ベッキーに早くも復帰の話が出るも、サンミュージックからはマネージャーが次々退社!?

公開日: : 芸能情報

ゲス川谷絵音との不倫発覚により、
ベッキー 川谷絵音
現在は芸能界を休業中のベッキー(32)。

 

先日も各関係者に

ベッキー自身が手書きで手紙を送り、

 

あくまでゲス川谷とは友達だった!

と主張していたようだが。。

 

そんなベッキーに、

早くも復帰の話が出ているという。

 

夏には復帰するのでは?

との噂もある中でも、、

 

彼女が所属している事務所、

『サンミュージック』

からは・・・

 

優秀なマネージャー次々退社しているという。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

“ゲス不倫”騒動で休業中の

タレント・ベッキーに、

 

テレビ各局で復帰の話が出始めている。

 

「そろそろ解禁らしい」

「ブッキングの話あるみたいね」

 

テレビマンたちにとって、

彼女の復帰は“おいしい”話だけあって、

歓迎ムードが広がっているようだ。

 

「ベッキーさん本人は

 かなりの批判を受けるでしょうが、

 テレビ側からすれば、

 復帰当初の出演は数字(視聴率)

 的においしいところ。

 発表すれば、メディアが勝手に

 番組宣伝してくれるので、

 競って出演させようという

 動きが出始めています。

 あの矢口真里でも、

 復帰時の注目は高かったですし。

 ただ、復帰する・しないは

 あくまで事務所の判断で、

 事務所がゴーサインを出すのなら動く、

 というところです」

(某局バラエティ番組担当ディレクター)

 

その所属事務所であるサンミュージックは、

ベッキーのスキャンダルによる

CMなどへの違約金と、

 

休業したことで収入減となるダブルの損失で

経営危機にあるといわれているが、

 

当のサンミュージック社員の

携帯電話を鳴らすと、

 

意外なことがわかった。

 

「実は……3月末で会社を辞めたんですよ。

 テレビやスポーツ紙の特に関係が

 深かった方々に挨拶したのは4月上旬で、

 事後報告でした。

 本来なら辞める前に

 挨拶するべきだったのですが、

 会社に変なウワサが立っても

 申し訳なかったので……」

 

“元社員”となった男性は、

同社に長く在籍。

 

有名タレントの現場マネジャーを

務めたこともある有能なスタッフだったが、

 

突然の退社理由を聞くと

「それは勘弁してください」

とノーコメント。

 

「ただ、辞めるのは私だけじゃないです。

 本心を言えば、

 サンミュージックを離れたくなかった。

 芸能プロにしては珍しく温厚な人が多く、

 とても風通しのいい会社ですからね」

(同)

 

意味深に心境を語った元社員の言う通り、

その後に探ったところでは、

 

騒動後、

同社所属のアイドルグループの

女性マネジャーら複数のスタッフが、

立て続けに退社。

 

みな一様にその理由については

口を閉ざしているようだが、

経営難のウワサと関係があるのなら、

人件費を削るための、

 

解雇同然の退職だったのだろうか?

 

仮にそこまで経営が切迫しているというのなら、

前述のベッキー復帰話はテレビ界の手招きだけでなく、

事務所としても早期に動きたいところだろう。

 

前出テレビディレクターにも

この話をすると

 

「確かに顔見知りのサンミュージック社員が、

 何人も辞めたことは聞きました。

 でも、もともと人の出入りが多いのが

 この業界なので、ベッキー問題と

 関係あるのかはわからないです」

(同)

 

いずれにせよ、

抜けた穴が大きすぎるベッキーだが、

 

問題の不倫についてはいまだ認めておらず、

そこが矢口と違ってスッキリしない状態。

 

サンミュージックはかつて

桜田淳子が抜けると松田聖子が、

 

岡田有希子が抜けると酒井法子が登場するなど、

次世代のニューフェイスがブレークした

伝説がいくつもあり、

 

古い芸能関係者からは

「ベッキーの穴をベッキー復帰で埋めるより、

 新しいスターを推したほうがいい」

という声も聞かれる。

 

老舗芸能プロの采配は、いかに……。

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

仮に復帰できたとしてもベッキーは、

あくまでゲス川谷とは友達で・・・

押し通すであろうが。。

 

さらにベッキーの復帰については、

9月復帰説もあったといい。。

 

(以下引用)

実はテレビ界で

密かに話題となっていたのが

 

ベッキーの復帰計画。

 

毎年8月にハワイでロケを行い、

9月に放送する

「有吉の夏休み」(フジテレビ系)

内での復帰が

 

ほぼ決まっていたというのだが……。

 

「実はベッキーを“姉貴”と慕う

 カンニング竹山が土下座までして

 有吉に頼み込んでキャスティングが成立

 したといわれています。

 竹山だってベッキーが事務所に欠かせない

 存在ということはわかっている。

 『何とかして復帰させないと

  事務所がもたない』

 というのが竹山の口癖で、

 情に流されないタイプの有吉も

 竹山の懇願にうなずくしかなかったそうです」

(事情通)

 

そんな折に矢口の騒動――。

 

運悪くベッキー起用にも再び

モノ言いがついてしまったというわけだ。

 

今や立場の弱いフジが

スポンサーの要望を断るだけの

体力は残っていない。

 

結局、

見送るしかなかったということだろう。

 

ベッキーの復帰時期はいつか。

年内は難しいのか。

(以上引用 日刊ゲンダイより)

 

先日の矢口真里が出演した

日清食品・カップヌードル

のテレビCMもお蔵入りになり。。

 

☆詳しい経緯は → ココから

 

ベッキーが復帰するとしたら、

やはり・・・同じ“不倫芸人”である

矢口真里何かやらかすしかないだろう。。

 

そして、ベッキー矢口真里

プロデュースできるのは、

 

つんく♂ではなく・・・

 

こちらも先日、不倫が発覚した

“不倫ミュージシャン”である、、
カール♂
カール♂しかいないだろう。。

スポンサードリンク

関連記事

能年玲奈が「のん」に改名するも、おさる→モンキッキーと同レベルだとwww

今や“ブログ芸人”と化していた・・・ 元女優・能年玲奈(23)が本日、 『のん』

記事を読む

ゲス川谷絵音、ほのかりん以外にも「未成年少女」をマンションに・・・

ほのかりん(20)が未成年のときに 飲酒させたとして、 自身がボーカルを務める

記事を読む

2000万円のベッキー人形製作に“無駄遣い”の声が・・・

ハーフタレント枠でも もはや賞味期限が切れつつある、 出典:1min-geinou.co

記事を読む

スマスマが3月で終了する?SMAP解散のキーマン飯島三智の行方が・・・

今年の9月までSMAPの契約期間は続くという中、 ジャニーズ事務所からはまだ正式な発表がない

記事を読む

益若つばさがデザイン盗作!謝罪するもツイートを削除→泣いてスタッフのせいに!!

今月16日にデザイン盗作を指摘され、 ツイッターで謝罪した益若つばさ(31)。 &n

記事を読む

『SMAP×SMAP』の後番組、フット後藤の『ズレ→オチ』に!!すでにコケる臭いしか・・・

年内で放送が終了する『SMAP×SMAP』だが、 後番組については・・・ “後輩ジャニー

記事を読む

加護亜依の再婚相手は元チーマーだった!?「トップJ」という武闘派集団で関東連合とも・・・

今月8日に美容関係の会社を経営している 一般男性と再婚を発表した、 加護亜依(28)

記事を読む

松居一代が“船越の別宅”の真相を暴露!大宮エリーが原因として恥ずかしい手紙&シールを公開!!

まだまだ暴走がおさまる気配がない、 松居一代(60)。   先日から

記事を読む

ベッキーが週刊文春に手紙を出し「不倫」を認める!このあざとい行動に・・・

ゲス川谷絵音(27)との不倫騒動により、 現在は芸能界を休業している センテンススプリン

記事を読む

SMAP全員でのCM出演も終わり、ファンクラブ会報も届かず、中居正広も・・・

今年最初に起きたSMAP解散騒動から、 スマスマ生放送での屈辱的な謝罪会見をし、 一応、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
防弾少年団に続きTWICEも“キノコ雲”や“慰安婦Tシャツ”とやりたい放題だった!!

出典:ツイッターより 原爆Tシャツを着ていたことが発覚し、出場内

坂口杏里が芸能界復帰に向けて断髪&歌披露も「でも需要ないよね」とバッサリwww

元タレントで、現在は風俗嬢として働いている坂口杏里(27)が芸能界復帰

Hey! Say! JUMP 岡本圭人、やっぱり留学先でも夜遊び三昧だったwww

出典:ツイッターより 芸能活動を休止し、現在はアメリカの名門演劇

【悲報】画像加工が雑になったお浜さん(浜崎あゆみ)、ドアが歪みすぎて加工モロバレ!

出典:ツイッターより 自分を細くみせる加工をして、毎回笑われてい

キムタクが歌手として“ソロ活動”開始!そごうのキャンペーンで往年のクリスマスソングを披露するも・・・

出典:シネマトゥデイ キムタク(45)がそごう・西武デパートのク

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑