木村拓哉が単独で雑誌に載るもSMAPについては一切触れず、“好感度回復に必死”で・・・

公開日: : 芸能情報 ,

今年1月に起きた、

SMAP解散騒動の裏切り者として!!

 

最近は、見事に好感度が急下降している


木村拓哉(43)。

 

人気低下を回復するため、

ジャニーズ事務所も力を入れて

“キムタク☆好感度回復作戦”

に取り組むものの。。

 

木村拓哉単独でメディアに登場するたびに、

好感度がますます下がるという悪循環に。

 

そして、今月20日に掲載された

キムタクの単独特集、

「木村拓哉 アウトローへの道」

でも・・・


SMAPについては一切触れず!!

 

“キムタク☆好感度回復作戦”が、

ことごとく失敗しているが・・・。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

SMAPの木村拓哉が、

20日発売の月刊カルチャー誌

「SWITCH」(スイッチ・パブリッシング)

に登場。

 

ファンが苛立ちを募らせている。

 

同誌は、木村

「孤高であり、

 イメージはアウトロー」

と位置づけ、

 

12ページにわたる特集

「木村拓哉 アウトローへの道」

を掲載。

 

全てのスタイリングを私服で臨んだ木村だが、

ロングインタビューでは、

ジャニーズ入所前を振り返り

 

「アンチアイドルだったし、

 アンチジャニーズだった。

 つまりいまの自分は、

 言わば矛盾のカタマリなんです」

と苦笑い。

 

さらに、世間が作り上げた

“キムタク”

という偶像に窮屈さを感じていた頃、

 

明石家さんまに救われたエピソードや、

「僕は“仕事”はするけど

 “ビジネスライク”が嫌い」

といった仕事における姿勢などを語っている。

 

「SMAPが分裂・解散騒動に揺れる最中に、

 わざわざキムタクが

 特集されるということもあって、

 ファンは今後のSMAPについて

 何か語られるのではないかと注目していた。

 しかし、仕事の話はしているのに、

 騒動や今後のことについてはおろか、

 ほかのメンバーの名前すら出てこない。

 いくら個人の特集とはいえ、

 意図的に避けているような印象を受けます。

 また、“孤高の存在”であることを

 強調している同誌ですが、

 SMAP内で孤立していると

 言われているだけに、

 なんだかシャレになりません」

(芸能ライター)

 

1月の『SMAP×SMAP』での

生謝罪“事件”後、

 

“SMAPの裏切り者”

としてすっかり好感度を下げてしまった木村

 

そのため、同誌の特集について、

ネット上では

「事務所のキムタクびいきが始まった」

「いやらしいタイミング」

「好感度回復に必死」

などと揶揄が飛び交っている。

 

「先月のファンクラブ会報で、

 木村が『解散しない』と明言したものの、

 最近はSMAPが5人集まる機会が激減。

 このタイミングでのキムタク特集は、

 ファン心理を逆なでしてしまった。

 最近のSMAPといえば、

 『音楽の日』(TBS系)や

 『うたの夏まつり』(フジテレビ系)

 の出場を辞退し、

 唯一の冠番組『SMAP×SMAP』(同)も

 放送回数が減少。

 次回の放送も、木村だけが出演する

 特別編が放送されるため、

 5人が揃うのは先になりそう。

 今年は、新曲やデビュー25周年記念ライブの

 発表もまだなく、ファンの

 『5人のSMAPが見たい』

 という思いは募るばかりです」

(同)

 

同誌の撮影中、ギターを手に取り、

SMAPの楽曲

「夜空ノムコウ」

を口ずさんだという木村

 

この曲が再び5人で歌われる日は、

いつになるのだろうか?

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

「SWITCH」の特集では、


“孤高であり、

 イメージはアウトロー”

木村拓哉を位置づけていたようだが、

 

実際の所のキムタクの正体は、

 

“アウトロー”というよりも・・・

ただの“裏切り者”というほうが正しいのだが。。

 

そもそも、木村拓哉“裏切り者”

呼ばれるようになった原因には、

 

SMAPがまだ売れていない時代から、

国民的アイドルになるまで育て上げた、


元マネージャ・飯島三智氏と、

 

ジャニーズ副社長である

メリー喜多川ジュリー景子との


壮絶なバトルにあったという!!

 

そして、飯島氏が

ジャニーズ事務所退社を決意したのは、

 

2015年2月に起きた・・・

 

ある取材でメリーが飯島氏に向けて、

このまま自分の娘であるジュリー

対立を続けるつもりなら、

「SMAPを連れて出て行け!」

というような発言をしたことで、

 

飯島氏はジャニーズを去ることを決意!!

 

事務所を去ると同時に、

自分が育てたSMAPも一緒に来ると踏んで、

「クーデター」

を仕掛けたのだが、、

 

ここで木村拓哉だけが

事務所残留”

という意思を最速で表明!!

 

事務所移籍計画もほぼ決定していたが、

あくまでSMAP全員揃っていることが

前提だったため・・・計画は当然、頓挫。。

 

飯島氏1人だけジャニーズから

追い出されるような形で、


無念の退社となってしまった。

 

そして、キムタク以外のメンバーの裏切り行為に

メリー&ジュリーは相当、お怒りのようで、、

 

木村拓哉1人だけを集中して売り出す、

“キムタク☆びいき作戦”

を展開している様子だ!!

 

しかし、木村拓哉が単独で出れば出る程、

好感度が下がる現象が起きており。。

 

今回の「SWITCH」の撮影中では、

孤高のギターを手にして、

 

SMAPの名曲

『夜空ノムコウ』

を孤高に口ずさんでいたという木村拓哉

 

自分に酔いしれて

夜空ノムコウ

を歌うのはいいが、、

 

『SMAPノムコウ』

にいるメリーらのせいで・・・


キムタク以外のメンバーは、

悲惨な状況に追い込まれている(涙)。。。

スポンサードリンク

関連記事

高知東生と一緒に逮捕された五十川敦子の顔写真が流出!銀座薬物コネクションも・・・

今月24日に“覚醒剤取締法”と “大麻取締法の違反(所持)”の容疑で逮捕された 高知

記事を読む

橋本議員との不倫を“純愛アピール”する今井絵理子、元恋人と交際期間かぶりで・・・

神戸市議会議員・橋本健(37)との不倫について FAXや会見で、 「一線は越えていません

記事を読む

山口達也が“無期限謹慎”を発表するも、さらにヤバイ情報が!!

出典:朝日新聞デジタル 強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIO・山口達也が事件について本日

記事を読む

中居正広と武田舞香の熱愛報道、実はジャニーズによる“中居潰し”だった!?

振付師&ダンサーの武田舞香(32)と 6年に渡って交際&同棲していた事をスクープされた、

記事を読む

ジャニーズ退所の香取、草なぎ、稲垣が元マネ・飯島氏と合流か!?早ければ10月にも・・・

ジャニーズ事務所との契約満期にともない、 今月8日をもって事務所を退所した・・・ 元

記事を読む

喜多嶋舞が大沢樹生とのDNA騒動で言い訳しながら芸能界引退で逃走!

まさにゲスの極み。。 先月19日、裁判で “元夫・大沢樹生(46)と長男の親子関係がない

記事を読む

二宮和也と伊藤綾子が半同棲生活!彼女の愛犬を可愛がり、2人で近所の居酒屋へ!

先日、「女性セブン」によってドライブデートを報じられた嵐・二宮和也(34)と伊藤綾子(37)。

記事を読む

香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎がジャニーズ退所へ!今後は飯島三智氏のもとで再出発か!?

ジャニーズ事務所が本日、 “契約期間満了”により今年9月8日を持って、 草なぎ剛(4

記事を読む

TENNを自死に追い込んだ上原多香子がコウカズヤと同棲中!最近の給料事情も明らかに・・・

妻子持ちの俳優・阿部力(35)とのW不倫が原因で、2014年9月に夫のET-KING・TENN(享年

記事を読む

紅白歌合戦の司会・二宮和也に“嵐いらん”の声!裏では香取・草なぎ・稲垣による『Abeme紅白』が!

12月31日に放送される 『第68回NHK紅白歌合戦』 の司会が決定した!! &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
【文春砲】岡本圭人が“素行不良”によりHey! Say! JUMP脱退へ!

NEWS・手越祐也の未成年飲酒に引き続き、またしても文春砲により今度は

手越祐也の未成年飲酒騒動で日テレ・ラルフ鈴木アナが『NEWS ZERO』降板危機に!

出典:ABBEY BLOG NEWS・手越祐也の未成年飲酒報道に

今井絵理子が大阪地震のお見舞いツイートを投稿するも、自身の体調不良アピールして炎上!

不倫が大好きな参院議員・今井絵理子(34)が16日、同日に大阪府北

手越祐也が浴びた文春砲により、ジャニーズと日テレの“蜜月関係”が終わる!?

小山慶一郎と加藤シゲアキに続き、未成年者と飲酒パーティーをしていた事が

ジャニーズの圧力に“スルンスルン”と言いなりのマスコミwwwてかスルンスルンって何?

出典:ツイッターより 『NEWS』メンバー4人のうちの3人(小山

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑