清水富美加の不倫相手はKANA-BOON・飯田祐馬だった!!本人や事務所も認め「どんな処分でも受ける」と・・・

公開日: : 最終更新日:2019/06/14 芸能情報 , ,

“千眼美子”こと清水富美加(22)が告白本、

『全部、言っちゃうね。』にて、


出家するにあたり、

「悩みの種だった好きな人も

 忘れました」

ゲス不倫について綴り、、

 

さらに不倫相手が

“人気ロックバンド”

だったことで、

 

当初、清水の元不倫相手は

「Alexandros・川上洋平」

なのでは?と言われていたが、、

 

★詳しい経緯は ⇒ ココから

 

ゲス不倫相手の正体はなんと、

「KANA-BOON(カナブーン)」

でベーシストを担当している・・・


飯田祐馬(26)ということが判明した!!

 

本人や事務所も認めたうえで、

「どんな処分でも受ける」

と。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

清水は千眼美子名義で17日に出版した著書

「全部、言っちゃうね。」で、

 

出家にあたり

「悩みの種だった好きな人も忘れました」

とつづっていた。

 

この日、飯田の所属事務所は

「本人は清水さんに対して

 本当に申し訳ないことをしたと

 深く反省している。

 どんな処分でも受けると言ってます。

 今回の件については

 奥さんとも十分に話し合い、

 2人の間でも解決したとは聞いています」

と説明した。

 

飯田は破局したとはいえ、

 

清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、

突然出家という行動に出たことの

一つの要因

になったかもしれないことに責任を感じ、
事務所側に全てを明かした。

 

一方の教団側は

「本に書いてあることが全てです」

と不倫関係については

 

否定も肯定もしなかった。

 

飯田の所属事務所は

「今後の活動などに関しては協議中」

とし、近く対応を発表する見通し。

 

別の音楽関係者は

「本で清水さんが

 “好きだった人も忘れました”

 と書いているように、

 2人の中で気持ちの整理はついている。

 処分が出るにしても

 活動に大きな影響はないのでは」

と話している。

(以上引用 スポニチより)

 

KANA-BOON・飯田祐馬(いいだゆうま)とは

思い悩んだ末、


去年別れたという清水富美加だが、、

 

事務所はブラック、父親は借金、

幼少の頃から両親ともに宗教にハマる、

 

そして結婚の事実を隠した

“既婚者”と不倫するなど・・・


そりゃ“出家”したくなるだろう。。

 

さらに清水は、今月4日に生放送された

『にじいろジーン』を最後に

仕事のすべてをキャンセルした訳だが、

 

キャンセルした仕事のなかには

“飯田と共演する予定の番組”

もあったようで。。

スポンサードリンク



 

清水は12日に放送されたNHK、

『シブヤノオト』

に出演する予定だったが、

 

もし、そのまま出演していたら

“不倫相手”と・・・


共演していたことに。。

 

なお、飯田は12日に公式ツイッターで、

“シブヤノオトありがとうございました。

 KANA-BOONがハンサムになるという

 念願の夢が叶いました。

 最新曲Fighterよろしくお願いします。”

と番組出演を報告していた。。

 

清水との交際当初、

“既婚者”であることを隠していた飯田祐馬だが、

 

ネット上では、

・またキノコ頭…

・ベッキーの代わりに仕事とったのに、
 全く同じくバンドマンと不倫してたんかよw
 そりゃー病む程精神すり切れるわな

・キノコヘッドがモテるのは何故

・こいつが既婚なの黙って
 清水富美加騙してたんでしょ?

・前任、後任ともに不倫って、
 にじいろジーンお気の毒に

・KANA-BOONファンだけど
 飯田が既婚者なんて知らなかった
 不倫よりも結婚してたことがびっくり

・ハイスタとマギーの不倫はどうなったのさ!!
 こっちも続報してよ!!

・髪型、伊野尾意識してる?

・既婚者を隠して付き合おうとするとかクズ

・誰よ、もう!登場人物みんなカスだね。

・髪型伊野尾慧っぽいけど
 顔はよく見えないけど、アレクに似てる。

・この髪型、モテるのかな?

・この人なにがいいの?きのこやん

・ゲスキノコがどんどん増えてく日本www

・もう、本当にドロス勢としては
 ここ2日ほど生きた心地がしなかったよ。
 信じてたけど、Aの情報が出てくる度
 当てはまるんだもん!!7割覚悟してた(T_T)
 ドロスだけじゃなく色々なバンドの名前あがってて
 遊ばれてるし ツナブーン、鮪ブーン、ダンカン…
 いや、私もヤケクソでちょっとあそんだけど(笑)
 本当にね、色々な所に謝ってほしい。

・どんな処分でも受ける、って…
 事務所と教団から命狙われるんじゃない?

・不倫していることが事務所にバレ別れさせられる
 元々不平不満があったのがこの件で我慢の限界を超える
 一番迷惑のかかるタイミングでバックレ
 会社と男にダメージを与え復讐成功(*´∀`*)

 報復の科学

・KANABOONは現時点ではまだ「替えの効く」バンド。
 これで消えていくだろうな。

・KANA-BOONファンだけど
 飯田が既婚者なんて知らなかった
 不倫よりも結婚してたことがびっくり

などの意見が!!

 

“キノコ頭のゲス不倫”ということで、


キノコ頭といえば川谷絵音や、

 

女子アナと2股交際していた


Hey! Say! JUMP・伊野尾慧を思い出すが。。

 

★伊野尾の2股については ⇒ ココから

 

KANA-BOONのファンからしても

まさか飯田既婚者かつ・・・


“不倫なんて絶対ない!”

と思っていただろうが。。

 

しかし、清水の告白により

不倫がバレそうになったため・・・


自ら名乗り出ることにしたゲス飯田

 

 

このままゲス川谷のように、

音楽活動を自粛してしまうのか!?

 

 

川谷絵音伊野尾慧に続く・・・


新たな“ゲスキノコ”の誕生だ!!

 

【関連記事】
清水富美加が大川隆法の長男・宏洋の妻に?千眼美子として芸能活動再開した彼女は・・・

KANA-BOON・飯田祐馬が行方不明でライブ中止に!元不倫相手・清水富美加は意味深ツイートを・・・

スポンサードリンク

関連記事

高畑淳子&裕太親子が「告白本」を出版!?親バカ懺悔本として・・・

強姦致傷容疑で逮捕されるも、 敏腕弁護士によって示談が成立!   不起訴

記事を読む

川本真琴がベッキー&川谷絵音の不倫騒動に参戦か?わたしの彼氏を取らないでくださいと・・・

歌手の川本真琴(42)が ベッキー&ゲス川谷絵音の不倫騒動に参戦する!?  

記事を読む

工藤静香、ドヤ顔で下からのアングル披露も「なんか怖い」「オカマみたい」と笑われてしまうwww

キムタクの嫁・工藤静香(49)が10日、インスタのストーリーズで美しい姿を披露したものの、ネットの反

記事を読む

【画像あり】木下優樹菜、激ヤセ写真を撮らせ“復帰アピール”する!

復帰をアピールするために、あえて撮らせたのか?タピオカ恫喝騒動で芸能活動を休止している木下優樹菜(3

記事を読む

山口達也の弟・Kouzyがジャニーズからの口止めを暴露!自身も“俺アル中だし”と爆弾発言

出典:BLOGOS 女子高生への“わいせつ事件”によりTOKIOから脱退、ジャニーズ事務所から

記事を読む

ゲスの極み乙女。解散報道は「炎上商法」を狙ったゲス側からのリークか!?

タレント・ほのかりん(19)に ゲス川谷絵音(27)が・・・ “未成年飲酒”

記事を読む

杏と別居中の東出昌大、実家の母とラーメン屋に行く姿を撮られるw

今年1月に女優・唐田えりか(22)との不倫をスッパ抜かれた東出昌大(32)。杏との別居はまだ続いてい

記事を読む

二宮和也「こんなはずじゃなかった!」結婚生活への不満爆発

2019年11月に元アナウンサー・伊藤綾子(39)と結婚した嵐・二宮和也(37)だが、早くも結婚生活

記事を読む

杏、東出昌大と離婚するために弁護士を立てる!

唐田えりかと不倫した夫・東出昌大(32)と離婚するために、杏(33)が弁護士を立てたことが判明した。

記事を読む

中居正広と武田舞香の熱愛報道、実はジャニーズによる“中居潰し”だった!?

振付師&ダンサーの武田舞香(32)と 6年に渡って交際&同棲していた事をスクープされた、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
【画像あり】きゃりーぱみゅぱみゅが別人化www

20日に放送された『この歌詞が刺さった!グッとフレーズ』に出演したきゃ

女優・片瀬那奈の恋人がコカイン逮捕!片瀬の尿検査の結果は・・・

女優・片瀬那奈(39)の恋人が、麻薬取締法違反容疑で逮捕されていたこと

熊田曜子の夫、暴行罪で起訴される!!

今年5月に妻・熊田曜子(39)に対する暴行容疑で逮捕された夫(38)。

伊藤健太郎と山本舞香が破局!

去年1月に交際が報じられた俳優・伊藤健太郎(24)と女優・山本舞香(2

キスマイ横尾渉がお泊りデート!交際宣言まで飛び出し・・・

Kis-My-Ft2の横尾渉(35)に熱愛スキャンダルが飛び出した。

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑