GACKTに西川貴教・・・人気ミュージシャンの下半身事情がヤバイ!!

公開日: : 芸能情報 ,

先日、

“元愛人が首吊り自殺”

をはかったことが話題になったGACKT(43)だが、


この自殺をはかった愛人・A子の友人が、

GACKTの怪しい下半身事情について暴露!!

 

さらに、こちらも先日、、

T.M.Revolution・西川貴教(46)に・・・


“ポイ捨て”されたという女子大生が、

西川兄貴との肉体関係を暴露!!

 

GACKT西川貴教ともに

“カッコ悪い下半身事情”

が明らかとなり。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

GACKTと愛人関係にあったという

A子さんの友人が、

 

GACKT「喜び組」の存在について暴露した。

 

2日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の記事

「GACKT元愛人が首吊り自殺未遂」

によれば、

 

2012年にGACKTから食事の誘いを受け、

初デートで「くわえるか?」

車中で股間を押し付けられたというA子さん

 

数年にわたって肉体関係が続き、

3Pを要求されたり、

 

乱交パーティに誘われることもあったという。

 

さらに、A子さんは、

キャバクラなどで働く女性たちによる

「喜び組」

の存在に驚愕。

 

彼女らはGACKTに敬語で接し、

時に整形手術を命じられることもあったという。

 

GACKTといえば、昨年8月に「フライデー」が

「あゆ似のセクシー美女と西表島2泊3日の愛」

という記事を掲載。

 

主演映画の撮影現場に、

浜崎あゆみにそっくりなナイスバディー美女を

呼んでいたという内容で、

 

写真の女性はノーブラにキャミソール姿、

足元はピンヒールという“いかにも”な出で立ちだった。

 

「報じられたあゆ似美女は、

 GACKTの『喜び組』の1人なのでしょうか。

 今回、女性に主従関係を求めるような

 人間性が暴露されたことは、

 GACKTの芸能活動に少なからず影響を及ぼしそう。

 GACKTのファンには若い女性も多いため、

 ふしだらで異常な私生活に

 ショックを受けているファンも少なくありません」

(芸能記者)

 

複数の女性を支配する

「喜び組」

の存在が暴露されたGACKTだが、

 

一方で、同日発売の「女性セブン」(小学館)は、

T.M.Revolution・西川貴教

「ポイ捨てされた」

という19歳の女子大生が登場。

 

女性は、昨年12月初旬に飲み会で知り合い、

西川の熱心な口説きに根負け。

 

同月下旬以降、

何度か体を許したものの、

 

今年1月中旬に連絡が取れなくなったという。

 

「一昔前は、

 『ロックミュージシャンなんてこんなもん』

 という一言で終わったが、

 最近はそういう時代でもなくなった。

 先月、マギーとの不倫が報じられた

 Hi-STANDARDの横山健でさえ、

 『子煩悩キャラはなんだったんだ』

 『裏切られた』

 とネットで袋叩きに遭いました。

 ましてや、GACKTや西川のように、

 バラエティ番組やCMに起用されるようなタレントは、

 好感度ばかり気にしている。

 特に西川は、

 好感度の高い優等生キャラで売っているため、

 ダメージは大きく、

 出演中のエステーのCM契約にも響きそう」

(同)

 

今年に入り続いている、

ロックミュージシャンの下半身にまつわる報道。

 

昨年は“不倫”一色だったが、

今年はポイ捨てされた女性による

“告発”

の年になるかもしれない。

(以上引用 日刊サイゾーより)

スポンサードリンク



 

「喜び組」や「くわえるか」発言など、

“GACKTらしい”といえばらしいGACKT

 

そして、今年の元旦に自殺をはかった!

というA子さんとは2011年の秋頃に

“東日本大震災の被災地を慰問”

したことがきっかけで知り合い、、

 

当時21歳だったA子さんは、

2012年11月にGACKTと初デートをしてからは、

「愛人」として・・・


関係は3年に及んだという。

 

GACKTと会う際は、

主に都心の高級ホテルを利用していたA子さんは、

 

に呼ばれるのはいつも当日で、

「今夜会うか?」

という一言がLINEに送られてきたという。

 

愛人というよりは、

GACKTの都合の良いときだけに呼ばれる

“セ●レ”

のような存在のA子さんだが、、

 

このA子さんの正体は・・・


グラビアアイドル・日向泉(26)ではないか?

と言われており。。

 

その後、GACKTに関係を切られた日向は、

GACKTのマネージメント会社社長・長谷川祐

が引き取ったかたちで去年1月に婚約。

 

しかし、長谷川と婚約したものの、

長谷川には

“別に交際している本命彼女”

がいることが発覚!!

 

その後、去年末にはGACKTはもちろん、

長谷川とも連絡が取れなくなった結果、、

 

日向泉は人生に絶望し、

首吊り自殺未遂を図ったという。。

 

ちなみに、この長谷川祐という人物は、

“5800万円の脱税事件”

でも逮捕されており。。

 

自殺未遂後は、一命をとりとめた日向だが、

“後遺症”が残り、通院を余儀なくされているという。

 

この件についてGACKTの事務所は、

「事実無根」

としており、、

 

長谷川は、

「彼女を傷つけたことは事実なので、

 誠実に対応したい」

とコメントしているという。。

スポンサードリンク



 

また、“ポイ捨て”されたと

女子大生に下半身事情を暴露された・・・


西川貴教との出会いは、、

 

去年12月はじめに開かれた

飲み会の場だったという。

 

当時19歳だった女子大生は、

西川の熱心なアプローチにデートするようになり、

 

そして西川の自宅を訪れるようになった後は、

12月下旬頃、“肉体関係”に発展したという。

 

しかし、1月中旬頃に女子大生

「私たち、

 体だけの関係じゃないんだよね?」

西川に確認したところ、、

 

その日を境に・・・


連絡が途絶えてしまったという!!

 

西川といえば、

“後輩の面倒見がよい兄貴キャラ”

として、

 

業界内での評価が高いようだが、、

 

今回の女子大学生“ポイ捨て”について、

女性セブンにインタビューされると。。

 

女子大学生については

「お友達」

とコメントし、

 

突然、彼女と連絡を取らなくなった理由については

コメントすることなく・・・


無言で立ち去ったという。。

 

男気ある兄貴キャラとして

評判の良かった西川だけに、

 

インタビューされたときの態度には、

普段の西川のイメージとのギャップに

ガッカリした人も多いという。。

 

あくまで「お友達」としながらも、

突然、連絡を取らなくなったことには

無言で立ち去る西川貴教

 

GACKT西川ともに

カッコ悪い下半身事情を暴露されてしまったが、、

 

特に、GACKTにいたっては、


日向泉に送った

“恥ずかしいメッセージ”

まで暴露されてしまったwww

スポンサードリンク

関連記事

キムタク&工藤静香の最新2ショット画像!左ハンドルで娘の送迎へ!

先月下旬、都内にて1台の高級車が走っていた。 この高級車の車内で...左ハンドルを握っていたの

記事を読む

浜崎あゆみの「スマホ使えない」「お手伝いさん5人」発言にウソつくな!の声www

インスタで披露する姿と TVで披露する姿がまるで別人で・・・ 理想と現実がかけ離れす

記事を読む

ファンキー加藤、W不倫中に授かった“第2子”誕生!不倫相手の子供と本妻の子供が同級生に・・・

妻子がいるにも係わらず、 アンタッチャブル・柴田英嗣(41)の妻と W不倫していた・・・

記事を読む

HKT宮脇咲良が田島芽瑠をバカにするツイートで炎上wwwそして逃亡www

HKT48・宮脇咲良(18)がやってしまった!! スポンサードリンク (ad

記事を読む

ざわちんの「整形願望」ツイートに、すでに整形してるじゃん!の声www

画像加工がとても上手い、 加工芸人・ざわちん(24)が先日、 自身の「整形願望」につ

記事を読む

大渕愛子弁護士が夫・金山一彦にDV被害!?目にアザを・・・

2014年8月に生放送された日テレ 『行列のできる法律相談所』 にて、  

記事を読む

ココリコ遠藤章造がゲス過ぎる!臨月妻に「生活費は自分で稼げ」と!

先月22日にTBS社員との再婚を発表した 千秋(44)の元夫で、   こ

記事を読む

三浦春馬と菅原小春のペアルック&ラブラブ写真が流出www

かねてから交際が噂される俳優・三浦春馬(26)と ダンサー・菅原小春(25)。 &n

記事を読む

矢口真里のカップヌードルCM中止の真相!事務所も最近調子に乗っていたようで・・・

先月30日から放送されていた、 日清食品のカップヌードルの新CM。  

記事を読む

コカイン疑惑の成宮寛貴が年内復帰!?まずは舞台に出演し・・・

去年12月にフライデーに “コカイン吸引疑惑” を報じられた元俳優・成宮寛貴(34)。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑