SMAP解散騒動にジャニーズJr.の男性マネジャーXの存在が!飯島三智をハメ・・・

公開日: : 芸能情報 , ,

SMAP解散は回避されたものの、これにより…

ますます中居正広(43)+3人のメンバーと、

1人だけ独立しない判断をした木村拓哉(43)の間には、

 

深い溝が生じているというが。。

 

しかしマスコミは、この騒動の全ての原因は

ジャニーズ独立を画策したSMAP育ての親である

元マネジャー・飯島三智(58)としている中、、

 

実は、飯島氏を追い込んだのは・・・別の人物で、

“ジャニーズJr.の男性マネジャーX”

が元凶と。。

 

(以下引用)

「すべてはジャニーズJr.の

 男性マネジャーX氏の仕掛け」

とこの事情通は証言。

 

いったいI女史はどうやって

「クーデターの首謀者」

に仕立て上げられたというのか。

 

「昨年1月の週刊文春でのメリーさんの

 インタビューがきっかけで

 Iさんが独立を考えたことに

 なっているんでしょうが、

 そうじゃないんです。

 確かにあのタイミングで、

 Iさんがメンバーに進退について

 打診したのですが、

 あのときのメリーさんの真意は

 『派閥なんて言うな!』

 という忠告なんです。

 その真意が伝わったこともあって

 派閥対立は一度は収まったんです。

 実際、その後にSMAPと嵐が

 一緒に出るような特番もできた

 ほどですからね」

とは事務所内部をよく知る関係者だ。

 

同誌インタビューで

ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長(89)は、

娘の藤島ジュリー景子副社長(49)と

I女史の対立や派閥の存在を否定。

 

I女史を呼びつけ

「対立するならSMAPを連れていって

 出て行ってもらう」

と言い切った。

 

その後に訪れた平穏を打ち破る存在が、

ジャニーズJr.(ジュニア)をまとめる

マネジャーX氏だったという。

 

I女史とも懇意にしていた人物だ。

 

「一部週刊誌にも

 『えこひいきがひどくて、

  仕事の分配にも私情を挟む』

 などと悪評を書かれたことがある人物だ。

 昨年6月に結成されたジュニアのユニット

 『Mr.King vs Mr.Prince(キンプリ)』

 もオレが作ったんだ!!と豪語している。

 そのX氏が

 『独立するから、新事務所に来ないか』

 とキンプリの一部のメンバーや

 ジュニアの阿部顕嵐(あべ・あらん)なんかに

 声をかけたなんて話もあった。

 彼らがその話をまともに聞いてたかは

 分かりませんがね」(同)

 

そんな動きが、ジャニー喜多川社長(84)や

メリー氏の耳に入らぬわけがない。

 

当然ながら

「不穏な動きアリ」

となり、事情聴取が行われた。

 

「その際にX氏は

 『自分は悪くない。Iさんが

  いざというときのために、

  ジュニアにも声をかけていた』

 と、

 むしろ自分も被害者だと言いだしたんです。

 ジャニーさんもメリーさんも、

 X氏が1人で独立を言いだせるほど

 力を持っているとは思っていない。

 陰に誰かいるかも?と考えていたから、

 なおさら疑惑の目はIさんに向けられた。

 実際、IさんもX氏を通じて

 ジュニアに接触していた

 という話もあるんですが、

 独立計画とは程遠いものだった」(同)

 

これにジャニー社長やメリー氏が、

「(I女史は)また(派閥や独立の話を)

 蒸し返すつもりか!」

とキレたのは言うまでもない。

 

「最後はX氏がIさんに

 『2人が怒っている。もうダメだ』

 と伝えたこともあって、

 Iさんも出て行くしかないと

 決断せざるを得なかったんです」(同)

 

結果、SMAPも進退を決断せざるを得なくなったという。

 

「なぜ木村さんだけ残る1対4になったのか

 というと週刊文春のインタビューの際、

 Iさんがメンバーに意思確認をしたんですが、

 そのとき木村さんだけがジャニーズに残る

 という判断をしていた。

 そのことをメリーさんは知っていたから、

 木村さんだけは残ったんです」

 

その後、I女史は自身の人脈をたどり、

他の芸能プロへ

「社長とメリー副社長の怒りを

 収めるにはどうしたらいいか」

と相談に走ったが、

 

逆にその動きがいつの間にか

“独立への行動”

とみなされたという。

 

「あとは報道されているように、

 ジャニーさんに頭を下げさせるように

 木村さんが間に入ったのでしょうが、

 中居さんは納得してないって

 顔してましたよね。

 当たり前です。何もしてないのに

 一方的にクビ同然の扱いをされた

 という認識でしょうから。

 なんで謝るの?という思いは強いはず」

 

日本中を巻き込む大騒動は、

X氏という人物の独立画策によって、

その引き金が引かれたというのだ。

 

メリー氏にとってはI女史を排除できたのだから、

結果オーライなのかもしれない。

 

だが、あるテレビ局関係者は

「なんだかんだ言ってもCMや

 テレビの仕事を取ってきていたのはI女史。

 その人が抜けるんですから、

 SMAPはもちろんのこと、

 ジャニーズ事務所そのものが

 どうなるかって不安もありますよ」

と指摘する。

 

I女史は騒動の首謀者ではなく、

ある意味で被害者だったのかもしれない。

(以上引用 東スポWEBより)

スポンサードリンク



 

このくだらない身内争いの結果、

今月21日に放送された

『SMAP×SMAP』にて、

メンバー全員が生出演し…

よく分からない謝罪をさせられていたが。。

 

飯島三智氏が事務所を去った中、

まだまだネット上では、、

などの声が!!

 

“芸能界を引退させられた”カタチになった飯島氏。

今後は、とあるIT企業の社外取締役になるのでは?

という話や、幼稚園経営本人は興味がある。

などの話もあり…メリー喜多川が死●あとや

ジャニーズ事務所の弱体化を見越して、

 

今のうちに次世代アイドルを育てておくのも良いかも知れない。。

 

スポンサードリンク

関連記事

SMAP元マネージャー・飯島三智氏がジャニーズ事務所と紛争!?退職金や詫び状をめぐり・・・

今年1月に起きたSMAP解散騒動。   SMAP全員と共にジャニーズ事務所を退

記事を読む

ざわちんが篠原涼子のものまねメイクを“本人の横”で披露も「全然似てない」「顔のデカさが違う」

お得意の加工が通用しない場では、恐ろしいほどクオリティの低いものまねメイクを披露しているざわちん(2

記事を読む

後藤久美子が“迷走中の娘”のために女優復帰!夫との離婚の噂も・・・

出典:CHUNICHI Web 1990年代に「国民的美少女」として絶大な人気を誇っていたとい

記事を読む

激太りした姿と180度違うざわちんの姿に「誰ですか?」「恥ずかしくないの?」とドン引きされるwww

出典:ツイッターより 加工芸人のざわちん(26)が、また笑われてしまった。 2日にブログ

記事を読む

ベッキーと川谷絵音の不倫騒動に週刊文春が“芸能人生命が終了するほど”の記事を投下か!?

まだまだ終息する気配がない、 出典:elle-dk.com   べッキー

記事を読む

AKB成人式に集まったファンのマナー悪すぎ!!ゴミポイ捨て、さざれ石に乗るなど・・・

AKB48グループの新成人メンバー による成人式が今月9日、 東京・神田明神にて行われた

記事を読む

マギーと横山健の“ゲス不倫”をTVは一切報じず!!袴田吉彦の不倫は取りあげ・・・

今月13日、タレント・マギー(24)と、 パンクバンド「Hi-STANDARD」の ギタ

記事を読む

ZOZO社長と交際中の剛力彩芽、武井咲の影響で“妊活”にまい進か!?

出典:毎日キレイ ZOZO社長・前澤友作(42)と交際中の剛力彩芽(26)だが、もはや女優業は

記事を読む

福山雅治がタレントイメージ調査で下位に転落!この悲惨な状況でもハリウッド進出で“世界の福山”を目指す!?

出典:music-lounge.jp ビデオリサーチ社が発表した『テレビタレントイメージ201

記事を読む

お浜さん(浜崎あゆみ)がインスタで「音楽は最強のケンカ相手」と投稿、案の定笑われるwww

出典:ツイッターより 現在はコメディアンとして、自身のインスタで大爆笑を巻き起こしている“お浜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
スリムクラブ内間政成、闇営業問題で妻と子供が実家に帰り“家庭崩壊”の危機!

闇営業問題で所属していた吉本興業から謹慎処分を受けていたスリムクラブだ

高畑裕太が母・淳子が見守る中で俳優復帰!集まった報道陣に対しては・・・

今月16日に上演された舞台『さよなら西湖クン』で、ついに高畑裕太(25

【浜崎あゆみ】お浜さん40歳、炒飯を食べる時も“彼とお揃いのシャツ”を着てアピールするwww

元歌姫の“お浜さん”こと浜崎あゆみ(40)が12日、本業のインスタグラ

インスタでデート報告した坂口杏里の姿に「なんて顔だっ!」「夢に出てきそう」と恐怖を感じる人が続出!

元タレントで現役風○嬢の坂口杏里(28)が、自身のインスタでデートに出

モラハラ疑惑の松岡修造、東京五輪リポーター追放の危機!

2020年の東京五輪でもリポーターとして活躍が期待されている“日本一ア

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑