ベッキーがゲス川谷絵音・元妻と面会した一部始終!

公開日: : 芸能情報 ,

先日、「金スマ」にて芸能界復帰を果たした

センテンススプリング・ベッキー(32)。

 

しかし、放送された内容でベッキーは、

ゲス川谷絵音・元妻への謝罪はすでに済んだ!

と言っていたが、

 

実は、彼女元妻にした謝罪の段階ではすでに、

今回放送された「金スマ」の収録は終わっており。。

 

またもやベッキーの愚行に対し、

“順番が違う!”

との批判が上がる中、、

 

ゲス川谷絵音との不倫をスッパ抜いた

『週刊文春』が、

 

元妻への面会の一部始終を

またしてもスッパ抜いており・・・。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

5月2日の夕暮れ時。

都心の公園を見下ろす法律事務所の一室に、

ベージュのワンピースに身を包んだ

 

ベッキーが姿を現した。

 

深々と頭を下げてから部屋に入ると、

硬い表情のまま、

 

すでに到着していた女性と向き合った。

 

その女性とは、ゲスの極み乙女。の

ボーカル・川谷絵音と離婚が成立した

元妻・A子さんである。

 

部屋にはベッキーA子さんの他に、

ベッキーの所属事務所

「サンミュージックプロダクション」

の顧問弁護士、

 

川谷の所属事務所

「スペースシャワーミュージック」

の顧問弁護士2名、

 

そしてA子さんの弁護士の

計4名が立ち会っていた。

 

ベッキーにとって、

果たさなければならなかった

“不倫相手の妻”

への謝罪の場がようやく実現した瞬間だった。

 

この謝罪が実現した経緯とは。

 

川谷の将来を憂うある音楽関係者が話す。

「当時、A子さんは不倫の事実に

 当然ながらショックを受けていて、

 まともに食べ物も受け付けない状態でした。

 とてもベッキーと向き合えるような

 状態ではなかった。

 大体、その後に離婚の元凶ともなった

 夫の不倫相手と一対一で会いたいと

 思うわけがなく、

 面会を拒否していたのです。

 ベッキーは事務所を通じて

 A子さんへ謝罪の手紙も送っていたのですが、

 受け取りを拒否されていました。

 その後、川谷も交えた三者で会う

 という案が出て、

 A子さんもその気になったそうですが、

 ベッキー側が断った。

 A子さん側からすれば、

 まさか謝罪に条件を付けられるとは

 思っていなかったので、

 余計ショックを受けたそうです」

 

A子さんへの謝罪は実現までに

長い時間がかかると思われていた。

 

だが、その突破口を開いたのが、

ベッキー週刊文春に寄せた手紙である。

 

手紙全文が掲載された4月27日当日、

事態は急展開を見せる。

 

「A子さんの弁護士から、

 謝罪のための面会日を知らせる連絡が

 サンミュージックに入ったのです。

 というのも謝罪の問題とは別に、

 川谷とA子さんの間では

 離婚協議の話が進んでいました。

 それがまとまる目処がつき、

 A子さんとしても一連の問題の区切りとして、

 ベッキーの謝罪を受けてもいい、

 という気持ちに至ったようです。

 そして5月2日、

 スペースシャワーの顧問弁護士の事務所で、

 やっとベッキーとA子さんの面会が

 実現したのです」(前出・音楽関係者)

 

妻と不倫相手が

初対面するという張り詰めた空気の中、

 

「レべッカ・英里・レイボーンと申します」

 

ベッキーは本名を名乗り、席に着いた。

A子さんの弁護士が面会の趣旨を説明し終えると、

 

ベッキーは、

「では、私からよろしいでしょうか」

と、

 

正面に座るA子さんに向かって

謝罪の言葉を切り出した。

 

途中からは涙声だった。

 

「いけないとずっと思っておりました。

 お気持ちを文春の記事で知り、

 A子さんを苦しめてしまった

 ということを知りました。

 本当に申し訳ございません」

 

A子さんは表情を変えず、

その言葉を聞いていたという。

 

そしてベッキーの言葉が終わると、

こう告げた。

 

「二人でなく(川谷も含めた)三人で面会したい、

 と私がずっと粘っていたように

 思われたかもしれませんが、彼のいる前で、

 本当のことを話してほしかっただけなんです」

 

穏やかな口調だった。

 

ベッキーA子さんの言葉に

「はい」と頷く。

 

面会は20分ほどで終了。

 

最後にA子さんベッキーに向かって

こう言葉をかけ、微笑んだという。

 

「がんばってくださいね。

 私もがんばります」

 

A子さんが先に退室しても、

ベッキーはしばらく頭を下げ続けていた。

 

A子さんは面会の間、

声を荒らげることもなく、

ずっと柔和な表情だったという。

 

「実際にはA子さんは、

 ベッキーとの初めての対面に、

 かなり緊張していました。

 無理をして笑顔を浮かべていたようです。

 服装もきっちり整え、

 5歳年上のべッキーに対して、

 しっかりとした大人の女性に

 見えるようにしていました。

 ベッキーに見せた笑顔もそうですが、

 それは不倫相手に対する

 “妻のプライド”

 だったのかもしれません。

 実は同じ日に川谷側が

 A子さんとの離婚届を提出しました。

 前もってA子さんが署名捺印したものを

 渡していたそうです。

 ベッキーとの対面では、

 A子さんの弁護士が開口一番、

 『この日をもって水に流しましょう』

 と挨拶したそうですが、A子さんにとって、

 この5月2日はまさに再出発の日だったのです」

(前出・音楽関係者)

(以上引用 週刊文春より)

スポンサードリンク



 

各弁護士が大勢いる中、

一見するとベッキーは目に涙を浮かべ、

 

元妻に対して・・・

心から謝罪しているかに見えるが、、

彼女が謝罪するよりも前に

「金スマ」ではすでに収録が行われており。。

 

そして、この謝罪についてもネット上では、

などの意見が!!

 

さらにベッキー側は、

元妻と面会している時も

 

“金スマの収録がすでに済んでいる”

 

ことは、一言も言わなかったという。。

 

事務所の対応のずさんさも露呈する中、

本格復帰に向けて・・・

着々と準備を進めているだろうが、

 

ベッキーが復帰したところで

以前のような・・・

“好感度”に2度と戻ることはないだろう。。

スポンサードリンク

関連記事

ゲス川谷絵音、ほのかりんと破局!原因は彼女の存在が・・・

ベッキー(33)の元不倫相手で、 現在は未成年飲酒で所属事務所を解雇された タレント・ほ

記事を読む

神田うのって誰?1日警察署長イベントを開催→客席ガラガラwww

先月21日、タレントの神田うの(41)が 都内にある警察署で・・・ 「1日警察署長」

記事を読む

ゲス川谷絵音の元妻は妊娠していた!?ベッキーに慰謝料を・・・

今月9日に自身のブログにて、 妻との離婚を報告したゲス川谷絵音(27)。  

記事を読む

藤原紀香が片岡愛之助と2度目の挙式をするも「再婚なのに白無垢w」「恥」などの声!

今年の3月末に結婚した、 女優・藤原紀香(45)と 歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)が

記事を読む

嵐・櫻井翔と小川彩佳アナがすでに婚約!?薬指には巨大な真珠の指輪、さらに車内キス画像まで・・・

ジャニーズの人気グループ 嵐・櫻井翔(35)と、   テレ朝『報道ステー

記事を読む

妹に会わないでくれ!浅田舞が妹・真央との確執話で批判殺到!!

元フィギュアスケート選手で、 現在はスポーツキャスターやタレントとして 活躍している、

記事を読む

有吉弘行と夏目三久の交際&妊娠報道の真相!各TV局がスルーするのは大手芸能事務の圧力か!?

昨日、「日刊スポーツ」が報じた、 有吉弘行と夏目三久の交際&妊娠報道。  

記事を読む

高知東生の妻・高島礼子が尿検査を受ける!愛人・五十川敦子については面識あると・・・

先日、“覚せい剤取締法違反”と “大麻取締法違反(所持)”で逮捕された、 高知東生の妻で

記事を読む

三代目JSB「日本レコード大賞」買収騒動を各マスコミが一切報じない理由が・・・

今月27日に「週刊文春」がスクープした、 三代目JSBが所属する・・・ LDHに

記事を読む

同棲中の佐々木希と渡部建が「デキ婚」!?渡部の“ネット見ろ!”が現実のものに・・・

一時は“破局”との噂もあった佐々木希(28)と アンジャッシュ・渡部建(44)だが、、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
【画像あり】あいのり・桃が“二重整形”直後の写真を公開!!

フジテレビで1999年10月~2009年3月まで 放送されていた

上原多香子に妊娠説!?夏なのにフライトジャケットを着込む姿に・・・

ET-KING・TENNを自死に追いやったとして、 今もなお

セレブ自慢に必死な浜崎あゆみに“仕込み疑惑”が!?

先日もたくましい背中をインスタで披露し、 「頼もしい背中」

上原多香子と阿部力のW不倫に遺族が「解決金5000万円」を提示した!?第三者の介入も・・・

2014年9月、 自宅マンションの駐車場に停めた車の中で

坂口杏里が“プチ整形”を報告するも、腕の傷に注目が集まり「傷が生々しい」の声!

去年、ANRIに改名し、 セクシー女優として活動していた

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑