中居正広とキムタクの仲がさらに険悪!?熊本炊き出しで「炊き出し軍団」と・・・

公開日: : 芸能情報 , ,

今月12日と13日にキムタク(43)は、

V6・岡田准一(35)とTOKIO・長瀬智也(37)

と一緒に熊本県へ行き、、

 

石原プロが行った「炊き出し」に参加した。

 

現地でキムタクは、

石原プロの舘ひろし(66)らと一緒に、


焼きそばや牛丼、ショウガ焼きなど

1000人以上に振る舞っていた。

 

しかし、このキムタクの行動に関しては・・・

普通なら称賛されるべき行動なのだが、、

 

ネット上ではキムタクへの悪評はもちろん、

中居正広(43)との仲がさらに険悪なものに・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

SMAPでは、熊本地震発生後の4月下旬に

中居正広がプライベートで真っ先に被災地入り。

 

その後も中居香取慎吾(39)らと

炊き出しや避難所訪問など支援活動を行っていた。

 

木村

「(自分も続きたいという思いは)すごくあった」

と中居に触発されたことを明かし、

 

さらに

「(中居たちが)ああやって

 自分の気持ちで行ったことは素晴らしいと思う」

と仲間の行動を称賛した。

 

だがファンの心中は複雑。

 

それというのも、

木村がSMAPの仲間ではなく

長瀬岡田と行動を共にしたためだ。

 

「SMAPの独立騒動は、

 チーフマネージャーだった飯島三智氏(59)と

 副社長の藤島ジュリー景子氏(49)の

 派閥争いが原因。

 騒動後、飯島氏の退社で派閥はなくなった

 とされていますが、

 やはり中居たちとジュリー派の間には

 距離がある。

 長瀬が所属するTOKIOや

 岡田が所属するV6は

 『ジュリー派』ですから、

 木村がジュリー氏に

 取り入ったように感じられてしまう。

 木村は真っ先に残留を決めたことで

 ジュリー氏や、

 その母親のメリー喜多川副社長(89)の

 “お気に入り”

 となったと言われていましたが、

 それを裏付けるナマナマしさを感じさせた」

(週刊誌記者)

 

また、独断で被災地入りした中居に対し、

木村は明らかに事務所のお膳立てあってのもの。

 

世間で絶賛された中居に対抗して

炊き出しに参加した感もあり、

 

それが酷評につながっている。

 

「事務所のメディア対応も

 露骨な違いがありました。

 中居は“非公式”

 被災地入りだったこともあって、

 事務所サイドは各メディアに

 『情報番組で扱わないように』

 と通達。

 一方、木村たちの炊き出しは

 フジテレビが大きく報道。

 さらに写真や映像を撮れなかった

 メディアのため、

 当初の予定になかった13日にも

 炊き出しに参加する念の入れようでした」

(前同)

 

仕事上は騒動前と

あまり立場が変わっていない両者だが、

 

事務所からの扱いは変わってきているようだ。

 

事務所公式のボランティア活動で

「SMAPの代表」

木村だったことも意図を感じさせる。

 

解散騒動が終結したことで

わだかまりが解けたといわれる中居木村だが、

ファンの間では確執が根深いとの見方もある。

 

13日に放送された

『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)

の人気コーナー「ビストロスマップ」では、

 

一見するとメンバーが

和気あいあいとしているのだが、

 

中居木村の絡みは一切なし。

 

司会役の中居木村に話を直接振ることはなく、

木村がコメントしていると中居は沈黙。

 

また、稲垣吾郎(42)ら他のメンバーも

中居とは仲良さそうにトークするのだが、

 

木村とのやり取りはぎこちなかった。

 

木村ファンから

「いじめでは?」

と悲鳴が上がるほどだ。

 

騒動直後も

「ビストロがお通夜状態」

と騒がれたが、

 

ある意味では雰囲気が悪化しているともいえる。

 

「もともと5人の絆は非常に固く、

 簡単に壊れるものではない。

 しかし、ジャニーズ事務所という

 巨大帝国の派閥争いに翻弄された代償は大きく、

 騒動後に事務所側が対立を煽るかのような

 扱いをしたこともあり、

 それが中居ら4人と木村の間に

 溝をつくってしまった。

 木村としてはジュリー氏に従うことが

 『SMAPを守る』

 ことにつながるという信念があるようですが、

 中居たちにしてみれば

 簡単に受け入れられるものでなく、

 感情面の対立が尾を引いている」

(前出・記者)

 

このまま軋轢が消えなければ

『SMAP×SMAP』の終了や

再度の解散騒動につながる恐れもある。

 

ファンとしては5人の絆を信じたいが、

いまだ予断を許さない状況といえそうだ。

(以上引用 デイリーニュースオンラインより)

スポンサードリンク



 

完全にお忍びで被災地で、

ボランティア活動をしていた


中居正広と比べて、、

 

やはりキムタクのほうは、

炊き出し軍団(石原軍団)とコラボし、


マスコミに大々的に報道させるなど、

“狙った感”が否めなかったようで。。

 

そして、SMAP解散騒動も終息し、

中居正広とのわだかまりが溶けた

とも言われていたが、、

 

またもや今回の炊き出し軍団とのコラボによって、


確執がさらに深くなってしまったというが。。

 

ちなみに、今回の話題についてネット上では、

などの意見が!!

 

さらに、1996年から今でも続いている長寿番組

『SMAP×SMAP』

でも、キムタクが話すと中居はダンマリ。。

 

そして他のメンバーも

キムタクとのトークだけはぎこちなく、、

 

これではまるで・・・寺門ジモンが喋り出すと

上島竜兵肥後克広ダンマリを決め込むという、


「ダチョウ倶楽部」と同じ形式ではないか!!

 

ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長

ジュリーが逝くまでは、

確実に2人の確執は続きそうな予感もするが、

 

キムタクが喋ると他のメンバーがダンマリする

まるで“寺門ジモン”のような・・・


“ジモタク”にだけは、なって欲しくない。。

スポンサードリンク

関連記事

堀北真希、芸能界引退の裏には夫・山本耕史の「母の存在」が!!

2015年8月に交際0日で 俳優・山本耕史(40)と結婚。   2016

記事を読む

GACKTが実業家として本名を公表するも「名前も事業もうさん臭い」

歌手のGACKT(44)が先月27日、実業家として“本名”を初公表したことが分かった。 “

記事を読む

今井絵理子議員が“ビール券”を配布、公職選挙法違反で辞職確定か!

先日、神戸市議会議員・橋本健(37)との 略奪不倫がバレてしまった・・・ 出典:週刊新潮

記事を読む

金塊強奪犯が暴露本を出版!帯には宮迫博之の写真、疑惑の手越祐也は・・・

7億円金塊強奪事件の主犯格である野口和樹被告が、事件の裏側を綴った暴露本を出版することが分かった。

記事を読む

後藤真希、不倫騒動から早くもインスタ再開!ドロ沼不倫裁判については・・・

今年3月に元カレとの不倫が発覚した後藤真希(33)が、休止していたインスタグラムを再開した。

記事を読む

EXIT兼近大樹、金庫窃盗でも逮捕されていた!当時の新聞にも“兼近大樹容疑者”と・・・

先日、文春砲によって2011年に「買春防止法違反容疑」で逮捕されたことがあると報じられた『EXIT』

記事を読む

ベッキーがBSスカパー収録前に会見!顔がパンパンで激太りして・・・

ゲス川谷絵音との不倫により、 今も干され状態のベッキー(32)だったが、  

記事を読む

【浜崎あゆみ】お浜さんが大みそかカウントダウンライブに向けて“リハーサル芸”で猛アピールwww

今やインスタ芸人として、お笑い芸人顔負けのギャグセンスを持つ“お浜さん”こと浜崎あゆみ(41)が、鉄

記事を読む

菅田将暉と本田翼に熱愛発覚も“男関係派手すぎ”の声が!!

若手俳優としてブレーク中の菅田将暉(24)と モデル&女優・本田翼(24)が・・・

記事を読む

宇多田ヒカル、8歳年下のイタリア人夫と離婚していた!!

歌手の宇多田ヒカル(35)が6日、8歳年下のイタリア人夫と離婚していたことが分かった。 離

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
タピオカ&不倫騒動の木下優樹菜、芸能界復帰も絶望的でこのまま“引退”か!?

今月27日に放送された『ミヤネ屋』で、木下優樹菜(32)の不倫疑惑につ

【不倫の代償】東出昌大が出演する全CMが打ち切りに!多額の損害賠償&今後は“NG物件”として・・・

唐田えりかとの不倫によって妻・杏と別居中の東出昌大だが、現在放送中の主

消息不明だった小室圭の母・佳代、週刊誌に発見される!左手薬指には大粒のダイヤが・・・

息子・圭の結婚が延期されて以来、行方知れずとなっていた母・佳代だが、そ

女優を口説きまくっていた東出昌大が唯一 “あの人はヤバイ” と口説けなかった女優がコチラ

唐田えりか(22)との不倫が発覚したことで、“イクメンパパ”のイメージ

キムタク娘・Koki,、モデル業が忙しすぎて不登校状態になっていた!

現在、都内のインターナショナルスクールに通っているキムタクの娘・Kok

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑