元AKB48・高橋みなみのソロアルバム『愛してもいいですか?』が素人カラオケレベルで大爆死www

公開日: : 芸能情報 ,

今年4月8日。AKB48劇場で開催された

『高橋みなみ卒業特別記念公演

 〜10年の軌跡〜』

をもってAKB48を卒業した、


元AKB48・高橋みなみ(25)。

 

そして今月12日。ソロとしての初アルバム、

『愛してもいいですか?』

が発売された!!

 

ソロアルバムに対し、

今までお見せしたことのない

 高橋みなみの新しい面を、

 1面ではなく11面お見せします!

と意気込みを語っていた高橋みなみだったが、、

 

早くもこのアルバムは、

「素人カラオケレベル」

と大爆死しているという。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

プロデューサーの秋元康氏が

「高橋みなみとつながりのあるアーティスト、

 本人の才能をより引き出していただける

 アーティストに楽曲を提供してもらう」

というコンセプトで制作した同アルバムは、

 

槇原敬之玉置浩二岸谷香

高見沢俊彦HYの名嘉俊など、

豪華アーティストが楽曲を提供。

 

数曲にタイアップが付いているほか、

15日に出演した音楽番組

『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)では、

収録曲「GIRLS TALK」を、

 

作詞・作曲を手掛けた岸谷香とともに

フルコーラスで披露した。

 

さらに、アルバム購入者を対象とした

「ライブ&握手会」

を東名阪で開催。

 

楽曲、プロモーションともに

抜かりのない同アルバムだが、

 

売り上げは振るわないという。

 

「初週売り上げは約1万枚で、

 オリコン週刊ランキングは9位に。

 初日こそ約3,000枚を売り上げたものの、

 その後はガクンと下がり、

 発売1週間も経たないうちに

 オリコンデイリーランキングで30位まで急落。

 かつてのシングル選抜総選挙で

 約14万票を獲得していた高橋ですが、

 ファンはどこへ行ってしまったのか……」

(芸能記者)

 

なお、元AKB48・板野友美

約2年前にリリースしたソロ初アルバムは、

初動約2万枚。

 

同・前田敦子

今年6月にリリースしたソロ初アルバムは、

初動約1万7,000枚だった。

 

「高橋は、ソロアーティストとしての

 ウリがまったく伝わってこないため、

 消費者もアルバムを手に取るきっかけが

 見つからないのでしょう。

 また、『MUSIC FAIR』では、

 完全に岸谷のバックコーラスの迫力に負けてしまい、

 高橋の特徴のなさが際立つ結果に。

 さらに、高橋の歌唱の後、

 いきものがかり・吉岡聖恵のステージが続いたため、

 本物の歌手との差が明確に。

 目標に歌姫・中森明菜を掲げる高橋ですが、

 今のままでは明菜はおろか、

 プロ歌手として世間に認められる日も遠いでしょう」

(同)

 

「魅力がわからない」

「素人のカラオケレベル」

 

という声も聞かれる高橋の歌声。

 

次のリリースまでに、

歌手としてのウリを提示することはできるだろうか?

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

高橋みなみに楽曲を提供した、

各アーティストを見ると、

 

1.カガミヨカガミ

(作詞・作曲:槇原敬之)

 

2.GIRLS TALK

(作詞:岸谷香、木村有里 / 作曲:岸谷香)

 

3.愛しくて恋しすぎて

(作詞・作曲:高見沢俊彦)

 

4.ティンクル

(作詞・作曲:玉置浩二)

 

5.夢売る少女じゃいられない

(作詞:オカモトショウ / 作曲:オカモトショウ、オカモトコウキ)

 

6.笑顔

(作詞・作曲:真島昌利)

 

7.カツ丼 in da house

(作詞・作曲:前山田健一)

 

8.アンバランス

(作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお)

 

9.わたしの証明

(作詞:榊いずみ / 作曲:榊いずみ、佐藤亙

 

10.Kiss Miss Kiss

(作詞・作曲:Carly Rae Jepsen、Billy Steinberg、

 Joshua Alexander 日本語詞:高橋みなみ

 

11.いつか

(作詞・作曲:Shun Naka[HY])

 

※ボーナストラック

・あの空

(作詞:高橋みなみといじめをなんとかしたい!みなさん / 作曲:奥田もとい)

 

槇原敬之や岸谷香、高見沢俊彦(THE ALFEE)、

玉置浩二や真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)など、

 

そうそうたるメンバーによる、


贅沢なアルバムになっているものの。。

 

高橋みなみといえば・・・

歌唱力に難があるわけで。。

 

それでも『愛してもいいですか?』に関し、

“アイドルとして、たくさんの経験をしてきましたが、

 レコーディングを通してこれまで自分でも

 出会ったことのない自分を感じることができ、

 まだスタートラインではありますが、

 今後の歌手活動の道がすこし見えた気がします。”

とコメントしていた高橋

 

しかし、肝心のアルバムについて

ネット上では・・・

・元アイドルの限界

・全曲聴きました。
 私はたかみなのリーダー論も買ったし、
 総選挙のスピーチを何回も聞くくらいファンです。
 でもやっぱり、彼女の歌は聴きたいと思えませんでした。

・カラオケかなんかですか?

・結局趣旨がバラバラで歌わされているだけだし
 歌っているだけ

・5000枚いったかどうかってとこ?
 やばいなそれ

・歌唱力が抜群じゃないかぎり売れないだろw
 へたくそのCDに金だすやつって本当にすごいな
 募金したほうがまだいいぞ

・秋元康はこうなることがわかっていたので
 曲の提供をしなかったんだな

・大爆死言うなよ。現実なだけ!!

・AKBの中の一人だから輝いてた。
 ソロになって、汚れて輝きを失った。
 典型的な井の中の蛙wwww
 自身の歌唱力の無さが露呈して売れないんだぞ。

・歌は編集だからね
 生歌見たら幻滅するんじゃね?

・逆に売れると思ってたのかが聞きたいわw

・AKBっていう集団の中にいるときは、
 「間違えても分かりにくいだろう」
 という安心感があったから
 のびのび歌えたかもしれないけど、
 ソロの緊張感の中では全然ダメだったね。

などの意見が!!

 

“ソロアーティスト”としての高橋みなみは、

“素人カラオケレベル”ならば・・・

うまい方?なのかも知れないが、、

 

やはりプロの歌手としては、

ジャイアンリサイタルのような・・・


「たかみなカラオケリサイタル」

になってしまう。。

 

それでも、こっちのリサイタルよりは・・・

マシだろうがwww

スポンサードリンク

関連記事

ベッキー、ゲス川谷絵音との不倫によりレギュラー番組2本の収録が消滅!

今月放送された『金スマ』に久しぶりに姿を現し、 ゲス川谷絵音との不倫騒動について謝罪したものの

記事を読む

SMAPが紅白歌合戦を卒業か!?司会も中居正広ではなく、木村拓哉という衝撃!!

今年1月に起きたSMAP解散騒動が、 今だに尾を引く中。   早くも

記事を読む

ざわちんがローランドのものまねメイクを披露!本人と並ぶ姿に「顔の長さも真似したの」「顔が長いからスッピンでも似てそう」

加工していないと全く似ていないざわちん(26)が、今度はホスト界の帝王・ローランド(26)のものまね

記事を読む

来年発売の『Go with the Flow』でソロデビューするキムタク、妻・静香のアドバイスも加味され・・・

来年1月8日に発売されるアルバム『Go with the Flow』でソロデビューする木村拓哉(46

記事を読む

ツイッターの“偽アカ削除”祭りで柏木由紀→5万人減、仮面女子・神谷えりな→45万人減にwww

先日、ツイッター社が「偽アカウントを一斉削除する」と発表し、ロックされたアカウントをフォロワー数

記事を読む

TOKIO国分太一が2015タレント番組出演本数トップなのに嫌われる訳!

2015年の1月1日~11月30日までの TV出演本数トップになった、 出典:azrak

記事を読む

堀北真希、芸能界引退の裏には夫・山本耕史の「母の存在」が!!

2015年8月に交際0日で 俳優・山本耕史(40)と結婚。   2016

記事を読む

元SMAP・中居正広が振付師・武田舞香と6年愛!!

元SMAPのリーダー・中居正広(44)に 熱愛が発覚した!!   熱

記事を読む

セクハラ疑惑の登坂淳一アナが『ワイドナショー』でセクハラを認め、妻ともすでに離婚していた!

今年1月にセクハラ疑惑を報じられた元NHKアナウンサー・登坂淳一(46)が『ワイドナショー』(フ

記事を読む

『HiHi Jets』橋本涼と作間龍斗のベッド写真&未成年飲酒をヤラカシ女・みうごんが暴露!

ジャニーズJr.内の5人組グループ『HiHi Jets』の橋本涼(18)と作間龍斗(16)にスキャン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
芸能界引退の木下優樹菜、今後について事務所と“二度と表舞台に姿を見せない”と約束

今月6日に芸能界を引退した木下優樹菜(32)だが、今後については所属事

【地獄】木下優樹菜、乾貴士のほかにも不倫していた!

芸能界復帰後、すぐに引退を発表した木下優樹菜(32)。 出典:ツ

【浜崎あゆみ】お浜さんが2年ぶりに新曲『オヒアの木』を書き下ろすも「作文を歌にしたみたい」と笑われるwww

元歌姫の“お浜さん”こと浜崎あゆみ(41)が、2年ぶりとなる新曲『オヒ

復帰した木下優樹菜、わずか5日で芸能界引退へ!新たな男性トラブルも・・・

去年11月から芸能活動を自粛していたものの、タピオカ問題が何も解決して

キムタクの娘・Koki,&Cocomiに500万人が釘付け!実際は「現実とのズレを感じる」「ゴリ押ししすぎてアンチが急増」

もはや職業そのものが“キムタクの娘”となっている長女・Cocomiと次

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑