片岡愛之助が藤原紀香との結婚披露宴に「元愛人」を呼んで3ショット披露www

先月28日に帝国ホテルにて、

歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)と


水素水女優・藤原紀香(45)が

結婚披露宴を行った。

 

5億円ともいわれる披露宴には

600人の招待客が出席し、

 

引き出物は藤原紀香が選んだとされる、

特別注文で10万円相当の

「水素生成器」

だったというwww

 

挙式後は自身のブログにて、

“この広い宇宙の中の

 八十億人の中から結ばれたこの出逢い、

 このご縁に感謝です”

と幸せを綴っていた紀香だったが。。

 

この結婚披露宴に片岡愛之助が・・・

「元愛人」

を招待していたことが判明した!!

 

これには元恋人・熊切あさ美(36)もブログで・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

タレントの熊切あさ美

「だらしない人間は一生だらしないんだね」

などと、

 

元恋人の片岡愛之助への

皮肉とも取れるブログを投稿した。

 

先月28日に、女優・藤原紀香との

結婚披露宴を終えた愛之助

 

6日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、

 

愛之助が披露宴に

上戸彩似の元愛人

を招待していたと報道。

 

2人は2012年夏から男女の仲となり

逢瀬を重ねていたが、

 

翌年2月に愛之助熊切の熱愛が報じられ、

2股が発覚。

 

女性は、友人に

「死にたい」

と漏らすほどショックを受け、

心療内科にも通っていたという。

 

この報道を受けてか否か、

熊切は6日午前2時頃、ブログに

「病気だね」

「わたしは素直に人に感謝して生きていきたい

 だらしない人間は一生だらしないんだね

 そうだけはならないようにしよう」

(現在は削除)などと綴った。

 

熊切といえば、12年に映画で共演した

愛之助と交際をスタート。

 

同棲していたものの、

昨年5月に一部週刊誌が、

愛之助紀香の交際疑惑を報道。

 

熊切

「もう別れた」

とする愛之助の主張との食い違いを、

メディアで涙ながらに語った。

 

また、この騒動から1年後、熊切はブログで

「本当にあの時死ななくて良かったと思う」

と、自殺を考えていたことを告白。

 

ネット上では、

熊切に同情する声が相次いだ。

 

「11年に元ホステスとの間に、

 認知していない小学5年生の隠し子がいる

 ことが発覚した愛之助ですが、

 この元ホステスからは今年4月、週刊誌で

 『認知しないうえ、

  12年間息子に会おうともしない』

 と怒りの告発を受けている。

 公になっているだけでも、

 これだけの女性たちを不幸にしているのですから、

 愛之助を恨む女性はほかにも大勢いるでしょう。

 熊切も元愛人も一度は自殺を考えたといいますから、

 愛之助は“病気”を治さないと、

 そのうち死人が出るかもしれません」

(芸能記者)

 

披露宴では、

「本当にいろいろなことが、

 これからあるかと思いますが……」

と挨拶した紀香

 

早くも最初の苦難が訪れたと言えそうだ。

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

「元愛人」自分の披露宴に出席させるという、

とんでもないゲスっぷりを披露した・・・


ゲスの極み愛之助

 

上戸彩似という元愛人とは、


2012年2月に出会ったそうで。。

 

そして、昔から歌舞伎ファンだった元愛人

知人に連れられゲス愛之助の楽屋を訪ねる機会があり、

 

最初の楽屋訪問では挨拶程度だったものの、

2回目に楽屋訪問した際にゲスの本名である

「片岡寛之」

の名刺を渡されてから、、

 

メールでのやり取りが始まったという。

 

それから4ヵ月ほど経ち、

ゲス愛之助が出演していた、

『八月花形歌舞伎』

の舞台があった際に、

 

連日、から連絡があった元愛人

数回、食事デートを重ねた後・・・


体も重ねるようになったという。。

 

しかし、この頃のゲス愛之助は、

つかこうへいの娘である


愛原実花(30)と交際していたようだが、

 

元愛人愛原との交際について聞くと、

「もう別れた」

と言っていたという。

 

ちなみに、元愛人はシングルマザーだそうで、

これに対してゲス愛之助は、

“女手一つで育てるの大変やね生活とか大丈夫?”

“困ったことがあったら言ってきて”

などの優しい言葉をかけ、、

 

これらの言葉に元愛人は・・・


ますますゲスワールドにハマッていったようだが。。

 

ゲス愛之助と言えば、

2011年に当時小学校5年生になる

“隠し子(息子)”

がいたことが発覚し、

 

今年の4月には、隠し子の母親に

“息子の認知もしてくれなかった”

と週刊誌で暴露されており、、

 

よくそれで元愛人

“女手一つで育てるの大変やね生活とか大丈夫?”

なんて言えるものだwww

 

そして、藤原紀香と挙げた披露宴では、

“招待”どころか・・・


“3ショット”まで披露www

 

この片岡愛之助の歌舞伎っぷりに

ネット上では、、

・熊切も陣内も呼べばよかったのにw

・続いてるってことか。
 公認の愛人なんてのも珍しくはないが
 紀香公認ではなさそうだな早くも暗雲ww

・元愛人もよく出席したなw

・これマジなら本当に最低。
 いくら一般とは違う世界で柵とか、
 繋がりとかがあっても絶対やっちゃいけないでしょ

・隠し子といい二股といい愛之助って
 まともな別れができないアホなの?

・披露宴に呼ぶって事はまだ切れてないね

・藤原紀香のプライドずたずたじゃん

・愛之助、アウト!!!

・紀香は三田寛子劇場やりたいんだよ。
 チャンス到来だよ、
 ドヤ顔で何か言いたくてたまらんのじゃない?

・真横に陣取るとかすげえな

・歌舞伎に品行方正を求めるほうが間違ってる

・紀香も加藤雅也を呼んでたんだろ 皆兄弟w

・愛之助は闇がこすぎるわw

などの意見が!!

 

元愛人の出席がバレてしまっても

ゲス愛之助はあくまで、


“紀香との夫婦円満”

をブログでアピールしていたが。。

 

しかし、プライドが高い藤原紀香としては、

今回の件に耐えることができず、、

 

陣内智則に続き・・・

 


2度目の離婚になってしまうかも。。

スポンサードリンク

関連記事

ベッキーが週刊文春に手紙を出し「不倫」を認める!このあざとい行動に・・・

ゲス川谷絵音(27)との不倫騒動により、 現在は芸能界を休業している センテンススプリン

記事を読む

高島礼子が高知東生と離婚!“だめんず好き”な高島だったが・・・

先日、覚せい剤取締法&大麻取締法違反で 逮捕された“高知東生”こと、 大崎丈二(51

記事を読む

JSB登坂広臣との熱愛に、ローラがインスタをブロックした結果・・・さらに炎上www

三代目J Soul Brothers・登坂広臣(29)と ローラ(26)の熱愛発覚に・・・

記事を読む

能年玲奈が「のん」に改名するも、おさる→モンキッキーと同レベルだとwww

今や“ブログ芸人”と化していた・・・ 元女優・能年玲奈(23)が本日、 『のん』

記事を読む

加護亜依の再婚相手は元チーマーだった!?「トップJ」という武闘派集団で関東連合とも・・・

今月8日に美容関係の会社を経営している 一般男性と再婚を発表した、 加護亜依(28)

記事を読む

神田うのって誰?1日警察署長イベントを開催→客席ガラガラwww

先月21日、タレントの神田うの(41)が 都内にある警察署で・・・ 「1日警察署長」

記事を読む

ベッキーと川谷絵音の不倫騒動に週刊文春が“芸能人生命が終了するほど”の記事を投下か!?

まだまだ終息する気配がない、 出典:elle-dk.com   べッキー

記事を読む

竹内由恵アナがバスケ田臥勇太と熱愛!元カノは竹内の後輩・前田有紀アナで・・・

テレビ朝日の竹内由恵アナ(31)と、 プロバスケットボール選手・田臥勇太(36)の

記事を読む

【示談金3000万円】17歳少女妊娠騒動は完全決着か!?お腹の子については・・・

今年9月に「東スポ」がスクープした、 ある“超人気アイドルグループ”のメンバーによる、

記事を読む

ジュリー体制によりSMAP締め付けが強化!特に中居正広には・・・

SMAPの育ての親であった元マネージャー、 飯島三智氏がジャニーズを去ったことで、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
渡辺謙がNHK大河『西郷どん』出演決定も、不倫の言い訳が酷すぎてイメージがさらに大暴落!

今年3月、文春砲によって“不倫”を報じられた ハリウッド俳優

ジャニーズ事務所が“3部制”の組織改編を進めていた!1部はもちろん・・・

先日、元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、 稲垣吾郎が事務所を去るこ

チケット売れない浜崎あゆみ、エイベックスの“大改革”によって干される!?

今月19日に放送された 『しゃべくり007』(日本テレビ系)

小林麻央の訃報を井上公造がフライング流出させ批判殺到!ニセ親族まで現れ・・・

2017年6月23日に、 歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で

山崎夕貴アナと交際中の芸人・おばたのお兄さんに浮気発覚!!地方に住む女性と・・・

今月7日に「女性セブン」が報じた、 フジテレビ・山崎夕貴アナ(2

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑