千葉真一の息子・真剣佑に隠し子が発覚!14歳のときに30代の既婚子持ち女性と・・・

公開日: : 芸能情報 ,

千葉真一(77)の息子で俳優の

真剣佑(まっけんゆう)に・・・


“隠し子”の存在が明らかになった!!

 

今月17日からスタートしたTBSドラマ、

『仰げば尊し』

に出演し、イケメン俳優として、


人気急上昇中の真剣佑だったが、

 

現在19歳にはナントッ!

“5歳になる隠し子”

がいるという。。

 

当時14歳だった真剣佑は、

30代後半既婚子持ち女性と・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

その日も朝からドラマ、

『仰げば尊し』

のロケが入っていた。

 

真剣佑が都内の自宅を出たのは

早朝6時過ぎ。

 

舞台『花より男子』や

映画『ちはやふる』で人気急上昇中だが、

芸能界ではまだまだ新人

 

基本的に電車移動である。

 

白いダボダボシャツ、黒ぶちメガネにマスク

――定番の変装スタイルだ。

 

金色に染めた前髪をクリップで留めているのは、

すぐ撮影に入れるようクセをつけているのだろう。

 

「これはヤバい」「震えるほどイケメン」

「今世紀最大の男前」――ネットが騒ぎ、

 

女性週刊誌が特集を組むほどの美貌もさることながら、

真剣佑の最大の武器はそのスペックにある。

 

「ロサンゼルス出身で英語はペラペラ。

 人気ドラマの舞台となった

 ビバリーヒルズハイスクールで学びつつ、

 極真空手のLA大会で優勝。

 他にもレスリング、水球、乗馬に殺陣、

 スキーにピアノの腕も一流ときて、

 父は世界のサニー千葉。

 『少女マンガの世界にしか

  存在しなかったはずの王子様が実在した』

 と女子が騒ぐのもムリはない」

(制作会社スタッフ)

 

アメリカだと僕のやれる役はコメディーばかり。

ハリウッドの主役は味わいある大人が多い。

若いうちは日本で作品を残したいなって――

 

2年ほど前から活動拠点を

日本に移した理由も、男前だ。

 

だが、千葉家を良く知る関係者は、

「眩いばかりのマッケンには、

 その分、暗くて深い闇がある」

と指摘するのだった。

 

ビバリーヒルズ高校を飛び級で卒業したと

報道しているメディアがあったが、

同高は途中で転校

 

8歳のころから通っていたという

極真空手茶帯だ。

 

何より、ピュアなふりをしているが、

実は大の女好き

「ロスに5歳の子どもがいる」

と関係者は言うのである。

 

マッケンパパになった

 

――関係者の間にこんな話が広まったのは

2~3年前だと、この関係者は記憶している。

 

「子どもが生まれたのは、

 マッケンがまだ14歳のとき。

 自分の両親が友だちづき合いしていた

 ロス在住の日本人夫婦の奥さんと

 深い仲になったっていうんだから、

 驚きを超えて絶句したよ。

 その女性、色白でキリリとした瞳が

 特徴的な和風美人のYさんは当時、

 30代半ば。現在は40歳くらいかな。

 もちろん、父の千葉も知っています。

 千葉さんは激怒し、

 『息子はレイプされた!』

 とYさんを訴えたそうです」

 

事実、Yさんは’13年10月に

「14歳以下の子どもと性的行為をした」

として訴えられていた。

 

だが――ロス郊外の裁判所での

数回のヒアリングを経て、

 

同年12月に訴えは棄却された。

 

現地の知人たちの話を総合すると、

法廷で真剣佑がYさんによるレイプを否定

したことで、裁判は中止となったようだ。

 

所属事務所を通じて

父・千葉真一にコメントを求めたが、

締め切りまでに回答はなかった。

 

「子どもは本当にかわいい」

真剣佑はそう言っているという――。

(以上引用 フライデーWEBより)

 

真剣佑の隠し子については、

彼が14歳のときに・・・


当時37歳子持ちの既婚女性

関係を持ちできたという。。

 

隠し子については、

真剣佑が未成年のときに生まれたことから

認知はしていないという。

 

そして、彼の子を生んだYさんの現在は、

旦那と離婚しているかは定かではないが、

 

学校の送り迎えなど、、

“5人の子供の子育て”

で、忙しい日々を送っているという。

スポンサードリンク



 

真剣佑「フライデー」の突撃取材に、


“すいません。事務所に(確認)お願いします”

とカメラに手をかざして、、

 

走り去っていったというが。。

 

裁判記録も残っていることからも、

真剣佑の隠し子騒動は事実のようで、、

 

2015年4月に、

“54歳年下の早稲田大学生”

不倫していた真剣佑の父


千葉真一下半身DNAをしっかりと受け継ぎ、

まさにロックな生き方を地で行く・・・


“マッケンロール”だwww

 

そして、隠し子が発覚した真剣佑ネット上では、


などの意見が!!

 

また、真剣佑の隠し子については、

昨年末に日本に来る前までは、

“娘を抱きながらロスの街を歩いていた”

と、

 

の知人や関係者なら、

娘の存在はみんな知っているという。

 

さらに、真剣佑の経歴詐称についても、、

 

過去にフジテレビの

『バイキング』

に出演した際に、

 

が言っていたことの・・・


半分はホラ(嘘)だという!!

 

番組内で言っていた経歴についても、

今から2年前ほど前にある掲示板

書かれていた情報では、、

 

ビバリーヒルズに通っていたのは

事実のようだが、

 

実は、通っていたのは一瞬で、

“ビバリーヒルズを飛び級卒業”

した事実はないという。

 

また、当時の高校については2度転校し、

どこかの高校で卒業試験を受けたものの、

卒業できたのか?定かではないという。

 

さらに、特技についても・・・

 

ほとんどの場合は、

“どれもかじった程度”

で、

 

空手では、

「アメリカジュニアチャンピオン」

になったという話も、

 

実は、小さな大会で1度優勝した事があるだけで、

とてもアメリカチャンピオンと呼べるもの

ではないという。

 

空手も今だに“黒帯”ではなく、

ずっと“茶帯”どまり。

 

他にも特技だとする「殺陣」「アクション」

についても・・・数回稽古した程度だという。。

 

本人的には殺陣やアクションが得意なことから、

“将来はハリウッド俳優になりたい”

と言っているようだが、

 

 

こちらについても演技の勉強を含めて、

何も勉強していないという。。

 

 

“経歴詐称”と言えば、


ホラッチョ川上が伝説的な存在だが、

 

“第2のホラッチョ”として、


ホラッチョ真剣佑の誕生か?と思いきや、、

 

“経歴詐称”をはるかに上回る、

“隠し子騒動”のほうがインパクトが強く。。

 

それに、“隠し子”についてはホラではなく、

全て事実であることからも・・・

 

ホラッチョ真剣佑ではなく、

ロックンロールな生き方・・・


マッケンロールのほうがしっくり来るかもwww

スポンサードリンク

関連記事

SMAP解散の舞台裏!ジャニー喜多川が説得するも香取慎吾が“SMAPもやりたくない”と・・・

今年12月31日をもって、 SMAPは解散するというが。。   解散が決

記事を読む

GACKTに西川貴教・・・人気ミュージシャンの下半身事情がヤバイ!!

先日、 “元愛人が首吊り自殺” をはかったことが話題になったGACKT(43)だが、

記事を読む

ゲス川谷絵音の離婚でベッキーが今月末にも「金スマ」で復帰か!?

今月9日、自身のブログで妻との離婚を報告した ゲスの極み乙女。のボーカル、 川谷絵音(2

記事を読む

有吉弘行と夏目三久が交際!すでに夏目は妊娠中で結婚については・・・

本日、お笑いタレント・有吉弘行(42)と、 フリーアナウンサー・夏目三久(32)が

記事を読む

ベッキーがゲス川谷絵音との不倫騒動で4キロ痩せるも自業自得との声が!

ゲスの極み乙女。のボーカルでゲス川谷絵音(27)と 不倫を謳歌していたベッキー(31)が...

記事を読む

今井翼が酔って「SMAP解散はメリーさんのせいだ」と暴言を吐いた結果・・・

タッキー&翼としては、 今年1月にLIVEを開催して以降は・・・ ソロ活動に専念して

記事を読む

工藤静香がインスタ開設!キムタク含め、夫婦揃ってここまで空気が読めないとは・・・

キムタクの妻、工藤静香(46)が 公式インスタグラムを開設し・・・ “夫婦揃って空気

記事を読む

ベッキーがすでに金スマのロケ収録で「仕事復帰」していたw

ゲス川谷絵音の離婚により、 今月末には芸能界復帰するのでは? と噂されているベッキー(3

記事を読む

ゲス川谷絵音の彼女で未成年飲酒・ほのかりんが所属事務所との契約解除に!今後は・・・

ゲス川谷絵音(28)の彼女で タレントのほのかりん(20)が今月16日、 所属事務所

記事を読む

井上真央が事務所独立するも、ジャニーズは松本潤との結婚は認めないと・・・

今月24日に、女優・井上真央(29)が 現在所属している事務所 『セブンス・アヴェニュー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑