KAT-TUN脱退の田口淳之介が気象予報士に?小嶺麗奈とは・・・

先月24日に日テレで生放送された音楽番組

『ベストアーティスト!2015』

にて…来春に「KAT-TUN」脱退し、

 

さらにジャニーズ事務所までも退社することを

電撃発表した田口淳之介(30)。

出典:pbs.twimg.com

 

脱退理由については、色々な噂がある中でも

実は・・・2年前から将来を考えてか?

“気象予報士の勉強”

田口はしていたというが。。

スポンサードリンク

 

(以下引用)

来年は、KAT-TUN結成10周年。

そんな記念イヤーについてメンバー同士で話し合っていくなか、

田口から「同じ方向を向いて進めない」との申し出があったという。

 

「10周年イヤーを濃密なものにすべく、

 メンバーは今春から真剣に意見を出し合ってきました。

 そのなかで

 『来年は個人よりもグループでの活動を優先していこう』

 という方針になったそうです。

 みんながそれに同意していましたが、

 田口さんだけに温度差があった。

 そして、このころから彼が一人でいることが増えていたようです」

(テレビ局関係者)

 

そんな田口の脱退をとどまらせるべく、

メンバーは何度も説得を試みた。

 

なかでも亀梨和也(29)は

《なぜ今なのか。情けなく、悔しい気持ちです》

と苦悩がにじむコメントするほど、

必死にグループ維持に奔走してきたという。

 

KAT-TUNの離脱はこれで3人目。

 

10年に赤西仁(31)が脱退し、

13年には田中聖(30)が解雇されている。

 

それでも残されたメンバーがバラバラにならなかったのは、

この亀梨の存在があればこそだった。

 

「KAT-TUNは、嵐のようにメンバー同士が仲良く

 結束してきたグループではありません。

 何度も何度も衝突を繰り返し、

 そのなかで絆を固めてきたんです。

 その度にメンバーを繋ぎ止めたのは、

 亀梨さんでした。

 赤西さんのときも田中さんのときも、

 亀梨さんがひそかに関係各所を訪れて、

 お詫びに回っていたんです。

 神妙な顔つきで謝罪する彼の姿は、

 見ていてつらいものがありました」

(前出・テレビ局関係者)

 

実際、11月26日にも亀梨はファンの聖地

『ジャニーズファミリークラブ』を訪れている。

 

そこでファンに深々と頭を下げ、

真剣な表情で1人1人と握手を交わしていたという。

 

「田口さんは俳優としての評価も高く、

 『今後もいろんな役に挑戦したい』

 と目を輝かせていました。

 それに彼は2年ほど前から

 気象予報士の勉強をしていたんです。

 本気で資格を取って、

 次の新しい人生計画に役立てたいと考えていました。

 つまり彼はグループより

 『自分の夢を目指したい』

 という思いが強かった。

 その違いが“訣別”へとつながったのでしょう。

 彼はここ数年ずっと考えていて、

 悩んだ末に出した結論なのでしょう。

 だからこそメンバーも田口さんを説得しきれませんでした」

(前出・テレビ局関係者)

 

そして田口にとってもうひとつ

人生計画に大きく関わっていたのが、

 

07年に交際が発覚した女優・小嶺麗奈(35)の存在だ。

 

「田口さんは、小嶺さんを仕事場にも

 呼ぶことがあるくらいの親密ぶりでした。

 ある雨が降った撮影日には小嶺さんが傘を持ってきて

 現場で待っていて、

 2人仲良く相合傘で帰っていったこともありました。

 仕事場でも堂々と恋人との仲を見せていたため、

 周囲を顧みないその態度にメンバーもあ然としていました」

(前出・芸能関係者)

 

そして今年4月、本誌は2人の同棲現場をスクープしている。

 

2人の“愛の巣”にはなんと小峰の母親も

同居しているという“マスオさん同棲”状態。

 

田口小嶺との花見デートの際もこの母親を同伴させるなど、

すっかり打ち解けているようだった。

 

小嶺を知る別の芸能関係者は言う。

 

「小嶺さんは、この4年ほど女優の仕事はしていません。

 東京都内でオーガニックのコスメや食品、

 パワーストーンなどを売る

 ヒーリングサロンを経営していましたが、

 今年6月に閉店。

 すでに店舗があったところには

 別のテナントが入っています。

 小嶺さんはブログも更新しておらず、

 すっかり“雲隠れ”状態です。

 しかし新規の客は取っていませんが、

 実は現在も顧客を対象に

 完全予約制で営業を続けているようです。

 田口さんもジャニーズ退社後は

 手伝うのではないかという噂もあります」

 

小嶺田口より5つ年上の35歳。出産を考えれば、

そろそろ田口に最終決断を求めてもおかしくない年齢。

 

2人はいま、どうしているのか。

 

近況を取材すべく、本誌は半年ぶりに再び同棲先へと向かった。

だが彼らが住んでいた都内のマンションの部屋は、もぬけの殻

 

カーテンも外されており、誰もいないことは明らかだった。

 

近所の住人はこう語る。

「今年は何度か引っ越しトラックが停まっているのを見ましたが、

 最近では夏の終わりごろだったかな。

 この前見たら郵便ポストもいっぱいになっていたので、

 1カ月ぐらい前だと思います。

 気がついたら引っ越しされていて、

 本当に忽然と消えたという感じでした」

 

小峰やその母親と決意の“極秘転居”。

 

決別宣言の前に、田口は新生活を初めていたのだ。

メンバーと袂を分かち、

田口が歩み出そうとしているのは茨の道か、それとも――。

(以上引用 女性自身より)

 

仮に気象予報士になれたとしても、

ジャニーズを辞めてしまっては…他の大手事務所には所属できない気もするが。。

 

さらに交際中の小嶺麗奈に対してもジャニーズ事務所からは

“別れるように!”

と何度も注意されていたという田口

 

実は小嶺の背後関係が…とってもキナ臭いようで、、

大人なのに係わらず、今だに不良という…関●連合との。。

↓ ↓ ↓ *画像クリックで拡大

出典:livedoor.4.blogimg.jp

 

“半裸”で近所を徘徊している奇行っぷりも

目撃されている田口の彼女。。

 

“半裸”“不良”といえば、元KAT-TUNの

出典:funip.jp

 

田中聖クンが圧倒的にNO.1ですが。。

スポンサードリンク

関連記事

SMAPが紅白歌合戦を卒業か!?司会も中居正広ではなく、木村拓哉という衝撃!!

今年1月に起きたSMAP解散騒動が、 今だに尾を引く中。   早くも

記事を読む

SMAP中居正広に新展開!?秋には単独で“独立”する噂が・・・

SMAPリーダー・中居正広(43)に 新展開がっ!!   今年始めに起き

記事を読む

ノンスタ・井上裕介、当て逃げにより“ポジティブキャラ終了”へ!飲酒運転疑惑については・・・

お笑いコンビ、NON STYLE・井上裕介(36)が 当て逃げをした!!  

記事を読む

高畑淳子&裕太親子が「告白本」を出版!?親バカ懺悔本として・・・

強姦致傷容疑で逮捕されるも、 敏腕弁護士によって示談が成立!   不起訴

記事を読む

浜崎あゆみが2度目の離婚www10歳下の米国人ヒモ夫を捨て、日本に軸足を戻すものの。。

今や歌手というより・・・ お笑い芸人色の強い浜崎あゆみ(37)が、 2度目の離婚を発

記事を読む

センテンススプリング ベッキー不倫にTV&広告関係者も大激怒!

不倫の代償はとてつもなく大きかったようで、 CM降板はもちろん、、  

記事を読む

元SMAP・中居正広が振付師・武田舞香と6年愛!!

元SMAPのリーダー・中居正広(44)に 熱愛が発覚した!!   熱

記事を読む

『SMAP×SMAP』の冷え切った収録現場!キムタクだけ盛り上がる→他のメンバー「・・・」

今年いっぱいで解散するSMAPだが、 解散に合わせ、1996年から放送スタートした

記事を読む

狩野英孝のサイボーグ彼女・加藤紗里が年齢詐称で炎上www

川本真琴のツイッター発言が きっかけとなり、、   狩野英孝の彼女として

記事を読む

嵐・二宮和也と熱愛を報じられた伊藤綾子が“嵐のニュース”を読み上げ大炎上!

今年7月に、嵐・二宮和也(33)との 交際が報じられた・・・ 伊藤綾子(35)アナウ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
事務所をクビになった山本裕典の副業、六本木で“キャバクラ経営”していた!!

今月21日、 所属していた事務所を突然クビになった 俳

コカイン疑惑の成宮寛貴が年内復帰!?まずは舞台に出演し・・・

去年12月にフライデーに “コカイン吸引疑惑” を報じられ

尿潤こと松本潤。井上真央&葵つかさと2股継続しつつ、CAと風呂付き個室合コン!!

去年、「週刊文春」によって 女優・井上真央(30)だけでなく、

YouTuber・はじめしゃちょーが2股発覚で謝罪するも、3股・・・4股まで発覚www

日本一のYouTuber・はじめしゃちょー(24)に、 先日

山本裕典が“契約違反”で所属事務所との契約解除!!ある副業が原因で・・・

芸能事務所である 『エヴァーグリーン・エンタテイメント』

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑