水谷豊が相棒・反町隆史の“棒演技”に嫌気!?距離を置くように・・・

公開日: : 最終更新日:2017/04/03 芸能情報 , ,

10月12日から新シリーズが放送開始された

テレビ朝日の高視聴率ドラマ、


『相棒 シーズン15』

 

今月9日に第5話が放送されたものの、

平均視聴率は13.6%と・・・

 

第4話から1.7ポイントのダウンにより、

今シーズンの相棒では

最低記録を叩き出してしまった!!

 

このままいくと、

視聴率がさらにダウンすることも予想され。。

 

そして、『相棒』の現場では、

杉下右京を演じる主演・水谷豊(64)が・・・


冠城亘を演じるポイズン・反町隆史(42)の

“棒演技”

に嫌気をさし、、

 

なんと、距離を置きはじめ・・・

スポンサードリンク



 

(以下引用)

テレビ誌のライターは

「深刻な状況が起きている」

という。

 

「以前は、ネット上で放送を観ながら

 感想を言い合うトピックスが毎回立っていましたが、

 なぜかシーズン15からはなくなりました。

 また、番組の感想欄を見ても

 『録画したけど消した』

 『観るのをやめた』

 『もう、ワクワクしない』

 など、

 “『相棒』離れ”

 が加速しているように思います」

 

その原因はどこにあるのだろうか?

 

「まず、相棒である反町隆史演じる

 冠城亘との掛け合いが、

 歴代の相棒より少なく感じます。

 以前は、亀山や神戸、

 甲斐との会話の中で

 事件解決の糸口を見つけていましたが、

 今は杉下1人という気がします。

 第5話にしても、

 冠城1人が老人ホームに残り裏取りをしますが、

 この時すでに事件の全貌は杉下には見えている。

 2人で解決しているように見えないんです。

 また、鑑識の米沢さんがいなくなったことで、

 “捜一”との絡みも

 『捜査に首を突っ込むな』

 だけの一本調子。

 やはり“米沢ロス”は大きいように思えます」

 

だが、芸能記者は

「水谷と反町の関係性が問題」

と話す。

 

「水谷は、反町の大袈裟な演技や

 コミカルな演技に嫌気がさしているんですよ。

 それで、距離を置くようになったと聞いています」

 

1週間がもどかしく思えるほど

視聴者を楽しみにさせていた

「相棒」

 

あのワクワク感を

ぜひ取り戻してほしいものだ。

(以上引用 アサ芸プラスより)

 

『相棒』の視聴率の推移をみてみると、

初回視聴率は15.5%、第2話15.3%

15%台をキープしていたが、、

 

第3話は14.6%にダウンし、

第4話で再び15.3%までUPしたものの、

第5話で13.6%という・・・


今シーズンの最低視聴率を更新してしまった!

 

それでも、同じ時間帯で放送されている番組の中では

トップを走っている『相棒』

 

また、水谷豊ポイズン反町隆史の棒演技に

嫌気をさしているというが、、

 

過去の相棒であった初代相棒・寺脇康文

2代目相棒・及川光博3代目相棒・成宮寛貴

のときも・・・“不仲説”は出ていたw

 

これらの不仲説については、

原因は全て水谷豊にあるようで、、

 

現場での水谷豊は・・・

 

“撮影が予定通りに進行するかは

 水谷さんの気分次第。

 気分が乗らないと

『やりたくない』

 と言って中断するのは日常茶飯事”

 

“全員が水谷の顔色をうかがってばかりで、

 現場は今までになく大変です”

 

と製作スタッフに暴露されたこともあり。。

スポンサードリンク



 

『相棒』の現場では、キャスティングの設定

演出などの決定水谷豊が絶対的な力を持っており、


“殿”と呼ばれているという。。

 

そして、ポイズン反町隆史との不仲説については、

ネット上で・・・

・水谷は相方には毎回うんざりしてんなw

・反町が渋い演技したら完全に水谷食われるから
 わざとあの軽薄コミカル演技させられてるのか?
 と思ってたが・・・

・そろそろ水谷の方を変えろよ

・相棒の記事はいっつも水谷豊が
 共演者の文句を言ってるよな

・反町はミスキャストだったと思う 最初から

・反町は嫌いだけど相棒での反町は、
 そんな悪くない

・難があるならすべて脚本のせい

・水谷のほうが大根過ぎてコミカルだろ

・水谷もう老化で相当滑舌おかしくなってるし
 相棒も潮時じゃね!?
 そりゃまぁ台本も酷いが。

・相方全部叩いて水谷に問題があるんじゃん

・演技はさておき、
 冠城の杉下をも巻き込んで利用する
 策士的キャラクターは面白いけどな
 それよか例の「警察嫌い」をどう活かすかが
 今後の展開の眼目じゃないか?
 米沢がいなくなって、捜一からのネタを流す
 パイプ役を作る必要もあったんだろうけど

・杉下を利用する相棒とか
 冠城が初めてだから結構斬新だと思った。

・誰が相棒になっても文句あるんだなw

・亀山の時は毎回観てたけど、
 神戸の途中から観なくなった。
 単純に話がつまらなくなったからなんだけど。

・鑑識の六角さんが居ない相棒なんて見る価値ない

・水谷豊が一番いらない

などの意見が!!

 

ポイズン反町“棒演技”というが・・・


水谷豊“棒演技”であることは間違いなく。。

 

また、2015年3月18日に放送された、

3代目・成宮寛貴

相棒シリーズから卒業する最終回では、


“まさかの犯罪者”

として卒業するハメになってしまい。。

 

現相棒のポイズン反町が卒業する際も、

犯罪者としてか?

 

または殉職での卒業となってしまうのか!?

 

絶対的権力を持つ水谷豊に対しては、

言いたい事も言えないPOISON反町であるが、、

 

“水谷の棒演技”は・・・


反町以上にPOISONなのは確かだ!!

スポンサードリンク

関連記事

2017年の紅白歌合戦が今世紀最大の「ジャニーズ祭り」に!?裏では“元SMAP”潰しが・・・

今年で68回目の開催となる 『NHK紅白歌合戦』。   去年の白組の司会

記事を読む

定期的に事故るキムタク、今度は玉突き事故でバイクに追突!!

今月20日の17時頃、 東京都調布市仙川町の国道20号線で、 元SMAP・木村拓哉(

記事を読む

山田孝之や上戸彩は中卒だった!学歴と成功は関係ない1流芸能人たち

俳優や歌手など、TVで活躍している 1流芸能人のなかには、   高校に進

記事を読む

“隠し子”の存在をスマステで否定した香取慎吾の裏事情!!恋人を守るための・・・

4月8日に放送された 『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系) で香取慎吾(40)は

記事を読む

森田剛と宮沢りえが4月6日に強行結婚!?岡田准一が突破口を開いたことで・・・

V6・森田剛(38)と交際中の女優・宮沢りえ(44)がいよいよゴールインするのでは?と噂されてい

記事を読む

渡辺謙がNHK大河『西郷どん』出演決定も、不倫の言い訳が酷すぎてイメージがさらに大暴落!

今年3月、文春砲によって“不倫”を報じられた ハリウッド俳優・渡辺謙(57)。 &n

記事を読む

ANRIこと坂口杏里が“3万円”恐喝未遂容疑で逮捕!!ホストを脅し・・・

女優・坂口良子(満57歳没)の娘で、 2016年に“ANRI”へ改名し、  

記事を読む

神木隆之介と佐野ひなこのペアルック熱愛に“志田未来じゃないの?”の声!!

今月2日に発覚した俳優・神木隆之介(23)と グラビア・佐野ひなこ(21)のペアルック熱愛

記事を読む

“ホラッチョ川上”ことショーン・マクアードル川上がコンサル復帰www

今年3月に学歴&経歴詐称が発覚した “ホラッチョ川上”こと・・・ ショーン・マクアー

記事を読む

木村拓哉が『帰れま10』に出演!3連続正解する姿に「ヤラセでは?」の声

15日に放送されたバラエティー番組『帰れま10』(テレビ朝日系)に出演した木村拓哉(45)。

記事を読む

Comment

  1. 麗花 より:

    反町隆史はかっこいいし
    実際水谷が棒演技
    今までにない新しいキャラで面白い!ちょっとオーバーでも笑えるから別に許せるなー?水谷は誰にでも苦情つけるでしょ?文句いうなら脚本じゃない?
    ということで私は今の相棒スッゴい楽しみに見てます!!

  2. スリジエ より:

    それなー!
    本当その通りだと思います!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
Hey! Say! JUMP 岡本圭人、グループは脱退せず“活動休止”へ!ぶっちゃけ彼がグループを抜けても影響なし(笑)

出典:keitoru_jump インスタグラムより 先日、週刊文

小室圭&母・佳代が秋篠宮邸で緊急会談!さらに佳子さまの小室評がwww

現在、秋篠宮邸から事実上の“出禁”を言い渡されている小室圭&母・佳代だ

未成年飲酒の小山慶一郎が『MUSIC FAIR』で早くも復帰!!

“未成年飲酒”騒動により、今月7日から活動自粛していたNEWS・小

【文春砲】岡本圭人が“素行不良”によりHey! Say! JUMP脱退へ!

NEWS・手越祐也の未成年飲酒に引き続き、またしても文春砲により今度は

手越祐也の未成年飲酒騒動で日テレ・ラルフ鈴木アナが『NEWS ZERO』降板危機に!

出典:ABBEY BLOG NEWS・手越祐也の未成年飲酒報道に

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑