極楽とんぼ・山本圭壱が『めちゃイケ』で復帰した結果→スポンサーが激怒、降板へwww

今年7月30日に放送されたフジテレビ、

『めちゃ×2イケてるッ!』

にて。。

 

2006年に起こした“未成年淫行事件”により、

吉本興業から専属マネジメント契約の解除を受け、

長らく表舞台から姿を消していた・・・


極楽とんぼ・山本圭壱(48)が、

約20年ぶりとなる地上波復帰を果たした。

 

この日の『めちゃイケ』は注目度も高く、

視聴率11.9%という数字を叩き出したものの。。

 

この放送をみた、番組の有力スポンサーである

「日清食品」大激怒!!

 

『めちゃイケ』途中降板する事態に・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

“落ち目”のフジテレビ

またまた追い打ちをかけるような

事態が発生している。

 

先月30日放送のフジテレビ系バラエティー

「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜20時)。

 

06年に未成年淫行事件を引き起こして以来、

芸能活動休止状態にあった

「極楽とんぼ」

山本圭壱

 

10年ぶりに同番組で

地上波復帰で注目を浴びたが、

 

その内容にスポンサー“激怒”しているのだ。

 

攻めの一手で挑んだ企画は

放送前からの大々的な宣伝も功を奏し、

 

同番組の今年最高タイとなる

高視聴率11.9%

(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

をマーク。

 

久しぶりの明るい話題にめちゃイケだけでなく、

フジテレビ全体にも一筋の光明が

差し込んだかのようにも見えたが――。

 

「番組の有力スポンサーである日清食品が、

 7月の山本復帰の放送回を見て、

 契約を“即白紙にする”と通告を出したのです。

 クールの途中でスポンサーを降りるなんて

 異例中の異例。

 もちろん、フジから日清さんへ事前に

 企画趣旨の説明はしていましたが、

 内容が悪過ぎた。

 なかでもナイナイの岡村隆史が

 山本をリング上で“フルボッコ”する様子を

 他の共演者やスタッフらが

 静観しているシーンは度が過ぎた。

 家族だんらんの休日夜のゴールデン帯で

 あり得ない内容だとカンカンだったそうです」

(広告代理店関係者)

 

日清食品宣伝部は日刊ゲンダイの取材に対し、

契約解除は「事実」と認め、

 

「理由などの詳細は

 差し控えさせていただきます」

 

と回答した。

 

フジにノーを突きつけた企業は

日清だけじゃない。

 

看板枠のひとつである「月9」こと

月曜21時台のレギュラースポンサーであるTOYOTAが、

10月期からスポンサー契約を降りるというのだ。

 

理由は視聴率の不振。

 

現在放送中の桐谷美玲(26)主演

「好きな人がいること」

 

2回目放送までは

10%台の2ケタをキープしていたが、

その後は1ケタ台に転落。

 

前作の福山雅治(47)主演

「ラヴソング」

に至っては全10話の平均が8.5%にとどまり、

 

月9史上最低記録を更新した。

 

「TOYOTAの提供は、

 7月期クールをもって終了になるようです」

(前出の代理店関係者)

 

TOYOTAは

「スポンサー契約の詳細については

 申し上げられません」

(広報部)と回答。

 

当事者のフジテレビも、

「契約の詳細に関しては

 お答えしておりません」

(企業広報部)というが、

 

尻に火が付いたどころの騒ぎではないだろう。

 

フジは今年2月に巷を席巻中の

「ポケモンGO」を開発した

 

ナイアンティック社の

第三者割当増資5億3000万円

の大半を引き受けたと一部で報じられた。

 

ナ社が上場したあかつきには

莫大な含み益を得られるが、

本業のテレビがこれでは……。

 

お台場から断末魔が聞こえてくる。

(以上引用 日刊ゲンダイDIGITALより)

 

約10年ぶりとなる、地上波復帰を果たした

極楽とんぼ・山本圭壱だったが、

 

今回の出演に関しては、

レギュラー復帰ではなく、、


あくまで1回限りの出演だったようだが。。

 

しかし、『めちゃイケ』の大スポンサーである

「日清食品」が激怒して番組を途中降板したのは、

山本圭壱が出演したことではなく、、

 

リング上でナイナイ・岡村隆史

山本をガチで殴るなどの・・・


酷い内容降板の原因だったという!!

 

日清食品の降板についてもネット上では、


などの意見が!!

スポンサードリンク



 

『めちゃイケ』自体も以前から

視聴率がガタ落ちしており、、

 

1996年10月19日に放送を開始し、

放送開始後から最盛期となる

2000年の前半くらいまでは、

 

通常放送でも毎回15%以上もあり、

多いときには20%超えを果たす回もあった。

 

しかし、かつての勢いはすでに失っており、

近年の通常放送は・・・下降の一途をたどり、、

11~14%台を推移している時期もあったものの。。

 

2015年12月に放送された2時間スペシャルでは、

スペシャル枠にも係わらず

“7.5%”

という悲惨な数字を叩き出し!!

 

さらに、2016年の初回放送では、

“4.9%(歴代最低視聴率)”

という、最悪の数字を叩きだしてしまった!!

 

フジテレビ側も最後のあがきなのか?

先月30日に山本圭壱を出演させ、

11.9%という数字を取ったものの。。

 

この視聴率上昇にフジテレビは味をしめたのか?

 

その翌週である8月6日の『めちゃイケ』では、

「極楽とんぼSP 完全版」

と題して、


山本復帰の未公開映像を放送!

 

この日の放送では、極楽とんぼ・加藤浩次や、

ナイナイ岡村隆史を始めとするめちゃイケメンバー

 

さらに、ロンブー田村淳などの

山本を慕う後輩芸人たちで結成された

「山本軍団」

のメンバーたちが、

 

山本圭壱への思いを・・・


涙ながらに語っていたものの。。

 

6.8%という悲惨な結果に!!

 

そもそも「山本軍団」なんていう身内の話なんか、


視聴者からみれば、全く興味ないと思うが。。

 

そして今回の日清食品の降板により、

さらにTOYOTA「月9枠」降板も重なることで、、

 

フジテレビのおしまい感は・・・


さらに加速しそうだwww

スポンサードリンク

関連記事

ベッキーが「金スマ」でテレビ復帰した裏事情が酷い!

今月13日に放送された「金スマ」にて、 ゲス川谷絵音との不倫について・・・ 涙を浮か

記事を読む

ICONIQが「伊藤ゆみ」で芸能活動再開するも、顔が違いすぎて震えるwww

2010年に “わたしが変わる” というキャッチフレーズで、  

記事を読む

ベイビーギャング北見寛明が無免許で2度目の逮捕!事務所も解雇され・・・

お笑いコンビ、ベイビーギャングの “男前担当” として活動していた北見寛明(32)が

記事を読む

SMAPが「音楽の日」と「FNSうたの夏まつり」を辞退!ジャニーズ事務所はSMAPのせいにして・・・

SMAPが今月16日に放送されるTBS 「音楽の日」と、   18日にフ

記事を読む

水沢アリーが整形失敗か!?もはや別人に・・・

“第2のローラ”として、 本家のローラの話し方や声、 雰囲気までも完全にパクっていた

記事を読む

ゲス川谷絵音がライブMCで“ブサイク発言”して爆笑される!

先日、不倫騒動から早くも「金スマ」にて、 芸能界復帰を果たしたベッキー(32)。 &nb

記事を読む

嵐・相葉雅紀『貴族探偵』が初回視聴率11.8%も、下手すぎる演技に“来週はもう見ません”の声!

今月17日からスタートした フジテレビの月9ドラマ、 『貴族探偵』。 &nbs

記事を読む

SMAP解散はメリー喜多川の飯島マネジャーへのパワハラが原因!?キムタクの裏切りも・・・

昨日、日本中を賑わせた... 出典:pbs.twimg.com   SM

記事を読む

浜崎あゆみとSYU-YAの熱愛再び!台湾ロケの後に・・・

もはや自らのプライベートを切り売りすることで、 かろうじて人気を維持している 出典:tr

記事を読む

不起訴釈放された高畑裕太の目つきに「またやりそう!」の声が・・・

今月9日に謎の“不起訴処分”として、 14時20分頃に群馬県警前橋署から釈放された

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
関ジャニ∞・横山裕を巡り、水ト麻美と田中みな実がガチバトル!!

2015年に日本テレビ・水卜麻美アナ(30) との熱愛をスクープ

再ブレイク中の青山テルマ、最新アルバム発売も“964枚”しか売れずwww

最近、バラエティ番組などへの出演が 急激に増えている歌手の・・・

【悲報】浜崎あゆみのライブ撮影が突如禁止に!ぽっちゃり体型&空席隠しか?

2016年5月からスタートした 浜崎あゆみ(38)の全国ツアー、

工藤静香が歌手活動再開も、ニューアルバム『凛』が売上2950枚の大爆死!!

今年で“ソロデビュー30周年”を迎え、 8月30日には記念アルバ

加工芸人・ざわちんが“セクシー写真”を投稿するも「実物と違いすぎ」の声www

加工芸が得意な 加工芸人・ざわちん(25)が12日、

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑