妹に会わないでくれ!浅田舞が妹・真央との確執話で批判殺到!!

公開日: : 芸能情報 ,

元フィギュアスケート選手で、

現在はスポーツキャスターやタレントとして

活躍している、


浅田舞(28)が今月26日。

 

関西テレビの

『お笑いワイドショー マルコポロリ!』

に出演し、

 

妹である・・・


浅田真央(26)との確執について語った。

 

番組内で浅田舞は、

妹との確執について、

 

2011年に亡くなった母・匡子さんに

「妹には会わないで」

と言われたことで、

 

一時期家族と距離を置くようになった

と明かしていたものの。。

 

浅田の発言に

“いい加減そのネタで稼ぐのはやめたら”

など批判の声が。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

番組は姉妹のスケート人生を紹介。

が7歳、真央が5歳の時にスケートを始めた。

 

当初はのほうが年長であることから

上達は早かったがが16歳、

真央が14歳の時に逆転。

 

2004年の全日本ジュニア選手権で

真央が優勝した。

 

その後、真央は女子フィギュア期待の星として

全国的に注目を浴び、

 

「真央のおねえちゃん」

と称されることもあった。

 

は子どもの頃を振り返り、

「親は姉である私に期待をかけていた。

 真央より年長だったぶん覚えも背が高いから

 早く見栄えも良かった」

と話した。

 

その分、練習は厳しく

「学校と寝る時間以外はスケートリンク。

 お母さんの圧が私だけにかかっていた感じだった。

 期待が苦しくてトイレにこもったことも」

あったという。

 

一方で、

母は真央には自由にやらせていた

は話した。

 

しかし、真央も複雑な思いを抱え、

「後から妹に聞いたら

 お母さんはおねえちゃんばっかりで、

 いつも見てもらえなかった。

 だからほめてもらいたくって

 頑張ったみたいです」

 

真央もまた孤独な思いを抱えていたことを話した。

 

やがて姉妹は

米国でレッスンを受けるようになった。

 

しかし、

「食べる量がどんどん増えた。

 今より20キロくらいは重かった。

 練習も行かず公園でお昼寝して食べて

 どんどん太っていくみたいな。

 体重が増えて競技ができませんとなった」

とスケートから脱落していくことに。

 

母親が愛情を注ぐ対象も変わり、

「お母さんは妹にシフトチェンジした」

と表現。

 

母から

「妹と会わないでくれ。極力会わないで」

と言われたという。

 

帰国後、は家族と仲が悪くなり

家にはあまり帰らなくなったという。

 

その後は時間をかけて

真央との距離が縮まっていった。

 

母が死に際し、

「2人だけの姉妹なんだから

 支え合って生きていきなさい」

との言葉を残したこともあり、関係は修復。

 

今では

「親友同士みたいな感じです」

はほほ笑んだ。

(以上引用 デイリースポーツより)

スポンサードリンク



 

浅田舞といえば、

もはやこのネタしかないのか?

妹・真央との確執について、

度々テレビで話しているが。。

 

姉のネタにされている真央は、

2015年6月8日に放送された自身のラジオ番組

『浅田真央のにっぽんスマイル』(TBSラジオ)

に、ゲストとしてが出演した際、

 

「バラエティーは別に舞が頑張っていればいいけど、

 真央のことを自由に喋っているのは嫌だった」

 

と真剣に訴えていたことも。。

 

しかし、『お笑いワイドショー』での

浅田舞が母に言われた

“極力、妹に会わないでくれ”

というエピソードに関しては、

 

「この舞さんが言ってることが本当なら、
 同情するなぁ」

「きっと浅田舞さんは凄くツラい思いをして
 傷ついたと思うよ」

「浅田舞ちゃんはどんなに自分の恨みを話しても
 解決できないんだろうね」

 

など、同情する声がある一方で、、

 

ネット上では、

・しくじり先生出たんだから
 この問題は終わりにしなさい

・もうさ、
 余計なことしゃべんない方がいいよ?

・浅田家は両親共に毒っぽい

・毒親。
 子供に順位つけるようになったら終わりだわ

・事実だろうけど、
 番組受けを気にして亡くなってる母親のこと、
 色つけて話していそう。

・本当に赤裸々に言っちゃうんだね
 そういう所も嫌がられたんじゃない?

・この人、妹の話題しかないの!?

・よくもまあベラベラベラベラと・・・。
 だから姉妹仲も悪くなってしまうのでは???

・長女もおかしいし、
 自分の夢を押し付ける母親もおかしい

・妹に会わないでくれ
 って、これは何なの?意味分からんのだけど

・妹の練習の邪魔すんなってことだろ。

・妹ネタと恋愛ネタ以外一切話題がない
 話題を作れない振れないってのは最早才能だな
 IMARUなんかと同じタイプ

・そういう所が真央ちゃんから
 嫌われる要素なんじゃね?????

・お母さんに言われるのは辛いね。
 でも世間に話さなくても良いんじゃないかな。

・もう、この人は色々と話すの止めた方がいいと思う。
 話せば話すほど残念な人。

・真央ちゃんのこと思うなら
 余計なこと言わないでほしい

などの意見も!!

 

過去にも、浅田舞はバラエティ番組で、

確執ネタをよく話しており、

 

例えば、真央の活躍によって

母の視線は妹に向けられていき、

気持ちも行動もどんどんネガティブな

方向に向かっていき。。

 

その結果、生活も荒れ始め・・・


そんなに両親は

“舞を放っておいたら

 何をするか分からないから”

と部屋に閉じ込めたり、

 

父親に1日中監視されていたことも

あったという。

 

そして、監視の苦痛さから小遣いを持ち、

夜中に2階の窓から飛び降り逃走!!

 

逃げる際には、

“父が追いかけてくるのでは”

と駅まで猛ダッシュしたことも!

 

この行動により両親はあきれ果てたのか?

のことを相手にしなくなったことで、

“ああ、見捨てられたんだな”

と思い、

 

やがて憎しみを妹・真央

向けるようになっていったという。。

 

しかし、母・匡子さんの愛情が本当に

姉妹によって違っていたかと言うと。。

 

ある報道では、匡子さんが肝臓を患い、

「移植手術」が必要になった際、、

 

家族がドナー検査を受けた結果、

が1番ドナーに適していることが

分かったものの、

 

手術の直前に母・匡子さんは、

「やはり、大事な娘の身体に

 メスを入れられません」

と拒否をして、、

 

リスクを分かったうえで、

夫からの肝臓移植を受けたという。

 

このエピソードは、

すでにが現役を退いていたことからも

母・匡子さんが真央と同じように・・・


を大事に思っていたことが分かるが。。

 

その後、母が亡くなったことがきっかけで、

家族と話し合う機会も増え、

 

今では

“親友同士”

みたいな関係になっているというだが。。

 

それでも、番組で身内ネタを話すのは、

話したい気持ちも分かるのだが、

 

妹・真央はまだ現役なので。。

 

暴露話をするならせめて・・・


真央が引退してからでも良いのでは。。

スポンサードリンク

関連記事

解散したSMAP。大晦日の夜にキムタク以外、全員集合!!

2016年12月31日をもって解散したSMAPだが、 実は大晦日の解散当日・・・ メ

記事を読む

ホラッチョ川上こと川上伸一郎に さらにヤバイ事実が!?本人は行方をくらまし・・・

耳が聞こえ過ぎた作曲家、 佐村河内守をすでに超えたとされる ホラッチョ川上(川上伸一郎)

記事を読む

相武紗季と結婚した小宮生也が黒過ぎる!ヤミ金や反社会的勢力との・・・

今月3日に結婚を発表した 女優・相武紗季(30)。   お相手となる男性

記事を読む

チケット売れない浜崎あゆみ、エイベックスの“大改革”によって干される!?

今月19日に放送された 『しゃべくり007』(日本テレビ系) にゲスト出演した元歌姫・浜

記事を読む

上原多香子、新しい彼氏ができ『籍を抜きたい』遺族が大激怒!!

2014年9月に自ら命を絶った ET-KING・TENN(享年35)。  

記事を読む

STAP小保方晴子が瀬戸内寂聴と対談するも別人化www

2014年にSTAP細胞はあったとして、 一躍時の人となった“リケジョの星”こと、

記事を読む

センテンススプリング ベッキーと不倫したゲス川谷絵音に待ち受ける試練とは!?

“センテンススプリング”なる名言を産んだ ベッキー(31)と一緒になるために、 &nbs

記事を読む

小川彩佳アナの自宅ベランダでタバコを吸う櫻井翔、実はフルチン姿だった!?

先日、「週刊ポスト」のスクープにより、 小川彩佳アナ(32)との熱愛が発覚した 嵐・

記事を読む

亡くなったエビ中・松野莉奈さん、年末に体調不良か?ブログで回復をアピールするも・・・

女性8人組の女性アイドルグループ、 『私立恵比寿中学』 の松野莉奈(18)さんが・・・

記事を読む

福山雅治「ラヴソング」が月9史上最低8.5%で大爆死!ましゃ神話崩壊へ・・・

福山雅治が主演でも・・・ 放送前から視聴率が危ぶまれていた、、 月9ドラマ『ラヴソン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑