SMAP解散回避するもキムタク以外は活動自粛の方向へ?

公開日: : 芸能情報 , ,

昨日、フジテレビで放送された

『SMAP×SMAP』

に生出演し、

出典:ringosya.jp

 

“解散しない”とはハッキリ明言しないまま、

 

(以下引用)

木村拓哉
先週から、われわれSMAPのことで世間をお騒がせしました。
そしてたくさんの方々に、たくさんのご心配とご迷惑をおかけしました。
このままだとSMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、
今日は自分たち5人がしっかり顔を揃えて、
みなさんに報告することがなによりも大切だと思いましたので、
本当に勝手だったんですが、このような時間をいただきました。

 

稲垣吾郎
このたびは僕たちのことでお騒がせしてしまったこと、
申し訳なく思っております。
これからの自分たちの姿を見ていただき、
応援していただけるように、精一杯頑張っていきますので、
これからもよろしくお願いします。

 

香取慎吾
本当にたくさんの方々に心配をかけてしまい、
不安にさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。
みなさまといっしょに、また今日からいっぱい笑顔を
作っていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

中居正広
今回の件で、SMAPがどれだけみなさんに
支えていただいているのかということを、
あらためて強く感じました。
本当に申し訳ございませんでした。
これからもよろしくお願いいたします。

 

草なぎ剛
みなさんの言葉で気づいたこともたくさんありました。
本当に感謝しています。
今回ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、
いま僕らはここに立てています。
5人でここに集まれたことを安心しています。

 

木村拓哉
最後に、これから自分たちは、なにがあっても前を見て、
ただ前を見て進みたいと思いますので、
みなさん、よろしくお願いいたします。

(以上引用 フジテレビ『SMAP×SMAP』2016年1月18日放送より)

 

と、なんとも煮え切らないコメントをしており。。

 

さらに10月以降は…キムタク以外の

中居正広香取慎吾草なぎ剛稲垣吾郎は、

活動自粛の方向で動いているという!

 

(以下引用)

分裂・解散の危機を乗り越え、この日までに

メンバー5人全員がジャニーズ事務所に残ることで合意した。

 

中居正広(43)ら独立を決意していた4人がこの日、

ジャニー喜多川社長や、

激怒していたメリー喜多川副社長に謝罪し、

残留を承諾された。

 

しかし、騒動を引き起こした責任から、

秋のテレビ改編期の10月以降、

 

一時的に活動を自粛する可能性もありそうだ。

 

5人の中央に陣取った木村拓哉(43)が、

硬い表情のまま3分近くにわたるメンバーの

あいさつを締めくくった。

 

ただ一人、最初から残留を決めていた。

 

「自分たちは何があっても前を見て、

 ただ前を見て進みたいと思います」

とカメラの向こうのファンに言葉を向けた。

 

「解散」「存続」―。

明確な言葉を使うことはなかった。

 

だが事実上、5人での再出発の宣言だ。

 

冒頭、木村はこの数日の苦悩を明かした。

「このままだとSMAPが空中分解になりかねない。

 自分たち5人が顔をそろえて皆さんに報告することが

 何より大切だと思ったので、このような時間をいただいた」

 

これに続いて、一時は独立を考えた4人が次々と謝罪。

 

中居

「今回の件で、SMAPがどれだけみなさんに

 支えていただいているのかを改めて強く感じた。

 本当に申し訳ありませんでした」

 

日本だけでなく世界中のファンを

騒動に巻き込んだことを深く反省した。

 

国民的グループの大騒動は、

最悪の事態を免れる形で収束することになった。

 

この日までにグループ存続が合意した。

17日夜に木村が映画撮影を終えて京都から帰京し、

その足で4人と合流し、事務所幹部らと話し合いを行った。

 

「独立組」の4人は直接、ジャニー喜多川社長、

メリー副社長に謝罪。

 

草ナギ剛(41)は

「ジャニーさんに謝る機会を木村くんがつくってくれた。

 5人でここに集まれたことを安心しています」

と感謝の思いを明かした。

 

騒動の発端は“育ての親”の

女性マネジャーとメリー副社長の対立だ。

 

「過去にも何度か解散の話は出ていたけど、

 看板を残したまま続けていくことで話がまとまっていた。

 マネジャーが責任を取れば済むこと」

と事務所関係者。

 

女性マネジャーは12日に関連会社役員を辞任し、

事務所も間もなく退社する。

 

また世論も後押しとなり、ジャニー、メリー両氏が

最終的に5人が事務所に残っての存続を認めた。

 

ただ、これだけの騒動を招いた責任は、4人にもある。

 

テレビ局関係者は

「“裏切り行為”があったわけだから、

 何らかのペナルティーがないと、

 木村さんや他のタレントに示しがつかない」

という。

 

「謹慎」ではないにせよ、

一定期間の活動自粛を強いられることは避けられない。

 

木村以外が活動自粛となれば、

SMAPとしては事実上の活動休止となる。

 

中居を筆頭に4人の仕事は多岐にわたる。

各局が4月に行う大型改編も、すでに動き出している。

 

10月の大型改編に向け、スポンサーなどの

関係者を含めた協議が行われることになりそうだ。

 

現在のSMAPの契約は9月いっぱい。

 

そのタイミングで放送20周年の

“スマスマ”に区切りをつけるなど、

何らかの形で再出発をすることになる。

 

苦難は待ち受けているが、

「何があっても」

5人で力を合わせて乗り越えていく。

(以上引用 スポーツ報知より)

スポンサードリンク



 

SMAP全員が揃って放送された

謝罪会見についてもネット上では、

などの意見が!

 

なぜか?キムタク以外のメンバーが悪者にされ、

挙げ句の果てに…会見で訳の分からない謝罪をされられ。。

 

メリー喜多川がいる

ジャニーズ事務所はやっぱり…

出典:zamasu.jp

 

ゲスの極みだ!!

スポンサードリンク

関連記事

ベッキーがすでに金スマのロケ収録で「仕事復帰」していたw

ゲス川谷絵音の離婚により、 今月末には芸能界復帰するのでは? と噂されているベッキー(3

記事を読む

未成年飲酒の小山慶一郎がnews every降板へ!番組スポンサーからも「ニュースの顔にふさわしくない」

出典:ツイッターより 未成年飲酒騒動によって『news every.』への出演を休止している小

記事を読む

中島裕翔を食べた吉田羊に映画界が“吉田外し”の動きに!

先日、Hey! Say! JUMPのメンバー 中島裕翔(22)との22歳年の差、 “7日

記事を読む

能年玲奈が「のん」に改名するも、おさる→モンキッキーと同レベルだとwww

今や“ブログ芸人”と化していた・・・ 元女優・能年玲奈(23)が本日、 『のん』

記事を読む

バイアグラの話しかしない松居一代に重大疑惑が浮上!週刊文春は松居の嘘を・・・

夫・船越英一郎に対し、 “全面戦争はじまりますよ” と宣戦布告をした・・・ 松

記事を読む

上原多香子が『浅見光彦シリーズ』にヒロイン役で出演し、大炎上!「よく表出れるよなあ」「禊は済んでない」

みずからの不倫によって夫・TENNを自死へと追いやった上原多香子(35)が、3月29日に放送されたサ

記事を読む

極楽とんぼ・加藤浩次がレーシック手術に失敗か!?再手術を希望するも“ある問題”が・・・

極楽とんぼ・加藤浩次(48)が レーシック手術を受けるも、 “視力が悪化” し

記事を読む

ホラッチョ川上こと、ショーンKの経歴詐称っぷりが酷いwww

ベッキー&ゲス川谷絵音の不倫をスクープした 『週刊文春』がまたもや爆弾ネタを投下ッ!!

記事を読む

狩野英孝の彼女・加藤紗里がキャバ嬢時代に窃盗していた!?

狩野英孝のサイボーグ彼女、 加藤紗里(35)の痛さや、 化けの皮がドンドン剥がれていく中

記事を読む

長友佑都と平愛梨が交際&近く結婚へ!妊娠報道については・・・

今月2日、サッカーのセリエA、 インテルナツィオナーレ・ミラノに所属する 長友佑都(29

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ざわちんが誕生日直前に『Youth』のタトゥーを公開するも「ダサイ」「youtubeにみえた」と失笑の嵐www

出典:テレビドガッチ ものまねメークが実は“加工メイク”だったこ

【悲惨】浜崎あゆみの新アルバム『TROUBLE』が初動2万枚割れ!

出典:お浜さん インスタグラムより 今月15日に浜崎あゆみの新ア

小室圭の警備費は秋篠宮家が出していた!それでも皇族に関する費用は全て国民の税金ですが・・・

借金問題を一切解決しないまま、国際弁護士の資格を取得するためにアメリカ

坂口杏里がトンズラした店に出戻りwwwホス狂いも再開、多額の借金をまた作り・・・

出典:ツイッターより 落ちるとこまで落ちている坂口杏里(27)が

NEWSの15周年記念ライブ、ファンのマナー違反により地獄絵図と化す!

4人いるメンバーのうち、増田貴久以外は全員問題児の『NEWS』。

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑