結婚のご意思が硬い眞子さまと、小室親子の“結婚できる”というヤバイ見立て!

出典:新潮社 結婚が2020年まで延期となった眞子さま(26)と小室圭(27)。 圭の母

記事を読む

小室圭がNYでセレブ生活を満喫する一方で、引きこもり生活の母・佳代は“反社会的勢力”との繋がりを暴露される!

現在アメリカのロースクールでセレブ生活を満喫中の借金王子・小室圭。 出典:FNN.jpプライム

記事を読む

小室圭が米国留学を満喫するなか、実家の警備は“国民の税金”で継続中!これに反対の声をあげる活動グループの動きも・・・

出典:週刊女性PRIME 弁護士資格を取得するために渡米し、現在ニューヨークの大学でキャンパス

記事を読む

不倫議員・今井絵理子が完全復活!#心機一転とSNSに投稿も「冗談はアゴだけにして」

去年7月に橋本健(37)元議員との不倫が発覚した不倫議員・今井絵理子(34)が今月9日・・・

記事を読む

小室圭にベタ惚れの眞子さま、とうとう自分の部屋に閉じこもり「公務に出たくない」と仰る!

眞子さまとの結婚が延期となる中でも、小室圭は辞退するどころか、結婚する気満々だという。 し

記事を読む

宮内庁長官が小室圭に最後通告!借金問題は母親の元婚約者が“返金諦め”

秋篠宮家の長女・眞子さま(29)の結婚問題について、宮内庁の西村泰彦長官(65)がお相手である小室圭

記事を読む

小室圭の警備費は秋篠宮家が出していた!それでも皇族に関する費用は全て国民の税金ですが・・・

借金問題を一切解決しないまま、国際弁護士の資格を取得するためにアメリカへ旅立った小室圭(27)。

記事を読む

小室圭、眞子さまとの結婚を諦めず“ある方法”で一発逆転を狙いに行く可能性が!?

出典:日本経済新聞 電子版 眞子さま(26)との結婚が延期となり、このまま小室圭(27)がみず

記事を読む

小室圭のアメリカ留学に母の元婚約者「やっぱり貯金があったのでは」と語る!

出典:女性自身 先日、弁護士資格を取るために3年間アメリカに留学することが判明した小室圭。

記事を読む

小室圭、新型コロナによって“結婚声明”が幻となるwwww

出典:zakzak 眞子さまと一緒になる気満々の小室圭がなんと、結婚について“前向き”な声明を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
小室圭、納采の儀の費用も“秋篠宮家”に負担させようとしていた!!

5月に米フォーダム大学ロースクールを卒業した小室圭だが、2018年3月

キムタク娘・Koki,が女優&主演デビューかwww

キムタクの娘でモデルのKoki,(18)が、女優デビューを果たすという

妻と離婚協議中のELT伊藤一朗、金銭や宗教問題を暴露される!

2011年に一般女性と結婚したEvery Little Thingのギ

【浜崎あゆみ】お浜さんがインスタで「99%ズタボロになっても」とポエムを披露するも、「とりあえず歌とダンスがズタボロなのは知ってる」と笑われてしまうww

元歌姫のお浜さん(42)が9日、自身のインスタでポエムを投稿した。

【DV逮捕】熊田曜子の夫が反撃開始!

熊田曜子への暴行容疑で逮捕された夫・A氏(38)が、週刊誌のインタビュ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑