【ゲスの極み乙武】乙武洋匡の妻・仁美夫人の謝罪コメントが失敗した理由!

公開日: : 社会, 芸能情報

“ゲスの極み乙武”こと、
乙武洋匡
乙武洋匡(39)の不倫が次々に発覚!

 

本人的には不倫を謳歌していたようだが、

その代償は大きかったようで、、

 

夏の参院選にて、自民党から出馬する予定

だったが・・・こちらは見送られることにw

 

さらに今月24日、自身の公式サイトにて

不倫に対する謝罪コメントを発表したものの、

 

そこではなぜか?

“妻・仁美夫人の謝罪コメント”

まで出すという異常な行動に出た乙武洋匡。。

 

しかし、謝罪コメント作戦

失敗に終わり。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

3月24日発売の「週刊新潮」が、

『五体不満足』の著者で作家の

 

乙武洋匡(39)氏の不倫を報じた。

 

記事によると、

乙武氏は昨年12月末から年始にかけて、

女優の黒木華に似た20代後半女性と、

北アフリカ・チュニジアやパリなどを訪れたという。

 

乙武氏は、不倫関係を認めたうえで

「やんちゃな遊び方をしていた

 時期があります」

とし、

 

この女性だけにとどまらず、

5人の女性との関係を告白している。

 

乙武氏は、母校・早稲田大学の

後輩女性と結婚しており、

現在3人の子供がいる良きパパで、

誠実でクリーンなイメージが定着していた。

 

そのイメージを武器に、

今年夏の参院選に自民党から

出馬予定とみられていたが、

 

今週行なわれる予定だった

出馬会見が急遽見送りになった

とも報じられており、

 

出馬断念に追い込まれる可能性が高い。

 

24日、乙武氏は公式サイトに

「『週刊新潮』の報道について」

というタイトルで、コメントを発表。

 

乙武氏本人にとどまらず、

なんと、乙武氏の夫人のコメントまで

掲載されたことが物議を醸している。

 

乙武氏は、謝罪の言葉に続けて

「報道された私の行いは、

 これまで支えてきてくれた妻と、

 私を慕ってくださっている方々を

 裏切る行為…」

 

「失った信頼を回復するのは

 決してたやすいことではありませんが、

 いま一度、自分を見つめ直し、

 家族と向き合っていく所存です」

などと記している。

 

一方、夫人

「このような事態を招いたことについては、

 妻である私にも責任の一端がある

 と感じております」

 

「3人の子どもたちのためにも、

 あらためて夫婦ともに歩んでいくことを

 強く決心致しました」

 

「本人はもちろん、

 私も深く反省しております」

とコメント。

 

異例の夫婦による謝罪コメントには、

どのような思惑が隠されていたのか。

 

乙武氏に近しい業界関係者が語る。

 

「夫人が乙武氏を責めずに

 『許している』

 『自分にも責任の一端がある』

 とすれば、

 乙武氏の不倫騒動が

 早々に鎮火すると見込んでいた。

 しかし“書面のみ”のコメントでは、

 真意が見えない上に、

 憶測は深まるばかり。

 業界内では

 『閣僚の妻を意識しているのでは』

 や、出馬が危ぶまれた今

 『政治界への強い未練では』

 などの見方が強い」

 

最近では、歌手の石井竜也氏(56)に

不倫疑惑が持ち上がった際に、

 

妻と手をつないでマスコミの前に登場

したことが騒動の収束にも繋がったように、

不倫報道時には妻の対応も重要視されている。

 

ではなぜ乙武氏の妻のコメントには

批判が集まるのか。

 

前出の関係者は語る。

 

「以前、浜田雅功(52)さんの不倫騒動時に、

 妻でタレントの小川菜摘(53)さんの対応が

 賞賛を浴びました。

 あれはコメント内容にととどまらず、

 妻の顔が即座に浮かんだからできたこと。

 今回、姿も知らない乙武さんの奥さんが

 “書面のみ”で謝罪したことは、

 やらされている感が拭えず

 腑に落ちない視聴者がほとんど。

 結果的に作戦は失敗だった」

 

妻の書面のみによる謝罪が、

火に油を注ぐ結果となった乙武氏の不倫騒動。

 

自民党の宮崎謙介前衆院議員の

『ゲス不倫』

が発覚した直後だけに、

 

乙武氏の公認は厳しという見方は強い。

 

乙武氏の誕生日前日、

4月5日に都内ホテルで

誕生パーティが催される予定だが、

 

果たして乙武氏は何を語るのだろうか。

(以上引用 デイリーニュースオンラインより)

スポンサードリンク



 

妻に謝罪をさせ、

こちらも先日…不倫が発覚した
石井竜也 マリーザ
カールスモーキー石井と同じような作戦で

事態を終息させようとしたのか乙武洋匡。。

 

しかし、この乙武作戦について

ネット上では、、

などの意見が!!

 

さらに乙武洋匡謝罪文の署名

妻・仁美氏の署名文字が、、

↓ ↓ ↓ *画像クリックで拡大
乙武洋匡&仁美
似すぎており。。

 

『武』という漢字の間違い箇所や

妻・仁美氏の『美』という字が

 

自分の名前なのに係わらず

書き順を間違えておりw

 

そして本日、

新たな情報が判明したようで、、

 

不倫相手自身の事務所

住まわせていたと。。

 

(以下引用)

「乙武さんはトレイや

 身の回りの世話をしてくれるスタッフを

 必ず同行させているのですが、

 不倫関係にあった女性も

 そのひとりと聞いています。

 しかも家賃無料で事務所に住ませて

 身の回りの世話を

 してもらっていたようですが、

 夜の相手もさせていたようですね。

 ちなみに、2013年5月に

 銀座のイタリアンで店主とトラブルを

 起こした騒動があったじゃないですか。

 そのとき乙武さんに同行して

 トラブルに巻き込まれた女性こそ、

 その事務所に住んでいる

 愛人女性だったそうです。

 これに関する詳細はすべて

 今週の文春に掲載されるそうですよ」

(以上引用 バズプラスニュースより)

 

ゲスではなく、

“クズの極み乙武”

乙武洋匡!!

 

まだまだ彼が

“下半身大満足”

した不倫ネタは・・・
乙武洋匡 不倫天国
たくさんあるだろう。。

スポンサードリンク

関連記事

ノンスタ・井上裕介、当て逃げにより“ポジティブキャラ終了”へ!飲酒運転疑惑については・・・

お笑いコンビ、NON STYLE・井上裕介(36)が 当て逃げをした!!  

記事を読む

同棲中の佐々木希と渡部建が「デキ婚」!?渡部の“ネット見ろ!”が現実のものに・・・

一時は“破局”との噂もあった佐々木希(28)と アンジャッシュ・渡部建(44)だが、、

記事を読む

小栗旬の“2億5千万円”大豪邸でご近所トラブル!騒音に次ぐ騒音で・・・

2012年に山田優(32)と結婚し、 今から2年前ほど前に都内の一等地にて、 50坪を超

記事を読む

ゲス川谷絵音の元妻がベッキーに抗議文を送る→実際は騒動の終焉文だった!?

今月13日にTBSで放送された『金スマ』にて、 芸能界復帰を果たしたベッキー(32)。

記事を読む

ベッキーに多額の損害賠償でもゲス川谷絵音は無傷な件!

今月13日に『金スマ』にて、 早くも芸能界復帰を果たした ベッキー(32)。 &n

記事を読む

成宮寛貴の引退騒動にグレート・サスケが参戦!!息子への淫行疑惑について・・・

12月9日に“芸能界引退”を発表した、 成宮寛貴(34)。   ★詳

記事を読む

ベッキー所属のサンミュージックがファンキー加藤&三遊亭円楽の不倫に逆ギレ!?

ベッキー(32)の不倫騒動に続き、 今年はファンキー加藤(37)や 66歳の三遊亭円

記事を読む

「SMAP解散しない」報道は、木村拓哉を守るためのジャニーズ側の情報操作だった!?

今年いっぱいで解散するSMAPだが・・・ 今月7日に突如、 「SMAP解散がなくなる

記事を読む

二股報道のHey! Say! JUMP伊野尾慧、今度はプライベート写真が大量流出www永野芽郁との2ショット写真や・・・

先日、「週刊文春」のスクープにより、 TBS・宇垣美里アナ(25)と フジテレビ・三上真

記事を読む

高畑淳子の息子・高畑裕太が40代女性に性的暴行→逮捕される!!

名女優・高畑淳子(61)の長男で、 タレント&俳優として活動していた 高畑裕太(22

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
NEWS小山慶一郎、元カノ・太田希望との“水着2ショット写真”流出www

先日、元カノと現カノの存在が 同時に明らかとなった・・・

事務所をクビになった山本裕典の副業、六本木で“キャバクラ経営”していた!!

今月21日、 所属していた事務所を突然クビになった 俳

コカイン疑惑の成宮寛貴が年内復帰!?まずは舞台に出演し・・・

去年12月にフライデーに “コカイン吸引疑惑” を報じられ

尿潤こと松本潤。井上真央&葵つかさと2股継続しつつ、CAと風呂付き個室合コン!!

去年、「週刊文春」によって 女優・井上真央(30)だけでなく、

YouTuber・はじめしゃちょーが2股発覚で謝罪するも、3股・・・4股まで発覚www

日本一のYouTuber・はじめしゃちょー(24)に、 先日

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑