紅白落選・和田アキ子が「今年は紅白を見たくない」「とっとと日本を後にして」と暴言を吐く!

公開日: : 芸能情報 ,

今年、NHK紅白歌合戦に出場していたとしたら、

女性歌手としては歴代1位となる

“31回連続出場”

となる予定だった・・・


リズム&暴力・和田アキ子(66)

 

しかし、和田の紅白出場に関しては、

長らくヒット曲がないことから、、

「落選は当然」

「和田アキ子よりも

 本当に売れた歌手に譲るべき」

などの批判の声が多く!!

 

☆詳しい経緯は ⇒ ココから

 

結局、今年の紅白歌合戦には出場できず、

“落選”

という結果になった和田アキ子だが、、

 

紅白落選についてリズム&暴力は、

「今年は紅白を見たくない」

「とっとと日本を後にして」

と暴言を吐き捨て・・・。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

歌手の和田アキ子が26日、ニッポン放送

「ゴッドアフタヌーン

 アッコのいいかげんに1000回」

(土曜、前11・00)に生出演。

 

不出場となった大みそかの

「第67回NHK紅白歌合戦」

について、

 

「まぁ、結果ですから。

 言いたいこと、いっぱいあります。

 こんなに人の優しさが分かる私に戻してくれて、

 紅白には感謝しないと。

 何も私は変わりません。歌い続けます。

 和田アキ子は不滅です」

と前向きに語った。

 

紅白に和田は女性歌手歴代最多の39回出場し、

司会を3回、トリを6回、大トリを1回務めた。

 

今年は節目となる通算40回の出場がかかっていたが、

落選となった。

 

30年連続で出演していたとあって、

「(年末の)29日のリハから用意して、

 1日に外国に行くのが毎年恒例になってたから、

 ルーティーンをどう変えるか。

 今年は(紅白を)見たくないですね。

 とっとと日本を後にして」

と悔しさもにじませた。

 

和田は生放送の開始1時間前に、

チェック柄のジャケットを羽織り、

サングラスをかけてラジオ局入り。

 

デイリースポーツの問いかけに

口を開くことはなかったが、

 

大きく左手を挙げて、

局の中へと入っていった。

 

今年の紅白出場歌手は24日に発表され、

宇多田ヒカルら初出場10組を含む、

46組が決定。

 

会見後に取材に応じたNHKの

矢島良制作局エンターテインメント番組部

チーフプロデューサーは和田の落選について、

 

「紅白の歴史の中で紅組リーダーとか、司会とか、

 多大なるご協力をたまわってきて

 感謝の気持ちでいっぱいです。

 ただ、今年は総合的な選考の中で

 判断させていただいた」

と説明していた。

(以上引用 デイリースポーツより)

スポンサードリンク



 

ラジオで和田は紅白落選に対し、

「毎日泣いたけど、早くほっといて欲しい。

 本心を言う気はないです。もう通過点ですから。」

と声を震わせる場面があったものの、、

 

「でも今回は(紅白を)見たくはない。

 とっとと、日本を後にしたい。

 NHKはスクランブルをかけて欲しい」

と発言しており。。

 

自分が紅白に出場できなかったことが、

よほど悔しくての発言だと思うが、、

 

今回の

“紅白を見たくない”

“とっとと日本を後にしたい”

などの発言にネット上では、

・こんな恩知らずだから、落選したのでは?
 ちゃんと見てほしい。功労者として。

・もう少しすればNHKや出演者への悪口などを
 連発して終わりそうです。さよなら。

・さんざん出場させてもらった紅白を見ないと
 番組上で言ってしまうあたりに、
 世間の人々から忌み嫌われる原因や要素があることを
 和田さん自身が気付いていない。

・今まで落選した小林幸子さんとかをボロクソに言ってた人が
 “とっとと日本を後にして”
 とかよく言えるよなぁ(笑)

・普段ご意見番だの生意気なこと言ってる割には
 大人げないね~

・自分のラジオ番組で「選考基準がわからない」とか
 「もっと早く出演者を発表しろ」など
 毎年こんな批判してたから何時かは…と思っていたが。
 やっぱり・・・

・自分が出ないとしても、今年出る人に「頑張って欲しい」
 とコメントするだけで良いと思うけどね。
 そういう社会的な当たり前が出来ないところに
 人間性が垣間見えてしまう

・何年もオリコンチャートにも出て来れない奴が
 何言ってんだか・・・

・プライドもあるんだろうけど「また頑張ります」
 って言えば良いだけの話だわな

・日本どうこう言うのは違うだろ。
 だからダメだったんじゃないのか?

・和田アキ子さんの落選は
 ごく普通の判断だと思いますが…。

・なんか被害者意識持ってるみたいで感じ悪いな

・今年、大してヒットもないのに、
 出れると思ってる方がおかしいんじゃないの?

・見る見ないは勝手だけど
 自分が出られないからって
 わざわざ言うことないのに。

・損なコメント。
 いい年して、他に言い様があると思うけど。

・「歌いつづけます」って言うけど、歌ってるの?

などの意見が!!

 

また、以前から和田の紅白出場には、

“曲が全く売れていない”

にも係わらず毎年出場していたことから、

「和田アキ子ってなぜ、

 毎年紅白出れるの?」

などの疑問の声も多く。。

 

さらに、芸能界のご意見として

幅を利かせていた和田アキ子だったが、、

 

最近では数多くの失言・陳謝などで・・・


好感度はダダ下がり状態で。。

 

また、紅白に関しても和田アキ子は、

2007年に放送された『アッコにおまかせ!』の中で、

この年に紅白初出場となった・・・


歌手・すぎもとまさと(67)について、、

“知らない”

と発言したが。。

 

しかし、“知らない”と発言した直後に、

実は過去に、

“すぎもとが和田に楽曲を提供していた”

ことが発覚!!

 

これに和田は土下座をして陳謝するという

出来事もあったが。。

 

紅白落選しかり、年々失言がエスカレートする

和田アキ子にネット上では、

「紅白だけじゃなくて、

 芸能界からもそろそろ身を引いた方が良いのでは?」

という意見も多く!!

 

2018年で

「芸能生活50周年」

を迎える和田アキ子であるが、、

 

“紅白を見たくない”

“とっとと日本を後にしたい”

などの発言からして・・・


もはや、

“あの鐘すらも鳴らせない”

ただの老害でしか。。。

スポンサードリンク

関連記事

綾野剛が佐久間由衣と交際!しかし“長続きしなさそう”の声が・・・

若手俳優No.1の遊び人、 出典:pbs.twimg.com   綾野剛

記事を読む

NMB48木下春奈17歳が秋田新太郎31歳と不倫!?週刊文春が証拠写真を!

NMB48の17歳、 木下春奈が、、   エステート24社長の31歳、

記事を読む

キムタク主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」に早くも惨敗フラグが!!さらに工藤静香がドラマに・・・

来年1月からTBSでスタートする キムタク主演のドラマ、 『A LIFE~愛しき人~

記事を読む

嵐・二宮和也が伊藤綾子アナと熱愛!彼女はブログで「いち、にの、さんっ」と・・・

国民的アイドルグループ「嵐」のメンバーである 二宮和也(33)が、  

記事を読む

お薬逮捕☆清原和博の現在の貯金残高が12万円!

先日、お薬で逮捕された 元プロ野球界のスター、 清原和博(48)。  

記事を読む

中居正広と武田舞香の熱愛報道、実はジャニーズによる“中居潰し”だった!?

振付師&ダンサーの武田舞香(32)と 6年に渡って交際&同棲していた事をスクープされた、

記事を読む

悲報!鈴木亜美がただのオバちゃんに!華原朋美に続く、小室哲哉頼みで・・・

今月7日、もはや完全に過去の人になってしまった、 アミーゴこと鈴木亜美(33)が自身のブログに

記事を読む

有吉弘行と夏目三久の交際&妊娠報道の真相!各TV局がスルーするのは大手芸能事務の圧力か!?

昨日、「日刊スポーツ」が報じた、 有吉弘行と夏目三久の交際&妊娠報道。  

記事を読む

生田竜聖アナと秋元優里アナが別居で離婚危機!理由は“秋元の不倫”で・・・

俳優・生田斗真(32)の弟で、 フジテレビに所属している生田竜聖アナ(28)が、 &nb

記事を読む

前田敦子が金髪にイメチェンするも、まるでIKKOのようにwww

以前あったエラもなくなり・・・ 現在ではアゴのラインがすっきりしている 前田敦子(2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
事務所をクビになった山本裕典の副業、六本木で“キャバクラ経営”していた!!

今月21日、 所属していた事務所を突然クビになった 俳

コカイン疑惑の成宮寛貴が年内復帰!?まずは舞台に出演し・・・

去年12月にフライデーに “コカイン吸引疑惑” を報じられ

尿潤こと松本潤。井上真央&葵つかさと2股継続しつつ、CAと風呂付き個室合コン!!

去年、「週刊文春」によって 女優・井上真央(30)だけでなく、

YouTuber・はじめしゃちょーが2股発覚で謝罪するも、3股・・・4股まで発覚www

日本一のYouTuber・はじめしゃちょー(24)に、 先日

山本裕典が“契約違反”で所属事務所との契約解除!!ある副業が原因で・・・

芸能事務所である 『エヴァーグリーン・エンタテイメント』

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑