倖田來未『W FACE 〜outside〜』がオリコン1位獲得するも、売上わずか2万枚という衝撃!!

公開日: : 芸能情報

3月8日に2枚同時発売されたニューアルバム、

『W FACE ~outside~』

『W FACE ~inside~』

がオリコン週間アルバムチャートで

1位&2位を獲得した・・・


倖田來未(34)。

 

しかし、オリコン1位・2位を獲得したものの、

アルバムそれぞれの売上枚数が

“わずか2万枚”

だったことが判明し、

 

凋落を続ける音楽業界はもちろん、

音楽ファンにも衝撃を与え。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

3月14日発表のオリコンチャートにて、

オリジナルアルバムで1位・2位を同時獲得した倖田

 

女性ソロアーティストとして

藤圭子(享年62)以来

2人目の快挙を成し遂げた。

 

久々にアーティストとして日の目を浴びたわけだが、

音楽ファンに衝撃を与えたのはCDの売上枚数。

 

1位の

『W FACE ~outside~』

2万246枚

 

『W FACE ~inside~』

2万157枚だという結果に

 

音楽ファンも

「2万枚の売り上げで1位を獲れてしまうのか」

「時代は変わっていくのね」

とタメ息まじりだ。

 

「もちろんダウンロード配信や

 動画の広告料などもあるから

 昔と単純比較はできない。

 それでもトップミュージシャンが100万枚、

 200万枚売り上げることもあった

 CD全盛期と比べれば、

 音楽業界の凋落は火を見るよりも明らか。

 ゴールデンボンバーのように

 カラオケの印税で荒稼ぎするケースなどもあるが、

 CDそのものは付加価値のある特典を付けないと

 なかなか売れない時代。

 音楽業界は、今後どうなっていくのか分からない」

(報道関係者)

 

CDの売上枚数の減少に比例するようにして、

テレビからは音楽番組も減少している。

 

2000年代に入ると

『うたばん』(TBS系)や

『堂本兄弟』(フジテレビ系)、

『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)

といったアーティスト主体の音楽番組が続々と放送終了。

 

ゴールデン帯では

『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)

が唯一気を吐いている状況だ。

 

こうした音楽番組の壊滅状態を招いた

元凶とはなんなのか。

 

「考えられる要因の一つは、

 音楽業界に体力がなくなり

 お金がないことに尽きます。

 単純にスポンサーとして

 音楽番組を支援できなくなってしまった。

 そして大きいのは、

 音楽の視聴方法が多様化して、

 どのアーティストに人気があるのか

 分かりづらくなったこと。

 かつてはオリコンチャートが

 大きな指標の一つだったが、

 特典商法が増えて

 各アーティストの本当の人気が分からなくなった。

 局側もキャスティングに困り果てていて、

 最近の音楽番組ではかつて人気を誇った

 懐メロの特集ばかり。

 現場の苦悩が感じられます」

(前出・報道関係者)

 

かつてミリオンヒットを連発した

歌姫の大活躍も今や昔話。

 

音楽業界に、そしてアーティストたちに

この先明るい未来はあるのだろうか。

(以上引用 デイリーニュースオンラインより)

スポンサードリンク



 

3月20日付のオリコン週間アルバムランキング

(集計期間 3月6日~3月12日)

において1位&2位を獲得。

 

さらにアルバム1位&2位の独占は、

倖田來未にとっても初の快挙となるが、

 

オリジナルアルバムとしては、

藤圭子(満62歳没)が1970年7月に

『新宿の女/演歌の星 藤圭子のすべて』

『女のブルース』

で達成して以来の女性ソロとして・・・


47年ぶりの快挙を達成した。

 

しかし、1位を獲得した

『W FACE ~outside~』

2万246枚

 

2位の

『W FACE ~inside~』

2万157枚という数字は、

 

やはり音楽ファンにとっては

衝撃的な結果で。。

 

ちなみに最近のCD売上枚数をみると、

特典商法のパイオニア・AKB48

今年1月25日に発売したアルバム・・・


『サムネイル』

初週67万4033枚で1位を獲得。

 

さらに、AKBのような“特典商法”に

とうとう走ってしまったB’zが、

4種の形態で2015年3月4日に発売したアルバム・・・


『EPIC DAY』

初週20万9576枚で1位を獲得。

 

しかし、かつてのB’zといえば、

初週でミリオン(100万枚以上)

を達成していただけに、

 

音楽業界の弱体化や

CDが売れない時代なのは明らかであり。。

 

そのため、

少しでも売上枚数を増やそうとした結果、

現在のような酷すぎる・・・


特典商法が生まれてしまい。。

 

それでも、宇多田ヒカル

2016年9月28日に発売したアルバム、

『Fantome』は・・・


“特典商法なし”で、

初週25.3万枚を売り上げた。

 

宇多田のように通常盤のみの発売で、

もちろん“握手券”を付けずに

ここまで売り上げるのは稀なケースだと思うが、、

 

それでも倖田來未

“わずか2万枚で1位”

の衝撃にネット上では、

・AKBが真似するぞ。

・2万枚で1・2位になれるって これが今の時代なのか
 他の主力アーティストが全く出してない時期なのか?
 エイベックスとEXILEは金で何でもするから
 このオリコンも怪しいもんですね

・藤さん以来の快挙だったら、
 宇多田ヒカルさんが記録して欲しかった。

・生で聴いたことがある人は解ると思うが、
 歌唱力はある。
 浜崎あゆみとの違いはそこであり
 地道にファンは残っているのだろう。

・オリコンは「売り上げ枚数」ではない。
 出荷枚数です。
 エイベックスが、売れないのにたくさん出荷したから、
 こうなったんでしょう。

・最近は胡散臭くてランキングとか
 嘘っぽく感じてしまうなー

・見た目や発言で損してるけど、
 歌、ダンス、スタイル維持きちんと出来てる。

・最近CD売れないもんね。
 ジャニーズとAKBとザイル系と被らなきゃいけるでしょ。

・2万枚で1.2位独占というのに驚いた。
 CD売れない時代だなー。
 2万枚のうち、どれだけが実売かもわからんが。

・ホント、CDって売れなくなってきたんだなと実感。
 そりゃ、みんなが知ってる歌なんてできないね。

などの意見が!!

 

AKBの特典商法によって、

“本当のCDランキングが分からなくなってしまった”

のは確かであるが、、

 

この特典商法によって音楽業界も

自らの首を絞める結果となっており、

特典と称して・・・


“同じ曲を何枚も買わせる”

ようなやり方は、いい加減やめるべきだろう。。

 

今回、2万枚でも1位&2位を獲得し、

藤圭子以来の記録を達成した倖田來未であるが、、

 

もしかしたら、何かと比較されがちな元歌姫も、

彼女の記録達成を目の当たりにして・・・


そうとう焦ってるかもwww

スポンサードリンク

関連記事

吉田羊が体調不良になった原因は、Hey! Say! JUMP中島裕翔との破局が・・・

今月11日からフジテレビでスタートした、 『メディカルチーム  レディ・ダ・ヴィンチの診

記事を読む

加護亜依の再婚相手は元チーマーだった!?「トップJ」という武闘派集団で関東連合とも・・・

今月8日に美容関係の会社を経営している 一般男性と再婚を発表した、 加護亜依(28)

記事を読む

板野友美の主演映画「のぞきめ」が大ゴケするも、経歴を作るための作戦で・・・

えっ、そんな映画公開してたの!? という感じだが、、   先月の4月2日

記事を読む

米倉涼子「ドクターX」第4弾の現実離れした内容に、医師が激怒!?

10月13日に放送スタートした、 米倉涼子(41)の主演ドラマ 出典:ツイッターより

記事を読む

嵐・松本潤と井上真央の結婚が白紙に!?井上の事務所独立でジャニーズ側が・・・

今月1日に所属していた芸能事務所、 「セブンス・アヴェニュー」 から独立した女優・井上真

記事を読む

上原多香子に妊娠説!?夏なのにフライトジャケットを着込む姿に・・・

ET-KING・TENNを自死に追いやったとして、 今もなお上原多香子(34)への

記事を読む

ベッキーが「金スマ」でテレビ復帰した裏事情が酷い!

今月13日に放送された「金スマ」にて、 ゲス川谷絵音との不倫について・・・ 涙を浮か

記事を読む

錦織圭の彼女・観月あこが結婚について「結婚はしたい」 錦織父「まあ、悪いことしか聞かないからね」

プロテニスプレイヤー・錦織圭(27)の “サゲマン彼女” として有名な観月あこ(25

記事を読む

三浦春馬と菅原小春のペアルック&ラブラブ写真が流出www

かねてから交際が噂される俳優・三浦春馬(26)と ダンサー・菅原小春(25)。 &n

記事を読む

和田アキ子、とうとう紅白歌合戦に落選!ヒット曲がなくても39回出場していたものの・・・

今年12月31日に放送される 『第67回NHK紅白歌合戦』 に出場する歌手が本日発表され

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑