【ゲスの極み乙武】乙武洋匡の妻・仁美夫人の謝罪コメントが失敗した理由!

公開日: : 社会, 芸能情報

“ゲスの極み乙武”こと、
乙武洋匡
乙武洋匡(39)の不倫が次々に発覚!

 

本人的には不倫を謳歌していたようだが、

その代償は大きかったようで、、

 

夏の参院選にて、自民党から出馬する予定

だったが・・・こちらは見送られることにw

 

さらに今月24日、自身の公式サイトにて

不倫に対する謝罪コメントを発表したものの、

 

そこではなぜか?

“妻・仁美夫人の謝罪コメント”

まで出すという異常な行動に出た乙武洋匡。。

 

しかし、謝罪コメント作戦

失敗に終わり。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

3月24日発売の「週刊新潮」が、

『五体不満足』の著者で作家の

 

乙武洋匡(39)氏の不倫を報じた。

 

記事によると、

乙武氏は昨年12月末から年始にかけて、

女優の黒木華に似た20代後半女性と、

北アフリカ・チュニジアやパリなどを訪れたという。

 

乙武氏は、不倫関係を認めたうえで

「やんちゃな遊び方をしていた

 時期があります」

とし、

 

この女性だけにとどまらず、

5人の女性との関係を告白している。

 

乙武氏は、母校・早稲田大学の

後輩女性と結婚しており、

現在3人の子供がいる良きパパで、

誠実でクリーンなイメージが定着していた。

 

そのイメージを武器に、

今年夏の参院選に自民党から

出馬予定とみられていたが、

 

今週行なわれる予定だった

出馬会見が急遽見送りになった

とも報じられており、

 

出馬断念に追い込まれる可能性が高い。

 

24日、乙武氏は公式サイトに

「『週刊新潮』の報道について」

というタイトルで、コメントを発表。

 

乙武氏本人にとどまらず、

なんと、乙武氏の夫人のコメントまで

掲載されたことが物議を醸している。

 

乙武氏は、謝罪の言葉に続けて

「報道された私の行いは、

 これまで支えてきてくれた妻と、

 私を慕ってくださっている方々を

 裏切る行為…」

 

「失った信頼を回復するのは

 決してたやすいことではありませんが、

 いま一度、自分を見つめ直し、

 家族と向き合っていく所存です」

などと記している。

 

一方、夫人

「このような事態を招いたことについては、

 妻である私にも責任の一端がある

 と感じております」

 

「3人の子どもたちのためにも、

 あらためて夫婦ともに歩んでいくことを

 強く決心致しました」

 

「本人はもちろん、

 私も深く反省しております」

とコメント。

 

異例の夫婦による謝罪コメントには、

どのような思惑が隠されていたのか。

 

乙武氏に近しい業界関係者が語る。

 

「夫人が乙武氏を責めずに

 『許している』

 『自分にも責任の一端がある』

 とすれば、

 乙武氏の不倫騒動が

 早々に鎮火すると見込んでいた。

 しかし“書面のみ”のコメントでは、

 真意が見えない上に、

 憶測は深まるばかり。

 業界内では

 『閣僚の妻を意識しているのでは』

 や、出馬が危ぶまれた今

 『政治界への強い未練では』

 などの見方が強い」

 

最近では、歌手の石井竜也氏(56)に

不倫疑惑が持ち上がった際に、

 

妻と手をつないでマスコミの前に登場

したことが騒動の収束にも繋がったように、

不倫報道時には妻の対応も重要視されている。

 

ではなぜ乙武氏の妻のコメントには

批判が集まるのか。

 

前出の関係者は語る。

 

「以前、浜田雅功(52)さんの不倫騒動時に、

 妻でタレントの小川菜摘(53)さんの対応が

 賞賛を浴びました。

 あれはコメント内容にととどまらず、

 妻の顔が即座に浮かんだからできたこと。

 今回、姿も知らない乙武さんの奥さんが

 “書面のみ”で謝罪したことは、

 やらされている感が拭えず

 腑に落ちない視聴者がほとんど。

 結果的に作戦は失敗だった」

 

妻の書面のみによる謝罪が、

火に油を注ぐ結果となった乙武氏の不倫騒動。

 

自民党の宮崎謙介前衆院議員の

『ゲス不倫』

が発覚した直後だけに、

 

乙武氏の公認は厳しという見方は強い。

 

乙武氏の誕生日前日、

4月5日に都内ホテルで

誕生パーティが催される予定だが、

 

果たして乙武氏は何を語るのだろうか。

(以上引用 デイリーニュースオンラインより)

スポンサードリンク



 

妻に謝罪をさせ、

こちらも先日…不倫が発覚した
石井竜也 マリーザ
カールスモーキー石井と同じような作戦で

事態を終息させようとしたのか乙武洋匡。。

 

しかし、この乙武作戦について

ネット上では、、

などの意見が!!

 

さらに乙武洋匡謝罪文の署名

妻・仁美氏の署名文字が、、

↓ ↓ ↓ *画像クリックで拡大
乙武洋匡&仁美
似すぎており。。

 

『武』という漢字の間違い箇所や

妻・仁美氏の『美』という字が

 

自分の名前なのに係わらず

書き順を間違えておりw

 

そして本日、

新たな情報が判明したようで、、

 

不倫相手自身の事務所

住まわせていたと。。

 

(以下引用)

「乙武さんはトレイや

 身の回りの世話をしてくれるスタッフを

 必ず同行させているのですが、

 不倫関係にあった女性も

 そのひとりと聞いています。

 しかも家賃無料で事務所に住ませて

 身の回りの世話を

 してもらっていたようですが、

 夜の相手もさせていたようですね。

 ちなみに、2013年5月に

 銀座のイタリアンで店主とトラブルを

 起こした騒動があったじゃないですか。

 そのとき乙武さんに同行して

 トラブルに巻き込まれた女性こそ、

 その事務所に住んでいる

 愛人女性だったそうです。

 これに関する詳細はすべて

 今週の文春に掲載されるそうですよ」

(以上引用 バズプラスニュースより)

 

ゲスではなく、

“クズの極み乙武”

乙武洋匡!!

 

まだまだ彼が

“下半身大満足”

した不倫ネタは・・・
乙武洋匡 不倫天国
たくさんあるだろう。。

スポンサードリンク

関連記事

清水富美加が大川隆法の長男・宏洋の妻に?千眼美子として芸能活動再開した彼女は・・・

今年2月、宗教団体『幸福の科学』に出家し、 現在は“千眼美子(せんげんよしこ)”として、

記事を読む

有村架純の姉・新井ゆうこが本名「有村藍里」に戻し、露骨な“便乗商法”を展開!!

女優・有村架純(24)には・・・ グラビアアイドルをしている姉がいるが、  

記事を読む

【画像あり】タモリにゲス不倫が発覚!お相手は『ドクターX』の脚本を手掛ける中園ミホ!

芸能界の大御所・タモリ(72)にゲス不倫が発覚した!! 出典:朝日新聞デジタル お相手は

記事を読む

ホラッチョ女優・広瀬すずが新CMでまた“ホラ”を吹くwww

たびたび嘘をつく、 “ホラッチョ女優”こと広瀬すず(19)が・・・ またホラを吹いた

記事を読む

成宮寛貴がインスタ再開したのは“金欠”が理由か!?新ビジネスもうまくいかず・・・

去年12月、コカイン疑惑報道により突如、芸能界を逃げるように引退した成宮寛貴(35)。 引

記事を読む

絵本作家「のぶみ」の経歴詐称&盗作ぶりが酷い!!

“だいすけお兄さん”こと横山だいすけ(34)が歌う『あたし おかあさんだから』が物議を醸すなか、この

記事を読む

ベッキー激やせ報道も、すぐにウソがバレるw

CM降板、レギュラー出演している TV番組もどんどん出演が見合わされ、  

記事を読む

江夏詩織とゲス不倫のRIP SLYME・SU、またも音楽イベント欠席でダサすぎるwwww

4月7日発売の「フライデー」にて、 22歳年下モデルとのゲス不倫をスクープされた R

記事を読む

高島礼子が高知東生と離婚!“だめんず好き”な高島だったが・・・

先日、覚せい剤取締法&大麻取締法違反で 逮捕された“高知東生”こと、 大崎丈二(51

記事を読む

“強制わいせつ”で逮捕の青木玄徳、後援者女性にも見放され俳優人生終了へ。

先日、路上で女性に抱きつき胸を触り、さらに首や腰にケガを負わしたとして“強制わいせつ致傷容疑”で逮捕

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
キムタクが歌手として“ソロ活動”開始!そごうのキャンペーンで往年のクリスマスソングを披露するも・・・

出典:シネマトゥデイ キムタク(45)がそごう・西武デパートのク

インスタ芸人お浜さん(浜崎あゆみ)、とうとうファンからも「隠居したほうが…」と言われてしまう!

出典:お浜さん インスタグラムより 現在、ライブツアー『ayum

原爆TシャツでMステ出禁となった『防弾少年団』、紅白出場も白紙に!

出典:ツイッターより 原爆投下の写真がプリントされたTシャツをメ

【画像あり】小室圭のチャラさ全開 “パリピ写真” が流出!

出典:週刊女性PRIME 今だに眞子さまと結婚する気満々の小室圭

【文春砲】人気番組『イッテQ!』にやらせ疑惑!ウソの祭りをでっち上げ・・・

出典:ザテレビジョン 日本テレビで放送中の人気番組『世界の果てま

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑