【悲報】浜崎あゆみのLIVEチケットが売れず!空席は関係者で埋めるしか・・・

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 芸能情報

とっくに全盛期は過ぎている中でも、

本人だけはまだ“それ”に気付いていないという、


とっても悲惨な状況になっている浜崎あゆみ(37)。

 

先日、「Mステ」で生歌を披露した際も、

とても歌手とは思えないような・・・


“放送事故レベル”の歌を披露しており。。

 

☆詳しい経緯については ⇒ ココから

 

そんな元歌姫・浜崎あゆみは、

今月30日からZepp Sapporoを皮切りに

全国を回るファンクラブツアー、

『TA LIMITED LIVE TOUR 2016』

を開催するが。。

 

やはりLIVEチケットが売れておらず、

このままだと空席を関係者で埋めるしか・・・。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

同ツアーは、

「1人でも多くのTA(ファン)に会いたい!」

との浜崎の思いが込められた、

ライブハウスを中心とした全国ツアー。

 

「ayuの息使いまでもが伝わってくる

 密接な距離感」

 

をうたい、

 

今月30日の北海道・Zepp Sapporoから

11月まで行われる。

 

しかし27日現在、全19公演のうち、

完売しているのは

東京・Zepp DiverCity

で行われる最終公演のみ。

 

26日からは“4次販売”が行われており、

先着順で購入が可能だ。

 

ネット上では、

「4次先着って、どれだけ売れてないの」

「Zeppレベルが売れ残るって、ヤバくない?」

「どんだけ落ち目なんだ」

「一座(バックダンサー集団)が

 いなければ買うんだけど」

「また、関係者らしき人たちが

 会場を埋めるのか?」

といった声が相次いでいる。

 

「今回、キャパ1,500以下の会場すら

 売れ残っており、ファンも困惑。

 昨年、米・LAから日本に

 活動拠点を戻したあゆですが、

 今年は音楽番組への出演も積極的。

 しかし、話題になるのは、

 歌声の劣化ぶりや、

 私生活でのゴシップばかりです」

(芸能記者)

 

また、ファンからは

「チケット代が高すぎる」

との声も。

 

「座席なしのスタンディングでも、

 ドリンク代含め1人9,000円と、

 ライブハウスのチケットとしてはかなり高い。

 これまで、ファンのことを思い、

 良心的な価格設定を意識してきたことで

 知られるあゆですが、

 今月、アリーナツアーを収録した

 ライブDVDとBlu-rayのセット商品が

 3万円で発売される

 ことが発表され、

 ファンから悲鳴が相次いだばかり。

 もしかしたら、新規ファン獲得の望みが薄い今、

 固定ファンの客単価を上げようとしているのかも」

(同)

 

離婚寸前の現夫

「貯金を使い果たされた」

との一部報道もあった浜崎

 

彼女はこのツアーで、

「1人でも多くのTA」

に会うことができるだろうか?

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

全盛期をとっくに過ぎている、

かつての歌姫・浜崎あゆみ。。

 

LIVEチケットが売れないことも

事前に予測できるハズなのだが、、

 

それでも本人のプライドなのか?

まだ本人は歌姫だと思っているのか?

 

LIVEハウスのチケットにも係わらず、

“座席なしのスタンディングでも、

 ドリンク代含め1人9,000円”

という強気な設定をしておりwww

 

LIVEハウスで歌うということで、

「ayuの息使いまでもが伝わってくる

 密接な距離感」

というのが魅力のようだが、、

 

年々酷くなる浜崎あゆみの生歌を聞くよりは・・・


間近で飛ぶ“コレ”を見てみたい気も。。

 

また、劣化してしまった歌声については、、

 

原因として、浜崎は昔から愛煙家であったため、


“コレ”によって歌手生命を縮めてしまったのでは?

とも言われており。。

 

それでも9000円という、

高いチケット代を設定しているのだから、

プロとして舞う・・・


いや、歌うのが当たり前なのだが。。

 

そして、Zeppレベルの会場も埋めれなくなった

浜崎あゆみネット上では、

・この人もう声が出ないじゃん、
 歌手としてはとっくに終わってる。。

・ZEPPは2000人クラスじゃないの
 結構デカいから埋めるの大変だぞ

・今の浜崎に2000人は苦しいわw

・昔はホールツアーしてたレベルだったのに

・この人のファンだった層はどこいったんだろう?
 キャバ嬢とかにはまだ人気なんでしょ??

・本人はマドンナを意識してたのか
 大物気取りの言動が痛々しかったな
 今も大勢のスタッフ引き連れてるのかね??

・醜態を晒してるっていう客観的センスがあれば
 もうとっくにやめてるよね

・Zeppであの大量ダンサー達にワーワーされたら
 流石に視界がやかましくてつらそう

・昔の曲ばっかりやるならいいけど
 30代後半の女が作詞・作曲した曲には
 もう誰も付いていけない

・取り巻きでZepp埋まるだろwww

・今の人気じゃ 自力で2千人も
 地方で集めるのは大変だな

・現場で大量のスタッフ引き連れ移動
 PV撮影でちょっとよろめいて手を付いただけで
 血相変えて駆け寄るスタッフ
 ハリウッドスターばりの扱い
 エイベックスも対処に困ってるんじゃないかw

・この人のステッカー張った車見かけたら
 笑いそうになるwww

・他人のプロデュースでもしてれば良かったのに
 でも虚構はもう通用しないか?

などの声が。。

 

結局、浜崎本人マドンナになりたいのか?

レディガガを目指しているのか?


よく分からない状況になっているが、、

 

これらのセレブアーティストをパクリつつも、

最終的に浜崎あゆみは・・・


松田聖子になりたいんだと思う。。

 

【次の記事】
浜崎あゆみが久しぶりに「空港芸」を披露した結果・・・カメラマンに笑われるwww

スポンサードリンク

関連記事

亡くなったエビ中・松野莉奈さん、年末に体調不良か?ブログで回復をアピールするも・・・

女性8人組の女性アイドルグループ、 『私立恵比寿中学』 の松野莉奈(18)さんが・・・

記事を読む

ベッキー所属のサンミュージックがファンキー加藤&三遊亭円楽の不倫に逆ギレ!?

ベッキー(32)の不倫騒動に続き、 今年はファンキー加藤(37)や 66歳の三遊亭円

記事を読む

前田敦子が「前田敦子映画祭」「生涯女優」と勘違いっぷりが酷いw

元AKB48で、現在は一応女優として 活動している前田敦子(24)。  

記事を読む

SMAP解散回避!それでも騒動が長期化しているのはメリー喜多川への謝罪が・・・

どうやら...SMAP解散は回避され、 本日22時から放送される 『SMAP×SMAP』

記事を読む

福山雅治が濡れ場に挑戦!お相手は小泉麻耶だが・・・

去年9月28日に女優・吹石一恵(33) と結婚したましゃこと・・・ 福山雅治(47)。

記事を読む

元AKB大島優子の個人事務所設立が買い物によってバレたwww

元AKB48で現在は女優として活動している 大島優子(27)が、   自

記事を読む

狩野英孝が17歳女子高生と淫行!?このまま長期休養か、あるいは実家の神社に・・・

お笑い芸人・狩野英孝(34)に・・・ 現役女子高生との“淫行疑惑”が浮上した!! &

記事を読む

嵐チケット転売で逮捕された山中いづみ容疑者の手口&顔がヤバイ!!

ジャニーズの人気グループ、 『嵐』 のLIVEチケットを無許可で転売したとして、

記事を読む

SMAP解散の舞台裏!ジャニー喜多川が説得するも香取慎吾が“SMAPもやりたくない”と・・・

今年12月31日をもって、 SMAPは解散するというが。。   解散が決

記事を読む

工藤静香がインスタ開設!キムタク含め、夫婦揃ってここまで空気が読めないとは・・・

キムタクの妻、工藤静香(46)が 公式インスタグラムを開設し・・・ “夫婦揃って空気

記事を読む

Comment

  1. あほくさ より:

    「30代後半の女が作詞作曲した曲に誰もついていけない」ってaikoとか椎名林檎とか普通に人気あるだろ、何言ってんだオッサンw
    お前は年齢で音楽聴いてるの?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
清水富美加の不倫相手はKANA-BOON・飯田祐馬だった!!本人や事務所も認め「どんな処分でも受ける」と・・・

“千眼美子”こと清水富美加(22)が告白本、 『全部、言っちゃう

清水富美加の元不倫相手はAlexandros・川上洋平か!?同じギターを・・・

「幸福の科学」に出家し、 今後は千眼美子として活動する

浜崎あゆみが“神田うの化”wwwさらに美Body&くびれを披露するも現実は・・・

先日、自身初となる60公演のロングツアー、 『Just the

マギーが塚地武雅との“同居生活”をTVで披露するも「不倫現場見てる気分」の声!!

今年1月にHi-STANDARD・横山健(47) とのゲス不倫を

千眼美子(清水富美加)が告白本「全部、言っちゃうね。」を緊急発売!!

「幸福の科学」に出家した 千眼美子(清水富美加)が今月17日、

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑