元歌姫・浜崎あゆみ、とうとう全国ツアー日程を小出しにする作戦にwww

公開日: : 最終更新日:2017/04/04 芸能情報 ,

今年でデビュー19周年を迎える

元歌姫・浜崎あゆみ(38)は先月、


20周年への布石ともいえるロングツアー

『Just the beginning -20- TOUR 2017』

の開催を発表した。

 

このツアーは全国のアリーナやホールにて、

自身最多となる“60公演”を予定しているのだが、

 

元歌姫

『ツアー日程を小出しにする作戦』

に、ファンは困惑しており。。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

浜崎のツアーは例年2~3月中に日程が発表され、

4~5月中に初日を迎える。

 

そのため、

今年も同様にスケジュールが進行する

と考えていたファンは多かったが、

 

先週、予想外のスケジュール発表があり、

ファンの間で動揺が広がっているのだ。

 

公表されたのは、

5月13日から10月5日までの15公演。

 

しかし、この発表はあくまで「第1弾」だといい、

「第2弾、第3弾の発表に今回の第1弾よりも

 早い日付けの本番日が入ってくる事も……」

などの“注意書き”がズラリだ。

 

浜崎は過去最多となる

60公演を行うことを発表していたため、

 

今回の“日程小出し作戦”にファンは仰天。

 

<ややこしいことをするなよ>

 

といった苦言や、

 

<予定を決めにくい>

<初日に行きたいのに、
 初日がいつなのか分からない>

 

などの不満がネット上に噴出している。

 

「人気の衰えが目立つ浜崎は近年、

 コンサートの観客集めに四苦八苦しています。

 昨年はファンクラブ限定ツアーのチケットが

 4次募集まで行くなど、

 その苦戦ぶりが話題になっている。

 今回、ツアー日程を小出しにすることで

 ファンをじらそうという苦肉の策ではないでしょうか」

(芸能ライター)

 

ツアー会場にも“思索の跡”が見られるという。

 

「自身最多となる60公演をうたっていますが、

 これまでの全国ツアーと比べて、

 観客収容数が少ない会場が多数含まれています。

 1公演当たりの客数を減らすことで空席を減らし、

 熱心なファンを何度も観覧させることで

 延べ動員数を増やそうとしているのかもしれません」

(同)

 

“歌姫”のあの手この手のプロモーション、

果たして奏功するのか。

(以上引用 日刊ゲンダイDIGITALより)

 

かつては“歌姫”として、

絶大な人気を誇っていた浜崎あゆみ

今や完全に“お笑い芸人”となっており。

 

ライブでは宙を舞う・・・


“チャーシュー芸”

を披露してみたり、

 

数年前からLIVE会場も


空席が目立つほどファン離れが深刻になるなか、

 

当の元歌姫は、

「今日も満員御礼ありがとう!」

「席が足りなかったみたいなので、
 次回は増やしまーす!」

などとツイートするなど、

 

もはや“コメディアン”と化しているwww

 

そして今回、

ツアー日程を小出しにしながら

60公演を行う元歌姫

 

発表を小出しにされることで、

ライブを見に行くファンからしたら

予定が立てにくくなってしまうと思うが。。

 

しかし、日程を小出しにすることで話題を集め、

あわよくば複数公演買ってもらおうとする作戦なのか?

 

もしかしたら60公演行うのも、

倖田來未が去年3月に全国ツアー

『KODA KUMI LIVE TOUR 2016

 ~Best Single Collection~』

59公演行ったことから、、

 

これに負けじと元歌姫

60公演やると決めたのか!?

 

今の彼女の人気では、

60公演ものロングツアーをやるにしても

大きな会場よりも・・・


地方の公民館体育館のほうが

良いかも知れないが。。

スポンサードリンク



 

さらにツアー日程を小出しにする作戦に

ネット上では、

・小出しにするメリットってなにがあるの?
 今のあゆなら急いでチケット取らなくても
 全日程出てからでもチケット手に入るし、
 ただただじれったいだけじゃない?

・その前に行く価値も無いと思うけど。

・チケット売れなかったら
 嘘ついて中止にさせるんでしょ?

・そんな事しても埋まらないものは埋まらないよ

・ゆっくりしたツアー日程だなぁ。
 終わるまで何年かかるんだろう。

・なんか借金あるの?
 違反金埋めるのに必死だね

・そんなことしたら余計チケットさばけなくない?
 突然ライブの日程発表されても
 仕事が都合つかないとかで諦める場合もあるし。

・あれこれ工夫しないとチケット売れないなら
 「自身最多のロングツアー」
 とかやめとけばよかったのにね

・もうダンサーたくさん出したり、
 自分も変な踊りしなくていいのに。
 シンプルな演出に振ればいいのにねー。

・音痴すぎるし、空席祭りだし、
 演出は全てパクリだらけのライブに、
 行く価値無しだよ!本当に。

・どこでやるか知らないけど
 場所押さえられてないんじゃない?

・昔から言われていることだけど、
 この人が「avexのお荷物」って本当なのかもね

・ディナーショーやるにも歌えないんだもんね
 ショー形式にするしかないんだろうけど
 そろそろ体力的にも厳しそう

・またチケットが売れてない日は
 喉の調子が悪くて…
 とかドタキャンするんじゃない?

・40オーバーであの、
 わっしょいダンスはきついぞー

・数は少ないかもしれないけど
 まだファンの人もいるんだろうから
 その人たちのために誠実に頑張りなよ。

・どんどんめんどくさいおばさんになっていく

などの意見が!!

 

昔の輝きは完全に失われ、

浜崎本人も歌で勝負するよりも今では・・・


完全に“笑い”を取りにきており。。

 

それにしても今回の小出し作戦は、

ファンを困惑させるのはもちろんだが、

 

この作戦によって・・・


数少ないファンまで失うことに

ならなければ良いが。。

 

【関連記事】
浜崎あゆみが“神田うの化”wwwさらに美Body&くびれを披露するも現実は・・・

浜崎あゆみが『Mステ』3時間SPに出演、痛々しい姿や歌にショックを受けるファン続出!!

スポンサードリンク

関連記事

ホリエモン(堀江貴文)が女装男子・大島薫と交際!手をつないでホテルへwww

ホリエモンこと堀江貴文(44)に 新恋人が!!   先月22日の未明

記事を読む

ジュリーの圧力?『72時間テレビ』放送直前にテレ朝スタッフ全撤退の裏事情!

11月2日の21時~5日21時まで放送された 『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)。

記事を読む

ホラッチョ川上こと川上伸一郎に さらにヤバイ事実が!?本人は行方をくらまし・・・

耳が聞こえ過ぎた作曲家、 佐村河内守をすでに超えたとされる ホラッチョ川上(川上伸一郎)

記事を読む

坂口杏里の元カレ・小峠英二の「便乗商法」に芸能関係者がドン引き!!

今月1日、 『What a day!!』 という作品で、   セク

記事を読む

櫻井翔と松本潤の関係が修復不能に!?特に“尿潤”こと松潤の怒りが・・・

セクシー女優との2股報道や 女子アナとの交際をスクープされた、 嵐・櫻井翔(35)と

記事を読む

嵐・相葉雅紀の伯母が「謎のヒーリングサロン」を展開!この不穏な動きにジャーニーズ事務所は・・・

嵐・相葉雅紀(34)といえば、 実家が中華料理店 『チャイナハウス 桂花楼』

記事を読む

大麻陽性反応の田中聖に“コカイン疑惑”が浮上!お尻の間に挟んで持ち運び・・・

大麻所持容疑で逮捕され、 尿検査により・・・ “大麻の陽性反応” が出たことが

記事を読む

不倫してもお咎めなしのマギーが“健気な村娘”役で女優デビューwww

不倫しても何のお咎めもなく、 普通にTVに出続けているマギー(25)だが、 そんな彼

記事を読む

ベッキーと川谷絵音のLINEやり取りがさらに流出!ありがとう文春!と・・・

ベッキー(31)...全く反省の色なし! ゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)との不倫を満喫し、

記事を読む

中居正広と武田舞香の熱愛報道、実はジャニーズによる“中居潰し”だった!?

振付師&ダンサーの武田舞香(32)と 6年に渡って交際&同棲していた事をスクープされた、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
小室圭の母・佳代、パート先から姿を消す!もしや溺愛する息子を追って母も渡米か!?

出典:女性自身 今や日本一の“嫌われ親子”となった小室佳代と圭。

【お浜さん】浜崎あゆみが安室引退に触発され、40歳のバースデーに“引退”ではなく“休止”宣言かwww

出典:ツイッターより 歌手として成長するどころか劣化し、常に肩や

バナナマン日村勇紀に”未成年淫行”が発覚!本人も事実を認めたうえで・・・

出典:ユーチューブより お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀(46

お浜さん、変顔ショットを公開も「胸の位置が下すぎやしないか」と体型劣化を指摘されるwww

出典:J-CASTニュース 来月で40歳を迎える元歌姫・浜崎あゆ

引退した安室奈美恵に“完全引退はありえない”と早くも復帰説が!

出典:スポニチアネックス 今月16日をもって芸能界を引退した安室

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑