2016年のレコード大賞、EXILE一族は全て落選!?さらに紅白歌合戦も危うく・・・

公開日: : 芸能情報 ,

2015年に開催された「日本レコード大賞」にて、

税込み1億800万円という大金を払い・・・


“大賞を買っていた”ことが発覚した、

三代目JSBEXILEなどが所属する

芸能プロダクション「LDH」

 

☆詳しい経緯は ⇒ ココから

 

レコード大賞買収については、

LDHは今だ沈黙を続けるなか、、

 

今年のレコード大賞には

LDHの所属アーティストである、

 

GENERATIONS from EXILE TRIBE『涙』

三代目J Soul Brothers『Free So Alive』

エントリーしていたというが、、

 

買収騒動の影響によるものか?

見事、“落選”してしまったという!!

 

さらに、2016年の『紅白歌合戦』についても

EXILE三代目JSBE-girlsまでも

“落選”する可能性が高いようで。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

毎年12月30日に行われる

「日本レコード大賞」

の裏金疑惑を報じた「週刊文春」だが、

 

発売中の最新号で

直近の審査会の様子を報じている。

 

同誌によると今月7日、

東京・赤坂にあるTBS本社の12階会議室で

「第58回 日本レコード大賞」

の2度目の審査会が行われた。

 

今回の投票で大賞候補作は約40曲に絞られたが、

大本命と見られていたAAAの得票は、

審査員15名のうち約半数。

 

審査委員への売り込みはほとんどなく、

次の審査で選ばれる10曲の大賞候補作である

金賞(優秀作品賞)に残るかも微妙なラインだという。

 

逆に審査員の票が集まったのが

宇多田ヒカル「花束を君に」、

安室奈美恵「Hero」、

 

映画「君の名は。」の主題歌が大ヒットの

RADWIMPS

 

いずれも当日授賞式に出席する可能性が

極めて低いアーティストで

例年なら真っ先に落とされるところだが、

 

今年は、宇多田安室に加えて

桑田佳祐にも大賞受賞を条件に、

授賞式出場の芽が出てきたそうで、

 

特に宇多田には

TBSが積極的にアプローチするという。

 

ほかには、桐谷健太の「海の声」、

いきものがかりの「ラストシーン」、

西野カナの「あなたの好きなところ」、

西内まりやの「BELIEVE」

などが残っているというのだ。

 

「本来なら、審査結果が外部に漏れるのはNGで、

 そんな密室での体制がいつの間にか

 “デキレース”

 と言われる状態をつくりあげてしまった。

 TBSとしてはなんとか

 裏金疑惑のイメージを払拭しようと、

 宇多田、安室、桑田、RADら特定の

 芸能プロの利権が絡まないアーティストを

 全面に押し出そうとしているのでは」

(音楽業界関係者)

 

しかし、同誌によると、

新人賞は林部智史「あいたい」、

 

アイドルグループ・ふわふわ

「フワフワSugar Love」ら

 

特定の芸能プロの利権が絡むアーティストが

受賞しそうな勢いだとか。

 

結局、利権まみれの体質は変わらないようだ。

(以上引用 リアルライブより)

スポンサードリンク



 

レコード大賞買収については、

LDHバーニングプロダクション

エイベックスは今だ沈黙を貫いており、

 

業界からの圧力により、

スポーツ紙TVのワイドショーまでも

この件については、総スルーしている。。

 

しかし、週刊文春が公開した

“請求書”が公になったことで・・・


毎年、レコード大賞に

執着をみせていたエイベックスも、

 

報道後は・・・積極的な動きはみせず

明らかに“自粛ムード”だったという。。

 

レコード大賞買収の事実が世に出たことで、

今年はエイベックスに所属する「AAA」

大賞を獲得するとみられていたが、、

 

思った以上に“票”が集まっていないようだ。

 

また、LDHも買収騒動が明らかになる前は、

レコード大賞の審査委員に対して、

“現金は渡さないものの、

 「ホステスのいる店」

 で接待する”

などをして、票の獲得を念押ししていたという。。

 

しかし、買収がバレてしまったことで、

GENERATIONS from EXILE TRIBE

『涙』(エイベックス)。

 

三代目J Soul Brothers

『Free So Alive』(エイベックス)は落選。

 

なかでも三代目JSBに手を挙げた審査員は

たった1人だったようで。。

 

さらに、“レコード大賞買収”がバレたことで

LDHは・・・


紅白歌合戦への出場さえも危ぶまれているという!!

 

(以下引用)

「渦中の三代目は11月になって、

 ようやく今年初シングルを発売。

 EXILEはボーカル・ATSUSHIが

 無期限の海外留学を発表するなど

 活動がままならないだけに、

 2組とも落選の憂き目に遭う可能性もありそうだ。

 同じ事務所のE-girlsもヒット曲がなく、

 歌手別視聴率が高いわけではないので、

 特に出す理由はない。

 今年はどうやら、

 演歌枠がかなりの激戦のようなので、

 LDHの3枠に、そのまま演歌歌手が入るのでは」

(芸能デスク)

(以上引用 日刊サイゾーより)

 

紅白歌合戦については、

演歌枠を増やしてしまうと

視聴率に影響が出ることから、

 

去年の紅白での歌手別視聴率で

43.4%という数字を叩き出したEXILEだけに、

スキャンダルを嫌うNHKはどう出るのか!?

 

また、三代目JSBについては、

レコード大賞買収騒動の渦中にあり、

 

去年の紅白での歌手別視聴率では

後半に出場した歌手のなかで最下位となる

36.6%だったことからも・・・


三代目が落選する可能性は高いだろう!!

 

今年のレコード大賞は、もしかしたら・・・

 

2018年までアメリカへ留学するATSUSHI

ステージ上で涙のエール交換をして、、


“EXILEが大賞を受賞する!”

という茶番劇があるかも!?www

スポンサードリンク

関連記事

吉田羊と中島裕翔の熱愛にジュリー激怒!羊は涙流すも女優生命の危機に・・・

先日発覚した女優・吉田羊(42)と Hey! Say! JUMP・中島裕翔(22)の熱愛発

記事を読む

大渕愛子弁護士が夫・金山一彦にDV被害!?目にアザを・・・

2014年8月に生放送された日テレ 『行列のできる法律相談所』 にて、  

記事を読む

V6長野博が白石美帆と結婚!「ベストアーティスト2016」に生出演する、長野の口から結婚報告は?

V6長野博(44)が結婚!!   お相手はかねてから交際していた・・・

記事を読む

悲報!鈴木亜美がただのオバちゃんに!華原朋美に続く、小室哲哉頼みで・・・

今月7日、もはや完全に過去の人になってしまった、 アミーゴこと鈴木亜美(33)が自身のブログに

記事を読む

参院選出馬のSPEED今井絵理子は前科者・彼氏の悪事を知っていた!?

夏に行われる参院選に自民党から、 電撃出馬を表明した... 元SPEED・今井絵里子

記事を読む

ココリコ遠藤章造がゲス過ぎる!臨月妻に「生活費は自分で稼げ」と!

先月22日にTBS社員との再婚を発表した 千秋(44)の元夫で、   こ

記事を読む

ファンキー加藤は昔からクズだった!合コン三昧で人妻を・・・

アンタッチャブル・柴田英嗣の元嫁との W不倫&妊娠が発覚し、   今月7

記事を読む

ベッキーがすでに金スマのロケ収録で「仕事復帰」していたw

ゲス川谷絵音の離婚により、 今月末には芸能界復帰するのでは? と噂されているベッキー(3

記事を読む

Hey! Say! JUMPの「未成年妊娠疑惑」は未だ収まらず!CM打ち切り、バラエティ番組不参加にファンは困惑し・・・

9月3日に「東京スポーツ」の 爆弾スクープにより発覚した、 超人気若手アイドルグルー

記事を読む

清水富美加が大川隆法の長男・宏洋の妻に?千眼美子として芸能活動再開した彼女は・・・

今年2月、宗教団体『幸福の科学』に出家し、 現在は“千眼美子(せんげんよしこ)”として、

記事を読む

Comment

  1. スケーター より:

    買収といえばオリンピックなどでキムヨナ陣営韓国の買収疑惑があったが、アレの続報はどうなったんだろう。浅田真央の演技はそれが行われる前に減点をつけ、キムヨナには演技開始前に加点されている審判の手元が撮影されていて、テレビで放映された。
    この審判を直撃したらしどろもどろであった。バンキシャ!の報道による。
    不正があったことは明らかだ。
    さらにはサムスンがスポンサーで審判団に「スケートは綺麗に滑っているかどうかで判断するべきだ。難易度などは関係ない」と圧力をかけたこと事実もある。ばかげている。難易度の低い滑りを綺麗に滑るなど誰でもできる。キムヨナが簡単な滑りしかしなかったことも理解できる。ちなみに3回転3回転は得点が高いが中学生でもこなしているほどだ。
    この事実を海外へも広くアピールして外国のジャーナリストにより追求させるべきと思うが。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑