浜崎あゆみ、全国ツアーで2000枚以上のチケットを“無料”でバラ撒く!!

公開日: : 最終更新日:2017/05/28 芸能情報

横浜アリーナを皮切りに、

只今、全国巡業中(ツアー中)の女子プロレスラー?


浜崎あゆみ(38)。

 

興行(LIVE)では、

「千手観音かずこ」

のような衣装に身を包み、

 

☆千手観音かずこについては ⇒ ココから

 

力強い技(歌声)を炸裂させている

浜崎あゆみだが、、

 

今月13・14日のツアー公演では、

“2000枚以上のチケット”

を無料でバラ撒いていたという!!

 

「週刊女性」によると浜崎は・・・。

スポンサードリンク



 

(以下引用)

今回のツアーは横浜アリーナでの

両日公演からスタート。

 

同所の収容人数は1万人を超え、

現時点で発表されているツアーの会場では

最大規模だ。

 

「かつてはドーム・アリーナクラスを中心に

 ツアーを行っていた浜崎だが、

 年々ツアーの規模が縮小。

 今回のツアーでは

 以前なら行くことはなかったであろう、

 地方の2000人、3000人規模の会場も

 日程に組み込まれている。

 今後はこれまで行かなかった地域にも

 積極的に行き、

 根強いファンの掘り返しに力を入れるのでは」

(レコード会社関係者)

 

同誌によると、公演の1週間ほど前、

浜崎のクライアント企業の関係者らに

 

「1グループ10人まで入場可能」

「『無料』や『招待』などを

 SNSで明らかにすることを禁じる」

 

などと書かれた招待メールが送られたという。

 

招待された人数だが、13日は900人、

14日は1900人。

 

チケットは9400円(税込み)だから、

代金にして2632万円分を

 

浜崎が大盤振る舞いしていたのだ。

 

「浜崎といえば、2年半前には

 神奈川・逗子の別荘を約3.5億円で売却。

 先日は13億円以上の価値があるとされる、

 都内の大豪邸を売却したことが報じられた。

 どうやら、稼ぎが減ったため

 “断捨離”

 に入っているようだが、

 まだまだ全盛期に稼いだ蓄えがあるはず」

(芸能記者)

 

同誌によると、招待メールの最後には

コンサート主催者から

ペンライトの購入が勧められていた

というが、

 

いずれにしても、これまでの浜崎だったら

あり得なかったツアーの舞台裏となった。

(以上引用 リアルライブより)

 

2日間合わせて、

“2800人”

を無料招待していたというが、

 

興行が始まる10分前に

ファンがUPした画像を見ると・・・


客席がwww

 

他の写真を見ても、


ガラガラ感は否めないが、

 

興行が始まった様子を見ても・・・


2階はガラガラだったようで。。

 

今回の興行で浜崎が、

関係者らにチケットをバラ撒いていたのも

“それだけチケットが余った”

という事だろうが、

 

実際のところ・・・



やはりチケットは売れていないようだ。。

 

無料でチケットを貰った側も、

それはそれで困るかも知れないが、

スポンサードリンク



 

もはや、ここ10年以上ヒット曲もなく、

歌姫ではなく“女子プロレスラー”のように・・・


体だけがたくましくなっていく浜崎

ネット上では、

・痛々しいな…

・もう末期だな

・何か完全に過去の人のイメージしかないわ。

・無料でも行かないなぁ・・・
 電車賃がもったいない。

・空席にするぐらいなら・・・か

・取りあえずチケット配って席埋めて
 世間体は満員御礼タダで見せて
 利益率の高いグッズを買えってかぁ…??

・もう終わった人だよねぇ…

・CDが売れないのは皆そうだからいいんだけど、
 ライブに客が入らなくなったのはツラいな。
 ドリカム、B’z、ミスチル、ラルク、
 GLAYあたりは大箱でもちゃんと埋まるのに。

・タダ券ばらまくって末期だね

・それならハコを小さくして近くしてくれたら
 ファンも喜ぶだろうに。

・金払って見に行くファンが馬鹿みたいじゃん

・こんなこと繰り返してると、
 正規の手段で買ってくれたファンも嫌気がさして
 次のツアーに響きそう

・横アリどころか武道館も、いまでは無理かも…
 安室が現役で売れてるから頑張りたいのはわかるけど、
 もうゆっくりしていいんじゃない?痛々しい…

・興味無いけど 正規の金額でチケット買った奴が
 バカみたいだな。

・・そんなに無理してツアーしなくてもいいのにね。。

などの意見が!!

 

しかし、この“肉肉しい”浜崎については、

 

(以下引用)

浜崎はこれまでに何度も激太りが報じられたが、

今は完璧ともいえるボディを取り戻しているという。

 

磨き抜かれた体を披露したかったのだろう、

5月12日にインスタグラムに投稿された写真は

彼女の見事なボディをとらえている。

 

写真はリハーサル終わりに撮影されたもので、

彼女とダンサーの男性が向かいあっている。

 

浜崎は体にフィットした黒のアンダーウェア姿で

体を横に向けているため、

胸のサイズがはっきりとわかるのだ。

 

「推定Eカップはあるでしょう。

 これは見事なバストです。

 しかも胸の渓谷がしっかりと見えていて、

 ファンならずともうれしくなってしまいますね。

 首まわりや腕はほっそりしていて、

 鍛え上げたのがよくわかります」

(芸能ライター)

(以上引用 アサ芸プラスより)

 

この記事によると浜崎あゆみは、


“首まわり”“腕”はほっそりwww

 

それでも“推定Eカップ”は・・・


合っているかも知れないがw

 

今回の巡業(ツアー)も

全盛期時代より多い全国60公演と、

 

さらに最近のヒット曲もないのに係わらず、

アリーナにこだわった結果・・・


チケットをタダでバラ撒くはめに。。

 

今回の巡業では、

試合中(LIVE中)の写真撮影がOKとされており、

 

ネット上では試合の様子が多数出回っているが、

 

試合の途中には・・・


“親分と舎弟のコント”

も行われているようだwww

 

【関連記事】
女子プロレスラー化した浜崎あゆみ、原因は「暴飲暴食」!?

スポンサードリンク

関連記事

【タッピーバースデー】32歳になった木下優樹菜のインスタが大荒れ!

タピオカ店オーナーへの恫喝DMが発覚し、現在は芸能活動を自粛している“タッピーナ”こと木下優樹菜が4

記事を読む

山本裕典が“契約違反”で所属事務所との契約解除!!ある副業が原因で・・・

芸能事務所である 『エヴァーグリーン・エンタテイメント』 が今月21日、 &nbs

記事を読む

小倉優子がゲス夫・菊地勲と“慰謝料なし”離婚!!

“離婚秒読み”と言われていた小倉優子(33)が、 カリスマ美容師のゲス夫・菊地勲(46)と・・

記事を読む

高知東生が2年ぶりにツイッター再開も、真っ白な歯にお目目ギラギラでこれって・・・

2016年6月に“覚せい剤取締法違反”の容疑で逮捕され、現在は執行猶予中である元俳優・高知東生(

記事を読む

ざわちん、加工がエスカレートしすぎて「素直に大丈夫?」「病気ですか?」と心配されるwww

最近は特に“加工”がエスカレートし、もはや別人となってしまったざわちん(26)。 出典:ツイッ

記事を読む

炎上芸人・浜崎あゆみが名古屋駅で迷惑行為!話題作りに必死なのは分かるが・・・

今や人気のピークは過ぎ、、 新曲を出しても売れ行きが悪く、 LIVE動員数も、確実に

記事を読む

関ジャニ∞・村上信五と小島瑠璃子が “お泊り” 熱愛発覚!!

関ジャニ∞・村上信五(35)と タレント・小島瑠璃子(23)の熱愛を・・・ 「フライ

記事を読む

【文春砲】宇宙戦隊キュウレンジャーの“レッド”と“グリーン”にお泊り発覚www

現在放送中の特撮テレビドラマ、 『宇宙戦隊キュウレンジャー』 で主演を務める“シシレッド

記事を読む

キムタク娘・Koki,、スタッフ全員“マスク姿”の撮影風景を投稿して炎上!

キムタクの娘でなんちゃってモデルのKoki,が、またやらかしてしまった。 出典:マイナビニュー

記事を読む

SMAP解散についてジャニー喜多川が「命に懸けても解散はない!」と・・・

SMAP解散騒動の余波がまだ残る中、 なぜか?このタイミングでジャニーズ帝国のドン、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
ラブホ不倫の瀬戸大也、ANAから名前を削除されたことで・・・

週刊新潮に“格安ラブホ不倫”をスクープされた競泳の瀬戸大也(26)が、

【タピオカ恫喝】インスタ開設の木下優樹菜、コメント欄での暴言に“全部情報開示”

元タレントの木下優樹菜(32)が27日、インスタグラムのストーリーズを

ゲス不倫のバンプ直井由文が活動休止へ!

先日、文集砲によって不倫相手との“恥ずかしいLINEやり取り”を暴露さ

瀬戸大也の不倫相手は元ジャニーズJr. “鮎川太陽の妹” だった!?

安ラブホ不倫が発覚した競泳の瀬戸大也(26)だが、早くもお相手の正体が

不倫発覚のイクメンスイマー・瀬戸大也、全スポンサー撤退の危機!

五輪代表にも内定している競泳の瀬戸大也(26)に不倫が発覚した。

→もっと見る

  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク
PAGE TOP ↑