Zepp名古屋公演を中止した浜崎あゆみ、原因は人気急落のストレスが原因!?

公開日: : 最終更新日:2017/02/19 芸能情報

元歌姫で、現在は空港芸サーカス芸を披露している


浜崎あゆみ(38)。

 

もはや歌手としての人気は落ち目で。。

 

そして、先月26日に開催する予定だった、

『TA LIMITED LIVE TOUR 2016』

での、Zepp名古屋公演を中止!!

 

中止の理由は、10月25日のLIVE終了後、

浜崎が体調不良を訴え、診察を受けた結果、、

 

“急性咽喉頭炎”“急性気管支炎”とされた事から、

急遽、LIVE中止になったという。。

 

しかし、LIVE中止については、

チケットが全然売れなかったことからも、

仮病なのでは!?

との声もある中、、

 

LIVE中止の原因は、

人気急落のストレスによるものでは!?と。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

公演の後に医師の診察を受けた浜崎あゆみは、

急性気管支炎、急性咽喉頭炎との

診断結果が出たため、

 

スタッフ一同で協議の末、

やむを得ず公演を中止したという。

 

浜崎あゆみは自身のインスタグラムで、

「予想通り粉々に砕け散りましたが、

 哀しくありません。幸せです。

 最後まで歌わせてくれて、

 本当にありがとうございました!!」

とコメントしている。

 

一見すると、

単なる一ライブの公演中止のニュース

に思えるが、

 

しかし、どうやらそれだけではないようだ。

 

今回の

『TA LIMITED LIVE TOUR 2016』

は、

 

浜崎

「一人でも多くの

 TA(浜崎あゆみファン)に会いたい」

と思いを込め、

 

浜崎自身との密接な距離感が味わえる

ライブハウスツアーとなっていた。

 

しかし、蓋を開けてみれば、

会場によっては前代未聞の

“4次販売”

まで行われ、

 

それでも1500人以下の会場すら売れ残っている

という現象が相次いだといわれている。

 

9月にiTunes限定でリリースされた新曲

『We are the QUEENS』

も惨敗に終わり、

 

かつての歌姫の存在感はもはやどこにもない。

 

そんな人気の急落は、

今回の公演中止とは決して無関係ではないという。

 

「今回中止になったのが、

 名古屋3days公演の3日目とあって、

 こちらもチケットの売れ行きが

 芳しくなかった公演だった。

 中には、

 埋まっていない客席を見るのが嫌だから中止にした

 という、噓みたいな噂まで広まっています。

 ここまでライブを行なってきた浜崎が、

 自身の人気の低下にとうとう気付き、

 ショックを受けているのは間違いないようです」

(音楽関係者)

 

関係者の話によれば、

浜崎のプライドの高さを案じて、

 

周囲のスタッフが

人気の低下を本人に伝えることは

これまでなかったという。

 

しかし、過去には

ドーム公演を即完売させてきたこともある。

 

ツアーはライブハウス規模にまで落ち込み、

しかも空席を作っている現状には、

さすがの本人も感づいていることだろう。

 

その人気低迷の現状が、

少なからず本人の歌にも影響しているようだ。

 

浜崎は、9月に

『ミュージックステーション

 ウルトラFES 2016』

に出演した際も、

 

歌唱力の劣化を指摘されていただけに、

今回発表された急性気管支炎、

急性咽喉頭炎の症状が

 

この時点で出始めていたことは明らかだろう。

 

これらの原因として大きく挙げられるのが、

ストレスだ。

 

「最近では、結婚・離婚など

 プライベートまで切り売りして

 話題を提供している浜崎ですが、

 メディアもさほど取り扱わない現状です。

 注目を浴びない浜崎が

 ストレスを感じていたのは間違いありません。

 そのストレスが喉やメンタル面に

 影響していているようです」

(前出・関係者)

 

歌姫は再び輝くことができるのか。

今後の“復活”に期待したい。

(以上引用 デイリーニュースオンラインより)

スポンサードリンク



 

浜崎あゆみが今回開催している

『TA LIMITED LIVE TOUR 2016』

は、9月26日の段階から、、

 

“チケット4次募集”まで告知され、

ツアー最終日の11月17日に行われる

東京公演以外は・・・


売れ残っている状態だったという。。

 

この惨劇からも、

Zepp名古屋公演を中止したことに

“チケットが売れないから、

 仮病で休むことにしたんじゃ?”

などの意見も多く。。

 

浜崎自身は公演中止に関しインスタグラムで、

「木っ端みじんになっても良いから

 真正面からぶつかって思いっきり負けた方が

 ずっと良いことを教えてくれたのは

 名古屋TAの皆でした。

 予想通り粉々に砕け散りましたが、

 哀しくありません。幸せです」

とメッセージを発表したが、、

 

“早く良くなって”

“帰ってくるのを楽しみに待ってる”

など、励ましの声がある反面、、

 

このメッセージの言い回しに

“自分に酔ってる感じ”

“悲劇のヒロイン気取りで失笑するしかない”

“体調管理もプロの仕事なのに、
 ポエムをつづるなんて”

などの意見もあった。

 

しかし、チケットの売れなさ具合人気低迷

やっと浜崎本人が気づいたようで。。

 

さらに空港芸を披露しても注目されず、


離婚芸をみせても話題にはならず。。。

 

これらから来るストレスにより、

Zepp名古屋公演については・・・

 

本当に体調不良だったとは思うが。。

 

また、公演チケットに関しては、

オークションでも投げ売りされており、

“9500円の席が5000円に”

“2枚で1000円”

など、

 

浜崎あゆみの凋落が浮き彫りに!!

 

歌姫復活は、もはや絶望的な状況のなか、

唯一、復活への道があるとしたら・・・


“芸人”としての浜崎あゆみなのでは!?

 

【関連記事】
浜崎あゆみが“神田うの化”wwwさらに美Body&くびれを披露するも現実は・・・

スポンサードリンク

関連記事

生田竜聖アナと秋元優里アナが別居で離婚危機!理由は“秋元の不倫”で・・・

俳優・生田斗真(32)の弟で、 フジテレビに所属している生田竜聖アナ(28)が、 &nb

記事を読む

悲報!鈴木亜美がただのオバちゃんに!華原朋美に続く、小室哲哉頼みで・・・

今月7日、もはや完全に過去の人になってしまった、 アミーゴこと鈴木亜美(33)が自身のブログに

記事を読む

きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲『良すた』が4440枚しか売れず!ファン離れ加速で“第2の浜崎あゆみ”に!

きゃりーぱみゅぱみゅ(24)が 今月5日にリリースした14枚目となるシングル 『良す

記事を読む

相武紗季と結婚した小宮生也が黒過ぎる!ヤミ金や反社会的勢力との・・・

今月3日に結婚を発表した 女優・相武紗季(30)。   お相手となる男性

記事を読む

コカイン疑惑・成宮寛貴の「帰国の日」が近い!?しかも空路ではなく「海路」で・・・

「フライデー」が報じたコカイン吸引疑惑により、 当初は疑惑を強く否定していたものの。。

記事を読む

浜崎あゆみが『Mステ』3時間SPに出演、痛々しい姿や歌にショックを受けるファン続出!!

今や歌手というよりも、 “芸人”と呼ぶほうがしっくりくる 元歌姫・浜崎あゆみ(38)

記事を読む

“白戸家のお兄ちゃん”ダンテ・カーヴァーがゲス不倫!相手女性は妊娠中で・・・

ソフトバンクのCM、 “白戸家の長男” で有名なタレント・・・ ダンテ・カーヴ

記事を読む

【悲報】浜崎あゆみのライブ撮影が突如禁止に!ぽっちゃり体型&空席隠しか?

2016年5月からスタートした 浜崎あゆみ(38)の全国ツアー、 『ayumi hama

記事を読む

ベッキーがゲス川谷絵音との不倫騒動で4キロ痩せるも自業自得との声が!

ゲスの極み乙女。のボーカルでゲス川谷絵音(27)と 不倫を謳歌していたベッキー(31)が...

記事を読む

加藤ミリヤが不倫相手との破局を報告するも「被害者ぶるな」の声!!

歌手の加藤ミリヤ(28)が 30代後半の男性と・・・ 2年前から不倫していたことを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
安室奈美恵の紅白出場はNHKの“大ポカ”により絶望的な状況に!!

今月20日、自身の公式サイトで 芸能界引退を発表した・・・

芸能界引退で「生きる伝説」となった安室奈美恵!引退発表の前から“ある異変”が・・・

9月16日にデビュー25周年を迎えた 歌手・安室奈美恵(40)が

何をやっても中途半端な西内まりや、今度は“国際派アーティスト”に転身かwww

モデルに女優、タレント、歌手と マルチな活動をしていた西内まりや

関ジャニ∞・横山裕を巡り、水ト麻美と田中みな実がガチバトル!!

2015年に日本テレビ・水卜麻美アナ(30) との熱愛をスクープ

再ブレイク中の青山テルマ、最新アルバム発売も“964枚”しか売れずwww

最近、バラエティ番組などへの出演が 急激に増えている歌手の・・・

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑