華原朋美のメンタルが再び崩壊!?交際相手や家族とのトラブルで長期休養へ・・・

公開日: : 芸能情報

2012年の12月、

約5年ぶりに芸能活動を再開した


歌手・華原朋美(42)だったが。。

 

今月2日、華原は約1週間ほど前から

体調不良を訴えていたといい、、

 

診断結果によっては、

“半年~1年”

ほど、芸能界をお休みするという!!

 

しかし、この長期休養の理由には、

“交際相手や家族とのトラブル”

があったようで。。

 

朋ちゃんのメンタルが再び崩壊したのでは!?

と心配の声も。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

体調不良による長期休養が懸念されている

歌手の華原朋美をめぐり、

 

精神的なバランスを崩し、

再び睡眠薬の大量摂取に手を出す寸前

だったと、

 

5日付のスポーツニッポンが報じた。

 

その背景には

現在交際中の7歳年下の男性との結婚

が進展しない苦悩があるという。

 

同紙によると、華原は結婚を望むあまり、

男性への依存を深めていることが悪循環を生み、

事態の進展を妨げているとして、

「明らかに不安定な状態に陥っていた」

としている。

 

そして、今回の体調不良は、

その状態を心配するきょうだいたちが

今後の交際について助言したことが、

かえって華原の怒りを買い、

発熱などの変調を招いたという。

 

華原といえば、

1998年に当時交際していた音楽プロデューサー、

小室哲哉(57)と破局後、精神的に不安定となり、

 

睡眠薬の大量摂取などで2007年には

事実上の引退にまで追い込まれた。

 

最近のインスタグラムで

「日本一の白馬キャリーに会いたい」

と投稿した華原

 

これがファンの間では、白馬に乗って登場した

2001年の復帰会見を思い起こさせている。

 

この会見後、さらに体調を悪化させたため、

今回もそうなるのではと不安の声が広がっているのだ。

 

12年に復帰後は順調に進んできたが、

「付き合う男性に影響されやすい体質は

 変わりようがない。年齢も40を超えて、

 独り身でいることへの不安を募らせていた。

 また睡眠薬に依存することになると、

 今度こそ芸能界に戻ってこられないだろう」

と芸能関係者。

(以上引用 ZAKZAKより)

 

10月下旬頃に、発熱・全身のダルさを訴え、

都内の病院を受診したという華原朋美。。

 

そして10月31日には、

華原が月曜日にレギュラーを務めている

『PON!』(日本テレビ)

をお休みし、、

 

11月3日に東京・日本橋三井ホールで開催された

『2016 LIVE FOR LIFE 音楽彩』

への出演もキャンセルとなった。

 

以前からも華原に近い関係者は

「精神的に落ち込んでいるように見えた」

と話していたようで、、

 

今年の8月には、

「とっても幸せです。

 デートは海によく行っています」

と、一般男性との交際を発表していた。

 

しかし、10月30日に投稿したインスタグラムでは、

「日本一の白馬キャリーに会いたいよ。

 早く乗りたい。

 点滴なんてしてる場合じゃないね」

と体調不良を訴える投稿をしており。。

スポンサードリンク



 

華原朋美と交際している男性は

7歳年下の“医療関係実業家”というが、

何らかの交際トラブルがあったようで、、

 

他にも、

“家族とのトラブル”

もメンタル崩壊の原因ではないか?

と言われており。。

 

先日、華原はツイッターで、


“経営している兄の事をリスペクトしてまして

 兄ですから私で出来ることがあれば

 事務所の尾木社長尾木敦子さんにお願いして

 普通は出演出来ない番組に出演させて頂きました

 ありがたく感謝しております。

 兄と会いたいと思いません送られて来た

 メッセージ載せます。

 恐ろしくて弁護士をつけました。”

とツイート。

 

そして華原の兄である下河原忠道は、


“今夜も家族会議。

 結果ね、どこまでいっても

 家族は家族なんだってことになるんだよ。

 だから大丈夫。大丈夫だよ。”

と意味深なツイートをしており。。

 

家族とも何らかのトラブル

抱えている様子の華原朋美

 

2009年には精神安定剤を多量に飲み、

“急性薬物中毒”

で病院に搬送。。

 

さらに2010年になっても薬物依存が続き、


タクシーに乗るも意識もうろうとなり、

再び救急車で病院へ搬送されていたが。。

 

家族間のトラブルや、

真剣交際している恋人とうまくいかない事で、

 

またもやメンタル崩壊の危機にある

華原朋美だが・・・ネット上では、

・躁鬱かな?位のテンションの時があったしなぁ。

・過去の恋愛まだ引きずってる?わけではないよね?
 多分、復帰しても、曲が売れなかったりとか、
 ちょっと苦労してる感じはあるから、
 そこですぐにメンタルやられちゃうのかな?
 心臓強くないと芸能界じゃやってけないよなあ。
 引退して一般の人と結婚した方が幸せになれると思う。

・最近よくなってるのかなって感じだったけど
 やっぱり一度精神的に患っちゃうと厳しいのかな
 固定ファンもいるので
 ゆっくり治して戻ればいいと思います

・話題になったのは復活した最初だけで、
 思った様に曲も売れず仕事も増えずで、
 またメンタルやられたか?

・またですか。もう厳しいな。

・一度強いうつ状態を経験すると完全に治すのは難しい。
 無理をすると悪化するから
 休めるんなら休んだほうがいい。

・最近無理してハキハキキャラ?
 みたいなの演じてる気がしてなんか痛々しかった。

・最初に復帰したときは応援してたけど、
 なんだか最近はかまってちゃんぽくてイヤだわ。
 メンタル脆弱なのに、
 いつまでも小室哲哉の曲歌ってるのもどうかと思う。
 ヒット曲がそれしかないから仕方ないんだろうが。

・この人は、本当に男に左右されるね。
 メンタル弱すぎ。

・以前も薬やってるのかと思うぐらい
 かなり怪しい感じでしたよね。

・小室哲哉がいたから世に出ただけの子。
 若いときから痛い感じだったわな。

・ファンには悪いけど
 歌手としてはずっと休養でいいと思う。
 最近歌では全然話題がないし発言もぶっ飛んでいる。

・復活しても恋バナしか話題なかったもんなぁ
 どんな曲出してたかも知らないし
 応援してたけど途中からどうでもよくなったわ

・本田美奈子メモリアルコンサートを
 ドタキャンするとかほんとにもうどうなってるでしょ…。
 本当にかなり体調が悪いのも知れないけど
 イベント主催者に取ったらそんなの関係なくて
 ドタキャンは1番困るでしょう。
 彼女が出演するからチケットを買った人も
 たくさんいるでしょうし。

などの意見が!!

 

半年~1年休んで復帰したところで、

最近の華原朋美といえば“歌手”というよりも

“過去の恋愛”を暴露したり・・・


“ビキニ姿で谷間を強調する”

などでしか注目を集められず。。

 

芸能界での需要がない現状では、

やはりメンタルが完全崩壊する前に


長期休養しておくのが妥当だろう。

 

ロン毛との思い出に、


浸りながら(涙)。。。

スポンサードリンク

関連記事

工藤静香がインスタで草なぎ剛祝福。と思いきや「人の誕生日まで覚えられないよ」発言で大炎上!

キムタクの妻で歌手・工藤静香(47)が、 インスタで草なぎ剛のバースデーを祝った?

記事を読む

浜崎あゆみとSYU-YAの熱愛再び!台湾ロケの後に・・・

もはや自らのプライベートを切り売りすることで、 かろうじて人気を維持している 出典:tr

記事を読む

宮崎あおいと結婚間近?岡田准一が“5億円豪邸”を建設中!!

アイドルではV6のメンバーとして、 俳優としては日本アカデミー賞にて、 2015年に最優

記事を読む

浜崎あゆみ、写真修正のやり過ぎで“谷間”や“鎖骨”が消えるwww

インスタで自身の写真を修正しまくった結果、 “理想”と“現実”のギャップが とんでもない

記事を読む

菅田将暉と本田翼に熱愛発覚も“男関係派手すぎ”の声が!!

若手俳優としてブレーク中の菅田将暉(24)と モデル&女優・本田翼(24)が・・・

記事を読む

女優・夏菜の鼻が整形により“ピノキオ”にwww

2005年に女優デビューした 夏菜(27)だが、   最近は女優とし

記事を読む

【お浜さん】浜崎あゆみがついに痩せた!?a-nationで大トリを務める姿が・・・

8月26日・27日、 東京・味の素スタジアムで開催された 『a-nation 2017』

記事を読む

工藤静香のインスタが大炎上!「工藤ファン vs SMAPファン」のガチバトルに突入!!

今年1月から公式インスタグラムを開始した 工藤静香(46)。   イ

記事を読む

嵐・二宮和也との交際匂わせ伊藤綾子アナ、「news every.」を降板へ!!

嵐・二宮和也(33)との交際を 匂わせすぎていた伊藤綾子アナ(36)が、 自身が出演

記事を読む

板野友美の主演映画「のぞきめ」が大ゴケするも、経歴を作るための作戦で・・・

えっ、そんな映画公開してたの!? という感じだが、、   先月の4月2日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑